眠狂四郎 殺法帖のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ネ行
 > 眠狂四郎 殺法帖
 > (レビュー・クチコミ)

眠狂四郎 殺法帖

[ネムリキョウシロウサッポウチョウ]
1963年【日】 上映時間:82分
平均点:5.17 / 10(Review 18人) (点数分布表示)
公開開始日(1963-11-02)
アクションドラマ時代劇シリーズもの小説の映画化
新規登録(2004-03-14)【梅桃】さん
タイトル情報更新(2021-05-31)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督田中徳三
助監督土井茂
キャスト市川雷蔵(男優)眠狂四郎
中村玉緒(女優)千佐
城健三朗(男優)陳孫
小林勝彦(男優)金八
高見国一(男優)捨丸
扇町景子(女優)歌吉
真城千都世(女優)常盤津文字若
沢村宗之助(男優)前田宰相斉泰
荒木忍(男優)僧空然
南部彰三(男優)窯元蔵六
橘公子(女優)船宿の女将
木村玄(男優)根来竜雲
伊達三郎(男優)銭屋五兵衛
藤川準(男優)無頼漢
志賀明(男優)無頼漢
大杉潤(男優)無頼漢
西岡弘善(男優)無頼漢
滝川潔(男優)江戸の若い衆
布目真爾(男優)江戸の若い衆
黒木英男(男優)無頼漢
美吉かほる(女優)お美代の方
原作柴田錬三郎
脚本星川清司
音楽小杉太一郎
撮影牧浦地志
企画辻久一
配給大映
美術内藤昭
編集山田弘
録音奥村雅弘
照明中岡源権
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
18.シリーズについてはよく知らないのだが、イガイと勧善懲悪な印象。これからニヒルな世界観になっていくのか?
東京50km圏道路地図さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2020-10-11 17:07:40)
17.何というか、とにかく全体的に活気がないというか、各キャラクターが言われたとおりに動いて終わっているだけというか・・・。登場人物の設定も特に何かうまくできているように思えないし、これが第1作目で、その後のシリーズ化の皮切りになったというのが逆に驚きです。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2019-11-11 21:41:09)
16.《ネタバレ》 ご存じ、眠狂四郎=市川雷蔵シリーズの記念すべき第一作目。このシリーズはまだ観たことなかったのですが、一作目ということもあって狂四郎のキャラが定まっていない感が濃厚。大してニヒルという感じではないし無頼漢というイメージも薄い、普通のチャンバラ映画の主人公という感じです。もっと判らんのは若山富三郎が演じる少林寺拳法の使い手である陳孫というキャラで、だいいち少林寺拳法と剣術というのはミスマッチも甚だしいところ。そんな陳孫でも最後の対決では円月殺法を真剣白刃取りしちゃうし、ぜったい若山富三郎の方が斬り殺されること間違いなしだろ!と激しく突っ込む次第です。雷蔵と同格の若山富三郎が出演している時点で若山が悪役に徹するわけないし、まして勝負で雷蔵に勝たすはずもない、つまり中途半端なゲストスターだったわけです。雷蔵に勝てずに「お前は手を引け」と命令されてすごすごと去ってゆく若山なんてほとんどギャグです。 この大映版の前に鶴田浩二が狂四郎を演じた東宝版(ヒットせず三作のみ)があったそうで、この第一作は恐る恐る撮ったパイロット版という性格があったのかもしれません。
S&Sさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2019-11-02 22:45:37)
15.《ネタバレ》 狂四朗の初作品。ニヒルな魅力は形成されていない標準作。玉緒さん可愛い。
にけさん [映画館(邦画)] 6点(2018-12-20 12:58:22)
14.《ネタバレ》 雷蔵の代名詞的シリーズである「眠狂四郎」シリーズ第一作。シリーズものは一作目が最高傑作と言われることも多いのだが、本作はそれほどでもなく、このシリーズはそれほど見ていないのだが、本作の狂四郎はニヒルさやクールさが足らず饒舌でソフトなキャラに描かれている気がする。これはこれで悪くはないのだが、やはり狂四郎がキャラとして弱く感じてしまう。敵役となる若山富三郎演じる陳孫のキャラクターも中途半端な印象しかなく、クライマックスの円月殺法対少林寺拳法という対決もイマイチ盛り上がりに欠ける。(とはいえ一作目の今回早くも円月殺法が陳孫に真剣白刃取りされるのが印象的。一作目のクライマックスなのに。)そんな中でヒロイン役の中村玉緒は好演しており、悪女を演じた後年の「炎情剣」ほどではなかったが、それでも印象に残る演技を見せている。全体的に見てまだ試行錯誤という感じの一作目だったが、シリーズとして本格的な路線が出来上がるのは二作目である「勝負」以降なのだなと感じたし、もしかしたらシリーズ化されずにこれ一本で終わった可能性もあったかもしれないだろうから、そうならなくて本当によかったと思えた。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2014-04-10 00:08:17)
13.《ネタバレ》 眠狂四郎といえばニヒル(虚無的)というイメージがあります。最後の独白などそういう部分もありますが、どうも女に本気で惚れたような台詞を吐かれるとちょっと違うのでは……と思ってしまいます。お話の方は加賀藩と銭屋の対立に巻き込まれた形ですが、あくまで独自の立場を貫くところはハードボイルド的でいいのですが。しかし千佐が娘だったとかは、ちょっと都合よすぎという気もします。富三郎、もとい健三朗は存在感がありました。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2013-11-05 23:19:46)
12.いちおう抜け荷がらみの話なので、悪の側がひっそりと動くのは分かるが、それにしても厚みがない。悪いお殿さまと悪い商人・銭屋が剥き出しで存在して、それを取り巻くグラデーションが感じられない。ナンバー2なり、その手下どもなりのピラミッドが想像され得ない。玉緒さんはかつて縁があったんだから唐突に城内に現われるのも分かるけど、狂四郎も唐突に江戸藩邸内に出現する。手下は何をしているのだ。チームが存在しない若山富三郎も所在なげで、いちおう狂四郎と吊り合う一匹狼的存在のようだが、なら何をしたいのか・なんでそこにいて飛んだり跳ねたりしているのかが、よく分からない。二人ともけっきょくのところこの事態に対する態度がよく分からないので、最後に砂丘で向かい合っても盛り上がらない。砂地での争いって足跡が残るのでカメラマンが撮影するの面倒だと思うが、すぐに踏み荒らされていて誰の足跡か分からないようになっていた。けっきょくモヤモヤしたまま、崖っぷちに狂四郎が立てば、終わったんだな、とは思えるのであった。/今ほかの方のレビューを読んでたら、鱗歌さんが音楽が「春の祭典」に似てると指摘されていた。まったく同じ印象を持ったので嬉しかった。坊さん連中がぞろぞろ塀ぎわを歩くあたりだと思うが、『羅生門』の「ボレロ」より似ていて、盗用ギリギリの線。これから同曲を聴くと『ファンタジア』ではなく、坊さんの行列が出てきそうだ。
なんのかんのさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-09-15 09:46:41)(良:1票)
11.このシリーズ、観るのは何本目だ?観る順番が滅茶苦茶である。これが一番最初の作品ということらしいけど、今まで観たどの狂四郎もよくしゃべる。そして、ニヒルな感じもあまり感じられない。まだ完全に狂四郎というキャラに対する製作者サイドの姿勢というものが、定まってないようにも思える。若山富三郎のあの変なキャラとの対決もいまひとつである。そんな中にあって中村玉緒はお見事としか言いようがない。作品全体の雰囲気もそれほど悪くはないものの、中途半端なキャラとのやりとりに重点を置きすぎている気がするのが残念でもある。
青観さん [DVD(邦画)] 6点(2009-09-09 20:58:55)
10.陳孫という坊さんが強烈なキャラ。
あの体型であの身のこなしは絶対にあり得ない!
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 6点(2007-10-15 11:52:43)
9.《ネタバレ》 所々これはギャグでやってるんだろうかと思えるような、かなり間の抜けた演出が見られる。足早というか、各要素が挿入感やあっさり感も強い。円月殺法の描き方も含めて、全体に殺陣もアクションも見所なし。この手の時代劇でこれは問題でしょう。唯一、中村玉緒が印象的。やはり着物を着るとこの方は映えます。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-06-09 20:13:18)
8.《ネタバレ》 第一作ってことで方向が定まっていなくて、シリーズ全体を見渡した視点からは突っ込みどころ満載ですわ。最初に見たときは、「こんなの狂四郎じゃない!」って激しく拒否感情を覚えたものでした。狂四郎、やたらと表情豊かで、大声で笑うし、最後海に向かって叫ぶ(!)し。今見直すと、まあ、仕方ないかなと思えてきた。寛大になったな、自分。田中徳三、与えられた条件の中では最大限、堅実な仕事をしてると思いますよ。
しかし他のレビュワーの方々も指摘されてましたが、城健三郎の少林寺は、やたらといんちき臭くて笑えました。
いのうえさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-05-27 09:31:57)
7.市川雷蔵初体験。けどあまり印象には残らなかった…。
ゆうろうさん [映画館(字幕)] 5点(2006-03-28 02:15:33)
6.今まで観た雷蔵主演作品では一番・・・・・
yoshi1900olololさん [ビデオ(邦画)] 2点(2006-02-20 23:50:11)
5.第1作。雷蔵の代表作だけあって「眠狂四郎」の雷蔵は他のどの雷蔵よりもかっこいい。あの巨体で少林寺とかいって飛び跳ねまくる若富が面白いし、玉緒ちゃんはかなり女優してます。かっこいい雷蔵が見れればそれなりに満足です。ただストーリーは少林寺拳法か!円月殺法か!とか散々いってた割には中途半端だったなと思う。
バカ王子さん [DVD(字幕)] 7点(2005-09-20 23:30:25)
4.あははは、↓「気さくで明るすぎる狂四郎」、そうですね。口数がやたら多いし、笑顔は冷たく無いし、化粧(?)も薄いし、髪型もわりとマトモ、円月殺法では刀の残像も出ない。エキセントリックなところが少なく、なーんや、市川雷蔵ってけっこう男前やんか、と気づかせてくれます(何を今さら。でも後のシリーズを見ると、キツいのありますからねえ)。しかし、やたら大声の独り言、やたらキザなセリフなどは、すでに健在。いやあ、楽しいなあ。ストーリーの方は、癖のある人物を何人も配置して変化をつけ、先を読ませません。だが、残念ながら、先が読めないのも道理、さっぱりまとまりがなくバラバラのまま終わっちゃった感じ。クライマックスもあまり盛り上がらず(バックには謎のような風の音が!)、変なカンフー坊主との一騎討ちも冴えないなあ。映画の軸になるのは、玉緒ちゃんとのロマンスなんでしょうが、映画のラストがコレでは、『女王陛下の狂四郎』とでも呼びたくもなり、あわや、1作のみで降板、なんてことにもなりかねない? まあ、まだハメのハズしかたを模索中の映画、ってな感じですかね。 ところで、音楽の一部が、どうもストラヴィンスキー『春の祭典』にソックリに聴こえるのですが????
鱗歌さん 6点(2005-01-05 22:42:04)(良:2票)
3.《ネタバレ》 【黒猫クロマティ】さんのコメントを読む前にこの作品をビデオレンタルしたのですが、結構良かったですよ。確かに狂四郎のキャラは安定してない感じがしたし、なんで短銃で撃たれて平気なんだ?とかラストの崖からの絶叫は説明的過ぎるしちょっとオマヌケだぞ、とか、色んなツッコミ所もあるにはあったけれど、狂四郎の「こういう事でもねぇと、俺はいつも自分が死んでしまったような気になるんだ・・・からっ風が、この胸板を吹き抜けていくんだ・・・」という台詞に象徴的な虚無感、そして(自分をも含めた人間、そして世の中に対する)怒りが裏に秘められた退廃的ニヒリズム(あり?虚無感とニヒリズムって、同義語か?まあいいや)に、ワタクシは強烈に惹きつけられてしまったのでした。それと、技術的なことをうまく説明するの下手なんですが、ちさ(中村玉緒)が父親と対決するシーンでカメラを斜めにして二人をとらえているカットは、えもいわれぬ迫力がありました。ともあれ二作目以降は、これよりさらにグレードアップしているようですね。「座頭市」「昭和残侠伝」シリーズに続いて、またまた観続けるのが楽しみなシリーズものを見つけてしまったぜ。嬉しい。
ぐるぐるさん 8点(2004-08-26 20:01:10)(良:1票)
2.記念すべき市川雷蔵の眠狂四郎シリーズ1作目。なのだが、大不評の今作。何がダメかって狂四郎が気さくで明るすぎるのだ!と言うことで本シリーズに興味を持った方にはいつも2作目以降をお薦めしている。それにしても田中徳三は一体何処へ行こうとしていたのやら。アクション時代劇がやりたかったのか?それにしてはショボいアクションシーン。陳孫みたいなインチキヤローには円月殺法を使うまでもないゾ!原作読み直して出直しやがれだ(実際田中徳三は68年の「眠狂四郎女地獄」で出直すんだけど)。
黒猫クロマティさん 4点(2004-03-15 12:57:49)(良:1票)
1.《ネタバレ》 市川雷蔵かっこよかったわー。 女優顔負けのすんごいアイラインだったけど。 ホホ。 中村玉緒もかわいかったわー。 面影は確かにあるんだけど、今の玉緒とはまるで別人ね。 アタシ、こういう時代劇系の映画ってあんまり見たことなかったんだけど、けっこうおもしろいわね。 話の筋は今の大企業とか政治家とかに置きかえても通用しそうだし、案外きちんとしてるのね。 それにしてもあの安岡力也みたいなお坊さんには笑ったわ。 いきなり灯篭壊すし、少林寺拳法はインチキくさいことこの上ないし。 てな感じでいろいろツッコミ入れながら見てたんだけど、最後はなんだか切ないのね。 意外にしんみりしちゃったわ。
梅桃さん [地上波(邦画)] 6点(2004-03-15 12:06:41)(笑:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 18人
平均点数 5.17点
000.00%
100.00%
215.56%
315.56%
4422.22%
5316.67%
6738.89%
715.56%
815.56%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 0.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review2人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS