Menu
 >
 >
 > スーパーの女

スーパーの女

1996年【日】 上映時間:127分
平均点: / 10(Review 72人) (点数分布表示)
ドラマコメディ
[スーパーノオンナ]
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2015-08-31)【イニシャルK】さん
公開開始日(1996-06-15
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督伊丹十三
助監督中嶋竹彦
中村義洋
中村隆彦
キャスト宮本信子(女優)井上花子
津川雅彦(男優)小林五郎
矢野宣(男優)正直屋店長
六平直政(男優)精肉部チーフ
高橋長英(男優)鮮魚部チーフ
三宅裕司(男優)青果部チーフ
あき竹城(女優)総菜部チーフ
伊東四朗(男優)安売り大魔王社長
松本明子(女優)レジ
金田龍之介(男優)五郎の兄・一郎
小堺一機(男優)販促部員
柳沢慎吾(男優)精肉部助手
伊集院光(男優)鮮魚部助手
原日出子(女優)パートさん
絵沢萠子(女優)パートさん
野際陽子(女優)お客さま
柴田理恵(女優)お客さま
柳谷寛(男優)お客さま
渡辺正行(男優)店員
岡本信人(男優)おにぎり屋の社長
不破万作(男優)屑肉業者
佐藤蛾次郎(男優)運転手
奥村公延(男優)漁港のおじさん
石井トミコ(女優)
稲川実代子(女優)キャベツの客
出演沢村国太郎五郎の父の遺影
脚本伊丹十三
音楽本多俊之
立川直樹(音楽プロデューサー)
撮影前田米造
浜田毅(第二撮影班 撮影)
柳島克己(第二撮影班 撮影)
高瀬比呂志(第二撮影班 撮影)
小松高志(第二撮影班 撮影助手)
製作鎌田賢一(製作担当)
玉置泰
プロデューサー川崎隆
配給東宝
特殊メイク江川悦子
特撮島村達雄(デジタル合成)
山崎貴(デジタル合成)
渋谷紀世子(デジタル合成)
美術清水剛(美術助手)
編集鈴木晄
録音小野寺修
白取貢(録音助手)
松本昇和(録音助手)
照明高屋齋(第二撮影班 照明)
渡邊孝一(第二撮影班 照明)
その他前島良行(俳優担当)
IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
72.《ネタバレ》 いやー面白いね~、最後まで飽きさせない構成は素晴らしい! 宮本さんの元気あふれるお姿をはじめ各場面・各部署の役者さんのキャスティングも的確、、デコトラ運転手に峨次郎さん出てきたときは、、、笑った。伊丹さんの先見性はすごいね、まさに伊丹映画です、最高です!
Kanameさん [CS・衛星(邦画)] 9点(2017-07-17 06:23:05)
71.伊丹作品。基本構造は同じですが面白いですね。随分と過去の作品ですが、
現在ではお客の声を反映させ業績をのばすと言うのは当たり前になっていますので
もし伊丹監督が生きていたら、今度はどんなスーパーの物語を考えるでしょうかね。
逆に客側からの過剰で理不尽なクレームを皮肉る映画なんてできたら面白かっただろうなぁ。
デミトリさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2017-02-05 23:49:06)(良:1票)
70.《ネタバレ》 気にはなっていたのだけれども、手が伸びなかったのは、予告編で観たあの変なダンスですよね。いい年をしたオッサンとオバチャンがはしゃいでる映画。鑑賞してみて、予感的中。何故、津川雅彦と宮本信子にしたんだろうと思わざるを得ない。ズボンのポケットに手を入れて店の中を歩く津川雅彦。これはきっと、後半で胸を張って歩く姿を鮮やかに見せる前振りと思っていましたが、津川は最後まで、そうでもない人のままでしたね。
なたねさん [DVD(邦画)] 5点(2017-01-28 14:59:04)(良:1票)
69.スーパーの裏側をいろいろと楽しめた。主人公の魅力がいまいち。
nojiさん [地上波(邦画)] 6点(2013-05-12 18:31:42)
68.監督自身も当てはまるであろう中年の女性・主婦と男性からの目線で構成された劇。まったく『若者』の視点を入れず一本道にココまで積み上げる制作姿勢は鮮やか。教育番組のようで上から目線の視点の意見でダルくなる点をも内封したエンターテイメントは監督の強い個性として輝いている。
reitengoさん [DVD(邦画)] 7点(2013-02-10 20:45:19)
67.マルサやミンボーもいいですが、身近なスーパー業界の裏側ということで、こちらも大変興味深く楽しめました。産地偽装に賞味期限の延長に・・・後に問題となるトピックを既に扱っていたんですね~(というより公然の秘密だってんでしょうか?)。映画全体のスケール感を意識したのであろうカーチェイスはどうかと思いますが、2時間見て退屈しなかったといういつもの伊丹作品です。安売り大魔王にもう一撃くらわして欲しかったですが。
次郎丸三郎さん [DVD(邦画)] 7点(2012-07-29 21:17:40)
66.《ネタバレ》 いいですねー、伊丹作品は!
日本社会の問題点を題材にしてるので邦画でしかありえない面白さがあります!
これは素晴らしい着眼点ですよね。
外国映画じゃ表現のしようがないんですから!
しかも今回はわれわれ庶民にとって身近な『スーパー』がテーマ。
作品のテーマ『安かろう悪かろうではイケない』ってゆーのは、デフレのこの時代に耳が痛い話でもありますが、至極正論なんですから痛快ですね。
ただそれができない問題点(ただ不正や怠慢だなんて単純な理由以外)なんかも紹介されてたらもっと深かったかな。
とってつけたようなカー(トラック)チェイスは不要とも思えましたが、映画のスケール感をだすために『スーパーの外に』飛び出したかった感じはわからなくもないです(笑)
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2012-07-09 10:40:34)
65.《ネタバレ》 どこにでもあるスーパーという存在とそんな中で働く者、経営者、更に店に買い物にやって来るお客さんとの立場になって解り易く描かれている。それぞれがエゴ剥き出しでいる。そう、人間の醜い部分を包み隠さずに描いている伊丹十三監督の人間観察の鋭さ、面白さは相変わらずである。昨今、食に関する問題、衛生上の管理、店側と客とのトラブルやそれだけでなく経営者と従業員、従業員同士のぶつかり合い、色んな意味でこの映画には学ぶべき点が沢山ある。正直であればいつかは必ず救われる。その結果が最後の元旦からの大繁盛となって現れ。一方で客を騙して古い肉を如何にも新品のように打ったり、金儲けすることや他の店を潰して自分達だけ良ければというような態度の安売り大魔王が最後は誰も客が来なくなる姿を見て、嘘は良くない。人を騙したり、お金で買収しようとすれば必ず罰が起きる。何とも気持ちの良い場面である。伊丹十三監督の一歩先を見据えての時代を読み取る凄さには頭が下がる。日本映画界は本当に惜しい人を亡くしたと思わずにはいられない。伊丹映画と言えば灰汁が強すぎて敬遠がちな人も多いと思うけどこの映画は他の伊丹映画ほどの灰汁の強さが無いので誰にでも楽しめる作品になっていると思います。
青観さん [DVD(邦画)] 8点(2012-01-22 12:06:47)
64.さすがに今度は外れだろうと思ったら、予想に反して面白かった。
雇われ助っ人という、昔からある用心棒のようなシチュエーションが判り易くて、
結果はわかっていてもつい引き込まれてしまう。それにしてもスーパーの裏事情はよく調べたよね。
そういったシーンをふんだんに取り入れることで、地味な内容でも飽きることなく鑑賞できた。
お薦めのストーリーコメディー。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 6点(2011-08-01 05:32:20)
63.伊丹監督の作品の中でも、これは誰にでも楽しめる映画だと思います。退屈せずに観れました!スーパーマーケットの裏側が見れるだけでも楽しい!
たけたんさん [DVD(邦画)] 7点(2009-07-10 21:27:35)
62. 日本の今のご時世にぴったりな映画だと思います。面白かった。
ファンオブ吹石さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2008-12-28 17:20:17)
61.退屈せずに一気に見れた。台詞に説得力がある。今後はスーパーで新鮮さに注意するだろう。
カタログさん [地上波(邦画)] 8点(2008-05-06 23:35:22)
60.安さばかり目を向けちゃいけないよねー。
Yoshiさん [ビデオ(邦画)] 5点(2008-03-16 02:49:04)
59.スーパーに勤めていたので、非常に面白く観れた。針小棒大の感もあるが、良く
調べて、楽しめる作品に仕上がってる。
ご自由さんさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2008-02-03 22:33:02)
58.正直屋なんて名前のスーパーは実際あったら、一番怪しいと思う。
フッと猿死体さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2007-12-30 13:28:26)
57.商品の偽装というのはここ数年話題になることが多いけど10年前にこの映画が作られたということはこの種の偽装は昔から当然のように行われてきたということなのだろう。
終盤話が大きくなりすぎて破綻しているのが惜しい。 また一部の演出がくどくてじれったいのが玉に瑕。 でも娯楽映画として良く出来た作品。
称えよ鉄兜さん [DVD(邦画)] 6点(2007-12-10 06:13:11)
56.本当は6点をつけたいところだが、『県庁の星』と比べたら天地の差ほど面白いので1点プラス
伊達邦彦さん [映画館(邦画)] 7点(2007-02-25 02:44:12)(良:1票)
55.伊丹監督の女シリーズの中でも一番コメディっぽい映画かな。でも内容は相当なブラックで、スーパーの裏側というのを巧みに見せているっていう形が面白い。他の女シリーズと比べると、随分とあたたかい脚本になっているため、今までの女シリーズを見てたあたしとしてはちょっと肩透しを喰らった感じに受け取った分、評価としては損してるという結果になりました。
奥州亭三景さん [映画館(邦画)] 8点(2006-09-16 22:01:17)
54.笑えるし、最近のスーパーに対する不満と警告を表したストーリーがよかった
ラスウェルさん [地上波(吹替)] 7点(2006-06-12 09:17:33)
53.《ネタバレ》 伊丹監督素晴らしいですね。10年前の作品ですか!?凄いですね。そんなに前から賞味期限偽装、産地偽装、リベートなど最近になって大問題になっているいわゆる”コンプライアンス”に対していち早く映画として問題定義されていたとは。惜しい監督を早くに無くしてしまいましたねぇ~。先見の目とその手腕に脱帽。+1点です。
お好み焼きは広島風さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-05-14 11:38:58)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 72人
平均点数 6.07点
000.00%
111.39%
200.00%
334.17%
468.33%
51419.44%
61723.61%
72027.78%
8811.11%
934.17%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.12点 Review8人
2 ストーリー評価 7.60点 Review10人
3 鑑賞後の後味 7.60点 Review10人
4 音楽評価 6.44点 Review9人
5 感泣評価 5.20点 Review5人

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS