Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジュラシック・ワールド/炎の王国
 > 鉄腕麗人さんのレビュー
ジュラシック・ワールド/炎の王国 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ジュラシック・ワールド/炎の王国
製作国
上映時間128分
劇場公開日 2018-07-13
ジャンルアクション,SF,アドベンチャー,シリーズもの,パニックもの,モンスター映画
レビュー情報
ラスト、貫禄たっぷりに年老いたマルコム博士が、「ようこそジュラシック・ワールドへ」と強い眼差しで言い放つ。
前作では「テーマパーク」の呼称だった“world”が、真の意味の“world”に転じた瞬間、前作で生じていた消化不良感は消化され、シリーズを通じた高揚感を覚えた。
原題「fallen kingdom」が指し示す真意がラストに際立ち、腑に落ちる。多少トンデモ展開であることは否めないけれど、こういうSF的暴走は、個人的に大好物なのだ。

至極当然なことではあるが、「ジュラシック・パーク」シリーズは「SF映画」であるべきだと思っている。
SF作家のマイケル・クライトンが著し、スティーヴン・スピルバーグが蘇らせた「失われた世界」には、常にSF的主観があり、物語に登場する科学者や博士の目線によって綴られるからこそ、あたかもフィクションの境界を超えた“実像”として、僕たちの目に映ったのだと思う。
その“博士の目線”が薄れ、単純なヒーロー&ヒロインもののアドベンチャーに終始していたから、僕は世界的大ヒットとなった前作に今ひとつ乗り切れなかったのだと思う。

今作も、主演コンビが続投となり、主要キャラクターの中に明確な科学者や博士は存在しないが、前述の通り、冒頭とラストのみにカメオ出演的に登場するマルコム博士の存在感が利いている。
彼が如何にも意味ありげに博士的見解を発するからこそ、良い意味でB級的なSF映画色が際立っている。流石はジェフ・ゴールドブラム(ファン)である。

また、日本語タイトルの「炎の王国」を軽くいなすように展開される“舞台チェンジ”も見事だ。
噴火する孤島を舞台に大仰だけれどありきたりな大スペクタクルが展開されるのだとばかり思っていたが、“ゴシック屋敷”への大胆な舞台変更により、映画のテイストはまさかの“ゴシック・ホラー”に転じる。
改造人間ならぬ“改造恐竜”が、大屋敷内を所狭しと暴れまわったかと思えば、雷光を浴びた恐ろしげな影がじわりじわりと少女に迫りくる。
前半の火山島シーンも含めて、映画的なビジュアルセンスに優れた気鋭のスペイン人監督(フアン・アントニオ・バヨナ)に、この最新作の舵取りを担わせたことは、大ファインプレーだったと思える。


生命の理を超越して蘇り、生き延び、進化した恐竜たちは、生命として進むべき新たな道を辿る。
一度放たれた生命を“檻”で囲うことなど不可能だ。
T-REXの咆哮は、その真理を高らかに宣言しているようだった。


かつて偉大な恐竜映画は、一人の恐竜ファンの少年を興奮で包み込んだ。
あれから25年、36歳になった少年は、彷彿とされる興奮と共に、あの1993年の夏を思い出す。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 8点(2018-07-21 22:01:28)
その他情報
作品のレビュー数 33件
作品の平均点 5.67点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
326.06%
4824.24%
5515.15%
6721.21%
7618.18%
8515.15%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.53
このレビューの偏差値 59.96
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ジュラシック・ワールド/炎の王国のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS