半落ちのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 半落ち
 > (レビュー・クチコミ)

半落ち

[ハンオチ]
Half a Confession
2004年【日】 上映時間:122分
平均点:5.22 / 10(Review 122人) (点数分布表示)
公開開始日(2004-01-10)
ドラマサスペンス法廷ものミステリー刑事もの小説の映画化
新規登録(2003-12-26)【紅蓮天国】さん
タイトル情報更新(2018-03-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督佐々部清
キャスト寺尾聰(男優)梶聡一郎
柴田恭兵(男優)志木和正
原田美枝子(女優)梶啓子
吉岡秀隆(男優)藤林圭吾
鶴田真由(女優)中尾洋子
伊原剛志(男優)佐瀬銛男
國村隼(男優)植村学
高島礼子(女優)植村亜紀子
奈良岡朋子(女優)高木医師
樹木希林(女優)島村康子
嶋田久作(男優)加賀美康博
斉藤洋介(男優)笹岡
中村育二(男優)伊予数男
豊原功補(男優)栗田
西田敏行(男優)小国鼎
本田博太郎(男優)辻内
田山涼成(男優)鈴木孝夫
奥貫薫(女優)藤林澄子
高橋一生(男優)池上一志
田辺誠一(男優)片桐時彦
並樹史朗(男優)熊野病院の医師
石橋蓮司(男優)岩村肇
笹野高史(男優)刑務官
井川比佐志(男優)藤林圭一
岩本多代(女優)高野しず子
横山秀夫(男優)法廷の記者
寺杣昌紀(男優)
原作横山秀夫「半落ち」(講談社)
脚本佐々部清
音楽寺嶋民哉
津島玄一(音楽プロデューサー)
作詞森山直太朗「声」
作曲森山直太朗「声」
主題歌森山直太朗「声」
撮影長沼六男
製作東映(「半落ち」製作委員会)
TBS(「半落ち」製作委員会)
企画近藤邦勝
坂上順
プロデューサー濱名一哉
配給東映
衣装江橋綾子
照明吉角荘介
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
122.《ネタバレ》 原作未読ですが、いかにも横山秀夫テイストで楽しめた。直木賞選考過程でハードボイルド氏とルンルン女史から骨髄ドナー登録に関し「事実に反する前提で書かれている」とクレームがついたそうだけど、この2人ってそんなに事実関係に裏打ちされた小説って書いてたっけ?
ともかく、内容は面白いが、映画としては「ロクヨン」などと比べ減点が多い。まず、鶴田真由演じる記者。鶴田さんはすごいきれいで大好きな女優さんなんだけど、その取材方法は変だ。そもそも、県警刑事部長の部屋ってあんなオープンじゃないし、地検検事正の懇談も個別の事案の話はしないはずだし、事務方が同席して、終了後全員追い払うはず。ネタ元や筋がバレバレなやり方するかな。それと、嶋田久作の本部長が本部長っぽくない。みんなが本部長室に集まって会議って、せいぜい警務部長室でしょ。毎度おなじみの県警警務部対刑事部の争いもちょっと物足りなかった。とはいえ、國村隼や豊原功輔なんかは巧くて芝居が引き締まった。
いそろくさん [DVD(邦画)] 6点(2018-08-01 21:37:55)★《新規》★
121.《ネタバレ》 ○2日間何をしていたかが焦点だが、あの落ちで1時間半以上引っ張るのはしんどい。そもそも監視カメラとかに映ってなかったのかね。少なくとも今の時代なら作品として成立しないだろう。○警察対検察、新聞社など本当に描く必要があったのか不明。○吉岡秀隆は大人になってから大根が目に付く。かなり目立っていた。
TOSHIさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2016-12-04 23:24:32)
120.《ネタバレ》 終盤入口くらいまでは、ちょいちょい出てくる説明台詞やありえない台詞に目をつぶれば、(原作に大きく助けられてはいるものの)何とか見られるレベルなのですが・・・ラスト30分の裁判シークエンスが、とにかくグチャグチャ。そもそもこの話の肝は、(警察官や検察官や弁護人や裁判官やマスコミといった)誰がどう頑張っても、本当の真相なんてものは誰の目にもふれることなく深く潜っていき、そのまま公になることはない、という点にあったはずなのに、あんな改変をしてしまっては、それまでの90分が前フリ以下にしかならないでしょう。結果、すべての登場人物は、存在の意味を失ってしまいました。あと、それとは別に、すでに指摘されていますが、すべてのシーンにおいて、照明のセンスが最悪です。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-11-16 01:25:27)
119.《ネタバレ》 見終わった感想は、樹木希林て、ほんと演技派だなぁ、、、って。梶の守りたかったもの。それは自分の大切な思い出、かなぁ。だから、それを決める権限はあなたにはない!ていうのはその通りなんだけど、でも彼の気持ちもわからんでもない。なんせ高齢化社会だもんね。人事じゃない。
あろえりーなさん [地上波(邦画)] 5点(2014-08-30 23:16:44)
118.すばらしい役者さんもいたのに大根が混じってて、味がそがれてる気がします。
HRM36さん [地上波(邦画)] 4点(2014-06-30 09:54:06)
117.《ネタバレ》 原作は読んでいませんがミステリーなんですよね?移植という言葉が出た時点でオチが読めてしまって寂しいですね。空白の2日間が作品のキモなんだから、もっとびっくりするような理由にしてほしかった。前半の警察・検察の対立が忘れ去られていたり、いろいろ残念。寺尾氏は終始ふわふわした演技でどうにもうっとおしい。嫌いな役者さんです。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 4点(2013-07-13 11:26:23)(良:1票)
116.原作も読んでいたが、空白の二日間の説得力が弱い。
もったいつけて膨らんだ期待を、下回る真相となっている。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 4点(2013-06-15 23:56:01)
115.《ネタバレ》 なんだかとても半端な出来といった印象。
設定自体は妻がアルツハイマーでさらに、息子を白血病で亡くし、そして妻を殺した夫と、ここまで詰め込めばリアリティのかけらもない脂っこい設定で、
更に、裁判長の父親もアルツハイマーだなんて、前菜から、トンカツだされて、メインステーキでデザートから揚げみたいな。ずーーーっと肉かよ。ぐらいの重っ苦しい雰囲気。
大オチもそれほどなネタでもないし、かなりバランスが悪いというか、不幸の偏り方が半端なさ過ぎて、感情移入どころの話じゃなくなっている。
原作は絶賛されているのを目にするけど、ちょっと人物設定自体が、かなり無理がありそうなのは明白で、自分にはきっと合わないだろうな。
そしてこれを2時間で見せようなんざ無理があるってのも原作読んでなくてもわかるくらいの詰め込み方。それでいて、「この人たちは必要あるの?」思わせる登場人物に時間使ってたりするんだよね。バランス考えようよ。
詰めこみゃ、泣くだろ。ぐらいの勢いだったのかな?
バニーボーイさん [DVD(邦画)] 3点(2013-04-29 21:31:41)
114.商業ベースで作ってしまうと、こういったおきまりの路線に行くのかもしれません。まあ、この後原作を読みたくなって、それで深刻な社会問題に触れられたのは良かったのかもしれません。
minさん [DVD(邦画)] 5点(2013-03-19 20:20:46)
113.弱いんです。アルツハイマーが題材の映画は。見ててつらい。
内容ですけどやはり2時間に納めるにはテンポが少し悪かったように思います。
そして空白の二日間の明確な提示が曖昧でしたね。でも自分は役者さんの演技力に引き込まれました。勿体無い。
mitsuo@さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2012-10-19 23:23:26)
112.台詞だけで事実を進めていくのは好きではありません。なぜ主人公が息子の臓器提供者を守ろうとしているのか、そもそも何をもって守るというのか、そしてなぜ主人公はすぐ死ななかったのか。いろいろ矛盾があります。
nojiさん [地上波(邦画)] 4点(2010-05-09 10:19:23)
111.原作にはるかに及ばないところが邦画らしい。
これを映画館で観たら腹が立ってたと思う。
なぜ二日間のことをしゃべらないのか、
そこに気付いたときに涙がでるしかけなのに、
これではドナーだってことがすぐわかるし、
なんだかうだうだでした。
法廷にキャストがみんな集まるのもおかしいし、
なによりあんなのジャーナリストじゃないでしょ。
原作のように泣きたかったのにがっかり。
Skycrawlerさん [地上波(邦画)] 4点(2010-04-17 02:00:27)
110.《ネタバレ》 う~んかなり重く難しいテーマを描いた内容ですねぇ アルツハイマー・骨髄移植などその病気の方がたの事を考えると安易な事は言えません  映画として観れば、二日間の謎が弱い 守らなければならない理由がちょっとわかりづらく 全体的にあいまいな雰囲気が感じられました まぁどちらにしろあまり軽々しく話す内容ではない重い映画でアリマシタ
Kaname🌟さん [地上波(邦画)] 5点(2010-04-12 09:37:05)
109.《ネタバレ》 原作を読んでいないので、映画のみを見た評価ですが、前半の警察と検察の駆け引きとかいらないような気が…
骨髄提供した青年に会ったのは良いとして、なんでそれで出頭する気になったのかも分かりませんでした。法廷では泣けるシーンが多いのですが、見終わって見ると何だかもやもやしたまま終わってしまいました。
TINTINさん [地上波(邦画)] 4点(2010-04-12 00:59:37)
108.《ネタバレ》 2時間ドラマでよい感じ。
しゃっくりさん [地上波(邦画)] 2点(2010-04-12 00:15:07)
107.《ネタバレ》 だから邦画はあまり観る気になれない。原作はもちろん読んでいません。あくまでも映画を観ての感想ですが、焦点は妻の殺害、その動機とそこへいきつくまでの経緯。これじゃないんですか?
アルツハイマー、臓器移植、警察と検察のウダウダ、事件を追うマスコミ、おまけに犯人は現職警察官ときた。このようにあれもこれも都合良くとってつけたように絡ませて、肝心の妻殺しについての犯人である夫の葛藤とか本音があやふやになってしまっていると感じる。もっともっと複雑であるはずです。
「息子を二度亡くしてしまう」とか「魂をなくしたら命は・・・」だったかな、こういう何か観念的な言葉で誤魔化された感じです。
自首するまでの二日間のことを頑なに語らない、だからよけいに気になるわけで私も興味津々だからラストまで観たのに・・・おもいっきり肩すかしです。
ラストシーンも「はい、ここで泣いてください」な押し付けがましさ。しかし最も興ざめしたのはいきなりのあのエンディングの曲ですね、恐ろしく合ってませんでした。
「半落ち」の意味も検索しました・・・映画自体が半落ちです。
envyさん [地上波(邦画)] 2点(2010-04-11 23:26:53)(良:1票)
106.TVでやってたのを見ましたが、見たことありましたねw。ただ、再度見ても題材自体は考えさせられる。劇中の「そんなことは貴方が裁くことでも、私が裁くことでもない」それが全てで、それ以上でもそれ以下でもない。空白の2日間や、それを隠した美学?そこが、ストーリーを作る上で絶対的に必要であり、逆に考えれば、そこにだけ頼って物語が出来ている。キャストは豪華で楽しいが、寺尾聰の芯の通っているようで不甲斐ない男の演技で持ったようなもの。展開次第ではどうにでも出来たような気さえしてしまうが、樹木希林のハマリ具合や、正直考えさせられてしまい、鑑賞後にディスカッションする有意義さを与えてくれたという意味で5点。ただ、同じような体験をされているご家族には、手本になどしてほしくない作品。同情もする、経験のない自分にわかるはずのない感情もあるだろう。ただどう正当化したとしても妻をあやめる美しさなどない。それをどういう形であれ美学にしてはいけないと個人的に思う。
Andrejさん [地上波(邦画)] 5点(2010-04-11 23:22:59)
105.《ネタバレ》 うーむ・・・途中なぜか泣けてきたし、見ていて飽きてくるってことはないんですが・・・
空白の2日間に、もっとミステリアスなことがあるのかと期待したら・・・理由はそれだけ?? それなら最初から意味ありげに黙ってないで、劇中の嘘の理由のように死に場所を求めて彷徨っていたってハッキリ言えばこんな大事にはならなかったはず。まあそう言ってしまえばこの物語が終わっちゃうんですが・・・

井原さんがやけにカッコイイ。あの弁護士に、妻約の高島礼子は合わない。
かすおさん [DVD(邦画)] 5点(2010-01-30 23:55:16)
104.映画は後半に失速、せりふもなんかくさい、だけど最後の主題歌が出てきた時、思わず「何だ~これ~」って位ひどくて、他がすべてぶっ飛んだ。 ある意味衝撃のラストです。
紫電さん [DVD(邦画)] 3点(2009-12-08 23:00:16)
103.《ネタバレ》 義母がえらく感動したというので見てみたらなるほど。そりゃ息子を亡くした経験を持つ義母なら泣いて当然の作品だった。アルツハイマー病を不憫に思ったからの殺人ということではなく、息子を二度も亡くすという耐え難い苦しさを不憫に思っての殺人。私もちょっとぐっとくるものがあった。が、映画自体はダメダメだ。明瞭な嫌味やマンガみたいなパワハラをみせる警察上層部のベタベタな人物造詣に、そして記者たちの、お前らみんなワイドショーの芸能記者か!てなこれまたベタベタ人物造詣に、果てには裁判官のこれまた恥ずかしいくらいのマンガチックなベタベタ人物造詣に呆れ果てる。演技はオーバー。画面は全てのシーンがしょぼい(照明はテレビドラマのそれ)。原作ストーリーを映画の決まった尺に収めたのはいいが、どのエピソードも中途半端に踏み込んでいてまとまりが悪い。
R&Aさん [DVD(邦画)] 1点(2009-03-19 12:59:48)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 122人
平均点数 5.22点
010.82%
121.64%
254.10%
31411.48%
42722.13%
52218.03%
62218.03%
7108.20%
8119.02%
954.10%
1032.46%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review4人
2 ストーリー評価 5.42点 Review14人
3 鑑賞後の後味 5.28点 Review14人
4 音楽評価 3.13点 Review15人
5 感泣評価 4.72点 Review11人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS