Menu
 > 作品
 > ス行
 > 素晴らしき哉、人生!(1946)
 > カツルギさんのレビュー
素晴らしき哉、人生!(1946) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 素晴らしき哉、人生!(1946)
製作国
上映時間130分
ジャンルドラマ,ファンタジー,モノクロ映画,クリスマスもの
レビュー情報
《ネタバレ》 だめだ、私は腐っている。
世評の高さと、すでに感動的なあらすじ等(パッケージに書いてあること)を見て、私はこうしたハートウォーミングな作品を見て励みにして明日から強く歩いてゆくのだ!と誓って鑑賞したが、全然乗れない。
要するに私は勝手に想像していたのだ。お金も家族も職も生き甲斐もないような人が、すごく苦労しているんだけれども、生来の優しさから他人に親切ばかりして、損ばかりして、時に騙されたりして、いよいよ追い込まれたときに天使が現れ、自分が存在しなかった場合の世界を見て、戻ってくると自分が無意識に助けてきた人たちが逆に自分に手を差し伸べてくれて…みたいな。こりゃ泣ける。さあ泣こう、と思っていたのだ。
そしたら、主人公は幸せそのものの家族に包まれ、それなりに経済力もあり、ルックスも良く(映画ですので)、問題ないでしょあなた、という気にさせられた。確かにトラブルに陥るけれども、金銭貸与業はもともと生き馬の目を抜くような世界だし、家族の励みを受けて歯を食いしばって頑張れよ、と。天使さんもこの人のところへ行くくらいなら他に行くところたくさんあるでしょ、と。
確かにラストにはカタルシスを感じるが、映画の盛り上がりに私一人置き去りにされているような気がして、だめだ、私は腐っている、と思いつつエンドマークを眺めたのであった。
カツルギさん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-13 21:39:15)(良:1票)
その他情報
作品のレビュー数 294件
作品の平均点 8.32点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
231.02%
341.36%
472.38%
5124.08%
6186.12%
73311.22%
85518.71%
95819.73%
1010435.37%
作品の標準偏差 1.82
このレビューの偏差値 39.99
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
素晴らしき哉、人生!(1946)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS