街の灯(1974)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > 街の灯(1974)
 > (レビュー・クチコミ)

街の灯(1974)

[マチノヒ]
1974年【日】 上映時間:91分
平均点:4.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマロードムービー
新規登録(2004-04-10)【ぐるぐる】さん
タイトル情報更新(2018-08-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督森崎東
キャスト堺正章(男優)坂の下千代松(チョロ松)
財津一郎(男優)梅吉
笠智衆(男優)柘植老人
栗田ひろみ(女優)欅ヒロミ/ハナコ
森繁久彌(男優)栗田会長
三木のり平(男優)粟三郎
吉田日出子(女優)竹子
田中邦衛(男優)椿五郎
フランキー堺(男優)整形外科医
研ナオコ(女優)整形美人
中田耕二(男優)刑事
高沢順子(女優)螢子
村上記代(女優)麦子
脚本森崎東
梶浦政男
音楽佐藤勝
製作瀬島光雄
杉崎重美
松竹
配給松竹
美術重田重盛
編集太田和夫
録音松本隆司(調音)
あらすじ
金持ち相手のポン引き(ていうか、要はエンコーの仲介だな)を稼業にしているチョロ松(堺)は、ひょんな事からブラジル帰りという得体の知れない老人(笠)と、CMアイドルそっくりで、どうやら記憶喪失らしい少女(栗田)に出会う。老人が牧場を持っているという九州に行くことになった三人だが、途中様々な出会いを体験する・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.日本列島南下の旅ということで、それに堺正章ということなので、例えば後の西遊記に例えてみたならば、もちろん堺正章が孫悟空なわけでして、笠智衆の爺さんが三蔵法師ということで、栗田ひろみはオマケで、フランキー堺が沙悟浄で、もちろん研ナオコはチョハッカイということで。 ※しかし研ナオコは意外にも今のコギャルにも負けていないようなキラリと光る愛らしさがあった。それだけでも今回見た価値あったと思えた。キャラ的には今とほとんど変わらないブヒイーさ加減なんだけど。
3737さん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-12-06 21:12:04)
1.何とも不思議な作品。一見、ひと昔前のよくある人情喜劇かと思いきや、何だかシュール(サイケデリック?)な感じもあるし、アメリカン・ニューシネマっぽいところもあるし・・・。飄々とした笠智衆、軽薄だけど純情な堺正章、演技は下手なんだろうけどそれが却ってイノセンスな雰囲気を醸し出してる栗田ひろみのアンサンブルがなかなかの見ものでした。ところでこの映画、研ナオコが整形手術に失敗した女性役(!)で出演してるんだけど、一瞬彼女を「けっこう、かわいいかも」と思ってしまった私も「どっかヘン」なのでしょうか?
ぐるぐるさん 6点(2004-04-15 15:59:21)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 4.50点
000.00%
100.00%
200.00%
3150.00%
400.00%
500.00%
6150.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 Review0人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS