テルマエ・ロマエⅡのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > テ行
 > テルマエ・ロマエⅡ
 > (レビュー・クチコミ)

テルマエ・ロマエⅡ

[テルマエロマエツー]
2014年【日】 上映時間:113分
平均点:5.40 / 10(Review 42人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-04-26)
ドラマSFコメディシリーズもの漫画の映画化
新規登録(2014-02-21)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-10-08)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督武内英樹
キャスト阿部寛(男優)ルシウス
上戸彩(女優)山越真美
北村一輝(男優)ケイオニウス
竹内力(男優)館野
宍戸開(男優)アントニヌス
笹野高史(男優)山越修造
市村正親(男優)ハドリアヌス
(男優)アケボニウス
白木みのる(男優)ラーメン屋店主
キムラ緑子(女優)山越由美
松島トモ子(女優)峰子
いか八朗(男優)三郎
飯塚昭三
立木文彦
楠見尚己
石住昭彦
廣田行生
原作ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエ」(KADOKAWAエンターブレイン刊)
脚本橋本裕志
音楽住友紀人
作曲ジャコモ・プッチーニ「誰も寝てはならぬ」
挿入曲北島三郎「与作」
製作石原隆〔製作〕
市川南〔製作〕
フジテレビ
東宝
電通
KADOKAWA
配給東宝
美術原田満生
衣装宮本まさ江
照明杉本崇
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
22.悪くないコメディだと思うが、コメディ色が徐々に弱くなっていくので多少中途半端な感じもする。
でも、こういう映画が時々は登場するのも和んでいい。
simpleさん [地上波(邦画)] 5点(2015-06-21 16:07:18)
21.相変わらずの後半失速。物語を盛り上げようとしているのだろうが逆効果。コメディーに徹すればいいものを、愛とか正義とか平和とか・・・。阿部寛の役者魂は感じたが。
東京50km圏道路地図さん [地上波(邦画)] 5点(2015-06-21 13:58:36)
20.《ネタバレ》 やっぱりつくっちゃったんですね、2。
思わぬ(って言っちゃ失礼ですが)ヒットの前作で、予算も拡大、落ちてる金を拾いにいくような感覚で作られたのかな?って思わせるような『企画』かと思って観てみたら、意外や意外、前作の余熱は残ってましたね。
平たい顔族、なんとも魅力的なフレーズ。
小ネタの数々も、まぁ面白かったです。
まるで外国の監督が描いたかのような『胡散臭い日本人像』もいい意味で味がありました。
上戸彩さんの脱ぎっプリもよかったけど、阿部寛さんに比べたら、まだまだ手ぬるかったですね(笑)
ろにまささん [地上波(邦画)] 7点(2015-06-21 01:48:16)
19.《ネタバレ》 part1のパターンを踏襲した前半がちと長ったらしく感じました。その後に波乱あり、でもやっぱりテルマエの効力で解決。ラストシーンもエンディングも、誰も悲しまずに済む仕掛けで〆たのは嬉しかったので良しとしましょう。



………ケイオニウスは?
役者の魂さん [地上波(邦画)] 7点(2015-06-20 23:21:30)
18.《ネタバレ》 「指圧の心は母心」、素人のじいさん、白木みのる、そんなところでは笑えた。でも、それらはあくまでもオマケであるはず。話の本筋に引き込まれる面白みが無かったのは残念。
monteprinceさん [DVD(邦画)] 5点(2015-03-20 19:22:01)
17.ルシウスが平たい顔族にカルチャーショックを受けるシーンが爆笑。前作以上に笑えました。特にスベリ台のシーンが最高。笑わせていただきました。細かいストーリーはよく覚えていませんがパート3あるのでしょうか。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-03-19 21:11:49)
16.前作で笑い、本作でそこそこ笑いってところでしょうか。前作がヒットしたから予算ふんだんに使いってのは良く分かったけれど、原作にない点を中途半端に盛り込みすぎ。もう一度見るなら1の方かな。
ネフェルタリさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2015-03-01 14:34:52)
15.前作は設定の斬新さでかなり笑えたけど、同じことの繰り返しでは進歩が無いね。
あと、やっぱりローマメインになる後半がつまんない。
それでも、古代ローマと現代日本を行ったり来たりする前半の小ネタはそれなりに楽しめました。
特にウォータースライダーを豪快にすべり降りる子役には感心しました。
もとやさん [DVD(字幕)] 5点(2015-02-13 15:30:46)
14.前作と全く同じ展開で飽きてしまう。もう少し、工夫が欲しいなぁ・・・
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 4点(2015-02-08 23:03:17)
13.《ネタバレ》 冒頭からローマの街並が中々のVFXで描かれる おーいいじゃんと思いながら見てると、カメラはコロッセウムを天空から俯瞰で捉えると、満員の観客の中で曙大暴れみたいな、ワンショットで捉えるハリウッド映画の様な巧い始まり 主演の阿部寛と北村一輝は完全に体を作って来たな そこも中々見応えがある おちゃらけた映画だから適当なVFXや適当な役作りで作ってしまってはシャレにならないことが良くわかってる映画作りには好感が持てる 冒頭から前作の完全な繰り返しで今回は面倒な説明は抜きで、ルシウスが日本の温泉で感動してはローマでテルマエを作るの繰り返し 観客が何を見たいかが完全にわかってるなと言う感じ まったく裏切られる事無くルシウスが驚く様を楽しく見れる 中盤からの展開も前作と全く同じで日本から助っ人としてヒロインが現れて主人公の危機を救う でも本当に何もかも前作と同じ進行で戦争を回避したり助っ人が思わぬ力を発揮したりするのも同じ 前作と同時に見たら退屈するのではなかろうか しかしその分前作より面白さが凝縮した感じで今作だけ見るなら充分いい出来だ エンディングの海岸での別れのシーンも長回しでカメラが二人を回り込み、夕日を二人の間に綺麗に挟み込むという見事なカメラワーク CGじゃないとしたら中々の名シーンである てらいなく観客の見たいものを作った良品だと思う
にょろぞうさん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2015-02-05 02:17:32)
12.大ヒット作の続編らしく、存分に予算をかけて2匹目のどじょうを狙った作品だけに、舞台として「コロッセオ」を登場させるなど、前作から大きくスケールアップしている。広大なセットと、5000人の外人エキストラという、これまでの邦画の枠を超えた豪華な作りには大いに見応えがあった。古代ローマの浴場設計技師「ルシウス」が、発想に行き詰まるたびに「平たい顔族の国」(現代日本)にタイムスリップし、アイデアを持ち帰るという前作のツボはそのままに、マンガチックな笑いのペーソスがふんだんに取り入れられており、存分に笑わせてもらった。それ以上でも以下でもない作品。
田吾作さん [DVD(邦画)] 6点(2015-01-26 10:51:47)
11.ちょっとマンネリかな。本来、ローマの奴隷文明で可能になった数々の考案を電気文明の私たちが真似している部分も多いはずで、それを逆にしたことで前作は笑いをさそったのに、ルシウスがアイデアに行き詰まると現代日本にタイムスリップするのも「またか!」といった感じになってしまいました。前評判だった力士の登場も、特に曙と琴欧州についてはストーリーにあまり絡んでなかったし、プッチーニのオペラ、ツーランドットからの「誰も寝ない」もトリノ五輪開会式でのパバロッティの熱唱、同五輪女子フィギュアスケートで荒川静香さんが逆転金メダル獲得した時の演技曲、前作でルシウスが皇帝に表彰された時のBGMと続いてわたしにとっては今回四度目の感動シーン(?)での採用ですっかり食傷気分になってしまいました。やはり脚本がイマイチです。今回、オペラ以外からのBGM選曲は新鮮でまた、アケボニウスのいでたちやコロセウム、草津温泉の風景など、視覚的にはたっぷり楽しめました。

かわまりさん [DVD(字幕なし「原語」)] 6点(2015-01-24 04:19:35)
10.《ネタバレ》 基本的にやっていることは同じなんですけどね。笑いのネタも、自動化を囚人がやってると思いこんでるのとか、下ネタの数々とか。ゲイネタが新味だったかなぁ。やはり本作も、後半からは割とシリアスになっていってユーモアがなくなる展開なんですけど、唯一新鮮だったのは、山越真実が漫画家になってテルマエロマエを書いて映画を撮影してってセルフパロディ化するラスト。なんだか「ホーリー・マウンテン」を思い出しました。あ、それから草津温泉がとても美しく撮られていましたね。川を間に挟んだあの温泉、本当にあるのかな?行ってみたいです。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2014-12-18 22:13:26)
9.前作よりもかなりグレードアップ!セットもエキストラもめっちゃ金掛かってますわ。この手の内容にこれだけ使えるのって、ある意味贅沢なのかな・・・。まあとにもかくにも、私的には前作よりも楽しめました。コメディ要素が増え、シリアスな場面をかなり削り取ってあり、そのおかげで非常にシンプルかつ間延びすることなく鑑賞できた。その中でも笑ったのは、ラーメンを食べるシーン、ジェットスライダーのシーン、混浴で男性を凝視するシーン、不死身の人間を育成するシーン、などかなり笑わせてもらいました。全く血しぶきの出ないコロシアムのシーンは、別の意味で笑わせてもらいましたwww 昨今少なくなった本格コメディ映画の中では、割と成功した方と言えるでしょう。あぁ~、なんかの~んびり、温泉にでも浸かりたくなりました~・・・。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 5点(2014-12-02 21:52:57)
8. 前作でも思ったが、せっかく小ネタが面白いんだから、キャパを超えた壮大なストーリーにしようとしない方が良い。釣りバカシリーズみたいにほんわかな終わり方で良いものを、わざわざ邦画のチープさに目を向けさせるような展開になったのが残念。
タックスマン4さん [映画館(邦画)] 6点(2014-05-31 19:54:57)
7.前作と比べるもんじゃないです。わあまた前作と同じように楽しめればいいなという人が見に行く映画です。劇場はわりとお年寄りも多かった。その方たちから自然と笑い声が上がるようなある意味平和で安定したエンターテイメントです。古代ローマですのでコロシアムみたいなちょっとグロいかも(といってもテルマエクオリティなので)な場面もあるにはありますが、全体的に安心安定、目新しさもないが、外してもいない(と思う)続編の仕上がり。思ったより面白かったです。狙った感やデジャブ感、飽きたなどと文句を言ったら切りがありませんが、メッセージ性や独自性を打ち出してこれじゃない仕上がりになるより全然マシです。まさにコテコテの続編です。いいんですそれで、私は支持したいです。
みことteaさん [映画館(邦画)] 8点(2014-05-21 21:08:22)(良:1票)
6.《ネタバレ》 やっぱり後半のドラマはいらないと思うけど、今回はコンパクトになっていて良かった。
後のネタは安定しています。もう1回くらい作るネタはあるのかな。

曙があれだけ目立つんだから、琴欧州ももう少し活躍させてあげてほしかった。
Yuさん [映画館(邦画)] 6点(2014-05-20 17:30:29)
5.《ネタバレ》 前作は結構気に入ったので観てみましたが、笑いのつぼがほぼそのままというのは少し工夫が足りないかな。ルシウスとヒロインは、前作終了時にもう少し心の交流ができていたのではなかったっけ?今回、二人が絡む話が始まるのが中盤過ぎでは、ちょっともたもたしてる気がします。もう少しコメディーらしくはじけた話を期待してたのですが、ルシウスは最後まで気まじめな男でした。ラストで本を片手に現れたルシウスは、ドク・ブラウンよろしく、自分の将来を具体的に知ることで破局的な運命から逃れたものと解釈しましたが、それでよいのかな?
Northwoodさん [映画館(邦画)] 5点(2014-05-20 00:54:23)
4.深く考えずにコメディーと思って見れば、とても楽しかったです。Ⅰよりは少し肩の力が抜けてたかな。ルシウスが物わかり良すぎなんですが、時間の関係上仕方ないでしょう。日本の温泉&スパに行きたくなります。それと男優女優の裸演技を十分堪能できますYO。
Banjojoさん [映画館(邦画)] 7点(2014-05-18 09:05:46)
3.《ネタバレ》 正直、劇場まで足を運ぶつもりはなかったのですが、映画の日、ということで勢いで行ってしまいました。

全体的には前作とほぼ変わらない印象でした。何も考えずに観られ、時々クスッと笑えるところがある、という感じです。前作が楽しめた方なら、本作も楽しめるのではないかと思います。

ストーリーは前作よりもさらにユルユルで、お風呂でみんな解決!みんな仲良く楽しくなろうよ!感でいっぱいでした。ただ、最後の5分くらいで、原作と映画が入れ子的になっていたところが、ちょっと変わっていて面白いと思いました。

GW中など、年齢問わず家族で観に行ける映画としては、良いのではないかと思います。
たかmk2さん [映画館(邦画)] 5点(2014-05-01 20:04:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 42人
平均点数 5.40点
000.00%
100.00%
200.00%
3511.90%
449.52%
51330.95%
61126.19%
7716.67%
824.76%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.20点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.25点 Review4人
4 音楽評価 8.25点 Review4人
5 感泣評価 4.00点 Review3人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS