Menu
 > 作品
 > ア行
 > アリータ:バトル・エンジェル
 > 鉄腕麗人さんのレビュー
アリータ:バトル・エンジェル のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 アリータ:バトル・エンジェル
製作国
上映時間122分
劇場公開日 2019-02-22
ジャンルアクション,SF,ラブストーリー,アドベンチャー,漫画の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 序盤から何だかいやな予感はしていた。
舞台はディストピア、何らかの過去を抱えた選ばれしヒロイン、苦境の中で芽生える無垢な恋心、絶対的権力と運命に対する若者たちの抗い……ああ、この流れは、典型的な量産型ティーン向けムービーじゃないか。
有り触れたクライマックスと、見え透いた続編に向けたラストシーンを迎えた頃には、すっかり気持ちは萎えてしまっていた。
 
ジェームズ・キャメロン、ロバート・ロドリゲスというビックネームが名を連ね、クリストフ・ヴァルツ、マハーシャラ・アリらアカデミー賞俳優が顔を並べた今作のインフォメーションは魅力的だった。
久しぶりに登場したジェームズ・キャメロン御大に「革新的映像!」と日本人向けに煽られては、そりゃ期待せずにはいられないじゃないか。
というわけで、昨年早々のトレーラー公開時から期待値は非常に高かったのだが、結果としては非常に残念な仕上がりだった。
 
映像世界の作りこみは確かに凄いとは思うが、決して目新しさがあったわけでもなく、「革新的」と謳うわりにはあまりに物足りなかった。
トレーラーの段階では、“違和感”を“期待感”が凌駕していたけれど、主人公の造形をあからさまなCGI的な風貌にした意図も、結局ちょっとよくわからなかった。

非人間的な造形のスーパーヒロインが、ひたすらにハードアクションを繰り広げ、死屍累々の上に立つさまをおぼろげに想像したが、そういう振り切れた描写も殆どなく、ロバート・ロドリゲスが監督を担った意味も皆無だったといわざるを得ない。

 日本の原作漫画も未読なので、このあとにどんなストーリー展開が備わっているかは知らないけれど、少なくともこの映画作品の方向性では続編への期待は薄い。
ついでに、御大が満を持しての続編を公開する「アバター」に対しても、極めて懐疑的になってきた。
鉄腕麗人さん [映画館(字幕)] 3点(2019-02-23 23:58:41)
その他情報
作品のレビュー数 26件
作品の平均点 6.62点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
313.85%
400.00%
5519.23%
6519.23%
71038.46%
813.85%
9415.38%
1000.00%
作品の標準偏差 1.44
このレビューの偏差値 32.64
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
アリータ:バトル・エンジェルのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS