G.I.ジェーンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > G.I.ジェーン
 > (レビュー・クチコミ)

G.I.ジェーン

[ジーアイジェーン]
G.I. Jane
1997年【米】 上映時間:124分
平均点:4.57 / 10(Review 127人) (点数分布表示)
公開開始日(1998-01-31)
アクションドラマ
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-05-27)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督リドリー・スコット
助監督ヒュー・ジョンソン(第2班監督:ワシントン D.C.)
テリー・ニーダム(第1助監督)
キャストデミ・ムーア(女優)ジョーダン・オニール大尉
ヴィゴ・モーテンセン(男優)ジョン・ジェームズ・ウルゲイル曹長(マスター・チーフ)
アン・バンクロフト(女優)リリアン・デヘイヴン上院議員
ジェイソン・ベギー(男優)ロイス
ダニエル・フォン・バーゲン(男優)セオドア・ヘイズ海軍長官
ケヴィン・ゲイジ(男優)指導教官 パイロ
モリス・チェスナット(男優)マクール
ジェームズ・カヴィーゼル(男優)スロブニク
スコット・ウィルソン(男優)セーラム司令官
ニール・ジョーンズ(男優)
アーサー・マックス(男優)床屋
ルシンダ・ジェニー(女優)
深見梨加ジョーダン・オニール大尉(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚明夫ジョン・ジェームズ・ウルゲイル曹長(マスター・チーフ)(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤波京子リリアン・デヘイヴン上院議員(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
佐々木梅治セーラム司令官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中多和宏マックス・パイロ教官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
星野充昭ジョンズ教官(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
檀臣幸スロヴニック(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
田中正彦ウィックワイヤー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
相沢まさきマクール(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
吉田孝(声優)(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
青山穣(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
一城みゆ希ジョーダン・オニール中尉(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
江原正士ジョン・ジェームズ・ウルゲイル曹長(マスター・チーフ)(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
京田尚子リリアン・デヘイヴン上院議員(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中村正[声優]セーラム司令官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
池田秀一ロイス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
谷口節マックス・パイロ教官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚芳忠ジョンズ教官(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
平田広明コルテス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
鳥海勝美マクール(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
山野井仁スロヴニック(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
水谷優子(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田原アルノ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
塚田正昭(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宝亀克寿(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大黒和広(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
伊藤栄次(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石井康嗣(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本デヴィッド・トゥーヒー
音楽トレヴァー・ジョーンズ
作曲ジャコモ・プッチーニ"O Mio Babbino Caro"(歌劇「ジャンニ・スキッキ」より)
ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト"Eine Kleine Nachtmusik K525"他
編曲ニック・イングマン
トレヴァー・ジョーンズ
撮影ヒュー・ジョンソン
製作リドリー・スコット
デミ・ムーア
ロジャー・バーンバウム
スザンヌ・トッド[製作]
テリー・ニーダム(製作補)
配給日本ヘラルド
美術アーサー・マックス(プロダクション・デザイン)
シンディ・カー(セット装飾)
ウィリアム・ハイニー(美術スーパーバイザー)
ガーソン・ユー(タイトル・デザイン/メインタイトル)(ノンクレジット)
衣装マリリン・ヴァンス
編集ピエトロ・スカリア
クリス・イニス(編集補助)
字幕翻訳戸田奈津子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
127.どう解釈していいのかわからない映画。
笑っていいのなら大笑いできる!
でも大笑いしちゃったら頑張ったデミが気の毒だ~みたいな。

公開当時に観た時は、「すごいイヤらしい口元のマスターチーフだな」とか「女の敵は女って考え方、男(リドリー監督)は好きよね~」とか「女を男の世界から追い出すには、暴力とレイプだぜ!って考え方はいかがなものか」という事くらいしか思いませなんだ。

今観ると、「あら。いやらしい口元のマスターチーフはヴィゴ様でしたか」「ローレンス詩集…乙女か!」「一体なんの作戦に参加しているんだ。軍隊扱っているとゆーのに、全体が見えないぞ!」「負傷して助けられて大団円。ハイスクールものか!?」
などなど、突込みするのに忙しい映画だなぁ、と。

まあ一番は、「やっぱりデミは頑張っとる。気の毒に」ですね。

何がどうまずかった、と上手く言えないのですが、「女性兵士への差別をなくそう」と言いたかったのなら、そーゆうキャプションつけたポスターでも貼ればいいだけで、映画にする必要ないでしょ。
でも、そもそもそーゆう主張が必要な土壌があったのでしょうか?
「男並みにムキムキに鍛えて、軍隊で男と同じように前線で戦って認められたい!」って女性が、果たしてどのくらいの数いるのか…

この映画がラズベリー賞とっちゃったのは、まったく誰も望んでいない事を大真面目にテーマにして、なおかつ突っ込みどころ満載のストーリーになっちゃったからだったのでしょ~か。

でもデミは頑張ってたよ…せつないねぇ。
りりらっちさん [地上波(吹替)] 4点(2016-03-21 11:52:53)
126.とにかくこの映画を見たときは、悪い意味でびっくりしました。
まさか、軍隊の男社会に放り込まれた女性がただただ根性でがんばって周りに認められていく…ただそれだけで何の捻りもない話すぎたから。
もう、ほんとにそれだけの話。芸がなさすぎです。
 
そもそも、オリンピック競技が全て男女別になっている事からも明らかなように、基本的に運動能力では男性が女性を上回ります。
これは差別とかそういう話じゃなく、単なる事実。
で当然、体力勝負の特殊部隊には男性しかいないのも当然の話。
そこに女性が加わる場合、そこには女性が入る事のメリット、女性である必然性がなくてはならないわけです。
たとえば「女性を救助するような任務のときに女性隊員が必要だ」とか、そういう必然性。
で、この映画の中で、最初に潜水艦勤務を女子トイレがないからって拒否されて怒ったって話がありますが、それは当然の話なのです。
狭い潜水艦内にわざわざ女性用の設備を用意してまで女性を乗せるメリットがないですから。ただそれだけの話。
なのに、「そんなの許せん」と特殊部隊の訓練を受ける主人公ですが、結局彼女が選んだ道は、男性以上にムキムキマッチョな男になる事でした。
だってもう劇中完全に男なんだもん。
んーー、でもさ、それってなんか違うんじゃない?

この映画、女性の社会進出あたりをテーマとして扱った映画かと思いきや、その結論が「(ほぼ)男になればいい」だとすると、結局何を描きたかった映画なのかが僕には本当にわかんないのです。
あばれて万歳さん [DVD(字幕)] 4点(2016-01-19 23:16:14)
125.デミ・ムーアが頑張ってるのはわかるけど、それ以外伝わって来るものがなかったのが残念です。
男の世界でウーマンリブを描くのも難しいし…。
やっぱり、こういう話になっちゃいますよね。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-10-06 02:09:53)
124.率直に主人公の女性を応援したくなる映画でした。弟さんは亡くなられましたがリドリー・スコット監督には高齢にはなりましたがもう少し頑張ってもらいたいですね。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-08-12 21:46:02)
123.《ネタバレ》 公開当時、坊主頭が話題になっていた記憶があります。劇中、決意の現れのように象徴的に描かれるけど、その後はスクリーンの情景に馴染んでいて違和感がありません。それと同様に、女性の社会的地位も公開当時よりは上向いていると感じます。殊更、女権を声高に叫ぶ女性議員のような人がとっても胡散くさく映りました。日本はまだ女権後進国ですが、そこに躍起になる時代は通過した印象。これは過去の映画ですね。
まぁ、本作はそんなお題目よりも、一人の特殊な志を持った女性が頑張る映画というだけで、自分は楽しめました。ホントに軍隊の最前線に立つ特殊部隊員が務まるかどうかはあまり問題じゃないと思います。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-12-16 23:04:47)
122.《ネタバレ》 まぁとにかくスゴイ映画  NavySearsの訓練だがホントにあんなことするのだろうか? デミ・ムーアはすんごく頑張ってたけど やっぱり男臭い軍隊の中では違和感を感じてしまう  ま そこらへんのギャップが いわば本作のキモであるわけで  しかし、女性議員に何か仕返しするかと思えばナシで いきなり実戦で敵と撃ちあったり  ちと乱暴な展開じゃありませんかい?  とかなんとかいいながら最後まで一気に観れましたのでこの点数とさせてイタダキマス
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-06-20 08:53:53)
121.《ネタバレ》 リドリー・スコットが撮る現代ものアクション映画はみんな同じに観えるので困っちゃうのですが、その“リドリー・スコット節”の原点はこの映画なんでしょうね。まるで第三次世界大戦が始まるかのような大げさな音楽と緊迫感をあおる映像のオープニング、たかが女性士官が特殊部隊の訓練を受けるお話しなのに、そんなに力まなくても… これはリドリー・スコットの映画に共通することですが、彼の作品には驚くほどユーモア的要素がないんです。またこの映画に登場する上院議員やレズの女性士官が男性陣と比べて露骨に陰険でネガティヴなキャラなのを見ても、実は本作は反フェミニズム映画みたいな印象が残りました。まあスコットとデミ・ムーアも、そこら辺は深く考えないでこの映画に関わったと思いますがね(笑)。 軍隊の中であっても女性の能力はもっと別な分野で有効活用されるべきで、人殺しは男に任せておきなさい、というのがこの映画の教訓でした。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-03-10 19:38:35)
120.リド・スコ作品みんなが好きなわけじゃなく、特に現代モノはあんまりいいと思わない。デミ・ムーアは「ゴースト」以外の作品で認められたがっていましたが、体当たり演技=名女優じゃないし、「あの」セリフばかりが有名になってしまったのはお気の毒。美人はくりくり頭にしても美人ですが、頭つきが華奢なデミよりもう少し骨太な女優さんのほうが「無理してる」感が少なかったのかも。ヴィゴ・モーテンセンは鬼曹長ながら詩集をあげたりして、「エースをねらえ!」の宗方コーチみたい。
レインさん [地上波(吹替)] 5点(2010-01-07 07:01:53)
119.デミムーアのがんばりに6点!!
zackさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-03 13:48:02)
118.映画としてはあまり面白くはありませんでしたが、デミー・ムーアの肉体には惚れ惚れしました。
doctor Tさん [DVD(字幕)] 5点(2009-08-14 03:35:24)
117.《ネタバレ》 ヴィゴ・モーテンセンが渋すぎる。カリスマ性のある役柄が似合う俳優だと思います。
内容もリドリー監督作ということで迫力ある作りであり、主人公VSマスターチーフのシーンなんかは確実にこちら側をアツくさせてきます。
しかし、しかーし、ラストの銃撃戦のショボくてダサい感じはいくら10年以上前でもキツイものがあります。
HIRABAYASHIさん [地上波(吹替)] 6点(2009-02-03 05:42:34)
116.「小鳥は木から落ちても自分を憐れみはしない」
「あんまりおもしろくない作品に仕上がっても自分を憐れみはしない」

軍隊ものは、性と死とかの間際具合がすきなんだよなー
杉下右京さん [地上波(吹替)] 5点(2009-01-31 01:19:25)
115.よく頑張った!でもやっぱ女性なんですから…
Yoshiさん [地上波(吹替)] 5点(2008-03-16 00:27:30)
114.デミ・ムーアが頭を刈るシーンは印象的。肉体改造にも頑張ってくれた。なのにナゼか入隊一年目の隊員に見せる教材「軍隊育成ビデオ」に仕上がってしまっている。
りりあさん [地上波(字幕)] 4点(2008-02-02 20:17:33)
113.最初の方の期待感から次第にうすっぺらい本質がでてくるようなトーンダウンがあるように思います。それは主人公に共感できないからでは。自然とこういうマイノリティー側に肩入れしたくなる気持ちが最初は働くんだけど、単になめられたくないとか、手加減されたくないという動機では持たない。真にパイオニアになるには真似という単純なものではなれない気がする。そこが甘く感じて共感できない。
森のpoohさんさん [地上波(吹替)] 5点(2007-08-11 15:55:40)
112.《ネタバレ》 オニール!良く頑張った!ってだけの映画になってしまった。。
上院議員とのやりとり、長官とのやりとり、彼氏とのやりとり、すべて中途半端でしたが、訓練だけは頑張っていました。
シネマパラダイスさん [地上波(字幕)] 6点(2006-12-07 15:30:37)
111.観てて凄く疲れました。女性が男性の中で頑張るというのも嫌いじゃないんだけど、デミ・ムーアがちょっと頑張りすぎで引いたと言うか…。これといい「白い嵐」といい、リドリー・スコットはこの頃、素人が見ても興行的に成功しないような題材をよくも頑張って作り上げてたなあという感覚です。
まさかずきゅーぶりっくさん [ビデオ(字幕)] 4点(2006-06-13 12:07:46)
110.《ネタバレ》 戦場では命が掛かってるわけですから、一番大切なのは仲間を信頼できるか否かでしょう。で、問題は「戦場で女を信用できるか?」なわけです。戦場では兵士は殺人マシーンという機械というかロボットにならなければなわないわけで、ある種のジェンダーフリーが必要とされるのは当然です。それにデミ・ムーアが挑むというのがひとつの見所なわけですが、厳しい訓練に耐えて仲間の信頼を得ていく過程は、根性モノとしてそれはそれで見ごたえがあります。ただ、女性議員とのイザコザはなんか余計な気もするし、隊長とのシコリをなくすために、衛星拾いに他国に潜入して、オマケにぶっ放すというのはチトやりすぎかと思います。ちょっと疑問が残るのは隊長がデミを救うために狙撃してしまって、自ら窮地に立ってしまうところ。デミが「自分で殺す」と言っているのに、結局はデミが信用できなかったのか?それともデミが心配で自分が犠牲になったのか?でも最終的には狙撃により自軍の存在を一気に知らしめて、危機に陥ってしまうわけで、隊長の判断としてはどうなのかな?という疑問が残る。
東京50km圏道路地図さん [地上波(字幕)] 6点(2006-06-12 01:23:43)
109.公開当時、「白い嵐」との併せ技で「リドリー・スコットも終わったな」と世界が確信した作品ですが、今になって見ると意外とおもしろかったです。フルメタル・ジャケットとトップガンをあわせたようなお話のため、硬派なドラマとして見るべきか娯楽作として楽しむべきかがわからなかったのが公開時の失敗要因でしょうか。しかし「グラディエーター」以降花開いた監督の残虐路線を念頭に置けば、この映画に大したメッセージ性はなかったであろうことが伺えます。リドリー・スコットという監督はスピルバーグと並んでサディズムを感じさせる監督です。↓のパブロン中毒さんもおっしゃってるように、表現手段としてあえて残虐性を選んでいるのではなく、個人的な趣向としてやっていることを感じさせられるのです。しかしその性向はグラディエーター以降にようやく判明したものですので、オニールに加えられる必要以上に凄惨な拷問の意味に観客は戸惑い、一転して普通のアクション映画になってしまったラストの救出作戦に素直に興奮していいものかがわからなかったのです。一般の作品に登場する凄惨な暴力には何か意味を感じなければならなかったのが公開当時の常識であり、そういう意識で見ればこの映画はさっぱり理解不能。また本作はフェミニズムの立場に立ったお話でもありますが、同様に監督は本当にフェミニズムを描こうという意思はなかったでしょう。この監督は「テルマ&ルイーズ」という女性映画も撮っていますが、こちらも表面的な主張にのみとどまっていました。監督の興味は虐げられるものを描くことにあり、その題材として社会的に受け入れられやすい女性問題を選んでいるのではと思えるのです。カラー・パープル、シンドラーのリスト、アミスタッドと、こちらもなぜか虐げられる者のドラマを作りたがるスピルバーグと似たような性質を感じます。そんな監督の作品ですので、この映画にも大した意味はないのです。ただひたすら目の前の映像を見てればよろしい。そう思って見ると、ラストの救出作戦なんてトニー・スコットの映画みたいで興奮しますよ。そうそう、トニー・スコットとリドリー・スコットの力量の差って、恐らく変態性の差じゃないですかね。どちらも最上級の技術を持ってるわけですけど、やっぱり変態パワーが芸術家としてのリドリー優位の根源ではないかと。トニーは変態じゃないから普通の映画しか撮れないんですよ。
ザ・チャンバラさん [DVD(字幕)] 7点(2006-04-30 17:23:36)(良:2票)
108.うーん。いいたい事はわかるような気がするけど、よくわからない映画。
あしたかこさん [地上波(吹替)] 5点(2006-03-31 02:30:34)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 127人
平均点数 4.57点
032.36%
153.94%
286.30%
31612.60%
42318.11%
53527.56%
62418.90%
786.30%
821.57%
910.79%
1021.57%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review4人
2 ストーリー評価 3.62点 Review8人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review8人
4 音楽評価 3.75点 Review4人
5 感泣評価 3.33点 Review6人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1997年 18回
最低主演女優賞デミ・ムーア受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS