Menu
 > 作品
 > シ行
 > シン・ゴジラ
 > みーちゃんさんのレビュー
シン・ゴジラ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 シン・ゴジラ
製作国
上映時間118分
劇場公開日 2016-07-29
ジャンルSF,シリーズもの,パニックもの,政治もの,特撮もの,モンスター映画
レビュー情報
《ネタバレ》 もはや語りつくされているだろうが、これほどのものとは思っていなかった。驚愕、奇跡の映画。
人を選ぶ映画ではあるが、邦画関係者が「恋愛」「感動」「家族愛」を要求し、織り込まなければ気が済まない近年の邦画と比べると、そのような要素を一切排除した庵野監督は偉すぎる。逆に言えば、この映画が合わない人は、上記の要素が好みの方と言えるだろう。そうした人ら向けの映画「君の名は。」がゴジラを超える大ヒットを飛ばしている、それもアニメ映画というハンデ付にもかかわらずの大ヒットなので、邦画関係者が上記の要素を入れたがるのも無理はない。
映画通が毛嫌いしている邦画の3点セットについて、せっかくシンゴジラが「そういう要素が無くてもいいんだ!」という流れを作るきっかけとなると思ってたんだが、この結果じゃ「ほれみろ、やっぱ恋愛感動要素があればもっと売れてただろ!」って関係者にいきまかれるやばい状況になりそうなのが気がかりである。

さて、シンゴジラそのものですが、粗やツッコミどころは多々あるが、それを補って余りある素晴らしい映画。
初代愛にあふれており、進化する場面での選曲や、電車が吹っ飛ばされたあとの階段で恐れおののく人々など、初代のオマージュと思われるシーンが満載で、さらに終盤の攻防で流れた曲も、「怪獣大戦争のテーマ(初代にも流れたやつ)」ではなく、「宇宙大戦争のテーマ」だったのは単に怪獣映画好きではわからない「特撮オタ向け」な要素でもあり、この選曲にはニヤリとせざるを得なかった。こんなにオタ向けでいいのかという危惧もしたんだが。

個人に焦点を当てない、状況の積み重ねだけという脚本もまた面白い。特定の主人公1人にフォーカスを当ててないという意味では、クラッシュやコンテイジョンなどの映画が色々海外にもあったが、展開が早く、そのような「フォーカスが当たっていない」という感覚すら麻痺させてしまう。脚本の妙ですね。

特撮の面ではもはや言うまでもない。「全弾命中!」という、これまでの怪獣映画には無かったセリフが連発されており、リアル路線じゃ弾丸は基本的に外さないんだよというこだわりが感じられる。終盤の攻防は多摩川防衛よりテンションは落ちるものの、無人在来線爆弾というパワーワードには思わずなんじゃこりゃぁ!とテンション上げざるを得ない。

ゴジラの熱戦というかビームの破壊も見事。
もうエヴァ作らなくても許します。

これで今後のゴジラ映画はもう作れないだろ
みーちゃんさん [映画館(邦画)] 10点(2016-09-13 08:59:40)(良:4票)
その他情報
作品のレビュー数 196件
作品の平均点 7.39点
作品の点数分布
021.02%
121.02%
221.02%
321.02%
473.57%
5115.61%
62613.27%
74120.92%
83919.90%
94221.43%
102211.22%
作品の標準偏差 1.97
このレビューの偏差値 56.73
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
シン・ゴジラのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS