帰郷(1971)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > キ行
 > 帰郷(1971)
 > (レビュー・クチコミ)

帰郷(1971)

[キキョウ]
БЕГ/Beg
1971年【ソ連】 上映時間:159分
平均点:7.50 / 10(Review 2人) (点数分布表示)
ドラマ
新規登録(2004-10-12)【_】さん
タイトル情報更新(2015-11-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ウラジミール・ナウモフ
アレクサンドル・アロフ
演出石田勝心(日本語吹き替え版【VHS】)
キャストリュドミラ・サベーリエワ(女優)セラフィーマ
アレクセイ・バターロフ(男優)ゴルーブコフ
ミハイル・ウリヤーノフ(男優)チャルノータ将軍
ウラジスラフ・ドヴォルジェツキー(男優)フルードフ将軍
田島令子セラフィーマ(日本語吹き替え版【VHS】)
勝部演之チャルノータ将軍(日本語吹き替え版【VHS】)
納谷悟朗フルードフ将軍(日本語吹き替え版【VHS】)
鷲尾真知子(日本語吹き替え版【VHS】)
山本廉(日本語吹き替え版【VHS】)
佐々木敏(日本語吹き替え版【VHS】)
滝口順平(日本語吹き替え版【VHS】)
小宮和枝(日本語吹き替え版【VHS】)
仁内建之(日本語吹き替え版【VHS】)
峰恵研(日本語吹き替え版【VHS】)
沢りつお(日本語吹き替え版【VHS】)
林一夫(日本語吹き替え版【VHS】)
田中真弓(日本語吹き替え版【VHS】)
島田敏(日本語吹き替え版【VHS】)
原作ミハイル・ブルガーコフ
脚本ウラジミール・ナウモフ〈脚色〉
アレクサンドル・アロフ〈脚色〉
企画東宝(日本語版VHS企画・製作)
制作東宝(日本語版制作・著作【VHS】)
配給日本ヘラルド
字幕翻訳清水俊二〈字幕監修〉
あらすじ
帝政ロシアをソビエトへと変えていった1920年代、革命と内戦の嵐が吹きすさぶ中、新しい政府や思想にそぐわない人たちは祖国を捨て、外国へと亡命していった。 さまざまな人びとの運命がおりなす悲しさと望郷の想い・・・。こんな時代の嵐の中、偶然の巡り合わせで知り合った一組の男女セラフィーマとゴルーブコフ、その愛はともっては吹き消され、またともっては消される、まるで歴史の突風によって吹き飛ばされる砂のように・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
2.この映画が1972年に日本で封切られたときに、映画館で見ました。当時はソビエト版の「風と共に去りぬ」と言われるほど評判が高く、私も良い映画だったことはよく覚えています。
すぐさま映画のパンフレットと主題歌「セラフィーマの恋」「さすらいのパリ」のレコードを買い求めました。
40年たった今では細かな部分はほとんど忘れてしまっていて、何としてももう一度みたいと思っている一番の映画です。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 7点(2011-02-04 20:25:59)
1.《ネタバレ》 いい映画だった。図書館で借りたビデオだが、それにはこの映画の歴史的背景の説明があり、観る前と見終わった後にこの説明を見るとよく分かる。4人の人物の反革命で敗走する第1部と亡命先での生活を描き、そしてそれぞれの道へと歩んでいく、ちょっと切ない第2部がある。やはり、軍の上層部には強い人物が自然と選ばれるのだろうか?彼らは亡命後もそれぞれのスタイルでたくましく(?)生きていく。彼らに助けられる2人の男女。2人ともひ弱い。こんなんで、大丈夫なの?と思ってしまう。考えてみれば、革命で一つの国ががらりと変わって、できてしまう、とんでもない事がそんなに遠くない昔に起こったのだ。それに巻き込まれた人たちはもみくちゃだ。亡命したからと言って、幸せになるかどうかは分からないのだ。自分がこの状況に遭ったら、どうやって生きていくのか、と考えると怖くなった。映画としては、戦闘シーンの構図もきれいだったし、無駄のないよく出来た映画と思った。
トントさん [ビデオ(字幕)] 8点(2008-03-27 21:27:24)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 2人
平均点数 7.50点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
500.00%
600.00%
7150.00%
8150.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS