なごり雪のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ナ行
 > なごり雪
 > (レビュー・クチコミ)

なごり雪

[ナゴリユキ]
2002年【日】 上映時間:111分
平均点:5.57 / 10(Review 21人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-04-27)
ドラマラブストーリー
新規登録(2004-01-17)【サラウンダー】さん
タイトル情報更新(2018-09-26)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大林宣彦
助監督南柱根
キャスト三浦友和(男優)梶村祐作
ベンガル(男優)水田健一郎
須藤温子(女優)雪子
宝生舞(女優)菅井とし子
長澤まさみ(女優)水田夏帆
左時枝(女優)梶村道子
津島恵子(女優)水田の母
細山田隆人(男優)
田中幸太朗(男優)
原作伊勢正三「なごり雪」(原案)
脚本大林宣彦
南柱根
音楽學草太郎
作詞伊勢正三「なごり雪」
作曲伊勢正三「なごり雪」
編曲瀬尾一三「なごり雪」
主題歌伊勢正三「なごり雪」(唄/ギター演奏)
撮影加藤雄大
谷川創平(B班撮影)
製作大林恭子
山本洋
大映
プロデューサー大林恭子
配給大映
特撮大屋哲男(CG製作)
美術竹内公一
衣装千代田圭介
編集大林宣彦
その他呉美保(スクリプター)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
21.後にも先にも劇場で観た唯一の大林宣彦監督作品。いきなり「なごり雪」を作詞した伊勢正三が自ら弾き語る映像から始まるというのが凄いインパクトだったし、この映画に対する期待をグッと引き上げてくれた。
この唄が作られた28年前の大分県臼杵市が物語の舞台となっていて、歌詞のイメージにぴったり合った内容になっている。

大分県では1年に1度雪が降るかどうかという割合で、滅多に見られないものらしい。
その為、雪が降った時の感動はやっぱり凄いんだろうなぁ。

また、電車がとても重要な役割を果たしており、東京を離れる事になる主人公が親友と別れる場面と、28年後に時を経て戻る事になる場面でも象徴的である。
この物語の主人公にとって電車は過去と未来を繋ぐタイムマシンのようなものなのだろう。
SNSなど無い時代ならではのどうしようもない距離感を感じて、そこに切なさを感じる。

とても美しい青春物語ではあるが、主人公に想いを寄せるヒロインの言動と行動がちょっと狂気染みていて怖くもあった。部屋の窓から雪を降らせるシーンとか特に。
でもまあそうだよね。好きな先輩が大学デビューして故郷にあんなイケイケの恋人連れて来たらおかしくもなるわよね…。
主人公の無神経さに腹が立ったし、この期に及んでまだ雪子に対して未練を感じているのがミエミエでそのどっち付かずの態度が駄目だなと思った。

それと学生時代を演じたキャストの演技がいかにも昭和というか、棒読みが酷くてわざとらしかった。
須藤温子は“新人“とあるが、映画初出演は「シベリア超特急2」なのを忘れてはいけない。

また当時13歳の長澤まさみも出ていて、とても大人っぽい落ち着いた演技で、短いながらもすごく印象に残った。

ただ、全体を通して見るとあまりにも嘘臭く、そんなに面白いとは思えない。
臼杵市のロケーションはとても美しく、大林作品にとてもマッチしていた。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 4点(2020-04-17 20:16:04)★《新規》★
20.《ネタバレ》 最近、大林映画に興味がある。この映画では大林特撮ワールドは、すごく抑えられていて、とても初々しい女性の映画だった。最後の駅でのベンガルの号泣は、国民的ソング「なごり雪」の歌詞の名セリフのためではなく、親友(三浦友和の扮してた役)の死を直感したためではないか?と思った。奥さんと親友を一気に二人亡くした、その物凄い孤独に襲われたためではないか?そんな風に思った。それにしても方言なかったね。同じ九州人として、観終わってあれ?そういえば九州弁は?と思った(笑)
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2016-12-11 00:03:03)
19.《ネタバレ》 中年男のノスタルジープラスセンチメンタル妄想炸裂映画決定版!!出てくる少女たちの造形が、いかにも年かさの男性が頭で考えたような「聖少女像」って感じ。1974年という時代背景を差し引いても、その点はちょっと割引しなくてはいけません。けど、自分は昔っから大林監督が描くこういうセンチメンタリズム、嫌いじゃないんだよなあ・・・むしろ大好き(汗)同じ伊勢正三の曲をモチーフにした、ホラー調?の「22才の別れ」(4点)より、ずっとこっちの方が内容的にも見ごたえがあり、大林監督の演出や映像感覚も冴えていると思います。主人公よりも親友の方が、ずっと人間としても男としてもいいヤツなんですよね。何度か出てくる臼杵駅プラットホームのシーン、出迎えてくれる親友にいっつも当たり前のように荷物を運ばせるんですよ。この主人公って。たいして重くもなさそうな荷物なのに。普通ならわざわざ迎えに来てくれた友人に「いいよ、いいよこれ軽いしオレ持つから」って断るのが筋だと思うんだけど・・・。ここに主人公の独善的な部分というか、自分の事しか考えてないエゴイストな部分が一番巧く出せていたと思います。中年男が頭でこしらえたようなヒロイン像(歳を重ねた老いた姿を画面にみせない)、主人公にイマイチ人間的魅力に欠ける点、往年の大女優津島恵子さんをせっかく出演させているのに画面に出しているだけで殆ど見せ場を与えていない(「時かけ」では上原謙&入江たか子のご両人にちゃんと芝居をさせていた)以上、気になる三点を引いて7点。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(邦画)] 7点(2014-02-28 22:19:27)(良:1票)
18.「なごり雪」という唄に思い入れがある人はこの映画には拒否反応を示すのかもしれないが、素直に見ればセンチメンタルな気分にひたれる美しい映画だと思う。強いて言うなら主役の三浦友和が最後に何を得たのか、そこにもっと焦点を当ててほしい気がした。
ととさん [DVD(邦画)] 6点(2010-03-28 03:58:49)
17.至高の名曲なごり雪の映画版という事で見てみましたが、思った以上に暗い話。というか、中学生日記ばりの子役の演技のひどさが目に付きました。あと、歌詞をそのまま台詞にするのはわざとらしくていやでした。でもやっぱりなごり雪は名曲ですね。
すべからさん [DVD(邦画)] 3点(2008-07-03 17:46:17)
16.《ネタバレ》 うわぁ~平均点低いなあ!これははっきり言って駄目な人には全く受け入られない世界だろうけど、大林宣彦監督作品が好きな人には受け入れるだけの力を持った作品だと思う。確かに皆さん、指摘の通り、台詞回しも変だし、棒読みではある。しかし、これはそんなことをああだこうだと文句を言うような作品ではないと声に出して言いたい。甘くて切ない大人のためのファンタジー映画なのだ!大林監督らしい美しい映像、昔の日本映画にある匂いとでも言うのか?作品全体に漂う甘い雰囲気、その甘さこそ大林宣彦ワールドなのだ!そして、単なる甘いだけの作品ではない。甘さの中にある緊張感、サスペンス映画のような雰囲気と狂気が入り混じった。更には大林映画を語る上で絶対に欠かすことの出来ない少女の魅力、見ている私でさえも何だか恥ずかしくなるような少女趣味、そう、その少女趣味的、何と言うのが正しいのか?大林監督のロリコン的要素がずしりと詰まった危ない雰囲気、ここにどういう訳かいつも観ていて不思議と惹かれるものがある。この映画では主人公の昔の恋人で親友の奥さんでもある雪子の若き頃を演じている新人須藤温子という女優が素晴らしい。彼女の見せる一つ一つの仕草、笑顔に涙、この映画を支えているのは間違いなく彼女(須藤温子)である。タイトルの「なごり雪」にもある「雪」がこの映画の大きなキーワードでもあり、三浦友和演じる主人公とその友人ベンガルの少年時代の回想シーンの中で二人に雪を降らせてみせるシーンはこの映画の中でも一番の名場面!同じ伊勢正三の名曲を映画化した「22才の別れ」はいまひとつ乗れなかったけど、こちらは乗れた。やはりその最大の理由はやっぱりこの映画の中の須藤温子というこの当時の新人が素晴らしいから!こんなにも素晴らしい若手の女優さんをその後、生かしきれずにいる現在の日本映画に一言、言いたい。ただ可愛いだけじゃ駄目だと!この女優さんは可愛いだけでなくきちんとした芝居を出来る素晴らしい女優だ!そういう女優を見事に抜擢して見せた大林宣彦監督はやはり素晴らしい監督さんです。誰が何と言おうとこれも私の中では大林宣彦監督の代表作として評価したい。
青観さん [映画館(邦画)] 8点(2007-11-17 23:26:18)(良:1票)《更新》
15.好きだった男が東京から連れてきた女が宝生舞と来たもんだ。
「うは、びみょー」
出迎えた二人の心の声が聞こえてきそうな展開にそりゃ諦めきれないよなぁって納得。
この作品に関わったすべての人の心になごり雪が降り積もりそうな糞映画ではあったけど、
おっぱいまで出して頑張った宝生舞に3点あげます。
もとやさん [DVD(邦画)] 3点(2007-02-06 18:54:39)
14.何だろう?このセリフの異様な言い回しは・・・。漫画でいう下手ウマ絵を狙った所か。これではヘタヘタ絵だ。歌詞通りのセリフも見事にすべっていた。大林監督、大変なひと休みをしたというとこか。私にとっては「なごり雪」はイルカの印象が強いので、使用されなくて助かった。平均点より全然下だが、シベ超までにはいかず。
チューンさん [DVD(字幕)] 3点(2006-04-17 18:47:35)
13.強引な舞台設定(「なごり雪」といえば、やっぱり舞台は東京でしょ)、あまりにもクサいセリフ(聞いているほうが恥ずかしくなってくるのはナゼでしょうか)もさることながら、最大の感想は「ヒロインを安易に殺すなよ」ということ。この映画に限らず、最近よくありますが、主役級の登場人物を簡単に死に追いやって観客の涙を誘うというのは、下品で安っぽい演出だと思います。人が死んで哀しいのは当たり前。生かしてなお、人の魂を揺さぶるような作品に仕上げてほしかった。特に多くの人が何らかの思い入れを持っているであろう名曲「なごり雪」がテーマなだけに、残念です。
眉山さん [地上波(字幕)] 3点(2005-12-03 15:16:11)
12.棒読みや、そこまでいかなくても硬いセリフ回しは何らかの芸術的表現手法なのだろうか。バイクの転倒事故くらいで、顔中包帯でぐるぐる巻きというのは、ミイラ男か何かのパロディなのだろうか。。。。。。。まぁ、彼女を思い出の中の存在に押し込めておくための方便なのだろうが、しかしネェ、雪子がその後も祐作に恋し続けていたなんて、ずいぶん一人よがりな空想なんじゃなかろうか。その甘ったるい感傷に浸るためには、雪子に口をきいてもらっては困るわけだ。思うに、雪子にとっても祐作は思い出の一つに過ぎなくなり、生活に埋没していったはず。(女って、男と違ってずいぶん現実的だからなぁ。)
駆けてゆく雲さん 5点(2005-02-09 21:58:52)(良:1票)
11.主人公と同年代ということもあり、自分の28年前を重ねながら胸を熱くしました。
「なごり雪」というテーマにこだわり、歌詞を台詞として語らせているのは、意識的にそうしたのでしょう。不自然な言い回しが、却って心に焼きつきました。歌に綴られた情景は映画の展開とうまくかみ合い、ヒロインの名前や雪へのこだわりも作者の優しさだと思います。
青春の思い出は一生の宝もの。しかしその断片に触れることは幸福なのだろうか、それとも…
ちくわさん 9点(2005-01-30 21:44:46)(良:2票)
10.かつてニューミュージックと呼ばれたジャンルの名曲、「なごり雪」をモチーフとした大分県臼杵市のご当地映画は、とにかく最初から最後まで目も当てられない程の酷い出来。まず、オープニング・タイトルにいきなり伊勢正三の弾き語りを持ってくるアホさ加減(これは歌を知らない人に対するサービスのつもりか?)。そして、通常の映画の5倍はあると思われる台詞とナレーションの量(「CASSHERN」以上に何でもかんでも喋って説明)。その台詞も、歌詞をそのまま引用した部分を始め、不自然この上ないものばかり。これは演技力云々以前に、こんな台詞を喋らされた俳優に同情すべき。クランク・インする前に、誰か脚本をチェックする人間はいなかったんでしょうか? 大林宣彦自身もこれで満足なんでしょうかね? 2点献上。
sayzinさん 2点(2005-01-19 00:16:13)(良:1票)
9.イルカの歌った「なごり雪」は、東京で大学生活を送った女の子が故郷に戻る設定だと思っていたし、それに間違いないと思うのだが。大林監督が臼杵の風景を撮ろうとして、無理しているように思う。だいたい、この監督の作品は平明でメリハリがない。せりふも長くて、抑揚のないしゃべり方で感情移入できない。それでも、若手俳優たちはよく頑張っていたように思う。ベンガルはもっと役つくりをしないと、だめ。というか、ミスキャストだと思う。冒頭シーンの伊勢正三の声に艶がなくなっているのが、むしろこの歌が流行していた時代との時の隔たりを感じてしまった。最後に、臼杵駅の設定になっている駅。アレはどこの駅なんでしょうか。臼杵は瀬戸内海に臨む海辺の明るい町なのに、駅は山の中か。
ジブラルタの星さん 3点(2005-01-15 02:00:31)(良:1票)
8.《ネタバレ》 青春の美しさと残酷さを臼杵の自然を舞台に描いた物語りと言うことができるのだろうけれど、実際の臼杵市ってそんな田舎じゃないようです。複数の上級生からアイドルとして想われていた女の子(雪子)が東京に進学した主人公の女友達が夏休みに出現するところで急変して本人の意思に関わり無く熾烈な女の争いに巻き込まれてしまう。脱衣所での事件の後で普通なら主人公が立ち去るところを「あなたも胸くらい見せたらどうなの」とでも言うように二人を残して勝ち誇って出て行く女友達に見られる残酷さと、それに対して「来年の春まで待って」と別れ際に言うことしかできない雪子の弱気さ。そして主人公の母親の急死によって得た再会において葬儀の席でやってきた女友達に席を譲り退く雪子と、そこに悠然と座る女友達によってもう来年の春を待たずに勝負が決定されてしまったことが表現されています。雪子が枕を切り裂いて羽毛の雪を演出しようとしたのは逆転を期待したのでなく敗北感を確認するためで、それで友人の愛を受け入れたのも自然の成り行きでしょう。結果として交通事故での急死と言う出来事があったにしても美しくて賢い娘を得て幸福な一生を生きたことになっているのだから結構な話で、それを主人公と友人とその娘に語らせているのでは悲劇的要素は少なく、田舎の町の一つのエピソードを借りたふるさと紹介映画に過ぎないとも言えます。ちなみに臼杵と豊後竹田はそんなに近くはないけれど東京から見たら隣町なのでしょうか。
たいほうさん 7点(2004-12-19 00:25:20)
7.おかしなセリフ回し、芝居がかった演技、何がしたかったのか疑問を感じるばかりで物語には遂に入り込めないまま終わってしまった。
亜流派 十五郎さん 1点(2004-09-26 16:53:00)(良:1票)
6.なごり雪・・・名曲すぎる。回想で進んでいく話はわかりやすく良かった。個人的にあのサスペンスっぽいのはマイナス。セリフっぽいセリフがおもしろかった。
Pieceさん 7点(2004-06-12 00:40:13)
5.これは去年、映画館で観ました。ちょっぴり切なくて観終わってからジーンとくる、大林監督らしい良質のドラマでした。須藤温子演じるヒロインが窓から紙の雪を降らせるシーンがとても印象に残っています。三浦友和とベンガルの名優2人も哀愁漂う素晴らしい演技で、物語に一層の深みを与えていた。伊勢正三の「なごり雪」が流れるたんびに泣きそうになった。
きのすけさん 8点(2004-05-01 09:09:43)(良:1票)
4.《ネタバレ》 なんだとう、この、感動は、題名、邦画で、主演が、三浦さん、そして、伊勢ショウゾウのなごり雪の歌で始まる、ヤッスッポイ日本映画かな、と思いながら、淡々と見始める、ベンガルの演技のうまくなさも気になったが、大分の臼杵の景色の素晴らしさ、雪子さん役の彼女のいとおしさ、三浦さんの影の薄さ、素晴らしい、兼ね合い、なんだろう、このもの悲しさは、ベッドで寝ている雪子さんの顔を包帯で、ぐるぐるにして、見せない理由?、それを通り越して、人の心の想いの深さを、感じられました。「好いてはもらえたけど、恋してはもらえなかった」この台詞の深さを、28年だっけ、そういうときの重さを、感じられる、年になってしまった、自分が悲しい、そして、今の自分にも当てはまるような、「好いてはいるけど、恋してはいない(自分の)人生」、、、映画って本当に素晴らしいと思う、大林監督だっけ、素晴らしい映画を、ありがとう。そんな思いです。
yasutoさん 10点(2004-04-25 23:50:20)
3.あんなくどい喋り方をする奴はいない。
pied-piperさん 4点(2004-04-23 01:57:01)
2.素直に良いと言える作品.心に沁みる.
伊勢正三さんの「なごり雪」が好きな人ならこの映画も良いと思えるのではないでしょうか.
sigさん 8点(2004-03-24 14:09:41)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 21人
平均点数 5.57点
000.00%
114.76%
214.76%
3523.81%
429.52%
514.76%
614.76%
7419.05%
8314.29%
929.52%
1014.76%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review2人
2 ストーリー評価 9.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 9.33点 Review3人
5 感泣評価 9.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS