エターナル・サンシャインのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エターナル・サンシャイン
 > (レビュー・クチコミ)

エターナル・サンシャイン

[エターナルサンシャイン]
Eternal Sunshine of the Spotless Mind
2004年【米】 上映時間:107分
平均点:6.64 / 10(Review 187人) (点数分布表示)
公開開始日(2005-03-19)
ドラマSFラブストーリーコメディロマンス
新規登録(2004-04-20)【あまね】さん
タイトル情報更新(2015-04-12)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ミシェル・ゴンドリー
キャストジム・キャリー(男優)ジョエル・バリッシュ
ケイト・ウィンスレット(女優)クレメンタイン・クルジェンスキー
イライジャ・ウッド(男優)パトリック
マーク・ラファロ(男優)スタン
キルスティン・ダンスト(女優)メアリー
トム・ウィルキンソン(男優)ハワード・ミュージワック博士
トーマス・ジェイ・ライアン〔1962年生〕(男優)フランク
ジェーン・アダムス(女優)キャリー
デヴィッド・クロス〔1964年生〕(男優)ロブ
松本保典ジョエル・バリッシュ(日本語吹き替え版)
林真里花クレメンタイン・クルジェンスキー(日本語吹き替え版)
浪川大輔パトリック(日本語吹き替え版)
中村千絵メアリー(日本語吹き替え版)
野島昭生ハワード・ミュージワック博士(日本語吹き替え版)
原作チャーリー・カウフマン(原案)
ミシェル・ゴンドリー(原案)
脚本チャーリー・カウフマン
音楽ジョン・ブライオン
主題歌ベック(Beck)"Everybody's Gotta Learn Sometimes"
撮影エレン・クラス
製作スティーヴ・ゴリン
製作総指揮チャーリー・カウフマン
配給アーティストフィルム
ギャガ・コミュニケーションズ(共同配給)
アスミック・エース(共同配給)
美術ジョナサン・グレアム[美術I]
録音ユージーン・ギーティ(サウンドデザイナー)
フィリップ・ストックトン
字幕翻訳稲田嵯裕里
あらすじ
ある日、ジョエルの元に不思議な手紙が届く。『クレメンタインはジョエルの記憶を全て消去しました―』クレメンタインは、彼が最近別れた恋人。彼女が自分との記憶を消したと聞きショックを受けた彼は、自分も記憶を消そうと記憶消去専門医院・ラクーナ社の門を叩き、手術を開始する。思い出しては消えていく記憶。やがてジョエルは手術の中止を願うようになる。記憶の中には、彼女との楽しい思い出の数々があったのだ。彼は彼女を消すまいと、自らの記憶の中を必死に逃げ回るのだが・・?そして翌朝、彼には素敵な運命が待ち受けていた。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
187.《ネタバレ》 虚実が入り乱れてって映画はあんまり好きじゃない。それをすると何でもありになってしまうから。映画はフィクションであり、虚であるのは理解しているが、それでも一定のルールのもとに世界が描かれるべきで、脳内の思考を映像にしてしまうとそのルールがなしになってしまう。それでも面白ければいいのだが、残念ながら退屈な映画であったと思う。
いっちぃさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2018-06-05 21:43:57)
186.《ネタバレ》 何とも評価の難しい映画がこれ。

冒頭の一連の(退屈で長い)出会いのシーン
日記を書こうとして「ページが破かれてる、なぜだろう?」なんて独白が入ったり、おそらく誰でも知ってる「オーマイダーリンクレメンタイン」の歌を知らなかったりと、不自然な事がバリバリに詰め込まれていて、あからさまに伏線くさい。
で、劇中記憶を消すインタビューの際に語られる二人の出会いが明らかに冒頭と違ってれば、そりゃ誰でも「ははん」とストーリーの構造には気づくわけで、おそらく製作者側もそれはわかって作っているはず。

さてそれを踏まえて改めて映画全体を見てみると、実はこの映画、記憶消失というネタを除くと「おどろくほど内容がない」
ファンキーでリリカルな彼女と地味で真面目そうな彼氏が、恋愛しながらも性格の不一致によるストレスで付き合うのが辛くなり…っていう、恋愛のありがちパターンの一例をただ語ってるだけだったりする。
こういう場合、実際別れるとなったときにいい思い出とか感情があふれてきて、やっぱり別れたくない!なんて勢いでなっちゃうのはよくある話なんだけど、そういう場合そこで付き合いを延長しても、やっぱりいろいろ不満が出てきて結局別れちゃう…というのはリアル恋愛の定番パターンの一つで、この映画のラストにしてもそこからどうなるかはほとんど自明であり別れしかありえない。

実際、恋愛の「恋」は遊園地のような夢と魔法のワンダーランドなんだけど、実際にそれじゃ生活はできないわけでこれが「愛」に進もうとすると、もっと地に足がついた事を考えなくちゃいけなくなる。
ファンキーと真面目で価値観が違いすぎるこの二人の場合、そこが折り合えない以上は記憶消去後にまた出会って付き合っても、いずれ結局耐えられなくて別れちゃうのはどうしたって避けられない
この映画は一見、運命の愛を描いてるように思えるし、そう思ってしまう人もいるかもしれないけど、多少リアルな恋愛経験のある人なら「こいつら結局また別れるだけなんだよなぁ」というのがわかってしまうなかなか痛い映画になってる。
だってさ、この映画で主人公に対してあれこれ都合のいいことを言ってるのは、全部主人公の頭の中にいる都合のいい脳内彼女なんだからね。実際の彼女とは違うんだもん。そんな妄想ベースで「別れたくない」と思ってもね…っていう話。

で、そうなるとこの映画、「結局それで?」としか言いようがないほどストーリーがないわけで、冒頭に書いたように「なかなか評価が難しい」という事になっちゃってここでの点数も悩んじゃうところ。

あと、映画の本筋とは全く関係ないけど、記憶操作をする会社の人達、重要な仕事してるくせに記憶を消す際の仕事の態度があまりにも不真面目。

彼のアパートでの記憶を消す作業のシーン、彼らの仕事の姿勢にずーっとイライラしてて、主人公の記憶系の話が全然頭にはいってこないっていう。
まぁでも、それでも全然困らないくらいには基本的なストーリー自体には内容がないからいいんですけどね!
あばれて万歳さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-03-03 02:07:45)
185.《ネタバレ》 かつてみて再視聴。やっぱり面白い。傑作。今思えばキャスティングも豪華。新発見なのは、ジム・キャリーがハンサムなこと。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 10点(2017-04-16 01:32:28)
184.テレビの深夜枠でやって居たのでカットもあったかもしれませんが。
発想は嫌いじゃ無いのだけど、面白く無い。シナリオが練り込まれて折らず右往左往してる感じか。
突如シャットダウンする終わり方も逃げとしか思えない。昔にありがちな槍逃げ感が
否めず今見て面白いと思える作品じゃなかった。
デミトリさん [地上波(邦画)] 4点(2017-01-23 00:34:05)
183.ケイト・ウィンスレットを21世紀最大の女優だと信じている私にとって,彼女の一番の駄作だと思います.
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 4点(2016-12-29 10:56:06)
182.《ネタバレ》 いい恋愛映画を期待して観たんだけど。なんかドタバタ過ぎて、落ち着いて観れませんでした。時間軸を行ったり来たりするのは、斬新ですが、最後まで何とか観切ったという感じです。
SUPISUTAさん [DVD(字幕)] 2点(2016-04-09 13:42:21)
181.《ネタバレ》 このカップル、ラストの後付き合ってもどうせまた別れると思います。くっついたり離れたりを繰り返してゴシップ記事をにぎわせているセレブはこれを見たら感動するでしょう。
たろささん [インターネット(字幕)] 5点(2016-03-02 21:51:18)
180.もう少し評価があってもいいと思うんだけど、
この手の映画は少し不利なのかな。

入り組んだ人間関係とかちょっとした魔の悪さから感情が高ぶったりして、
いろんなことが起こるけれど、人間ってすばらしいよね。というお話。

手法が独特で複雑だったり、わからなさをあえて放置していたりもするので、
そのあたりが嫌われることもあるのかも。

純粋な人間賛歌として可愛らしい。技巧に優れた映画ではないかと思う。
実際、その年の個人的なナンバー1映画でもある。

良い映画だと思うんだけど、好みが分かれるのかな~。
病気の犬さん [映画館(字幕)] 9点(2015-11-05 15:53:03)
179.相当な期待をして鑑賞。
しかし、観た環境が悪かったのか、素直には物語に入れなかった。不変の愛とはどうやって続くのか、相手を受け入れるとはどこまでなのか、テーマは興味深い。
一つのジャンルとして完成度は高いかも知れない。でもエンターテインメントとして楽しめなかった。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-08-08 09:16:19)
178.個人的にはこういう映画オタク向きのシュールなヤツって大嫌い。“凝った脚本でしょ~面白いでしょ~”って制作陣の自己陶酔に吐き気がする。ジム・キャリーの無駄遣い。バカバカしいにもほどがある。
イサオマンさん [地上波(吹替)] 0点(2015-08-02 21:22:40)
177.《ネタバレ》 良く練られた脚本なのだけれど、いかんせん話が散らかり過ぎだと思う。
それが狙いだとしても、わざわざ難解に見せる手法は正直あざとさすら感じるので評価は辛目に。
映画で2時間程度で観るよりは、テレビドラマとかでダラダラと何週にも分けてやった方が、もっと面白くなるテーマだと思います。
詰め込んでさらに、散らかってて、まぁ忙しい。
普通の恋愛モノやSFモノとは毛色が違うので、映画観すぎの人とかには受けはいいかも。
バニーボーイさん [地上波(吹替)] 5点(2015-07-08 22:02:51)
176.時間軸が行ったり来たりジャンル(て 何て言うんだろう)の中では見易い方です。中盤までは「こんな大風呂敷広げて大丈夫なんかな」と訳分からないながらもついていったら、見事に着地点が用意されておりました。脚本ナイス、です。
J・キャリーはシリアスな役もちゃんとできることをこれにて証明。途中、目を大きく広げておどける、彼のために用意されたようなカットもありました。
K・ウィンスレットも問題なくうまい。ただ彼女より も少しハマる女優はいると思うけど。昔のパトリシア・アークウェットあたりが理想。
ラストのさあ、彼女が訪ねてきたときの場面、テープ止めなさいテープを。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-03-27 00:23:41)
175.よく練られたみごとな脚本! 観客自身の忘れかけていた過去をも思い出させてしまう、不思議な映画。話が進むにつれて切ない気持ちになる作品でした。
たけたんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-01-25 03:06:11)
174.いまいち乗れなかった映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-26 00:20:28)
173.発想が面白くストーリーも良かったです。オスカー脚本賞納得です。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2014-09-24 17:33:13)
172.《ネタバレ》 運命を分かち合った男女は、生まれ変わっても、再度結ばれる。
そんな永遠不滅の愛を、斬新な手法で表現した作品。

序盤から中盤にかけては、その突飛な内容に嫌気がさした。
「普通に恋愛絵巻を描けないのか?」
と。
「もう普通の恋愛絵巻は語り尽くされ、こんなSF色全開な手法でしか、ラブストーリーを描けない時代になってしまったのか?」
と。

確かに表現手法は風変りだし、直球勝負の恋愛モノじゃない。

だが、訴えたいことは今も昔も一緒と気づかされたラストの急展開。
このラストが秀逸。
結局、周囲の妨害や科学技術が、運命に導かれた男女二人を妨害しようとも、その男女は結ばれる運命にあるのだ、と。

さすがアメリカ映画!的な、実に巧い組み立て。
一方で、その機械的なまでに良く出来た脚本が、有機的な「恋愛」というものを描く上で、マイナスに影響したことは否めない。
にじばぶさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-07-07 01:35:37)
171.《ネタバレ》 これは面白い。
ストーリーが斬新で、その副産物として映像まで斬新になってる。
記憶を消すというアイデア自体はよくあるパターンかも知れないけど、消去しながら記憶を辿って行くという展開が今までに見たことないような映像感覚だった。
喧嘩ばかりしてた最近の記憶から消去されて行って、どんどん過去に遡り、出会った日に至るというのがロマンチックで良かった。
前振りの消去後の物語が伏線になっていて、記憶を辿りながら回収されていくのも上手かったし、脇役と思ってた病院側のスタッフたちにも物語が用意されていたのは意外性があって感心した。
記憶を消しても結局同じことが繰り返されてしまうというのが皮肉でもあり、感動的でもありました。
もとやさん [DVD(字幕)] 8点(2014-07-05 18:43:10)
170.評価が低いのが残念
完璧な映画でしょ

pillowsさん [DVD(字幕)] 10点(2014-04-05 03:42:49)
169.《ネタバレ》 人間は2回死ぬらしい。1回目は生物学的に。2回目は記憶からなくなった時。殺人ってのは前者だけど、このように記憶を消せるようになったら殺人は減るのかもしれない。科学的にはそろそろ可能になるのでは?って気はするけど。
過去は存在しない。だから忘れてしまうか、思い出さなければ、どうって事はないハズで、問題は記憶があるという事。が、記憶というのは単なる細胞の塊だし、曖昧でもある。
今までたくさんの人と出会って、本当に相性が悪かったのか?単なる誤解だったのか?タイミングが悪かっただけなのか?理由はハッキリしないし、記憶も薄れてくるが、結果として老若男女問わず、いろいろと仲違いしてきた。だけどイチからやり直す事はできないし、やり直したいとも思わない。記憶に関してはあってもなくてもどっちでもいいかな。所詮過去の人だし。
この2人の場合は「子供が欲しい」あたりからオカシクなってきたので、結婚観が違うのだろうなという気はする。この生真面目で自閉症的な男と直情径行的な女では、たぶんやり直しても上手くはいかないだろう。が、「誤解だよ!」って事にして、やり直したいという気持ちもわからないでもない。あんなテープで傷つけあってそのまま別れるというのもツライからね。でも、結局は自分を誤魔化すか、過ちを繰り返すだけだから、別れるというのも勇気のひとつだとは思うが。良くも悪くも人間の愚かさ・弱さを象徴するラストだと思う。
東京50km圏道路地図さん [地上波(吹替)] 8点(2014-01-27 14:28:34)
168.《ネタバレ》 ジョエルの脳内でクレメンタインの記憶を消したくないと抗う姿には素直に感動しました。ただ主人公2人の魅力がいまいちで感情移入しずらかった。
しっぽりさん [地上波(字幕)] 6点(2014-01-09 19:36:46)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 187人
平均点数 6.64点
010.53%
100.00%
231.60%
363.21%
42111.23%
52412.83%
62111.23%
74322.99%
83920.86%
9158.02%
10147.49%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.45点 Review11人
2 ストーリー評価 7.18点 Review22人
3 鑑賞後の後味 7.47点 Review23人
4 音楽評価 8.23点 Review17人
5 感泣評価 6.61点 Review13人
chart

【アカデミー賞 情報】

2004年 77回
主演女優賞ケイト・ウィンスレット候補(ノミネート) 
脚本賞チャーリー・カウフマン受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS