Menu
 > 作品
 > シ行
 > 四十七人の刺客
 > 鱗歌さんのレビュー
四十七人の刺客 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 四十七人の刺客
製作国
上映時間127分
劇場公開日 1994-10-22
ジャンル時代劇,歴史もの,小説の映画化
レビュー情報
どの忠臣蔵映画がどんな“売り”だったものやら、映画が沢山あり過ぎて、とりあえず一本ずつ観ていくしか区別のしようがない。本作、冒頭に出演者もスタッフもクレジットされないのでさらに予備知識が無く、観ていると、わ、こんな俳優が、わ、こんな役で出てる、と豪華出演陣に目が白黒、それなりに楽しかったりもする。しかし。監督が市川崑ということまで事前に知らずに観るのは、正直つらい(笑)。事前に知っていたら、変な映画であろうことをそれなりに覚悟して観るのだけど…。実際、この映画、変です。そりゃま、同じ忠臣蔵映画が何本も存在してもしょうがないので、ヘンテコでもいいのですが、では一体、何が“売り”なのか。忠臣蔵と言えば普通描かれるようなエピソードは省略され、普通描かないようなエピソードが付け加えられる。実録風の解説が加えられる(でも何だかウソ臭い)。意味ありげにシーンを引っ張る割に、大して人間を描く訳でもない(どの人物も、印象が薄い)。大規模なセットを組んだ割に、意外に盛り上がらない討ち入りシーン。カタルシスの乏しいこと。裏に封印される「真相」(何のために作品に「真相」を持ち込み何のために封印したのやら???)。という、従来とは違ったユニークな忠臣蔵なのですが、やっぱりこういう変な忠臣蔵映画作るんだったら、そもそもオールスターキャストって全くそぐわないですよね~。もっとハメ外してテロリスト映画にして欲しいですよね~。というような期待すらも徹底的にはずしてくれるのが、この「市川崑映画」というものの“売り”なんですかねえ。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2013-01-28 21:24:01)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 22件
作品の平均点 5.09点
作品の点数分布
000.00%
114.55%
200.00%
329.09%
429.09%
51045.45%
6313.64%
7313.64%
814.55%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.50
このレビューの偏差値 45.18
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
四十七人の刺客のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS