Menu
 > 作品
 > オ行
 > オールド・ボーイ(2003)
 > りりらっちさんのレビュー
オールド・ボーイ(2003) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 オールド・ボーイ(2003)
製作国
上映時間120分
劇場公開日 2004-11-06
ジャンルサスペンス,犯罪もの,ミステリー,漫画の映画化
レビュー情報
韓国映画、クオリティ高い!

…と思ったのに、なんだ、原作(日本のコミック)付きか…。いえ、それでも本作品のクオリティは高いですけどね。でも原作が優れていたからこその高さでもありますから。

気になったのは、画面がとにかく汚くてショボいこと。
ダークな演出なのではなく、本当に街もビルも人も内装もすべて汚くてしょぼいのが気になった。クライマックスのペントハウスだって、ビルはせこくて小汚いしエレベーターもオンボロ、ゴージャスを演出するべき内装もかなりショボ臭い。こんなでペントハウスとか言ってくれるなよ~という感じ。
もしかして予算不足?まあ韓国ドラマに出てくる金持ちも常に貧乏ったらしいので、これが韓国の精一杯のゴージャスなのかもしれないが。
でもなぁ、ショボいだけじゃなく、世界も狭いんだよなぁ。
なんというか、描かれている世界が無秩序かつ非常に局地的なかんじ。西部劇のような日本の戦後の混乱期のような、発展途上で野蛮な社会、しかも狭い地域だけでの話になっていて、世界がぜんぜん見えない。50年前の韓国が舞台、と言われたら納得する感じなんだけど、そういったところもしょぼクサさに拍車をかけてしまっている。
復讐に燃えるオ・デス、全然モンスターに見えないし。まだまだ人間臭さを感じさせる2流半ヤクザという感じなのに、多勢に無勢で勝利するとか、説得力がなさすぎる。むしろ群がる無法者たちをもう少し身綺麗にして弱く描けばよかったのかもね。でも、ワンパターンの無法者たちしか描けないんだろうな、と感じさせる監督だね。そこもショボ臭いんだよな。最後に雪山を映してなんとかショボ臭さを消そうとしたのかと思っちゃった。

泥臭いのはいいけど、ショボ臭いのはダメだろう。

日本で映画化したら、ここまでサスペンスフルにはならないだろうけど、近未来的になってショボ臭さは感じさせなかったろうな。と、けなしてばかりですが、なかなか良かったです。みなさん、苦しむために愛し、復讐するために生きるのね。
ハリウッドのリメイク版も観てみたくなりました。
りりらっちさん [DVD(吹替)] 6点(2015-01-22 21:02:44)
その他情報
作品のレビュー数 199件
作品の平均点 7.02点
作品の点数分布
010.50%
121.01%
210.50%
342.01%
494.52%
5126.03%
63015.08%
75326.63%
85929.65%
9199.55%
1094.52%
作品の標準偏差 1.71
このレビューの偏差値 46.55
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
オールド・ボーイ(2003)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS