ブギーポップは笑わないのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ブギーポップは笑わない
 > (レビュー・クチコミ)

ブギーポップは笑わない

[ブギーポップハワラワナイ]
Boogiepop and Others
2000年【日】 上映時間:109分
平均点:5.33 / 10(Review 6人) (点数分布表示)
公開開始日(2000-03-11)
ホラーSF
新規登録(2004-01-07)【fero】さん
タイトル情報更新(2019-01-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督金田龍
助監督隅田靖
キャスト吉野紗香(女優)宮下藤花(ブギーポップ)
酒井彩名(女優)百合原美奈子(マンティコア)
三輪明日美(女優)紙木城直子
寺脇康文(男優)エコーズ
沢木哲(男優)木村明雄
高野八誠(男優)早乙女正美
笠原秀幸(男優)田中志郎
馬場喬子(女優)木下京子
坂上香織(女優)カラオケ店店員
蛍雪次朗(男優)田所五郎
海野けい子(女優)麻美粧子
脚本村井さだゆき
音楽梶浦由記
主題歌スガシカオ「夕立ち」(Universal Music)
撮影前田智
製作博報堂
東映ビデオ
企画黒澤満
プロデューサー加藤和夫【プロデューサー】
特殊メイク江川悦子
美術和田洋
照明中元文孝
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
6.《ネタバレ》 ライトノベル原作の青春SFファンタジーで、普通に安っぽいところもあるので映画として素晴らしいともいえないが、自分としては嫌いでない。
序盤は意味不明の点が非常に多く、もしかして全部がこんな感じかと思っていると次第に話がつながって来るので安心する。手の込んだ作りだが連係ポイントは目に見えており、全体構造がしっかり組まれていることは容易に想像できる。終盤で夜空をのぼっていく光(またはその尾)は、ばらばらな登場人物を結ぶ共通体験であるとともに、それぞれの体験が本当に日常を超えた世界につながっていたことの視覚的な証明になっている。
青春ドラマとしても、登場人物それぞれの不安感や不全感、やるせなさやもどかしさが感じられ、満たされた心や満たされなかった心、満たしてやれた安堵や満たしてやれなかった悔いが表現されていて切ない。事件に関わった人物が結果的に同じところへ収束していくわけでもなく、それぞれの関わり方に応じて「いろんな思い(を)抱えて生きていく」という終幕も、多くの人々に向けた青春ドラマとしてふさわしい。残った人々がこれから何をすべきかという問いかけもあり、また一時的または部分的にでも心を満たしてくれた相手への「ありがとう」が2回、絆創膏が1回あったのが和ませる。
基本的には原作がよかったのだろうが、原作がよかったことを想像させる映画にはなっている。ちなみに来年またTVアニメで放送されるそうで、いまだに人気のあるシリーズらしい。

また美少女が多数出ているのはこの映画としての長所である。個人的には、それほど美少女風でもないが真面目で純粋な委員長(演・広橋佳以、現在は引退とのこと)が最後まで無事でいることをひたすら願いながら見ていた。また内気な眼鏡っ子役は清水真実という人で、個人的には「がんばっていきまっしょい」(1998)の“ヒメ”役を見て以来の目立つ役だったが、この人が最後ににっこりした場面は嬉しくなった。
ほか主演女優はこの当時よく知らなかったが、普通に女子高生をやっているところなどは脱力するほど可愛らしい。低身長で童顔なのに妙な扮装をして超人的な力を発揮するのはかなり変だが嫌いでない。終盤で名乗りを決めた場面は格好よかった。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 7点(2018-11-13 22:29:04)
5.《ネタバレ》 この映画は嫌いじゃない。高校生男女の青春ホラー映画で、スタッフとキャストが真面目に作った映画と思う。でも空回りしている気がする。なぜなんだろう。●たぶん問題なのは、漫画やアニメの世界を「そのまま」実写でやったこと。クサいセリフが多過ぎるし、ブギーポップに魅力がない。高校の文化祭で、日本人顔の役者たちがジョセフィーヌやスティーブンと真面目に呼び合う感じで、苦笑いしてしまう。●村井さだゆきは、たぶん脚本家として実力があるハズ。でもこの映画では説明セリフが多過ぎる。●一言でぶった斬るなら「ダメなオタク映画」。センスがない、なさ過ぎる。●「ぼくは自動的なんだよ」なんてセリフを実写で言わせるなよ。つまり企画が悪いんだ。『男はつらいよ』を1980年代に「リアルなキャラデ」でアニメ映画にするようなもんで企画が間違ってる。えっ、この例えが間違い?★ラスト、二人のヒロインが初めて出会って握手する。★7点!
焼肉の掟さん [DVD(邦画)] 7点(2014-06-18 19:19:36)
4.全く予備知識なしで見たら、はまってしまった。全体の雰囲気がいいし、キャストもいい。前後する時間経過も独特の雰囲気を作り出している。あわてて原作を読んだら原作がいいんだね。でも、映画も悪くない。吉野紗香ってあまり好きじゃなかったけど、宮下藤花役はピッタリ。ちょっと好きになりました。最近は全く見なくなった黒須麻耶もいいし、川岡大次郎、高野八誠もいい。でも一番興味がわいたのは三輪明日美。もっと彼女の作品が見てみたい。
原作はティーンズ向けのファンタジーということなんだろうけど、おじさんの自分にも十分楽しめる映画でした。
フラミンゴさん [ビデオ(吹替)] 6点(2008-12-18 18:01:54)
3.僕も笑えませんでした
ケムール人さん [ビデオ(吹替)] 2点(2005-11-25 12:11:10)
2.かなり不遇な作品である。原作が良すぎる為に原作ファンからは見放され、やや複雑な話の為に原作を知らずに見た人は理解に苦しむ。おまけにアイドル映画というレッテル付き。まあ、それでも、そんなに悪くない出来にはあると思うので、アイドル映画や仮面ライダーのようなヒーロー物にアレルギーの無い人なら見ても損はないと思う。恋愛的な要素もあったりして、役者の下手さを多少我慢できる人なら、それなりに楽しめるんじゃないかな。あと、何度か見直す忍耐力も必要かな・・・
もとやさん 6点(2004-03-10 12:18:56)
1.はぁ?もっと楽しませてくれよぉぉぉ!!
真尋さん 4点(2004-01-21 15:55:15)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 6人
平均点数 5.33点
000.00%
100.00%
2116.67%
300.00%
4116.67%
500.00%
6233.33%
7233.33%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS