花と嵐とギャングのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > 花と嵐とギャング
 > (レビュー・クチコミ)

花と嵐とギャング

[ハナトアラシトギャング]
1961年【日】 上映時間:83分
平均点:1.00 / 10(Review 1人) (点数分布表示)
アクションシリーズものモノクロ映画犯罪もの小説の映画化
新規登録(2004-03-12)【】さん
タイトル情報更新(2019-08-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督石井輝男
キャスト高倉健(男優)スマイリー健
鶴田浩二(男優)香港ジョー
小宮光江(女優)佐和
江原真二郎(男優)楽隊
山本麟一(男優)カポネ
曽根晴美(男優)ウイスパー
潮健児(男優)山田
八名信夫(男優)張本
清川虹子(女優)まさ
佐々木孝丸(男優)河北
日尾孝司(男優)唐島
原作藤原審爾
脚本佐治乾
音楽三保敬太郎
撮影星島一郎
企画吉田達
配給東映
録音小松忠之
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
1.題名同様に意味不明な脚本。鶴田浩二は何とか見れるものの、高倉健は演技であってもアホっぽいキャラが観るに堪えない姿。リアリティのかけらもない終盤の撃ち合いシーン、緊迫感皆無の銀行襲撃シーン等々失笑ものの粗末な演出。後の東映任侠映画スター多数出演していながら信じられない駄作にびっくりしています。
The Grey Heronさん [DVD(邦画)] 1点(2019-10-22 03:32:54)★《新規》★
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 1人
平均点数 1.00点
000.00%
11100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS