ジャイアンツのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > ジャイアンツ
 > (レビュー・クチコミ)

ジャイアンツ

[ジャイアンツ]
Giant
1956年【米】 上映時間:201分
平均点:6.83 / 10(Review 53人) (点数分布表示)
公開開始日(1956-12-22)
ドラマ小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-01-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョージ・スティーヴンス(監督)
キャストエリザベス・テイラー〔女優・1932年生〕(女優)レズリー・ベネディクト
ロック・ハドソン(男優)ジョーダン・ビック・ベネディクト
ジェームズ・ディーン(男優)ジェット・リンク
マーセデス・マッケンブリッジ(女優)ラズ・ベネディクト
サル・ミネオ(男優)アンヘル2世
ロッド・テイラー(男優)サー・デヴィッド・カーフリー
キャロル・ベイカー(女優)ラズ2世
デニス・ホッパー(男優)ジョーダン・ベネディクト3世
アール・ホリマン(男優)ボブ
バーバラ・バリー(女優)
チル・ウィルス(男優)バウリー叔父さん
ニック・アダムス(ノンクレジット)
武藤礼子レズリー・ベネディクト(日本語吹き替え版【TBS/テレビ朝日】)
井上孝雄ジョーダン・ビック・ベネディクト(日本語吹き替え版【TBS】)
野沢那智ジェット・リンク(日本語吹き替え版【TBS/テレビ朝日】)
此島愛子ヴァシタイ(日本語吹き替え版【TBS】)
鈴木弘子ラズ2世(日本語吹き替え版【TBS】)
柴田秀勝サー・デヴィッド・カーフリー(日本語吹き替え版【TBS】)
今西正男バウリー叔父さん(日本語吹き替え版【TBS】)
羽佐間道夫ジョーダン・ビック・ベネディクト(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
前田敏子ヴァシタイ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
大木民夫バウリー叔父さん(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田秀一ジョーダン・ベネディクト3世/アンヘル2世(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
榊原良子ラズ2世(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本アイヴァン・モファット
音楽ディミトリ・ティオムキン
撮影ウィリアム・C・メラー
製作ジョージ・スティーヴンス(監督)
ワーナー・ブラザース
配給ワーナー・ブラザース
美術ラルフ・S・ハースト
ボリス・レヴェン(プロダクション・デザイン)
衣装マージョリー・ベスト
モス・メイブリー
編集ウィリアム・ホーンベック
フィリップ・W・アンダーソン(編集助手補)
字幕翻訳戸田奈津子(DVD)
その他ディミトリ・ティオムキン(指揮)
あらすじ
テキサスの大牧場主ビック・ベネディクト(ハドソン)に嫁いだ東部の上流階級の令嬢レズリー(テイラー)の半生を中軸とした壮大なエピックヒューマンドラマ。名匠ジョージ・スティーブンス監督「陽のあたる場所」、「シェーン」に続くアメリカ近代史三部作ラストを飾る一大叙事詩。レズリーに想いを寄せ続ける孤独な牧童ジェットに扮したディーンは死後二年連続でアカデミー主演男優賞にノミネートされた。スティーブンスは二度目の最優秀監督賞を獲得。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
53.《ネタバレ》 良くも悪くも大味な映画だなと思いました。
一つの家族を通して、アメリカそのものをぎゅっと詰め込んだ感じ。
時代を考えると、偏見というものに真正面から取り組んだ内容は良かったと思います。
デェームズ・ディーンの遺作ということでして、彼の役柄や最期を考えるとなんだか切ないです。
老けメイクもありますが、とても24歳とは思えない。おじちゃん役を演じていて、素晴らしい役者さんでした。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-06-18 15:45:35)★《新規》★
52.《ネタバレ》 以前からよく知ってる作品の細かいところを確認しながら観るという鑑賞だったので退屈こそしなかったが、これがなぜ映画祭で上映されるような名画扱いされるかものすごく疑問が残る。
 端的に言えば、大事な原理原則を守り、相手に理解させる手段が「こぶし」とはね。少年ジャンプの世界かよw こんなものをありがたがるアメリカ人の幼稚さかげんと、そんな幼稚な民族に世界を動かされてる現状に、(ついでに言うならその中でも幼稚オブ幼稚みたいな大統領の馬鹿げた言動のせいで投信がだださがりして絶望しきってる状況にもw)ものすごく絶望を感じざるを得ない。
rhforeverさん [映画館(字幕)] 5点(2018-12-10 19:09:38)
51.再見。ジェームス・ディーンの遺作としても有名。
ただし、主役はロック・ハドソンやエリザベス・テーラーだろう。
時代も時代なのでテキサスにおける旧い家長制度や人種差別等もテーマで、長いけど面白い。個人的には飽きることは無かった。
ジェームス・ディーンは確かに存在感が感じられるが、あのグダグダ感が独特さを醸し出している。エリザベス・テイラーは美しく力強い。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-03-17 22:14:15)
50.分かりやすいストーリーですが登場人物の心理描写が大雑把であまりリアリティーが感じられない映画でした。ジェームズ・ディーンとエリザベス・テイラーの演技が確認できて良かったです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2014-08-28 20:52:41)
49.ジェームズ・ディーン出演(遺作)..監督はジョージ・スティーヴンス(アメリカを代表する監督)..映画ファンなら、観ないといけないと思い..でも、なかなか観るチャンスがなく..最近、やっとBS放映を、観ることができた..う~ん、期待ハズレ、だった..高評価を聞いた事がないのも、納得..重厚で、メッセージ性も強く、物語もしっかりしていて、演出、撮影も、申し分ない..でも、映画として、まったく魅力を感じない..やはり、人としての、欲深さ、業の強さ..を、あまりにもストレートに描きすぎていて..明るくハッピーな部分が、皆無..観ていて、暗く..滅入ってしまう..監督の思いが、強すぎたのだろう..残念...
コナンが一番さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2014-03-22 21:19:37)
48.うーん、見る時代が遅過ぎたかな?って感想の内容。そして長い。親たる者の良識が題材なのか、コンプレックスの無様さが題材なのか、ただ一家族の30年の歴史なのか、焦点がボヤボヤでしかも尺が長くて個人的には参りました。長いけど逆に3時間では足りないのかな?それこそNHK大河ドラマよろしく1年週1の連ドラで作ったらもっと感情移入できたかも。ただ、主役の3名様はめちゃめちゃ美しい。そして七面鳥のシーンの子役の演技は秀逸。 ケンカのシーンでの殴り方に映画の時代を感じた。
movie海馬さん [CS・衛星(字幕)] 4点(2013-11-04 18:04:25)
47.《ネタバレ》 勝手に録画されていたので観てみました、予備知識ゼロでの鑑賞、思いのほか長かった。。。ボチボチ終わるかと思ってもなかなか終わらない。すこしだら~っとしていますので、就寝前に観るには向いてなかったですね。あとから調べて分かったんですけど、小憎らしい若者はジェームズ・ディーンだったんですね、彼の作品をまともに観たのははじめてかもしれません、どことなくディカプリオをイメージしてしまいました、この作品では憎まれ役だったけど惹かれるものはありその他の作品も観たくなりました。テキサスの高度成長?を切り取ったお話で、色々とテーマが盛り込まれて楽しめました、後味も悪くない。7点としているけど、感覚的には6.5点ぐらいですかね。
ないとれいんさん [地上波(字幕)] 7点(2013-05-31 10:32:12)
46.《ネタバレ》 大作なんですが、お話が平板であまり面白くない。牧畜業から石油成金へとか、女性の政治参加とか、親の思い通りにならない子供とか、メキシコ人(というか有色人種?)への差別とか、いろいろありましたがどれも中途半端に思えます。それらを包括する「テキサス魂」というものがテーマなのかもしれませんが、どうもピンと来ませんしよくわかりません。わかったとしても、魅力を感じず共感もしないでしょう。結局、金持ちになっても孤独であったジェットの心情が、一番わかりやすく共感を呼びそうです。もっとも私は、ジェット・リンクという人物が最後まで好きになれなかったので、そういう点でもハズレでした。親と子の相克は見られましたが、あとはどうでもよかったかな。あと、主役の3人以外が没個性的で、あまり区別がつかないのもマイナス。子どもたちが、鳥が料理されちゃって大泣きする場面が一番よかった。
アングロファイルさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-01-04 17:46:14)
45.かなり不確かな情報で、今さら確認できないが、当初は、自動車産業の都市の話やベースボールの試合に勝って川に飛び込む熱狂的連中、それに、五人組の歌手グループなどの話が入っていたらしい。しかし、影のスポンサーの某新聞王から横やりが入り、それらのエピソードがボツになって、予定されてた題名も変えられてしまったとの事。当初の題名は何かって?「タイガース」
パセリセージさん [DVD(字幕)] 8点(2012-04-24 21:36:28)
44.《ネタバレ》 アメリカの中でも独特なテキサスという土地が歩んできた歴史を、女性の自立問題とかメキシコ人への差別問題なんかも絡めながらベネディクト一家の変遷を通して壮大に描いたこの映画、ちょっとアレコレ欲張りすぎな気がしないでもないけど、さすがに見応えのある超大作だったわ。 でもアタシが何気に一番新鮮に感じたのは、自立するにつれて思い通りにならなくなる子供たちに悩む普通の両親の姿を、大スターのロック・ハドソンとエリザベス・テイラーが老けメイクまでして見事に演じきってることかしら。 戸惑いながらも子供たちに新しい価値観や生き方を教えられる親の姿を、まさかこの美男美女2人が演じるとはねえ。 ってことで家族ドラマとしてもけっこうな良作だとアタシは思ったわ。 そしてジェームズ・ディーン! 石油で大儲けしても結局最後まで満たされなかったジェットの姿は、この映画が遺作となった彼自身とどことなく重なってなんだか切ないんだけど…どこか屈折したような、脆さを秘めた哀愁漂う役柄はやっぱり御手の物よね。 …勝手に複数形にしちゃった日本語タイトルはやっぱりちょっと残念…でも映画史に残る作品であることに変わりはないわね。
梅桃さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-04-24 16:52:13)(良:1票)
43.西部劇はよく牧畜業と農業の争いをテーマにしたが、その後は牧畜業と石油業との争いになったわけか。あくまで牧畜業のほうから眺めるのが、カウボーイヒーローを持つアメリカの神話なんだろう。そしていつも「時代おくれ」なんだ。ジェットは登場のときから馬でなく車に乗っていて、石油産業への方向を暗示していた。そこに「嵐が丘」のヒースクリフ的な匂いも重ねて、歴史とメロドラマを二重写しにしている。あと東部と西部の対比もあり、牛の脳をガツガツ食べる西部で育つには、七面鳥を食べられない子どもは東部の血を引きすぎていた(だから育ってもD・ホッパーになっちゃう)。東の倫理が西の差別を是正していく、ってのはちょっと鼻についたけど、50年代の映画としては上出来なのか。どちらかというと連続ドラマに向いた話で、一本の映画としてはいささか大味。妹の結婚式の誓いの場で夫婦仲が戻っていくあたりとか、ひそかに恋するレズリーの残した靴跡からブツブツと石油の気配が滲んでくるあたりなどに、映画らしさがあった。
なんのかんのさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2012-01-11 10:05:56)
42.全体がとてつもなくゆったりじっとり進行していくのに、結局は個々のキャラクターの描き分けがあまり上手くできていないので、ただ長いだけに感じてしまいます。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2011-12-27 03:19:47)
41.《ネタバレ》 単純明快かつ爽快な映画で楽しめた。登場人物がみな生き生きしていて魅力的だった。お父さんが最後レストランで殴り合いをしレストランのオーナーが額をなげるシーンよかったなー。
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 9点(2011-12-23 09:25:32)
40.長い映画だったね。お話はどちらかといえば、映画というよりはドラマ向きの内容。
もろ大河ドラマだよね。ジェームズ・ディーン、エリザベス・テイラー、ロック・ハドソンと、
三大俳優の共演で、確かに見応えはあるんだけど、この三人の役柄のキャラがみんな我が強くて、
あまり感情移入はできなかった。映像はきれいで古さは感じさせないし、演出や音楽もいい。
ジェームズ・ディーン最後の出演作か。主演というかたちでなかったのがちょっと残念。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2011-08-06 05:14:33)
39.「ジャイアンツ」?テキサスなのに「ジャイアンツ」?テキサスなら「レンジャース」だろ!と突っ込み入れたくなる。けど見て納得です。この場合の「ジャイアンツ」とは「ドラえもん」に出てくるジャイアンのようなかっこ良さ、心の大きさ=ジャイアンツ(何故ならロック・ハドソンとジェームズ・ディーンの二人の男のことを言うのである。ジャイアントが二人でジャイアンツなのだろう!)間違っても日本のどこかの球団のアホオーナー、アホ社長ではない。日本が今、ひとつになろうとして協力しようとしている時に問題発言ばかり起こす。こいつらではない。私はこの映画、タイトルからして見ないでいた。毛嫌いしていた。とにかく昔から日本のジャイアンツ(読売)が大嫌いである。ただ一文字「ツ」の字があるだけでジャイアン(剛田武)は好きでもジャイアンツなんか大嫌いである。だから今までずっとどんなに良い。良い映画だ言われても見ないでいたが、エリザベス・テイラーの訃報を聞き、借りてきた。テキサスという壮大なる舞台、日本のジャイアンツとは全く違う温かさを感じさせる映画であり、確かに長いけど見応え十分のドラマになっている。これも偏に主演のロック・ハドソンとそんなロック・ハドソンが一目惚れするのも解る良い女の象徴、エリザベス・テイラーの美しさ、ジェームズ・ディーンのエリザベス・テイラーへの愛を語る時のあの目付き、色んな意味で心に残る映画として、またこれが遺作となってしまったジェームズ・ディーン、もっと長く生きていればエリザベス・テイラーともまだまだ共演していかもしれないのにと思うと泣けてくる。今頃、天国で二人はどんな会話をしているのだろうか?まあ、色々書いたみたけど間違いなくエリサベス・テイラーとジェームズ・ディーンの代表作であることは間違いない。
青観さん [DVD(字幕)] 8点(2011-03-27 21:39:57)(良:1票)
38.《ネタバレ》 ジェームズ・ディーンの遺作にして老け役までこなしている貴重な作品。
石油を当てて大金持ちになるけど、ここでも屈折した演技が冴えています。
きーとんさん [ビデオ(字幕)] 6点(2010-07-26 00:13:28)
37.《ネタバレ》 地平線が見える美しく広大なテキサスの牧場を背景に上映時間200分を超える壮大な長編ドラマが描かれています。期待の若手俳優ジェームズ・ディーン遺作。ジョージ・スティーブンス監督は名作シェーンに続いてアカデミー監督賞受賞。挿入歌は名曲「列車は続くよどこまでも」。
獅子-平常心さん [地上波(字幕)] 6点(2010-07-18 16:39:52)
36.《ネタバレ》 今さらながら2枚組DVDで観ました。50年代半ばと言えば米国では公民権運動も始まる前ですから当時の状況を考えれば相当に先進的とも言える取組みです。話としては東部の町から種馬の取引が契機でテキサス州の大牧場主と結婚することになってしまった女性の一代記とも言えて、それを代表的な美人女優と種馬男が演ずるややコメディタッチのテキサス近代史です。東部での出会いから場面は一転して自家用寝台列車でのハネムーンで自家用の駅に乗り入れると言うおとぎ話風のタッチですが、当時のテキサスは米国に併合して間もなくで、米国の移住者と先住のメキシコ系住民とが差別の中で共存している状態で一種の植民地とも言える場所です。ここでは努力と幸運次第で牧畜や石油発掘で巨万の富を得ることができるアメリカンドリームの場所でもあり、そこで大牧場主の子供達も自分の夢を実現し、メキシコ人の貧農の息子は大戦に召集されて運悪く戦死するけれど星条旗と州旗ローンスターの下での華やかな葬儀に送られます。反抗的な使用人のジェット(ジェームス・ディーン)は僅かな遺産の土地に賭けて大石油王になるけれどかつての雇用主とのパーティでの突っ張り合いが面白い。メキシコ系住民への差別意識が大きなテーマになってはいるけれど黒人はほとんど登場せず、教会も結婚式以外にはでてきません。この映画でのディーンのイメージはディカプリオとそっくりなことに気づきました。ちょっと時間が長いけれど気楽に観られる映画です。ちなみに原題のGIANTはローンスターの州旗が示すように孤高の大テキサス州のことです。
たいほうさん [DVD(字幕)] 6点(2009-11-01 17:14:01)
35.《ネタバレ》 古い価値観が時代と共に剥落してゆく物語。テキサスの大牧場主ベネディクト家の当主ビックは美しい娘レズリーと結婚する。その未来派薔薇色に見えたが、人生は彼の思い通りには進まない。姉と妻の諍い、姉の死。妻は夫に従順に従わない女権主義者で、家の習慣を守らず使用人と仲良くしたり、村に出入りする。息子は跡を継がずメキシコ人と結婚、姉娘の夫は独立して小さな牧場主になるといい、妹娘は仇敵ジェットを好きになる。戦争で、牧場の一部をジェットに売らなくてはならなくなる。レストランでの殴りあいで、打ちのめされる。妻はその姿が「英雄に見えた」という。どういうことか?それは長年メキシコ人に偏見を持ち、差別してきた夫が、メキシコ人のために体を張って、殴りあいをしたからだ。喧嘩に負けても、真に弱いものの味方になったのだから、精神的には勝利。心の勝利者こそが人生の真の偉人(GIANT)という物語。ジェットに目を向けよう。レズリーと初対面のとき彼女はすでに結婚していた。最初から報われない恋だ。が、これは脚本のミスだろう。未婚の彼女に恋心を抱き、失恋する設定でないと、あとの物語が続かない。土地かお金か選ぶときに土地を選んだのは、レズリーの近くに住みたい気持ちがあったから。石油採掘に成功し、成金に。病院を寄付する善意も見せる。空港を作ったり、ホテルを経営したり、ビジネスの才能もある。ラズと付き合うのは、母の面影を追っているため。が、前半に彼の恋愛感情に触れる場面がほとんどないので感情移入できず。ビックが彼を嫌っている理由も不明。ジェットが石油を掘り当てたとき、ビックも採掘すればいいのに思った。当然石油が出て、邪魔できたはず。二人とも不器用な人間だ。ジェットは人生の敗者?失恋の空白を酒とお金で埋めるような生活を25年も続けてきた。だが悔い改めるのに遅すぎることはない。これから失った人生を取り戻すことは可能でしょう。ジェットを悪人として描き、最後は破滅する物語にすればインパクトがあった。少なくとも彼の苦悩をもっと描くべきでした。レズリーは村人を助ける活動をしていたが、その成果があいまい。政治にまで口を挟もうとしていたが、どうなったのか。このあたりが中途半端で、女の自立物語としてのカタルシスを得られない。また四代の物語なのにビックの父や祖父が登場しないのも未消化の原因。
よしのぶさん [DVD(字幕)] 7点(2009-09-15 08:08:26)
34.3時間以上で30年以上を一気に描いているが、長すぎもせず、展開に違和感もなく、安心して、落ち付いて見られる。年末年始に、自分を振り返るによい映画だ。
ところで、なんで、邦題「ジャイアント」じゃなくて、「ジャイアンツ」と複数形にしたんだろう。特に意味がないんだろうな。
みんな嫌いさん [DVD(字幕)] 7点(2008-12-06 10:57:03)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 53人
平均点数 6.83点
000.00%
111.89%
211.89%
300.00%
423.77%
559.43%
61324.53%
71120.75%
81120.75%
9713.21%
1023.77%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 5.25点 Review4人
3 鑑賞後の後味 5.50点 Review2人
4 音楽評価 5.66点 Review3人
5 感泣評価 5.00点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

1956年 29回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジェームズ・ディーン候補(ノミネート) 
主演男優賞ロック・ハドソン候補(ノミネート) 
助演女優賞マーセデス・マッケンブリッジ候補(ノミネート) 
監督賞ジョージ・スティーヴンス(監督)受賞 
作曲賞(ドラマ)ディミトリ・ティオムキン候補(ノミネート) 
美術賞ボリス・レヴェン候補(ノミネート)美術
美術賞ラルフ・S・ハースト候補(ノミネート)装置
衣装デザイン賞モス・メイブリー候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞マージョリー・ベスト候補(ノミネート) 
脚色賞アイヴァン・モファット候補(ノミネート) 
編集賞ウィリアム・ホーンベック候補(ノミネート) 
編集賞フィリップ・W・アンダーソン候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

1956年 14回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
監督賞ジョージ・スティーヴンス(監督)候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS