夕べの星のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > 夕べの星
 > (レビュー・クチコミ)

夕べの星

[ユウベノホシ]
The Evening Star
1996年【米】 上映時間:129分
平均点:7.27 / 10(Review 11人) (点数分布表示)
公開開始日(1997-08-30)
ドラマシリーズもの
新規登録(2004-02-19)【東京50km圏道路地図】さん
タイトル情報更新(2019-08-31)【Olias】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロバート・ハーリング
キャストシャーリー・マクレーン(女優)オーロラ
ビル・パクストン(男優)ジェリー
ジュリエット・ルイス(女優)メラニー
ミランダ・リチャードソン(女優)パッツィ
スコット・ウルフ〔男優〕(男優)ブルース
ジョージ・ニューバーン(男優)トミー
ベン・ジョンソン〔男優・1918年生〕(男優)アーサー
マッケンジー・アスティン(男優)テディ
ジャック・ニコルソン(男優)ギャレット
ドナルド・モファット(男優)ヘクター・スコット
ドン・バージェス(男優)
マリオン・ロス(女優)ロージー
鈴木弘子オーロラ(日本語吹き替え版)
山路和弘ジェリー(日本語吹き替え版)
深見梨加メラニー(日本語吹き替え版)
駒塚由衣パッツィ(日本語吹き替え版)
森川智之ブルース(日本語吹き替え版)
宮本充テディ(日本語吹き替え版)
筈見純ギャレット(日本語吹き替え版)
中村正[声優]ヘクター・スコット(日本語吹き替え版)
宮川洋一アーサー(日本語吹き替え版)
出演デブラ・ウィンガーエマ(写真)
原作ラリー・マクマートリー
脚本ロバート・ハーリング
音楽ウィリアム・ロス〔編曲〕
撮影ドン・バージェス
製作ポリー・プラット
キース・サンプルズ
パラマウント・ピクチャーズ
配給UIP
スタントコンラッド・E・パルミサーノ
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
11.《ネタバレ》 「愛と追憶の日々」続編。前作と合わせて、決して平坦ではないけど愛情に満ちた一人の女性の人生を味わうことができました。温かいテーマ曲が優しい物語を包んでいます。小品ながら心に残る良作です。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 7点(2012-05-30 00:32:49)
10.続編があったことを知らず、つい最近鑑賞。エマはすでに亡くなっていてデブラ・ウィンガーは写真だけだし、ジャック・ニコルソンもちょっとだけ出ただけ。前作に比べると物足りなくなるのは仕方がないし、当のオーロラもお騒がせお婆さんぽくなってあまり好きではない。それでも孫をちゃんと育てあげたということに敬意を表して・・・。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 6点(2012-04-08 21:53:49)
9.前作からずっと見たかったので願いがかないました。もう親戚にでもなっているかのような気持、子供たちの成長・反抗がほほえましかったり、ほらね!まったく!とお隣のおばあちゃんを心配をしたり。。。さすがの演者陣です、すばらしかったです。最後泣けました!あとところどころツボにはまって大笑いしたり、黄色のベルト、似合ってたね! ■作中で原題になるところを「宵の明星」と訳していたので、そっちの方がなんだかしっくりきました。
HRM36さん [DVD(字幕)] 8点(2010-11-04 17:48:24)(良:1票)
8.《ネタバレ》 何度も観た前作。だから、この映画の登場人物も前作では子供だった頃から性格変わってないな、というのがよく分かりました。特にいつも長男と母親のエマの喧嘩の間に入って気を使っていた次男がこの作品でも地味でした。いつか爆発するんじゃないか、なんて思ってしまう。おばあちゃんのオーロラは前作ではそんなに軽い女じゃなかったけど、歳を取って反動がでたのか、若い男と寝ちゃったり。末っ子は時々お母さん似の面影を見せて、おっと思わせたり。また前作で病院で見せたオーロラの爆発も今回は飛行機の中でパッツィ相手に見せてくれます。まだ前作「愛と追憶の日々」を観てない人は、この映画の後に観るのも面白いかもしれません。
トントさん [ビデオ(字幕)] 7点(2009-08-25 20:14:57)
7.《ネタバレ》 何かこれ、ところどころでめったやたらに泣けて困りました。もちろんこれは前作「愛と追憶の日々」ありきの続編なのだけど、監督だけは変わったとはいえ、催涙効果抜群の私の大好きなテーマ曲も、人物のキャラクターも全くそのまんまなのがホント嬉しい。どうしてアメリカ人って、会話の端々にピリッとした皮肉やユーモアを交えるのが易々と出来るんですかねえ・・・?こういう脚本が巧く出来た映画を観るたんびにそう思います。映画の中では写真のみの登場だけれど、前作で亡くなったエマ(デブラ・ウインガー)が、全編にわたって登場人物たちを支配しつつ、ストーリーに濃い影を落としているって感じ。なるほど、あの奔放なジュリエット・ルイス扮する娘は、母親のDNAを引き継いだ娘に立派に成長したわ(笑)老いてもなお枯れない、シャーリー・マクレーンがやっぱりここでも好演。ただラストはジャック・ニコルソンとの海辺のシーン辺りで終られた方が映画としては余韻が残って良かったかもなあ・・・。オーロラの生涯最期の最期まで描いたのは完結はしたけれど、屋根の上に更にもうひとつ軒を重ねてしまったみたい。前作(7点)は見た時、まだ15かそこらのガキだったので、もう一度見直せば評価上がるかも。この前再見した「黄昏」と同じく、これもまた恵まれた環境の方の老後の人生ですね。
放浪紳士チャーリーさん [DVD(字幕)] 8点(2008-02-15 12:49:44)(良:1票)
6.《ネタバレ》 味わい深いドラマでした。たくさん苦労はしてたけどもあんないい家族や友人たちに囲まれて逝ったオーロラは幸せもんです。ジャック・ニコルソンが現れたときは嬉しかったですね。
ギニューさん [ビデオ(字幕)] 8点(2007-09-10 20:14:31)(良:1票)
5.オーロラの人生は素晴らしい!僕もあんなふうに家族を愛する人生を歩みたいものです。
ケンジさん [DVD(字幕)] 6点(2007-01-28 16:29:57)
4.「愛と追憶の日々」の続編。娘が死んで幼い孫3人の母代わりとなり奮闘してきたオーロラだが孫達は次々彼女の心を悩ませる。前作より一層マクレーンの存在感は大きく、まさに彼女のための作品となっている。年をとっても前向きで独自のポリシーを持つオーロラとマクレーンは完全に一体化し実に魅力的で素晴らしい。彼女を取り巻く孫達とのエピソード以外にも彼女の恋愛、娘の親友だった女性との確執、家政婦の老友や退役将校の恋人、隣人との友情などどれも味わい深い。特に老人たちとのエピソードには泣ける。前回の恋人だったニコルソンも登場するというサービスもあるがこれはマクレーンへの友情出演といったところか。二人で老友の散骨をするシーンがいい。年老いた彼女が家族や友人達に見守られながら幸せな最後を迎える場面でのマクレーンの臨終はストップモーションがかかったようで見事! 私もかーすけさん同様、前作よりもマクレーンを目一杯堪能できるこちらのほうが好きかも。


キリコさん 8点(2004-04-19 16:55:28)(良:2票)
3.オスカー作品の続編ならかなり霞む?と思ったが、意外や意外、成功と言ってもいいのではないでしょうか。もう一度観るなら私、心穏やかになるこちらを選ぶかもです。今回またまたマクレーンの恋も有りなんですが、なぜ好かれるかは、、ムフフ~です。亡き娘の親友役がミランダ・リチャードソンに代わってまして、好きだぁこの人(「めぐりあう時間たち」の”ねえさん”役、クスクス!)。この作品では、年配の俳優さんたちがとても人情味があって好きです。でも残念ながら隣人(←たぶん)役ベン・ジョンソン(←走らないよ)最後の出演作になってしまいました。「夕べの星」は勿論ええシーンで登場します、やっぱりね、です。
かーすけさん 8点(2004-03-28 13:12:52)(良:2票)
2.前作を見てないので、ジャック・ニコルソンがいきなり現れた感じがしたけど、前作を見た人にとってはうれしい登場なんでしょうね。ひ孫との交流がすごく印象的でした。前作も見たいです。
ジョナサン★さん 7点(2004-02-20 22:29:49)
1.大作の続編としては中々の出来。海岸でオープンカー走らせるシーンには鳥肌立ちました。
東京50km圏道路地図さん 7点(2004-02-19 05:30:20)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 11人
平均点数 7.27点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
6218.18%
7436.36%
8545.45%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

【ゴールデングローブ賞 情報】

1996年 54回
助演女優賞マリオン・ロス候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS