Menu
 > 作品
 > コ行
 > ゴジラVSデストロイア
 > nobo7さんのレビュー
ゴジラVSデストロイア のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 ゴジラVSデストロイア
製作国
上映時間103分
劇場公開日 1995-12-09
ジャンルSF,シリーズもの,特撮もの,モンスター映画
レビュー情報
《ネタバレ》 22作目。いきなりゴジラ香港に出現、迫力の特撮の連続と、初代ゴジラと絡ませてなんとなく納得させるストーリーで随所に矛盾をはらみながらも最後まで一気に見せてくれた。自衛隊の意味も無い反撃がほとんど無く、歴代ゴジラシリーズで最強の自衛隊だったのも、途中でだれない重要な点だと思う。
 特撮の技術、迫力はこれまでのゴジラシリーズでは最高で、ゴジラの赤く光る造形と迫力もすさまじく、迫力重視の「特撮映画」としてはかなり高レベル。
 これ映画館で見たら疲れるだろうなーと思うくらい光と音の連続で、もう少しゆっくり見られる緩い展開のシーンをうまく配分して欲しかった。でも、グダグダな脚本の中途半端に真面目な緩んだシーンが入るよりは、今回のように迫力で押しまくったほうがましかもしれない。
 リトルゴジラと超能力少女の扱いはやはりちょっと違和感があり、別のストーリーで辻褄を合わせて緩めの展開を考えた方がよかったかも。
 あと、一番気になったのが終わり方。デストロイアの最後は自衛隊にやられちゃったじゃん。それじゃゴジラを東京に呼んだ意味無いじゃん。放射能が消えていくのはなぜ?最後なんでゴジラが煙の中で吼えてるの?イメージ映像?それともゴジラかリトルゴジラが生き返った?自作もあるかもしれないというスケベ心?最後くらいご都合主義でいいから納得させてよ。超能力少女のリアクションだけだと、すぐには理解できません。
 それまで緊張の連続で一気に見てきた最後の最後だっただけに、見終わった後の消化不良感が残る。
 クールな自衛隊エリート幹部がビオランテのときは高島弟で、メカゴジラの時には高島兄が軽いキャラをやっていたが、今回は高島兄がクールな自衛隊エリート幹部で、見た目といいこっちの方がしっくりく来てた。
nobo7さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2010-07-01 01:17:21)
その他情報
作品のレビュー数 29件
作品の平均点 4.55点
作品の点数分布
013.45%
126.90%
2413.79%
313.45%
4310.34%
51137.93%
6310.34%
700.00%
8310.34%
900.00%
1013.45%
作品の標準偏差 2.27
このレビューの偏差値 50.87
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
ゴジラVSデストロイアのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS