事件のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 事件
 > (レビュー・クチコミ)

事件

[ジケン]
1978年【日】 上映時間:138分
平均点:6.10 / 10(Review 20人) (点数分布表示)
ドラマサスペンス法廷もの小説の映画化
新規登録(2004-05-28)【鉄腕麗人】さん
タイトル情報更新(2021-05-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督野村芳太郎
キャスト永島敏行(男優)上田宏
松坂慶子(女優)坂井ハツ子
大竹しのぶ(女優)坂井ヨシ子
渡瀬恒彦(男優)宮内辰造
佐分利信(男優)谷本裁判長
丹波哲郎(男優)菊池弁護士
芦田伸介(男優)岡部検事
西村晃(男優)大村吾一
乙羽信子(女優)坂井すみ江
山本圭(男優)花井先生
北林谷栄(女優)篠崎かね
森繁久彌(男優)清川民蔵
丹古母鬼馬二(男優)多田三郎
磯部勉(男優)矢野検事
早川雄三(男優)天野巡査
穂積隆信(男優)田淵
佐野浅夫(男優)上田喜平
浜田寅彦(男優)房次
山本一郎〔俳優〕(男優)米子雑誌の主人
夏純子(女優)桜井京子
中野誠也(男優)野口判事
当銀長太郎(男優)滝川
片桐竜次(男優)
綿引勝彦(男優)
原作大岡昇平「事件」
脚本新藤兼人
音楽芥川也寸志
撮影川又昂
製作野村芳太郎
織田明
配給松竹
美術森田郷平
衣装松竹衣裳株式会社
編集太田和夫
録音松本隆司(調音)
その他IMAGICA(現像)
あらすじ
神奈川県相模川沿いの山林で、女性の刺殺死体が発見された。死体の身元は、近くでスナックを営む坂井ハツ子と判明。程なく警察は、ハツ子の妹の恋人である上田宏を逮捕する。裁判での起訴事実に対し宏は犯行を認めたが、殺すつもりはなかったと主張。検察と弁護人、互いの立場から真実を明かそうと、様々な証人が法廷に立たされる。証人の思い込みや嘘を回りながら、事件の全容が次第に明らかになっていく。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
20.《ネタバレ》 ハツ子は義父に暴行を受けながらも、健気に前向きに生きようとしていた。
しかし、チンピラの宮内は浮気を繰り返す男だった。
ヨシ子の彼氏の宏は誠実そうだった。
そこで、義父の毒牙が妹ではなく、姉の自分に向けられて、
自分の人生がこうも満たされないものになった妬みが
妹の彼氏を誘惑することだった。

いや、宏がちゃんとしていたら、こんな間違いもなかったろう。
しかし酒の力も手つだって、ハツ子に甘えてしまう。

義父を迎えることになった、少し弱い母親を乙羽信子が好演している。
ここがポイントなのだ。
「私の何が悪いの」そんな絶望の叫びのような表情を浮かべて、
ハツ子は宏に刺される。
男の弱さにふりまわされたハツ子だった。
何とも寂しい話だ。
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2020-06-11 11:55:49)
19.二股はあかん。最低な男や。
ケンジさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2016-06-26 18:27:28)
18.《ネタバレ》 原作も読んだが、人間ドラマというより裁判そのものに焦点を当てた小説だった。何だかよくわからない事件を題材にして、戦後の首都圏の社会変化や、裁判自体のあり方が変わりつつあることを背景に、当時の司法の実態をそのまま(多少劇的に?)描写したように感じられるのが非常に興味深かった。
しかしそれをそのまま映画化することはできなかったようで、原作の何だかよくわからない事件をよくわかるようにして一般向けの愛憎劇(濡れ場付き)に変えている。原作の内容もそれなりに再現していたようだが付加した部分が個人的には不快で、特に被害者の妹の表情がくどいのが苛立たしい。それは映画というよりこの役者が個人的に嫌いだということかも知れないが、それにしても「あれ」の意味をわざわざ質す場面などは見せ場づくり以外のものとは思えない。ラストに一応の和む場面を入れているのはまあよかったかも知れないが、それで映画全体の印象が好転するというほどでもなかった。ついでにいうと背景音楽の電子音も気に入らない(やかましい)。
唯一面白かったのは証人・篠崎かね(篠崎青果店)の態度だった。この役者は東京銀座の生まれのはずだが一体どこの言葉をしゃべっているのか。
かっぱ堰さん [DVD(邦画)] 4点(2016-06-15 23:38:37)
17.《ネタバレ》 冒頭、何かを抱え込む覚悟で登場したと思わせぶりのヒロシ。いや、誰かをかばおうとしているのだなと買いかぶっていたんです。ところが、とんでもない喰わせモノ。こいつの優柔不断かつ無責任がすべての元凶じゃないですか。こんなノッペリした男のどこが一体いいのか、姉妹して。骨肉の、そしておんな同士の争い。つまるところは、三面記事的な話。しかし。司直側から法廷に入場するシーンから始まる裁判シーン、丹念に証拠と証人の発言から事実をあぶり出していく過程がスリリングで観るモノを離しません(特に裁判長・佐分利信がいい)。そして、人の血が流れるような事件では、多かれ少なかれこのような「無責任」「血の濃さ」があるんだろうなということに思い至りました。殺人事件の8割以上が家族か顔見知りによるもの。世の中、今日もいろんなところでこんなことが起きているんだろうな。であれば、この大上段なタイトル、たった2文字の「事件」も理解できます。
なたねさん [DVD(邦画)] 8点(2015-02-15 09:00:02)
16.《ネタバレ》 女の方から刺されにいったのは最初から種明かしされていて、それを勿体つけたように引っぱる馬鹿馬鹿しさに唖然。長島演じる男のハッキリしないフラフラした感じもサッパリわけワカメ。引っ張って引っ張って何のオチもねぇじゃねぇかと怒り心頭。「佐分さんの声って伊東四朗にそっくり」ということしか印象に残りませんでした。音楽は未来少年コナンをみているような錯覚に陥りましたが、作曲は違う人でした。時間の無駄映画でした。
だみおさん [DVD(邦画)] 2点(2014-08-16 20:38:32)
15.正統派の裁判劇。関係者のドラマを織り込みながらストーリーが展開されていくのだが、
肝心の事件の中身が今イチ。緊張感を覚えず、そういった意味でのドラマ性は薄い。
大したヒネリやオチもなく、いったいどうなるのかという興味も最後まで湧かなかった。
あくまで裁判の過程を楽しむための映画ならこれでもいいのだが、
こういった事件は日常茶飯事に起きていることで、あまり心にも残らない。
どうせ映画にするのなら、人間の心の奥底に潜む闇を浮き彫りにさせるような、
そんな題材を用意した方が高い評価を受けたと思う。役者の重厚な演技は観ていて安心できる。
MAHITOさん [DVD(邦画)] 4点(2011-08-11 05:41:05)
14.この映画が作成された頃の野村芳太郎監督といえば最高だった。「砂の器」「八つ墓村」と続き、この映画を挟んで「鬼畜」と次々と日本映画史上に残る名作を生み出していった。
事件の裁判を正面から堂々と描いた映画で、検察と弁護側の駆け引きもさることながら、証人の思い込みや捜査の見込み違いなどが公判を通して明らかになっていく。そしてその真相は?と映画のラストシーンまでまったく目が離せない。
また一人の男を姉妹で争う心理描写も実に見事であり、男女の愛が理屈通りの単純なものではないことがよくわかる。大岡昇平の原作が野村監督個人の力だけでなく、新藤兼人の名脚本と芥川也寸志の素晴らしい音楽とも結びついて生まれた名作だろうと思う。日本アカデミー賞に輝いたのも当然といえば当然だが、松坂慶子や渡瀬恒彦の汚れぶりも遺憾なく発揮されているし、大竹しのぶも「青春の門」での清純派デビューから、演技で見せる女優へと生まれ変わる一歩であったと思う。
ESPERANZAさん [映画館(邦画)] 8点(2011-05-28 09:19:24)
13.《ネタバレ》  法廷物としてはすごく面白かった。特に検事側と弁護側を対等に扱い、あくまで事実の究明を目指す裁判官達の姿が、今の日本の裁判ではほとんど姿を消している理想の姿だけに面白かった。またたった30年前の風俗の古さが逆に新鮮だった。
 ただ、何年かぶりに見て感じたのは、事件そのもののしょうもなさ。これを人間性を表現する深い愛憎劇とか、冗談でしょ。単に非常にだらしのない、しかも優柔不断な男が引き起こした悲劇に過ぎない。
 ぶっちゃけ、過失傷害でもいいような気もするんだけれど、自分から見れば、姉と肉体関係にありながら、妹とも関係し妊娠させるとか、もうその時点で死刑決定!(笑)
平成24年11月12日本当に、裁判そのものは面白いんだけれど、見れば見るほど男に同情の余地が無くなって。特に妹との関係など、俗に言う「据え膳食わぬは」以上でも以下でもないわけで。現在のような植物系が増える前の、この年代の男子はそれこそ体中の毛穴から性欲が噴出してるんで無理ないといえば、無理ないんだけれど、それを同情しろと言われても。他の方も言っている通り本当に事件そのものはつまらないですね。(
あと、今回考えたんだけれど、たとえ身を投げかけられても腕に力がこもってなかったら、刺さりません。やはり過失傷害はむりですね)
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-05-05 12:24:01)(良:1票)
12.法廷ものとしては指折りの力作。ただし、事件の内容はかなりドロドロしている。デビューしたての永島敏行の演技がぎこちないが、大竹しのぶと松坂慶子の体当たり迫真の演技が印象的。弁護士の丹波哲郎、検事の芦田伸介、裁判長の佐分利信による法廷内の応酬は臨場感がある。法廷外でふと出てくる丹波哲郎や佐分利信の台詞にこの作品の奥深さを感じる。
きーとんさん [DVD(邦画)] 7点(2010-09-14 21:47:26)
11.《ネタバレ》 この映画のカナメはなんてったってラストシーンの大竹しのぶの歩きにあるワケで、その生命の力に至るまでの物語として見ると、人の強さ弱さが浮かび上がってきますね。事後に物事をトレースしていく手法の中にあっては、ジミな大竹よりも松坂慶子の死へと至るまでの激しい生き様の演技が目立ちますが。一方、法廷映画としては、意外性をポイントにしている訳ではないので扱う事件のドラマ性が弱いと言わざるを得ないのですが、長尺を飽きさせないだけでも十分なウデで見せたと言えますか。今じゃ松坂慶子と大竹しのぶが姉妹役なんて、とても信じられるモンじゃございませんが、当時はそれが通用したんざんす。
あにやん‍🌈さん [映画館(邦画)] 7点(2009-11-03 23:52:33)
10.虚飾を排し、現実的な地道な手続の中から事実を浮かび上がらせるという手法がこの原作では斬新であり、その意味で映像化はしにくいとも思われるのだが、丁寧な作りによって緊張感の途切れない内容となっている。役者陣もみんな立場をわきまえた演技をしているが、私にとってのMVPは何といっても検察官役の芦田伸介。彼が登場して喋るだけで画面がほどよく引き締まっている。また、ごく一部とはいえ、裁判官の合議の部分をきちんと映像化しているのも面白い。あまりこういうシーンは目にしませんよね。
Oliasさん [DVD(邦画)] 6点(2008-12-24 02:46:20)
9.《ネタバレ》 同じ野村芳太郎監督の「疑惑」を見た後に見るとどうしたって見劣りしてしまいます。一人で見ていたら昨日から遊びに来ている親戚の男の子4歳がやって来て一緒に見ていると裁判シーンで「一体、あなたは何をしていたんですか?」て問われた大竹しのぶ演じるヨシ子がみんなの前で「セックスです」て大きな声で言った後に「ねえ、おじちゃんセックスってなあに?」て聞かれて困りました。そういうことはなるべく小さな声で、他の人に聞えないようお願いって気分でして、それよりもそういう質問はお父さんかお母さんに聞くか若しくはいずれ大きくなれば解ることなので、子供は子供らしく外へ行って遊んでこいって気持ちになりました。
青観さん [DVD(邦画)] 6点(2008-10-19 11:18:21)
8.《ネタバレ》 野村芳太郎×松本清張のお馴染みのタッグ。
個人的に鑑賞前の期待値が高すぎたのかちょっと肩透かしをくらった。

"事件"の裁判を中心に話が進み、事件の様子が断片的に描かれるという、裁判モノにはよくある描き方。
ただ唐突に(現在と過去)が行き来したりするシーンもあるので、個人的にはその前の部分を消化しづらい印象を受けた。

重厚なサスペンス映画を期待してただけに愛憎劇の色合いが濃かったのが残念。
ASFさん [DVD(邦画)] 6点(2008-08-09 23:19:12)
7.いつのころからか、この映画に描かれれているような日本の情感はなくなってしまっているのではないかと思う。このような愛憎の図式にリアリティーを感じられなくなっているのが現代の日本的な感覚だと思う。それはなぜか。それは、この映画に描かれている事件が、「社会的な構造が生んだ悲劇」と表現されており、そのレッテルを当事者自身が自覚して、自らを悲劇として生きているからではないか。そのような自己理解をする日本人は現代にどれだけいるのだろうか?この映画には、過去の日本がたどった精神性を逆照射させてくれるものがあるとは思うが、あまりにも現在と違うという点で面白さがすこし削られてしまっている。
wunderlichさん [DVD(邦画)] 6点(2008-07-27 18:57:29)
6.姉さん、事件です!
さん [DVD(邦画)] 6点(2007-04-20 03:32:59)
5.《ネタバレ》 愛憎劇というニチャニチャした世界観がホント苦手で、例外なくこの作品も苦手でした。しかしラストの丹波哲郎が演じる弁護士が現実的に事件を捉え語るシーンと、渡瀬恒彦演じるチンピラの「オメェもいいタマだぜ?」というセリフ(うろ覚え)がとてもイイ。女優に瑞々しさのないのが、気になった。よく観りゃ松坂慶子と大竹しのぶなんだが。
aksweetさん [DVD(邦画)] 6点(2007-03-01 00:40:18)
4.野村芳太郎監督の法廷ものとしては「疑惑」ほどのインパクトはなかったけど、それでも主役三人のドロドロした愛憎劇と法廷での緊迫したやりとりで充分楽しめた。ラストの大竹しのぶと渡瀬恒彦の会話シーンはなんか意味深。大作らしくキャストも豪華なんだが、あまりに周りが豪華なので被告役の永島敏行がかなり地味に見えてしまうのがちょっと痛いかな。弁護士役の丹波哲郎が最近亡くなってしまったのが残念。
イニシャルKさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2006-09-29 02:49:01)
3.2回目鑑賞。日本映画界の大物ずらり・・・ 充分楽しめた。

最後の自転車で通り掛かった橋の上のシ-ン。大竹しのぶ 渡瀬恒彦のやり取り最高に

上手く好きな場面,何度観ても良い!!! 事件の全てを物語っている。

ただし、こんなやさしいチンピラヤクザなんかいるの?
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-08-19 14:39:56)
2.《ネタバレ》 ひとつの殺人事件の裁判を追った映画。裁判物特有の面白味があるので、それなりに見ていられます。もう30年近く前の映画なのに、少年法の問題なんぞがサラリとだけど語られていて、この当時からそんなことが論議されていたのかと若干意外でした。それにしても、犯人役の永島敏行があまりに下手くそで興醒め。この下手さでラスト近くで悔恨されても映画がボロボロになるだけです。裁判長役の人もなんだか声が明瞭でなくて、ミスキャスト感が強い。
MARK25さん [CS・衛星(字幕)] 5点(2006-08-12 18:44:55)
1.宏・ハツ子・ヨシ子、三者の思いの交錯など、盛り上がるシーンはあったが、全体的にどこか冷めた感じのある映画だった。それは裁判というものが、既に遂げられた事件を傍観し検証、法的判断を下す「後の祭り」のような作業だからかもしれない。しかし、良い意味で仕事という範疇をわきまえた判事・検察・弁護人の姿勢には好感が持てた。
デコバンさん [DVD(字幕)] 8点(2006-02-02 23:05:38)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 20人
平均点数 6.10点
000.00%
100.00%
215.00%
300.00%
4210.00%
515.00%
6840.00%
7525.00%
8315.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 1.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS