Menu
 >
 >
 > ヴェニスの商人

ヴェニスの商人

The Merchant of Venice
2004年【米・伊・ルクセンブルグ・英】 上映時間:138分
平均点: / 10(Review 28人) (点数分布表示)
ドラマコメディ戯曲(舞台劇)の映画化
[ヴェニスノショウニン]
新規登録(2005-04-15)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2015-06-05)【+】さん
公開開始日(2005-10-29
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・ラドフォード
キャストアル・パチーノ(男優)シャイロック
ジェレミー・アイアンズ(男優)アントーニオ
ジョセフ・ファインズ(男優)バッサーニオ
リン・コリンズ(女優)ポーシャ
クリス・マーシャル(男優)グラシアーノ
マッケンジー・クルック(男優)ランスロット
グレゴール・フィッシャー(男優)ソラーニオ
ロン・クック〔男優・1948年生〕(男優)老人ゴボー
アラン・コーデュナー(男優)テューバル
デヴィッド・ヘアウッド(男優)モロッコの王子
ベン・ウィショー(男優)ポーシャの使用人(ノンクレジット)
原作ウィリアム・シェイクスピア「ヴェニスの商人」
脚本マイケル・ラドフォード
音楽ジョスリン・プーク
撮影ブノワ・ドゥローム
製作ケイリー・ブロコウ
ジェイソン・ピエット
マイケル・コーワン
ルチアーノ・マルチーノ(共同製作)
製作総指揮ピート・マッギー
配給アートポート
東京テアトル
衣装サミー・シェルドン
字幕翻訳稲田嵯裕里
その他マーロン・ブランド(スペシャル・サンクス)
ダニー・ヒューストン(スペシャル・サンクス)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
28.観劇によるあらすじをほぼ忘れた状態で視聴。前半途中から思い出してきて、キリスト教徒衆へのムカつきとバカっぷりに呆れるという。現代では受け入れられない、というより公演できない内容ですね。人種問題が根深い時代、水戸黄門風の勧善懲悪の喜劇をカタルシスあふれる仕上がりにしたのはいいんじゃないでしょうか。アルパチーノはさすがですね。ポーニャさんもお綺麗でした。変装は誰でもわかるレベルでしたけどね〜。
460さん [DVD(字幕)] 6点(2017-05-15 02:14:39)
27.《ネタバレ》 アル・パチーノが迫真の演技でしたが物語は退屈であまり印象に残ってませんね。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 5点(2010-09-22 18:02:33)
26.特に何の予備知識もなく映画観ました。意地悪な映画ですね。
どいつも、こいつも、意地悪です(笑)
ぬーとんさん [地上波(字幕)] 4点(2009-09-23 06:34:36)
25.絢爛豪華と呼ぶに相応しい映像美。と言いたいところだけど、この映像の美しさに対し、出演者の面々、どーして揃いも揃ってバッチい感じ人たちばかりなんだろうか。キャスティングの段階で悪意を感じてしまいます。そして、このボソボソとした雰囲気、どうしてこうも暗いのか。まあ、シェイクスピアの原作戯曲からしてそんなに楽しい内容でも無い気がするけど(今まで読んだ喜劇の中で、楽しく読めたのは『お気に召すまま』くらいだなあ)、それにしたって、この映画、暗いよなあ。暗過ぎる。そして例によって、アル・パチーノはどんな役であろうと、映画に出れば熱く語りまくる。はいはい、わかりました、もういいからさあ。それにしても、ユダヤ人への差別を払拭しようと気を使った揚句、“要するにみんなヤなヤツ”という内容になってしまった、この『ヴェニスの商人』。次はぜひ、江戸川乱歩の通俗長編小説についても同じスタンスで映画化してもらいたい(かなり珍奇な作品になるでしょうなあ)。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 7点(2009-08-09 16:25:56)
24.《ネタバレ》 原作既読ですが、かなり忠実ですね。
原作を読んだときも感じたが、今作での物語はより一層「いじめられっ子がいじめっ子に復讐しようとしたら、よってたかって更にボコボコにされた」っていう惨めな話にしか感じられない。お前らせめて一言、犬呼ばわりしたことを謝れないのかと、金を返せなかったことを謝れないのかと。善玉のはずのバッサーニオ側の人間がロクなヤツに思えないし、人物も薄いし、判決もただの詭弁にしか思えない。担保は自分から差し出すものじゃないのか。原作にない冒頭文の挿入もあいまって、原作ほどシャイロックが悪く見えないのがポイントなんですかね。
それはさておき、パチーノの悲哀のこもった顔つきも味わえるし、演出などもしっかりしているので見やすい映画だと思います。
すべからさん [地上波(吹替)] 6点(2009-01-02 01:06:30)
23.前半は退屈だったけど、後半になって盛り上がった。
特に裁判のシーンが良かった。
裁判以降に関しては、シャイロックがどうなったのか気になって仕方なかった。
指輪とか正直どうでもいいし。
もとやさん [DVD(吹替)] 6点(2008-02-20 18:07:14)
22.《ネタバレ》 前半部分は登場人物の区別がつきにくくてやや退屈であったが、後半になってぐんぐん話しに引き込まれた。アルパチーノの存在感が大きい。ただ終盤の指輪の話は、勝ったほうがどうしようもない人々の集まりだったということを強調しただけで見ていてうんざりした。もし自分の相手がこの女性のようなことをしたらそれだけで気持ちはさめてしまいそう。
HKさん [DVD(字幕)] 7点(2007-09-23 22:09:01)
21.うーーん、舞台劇なら映えるとおもいますが映像にするとやはり??なシーンが多くて適さないとおもいますね。アルパチーノも随分入れ込んでいますが、これはむしろアクの強さが凶と出ているとおもいます。
たかちゃんさん [地上波(吹替)] 5点(2007-07-17 12:55:08)
20.シャイロックがただの哀れな老人に見えるのは、世界にはびこるユダヤ人社会への配慮なのかと勘繰ってしまうよ。
mimiさん [映画館(字幕)] 5点(2007-05-21 23:03:58)
19.良い映画なのかもしれませんが、私は原作を読んだことがなく、ユダヤ人差別が理解できず、シェイクスピアの格調高さもわからないので、ただ退屈で不快なだけでした。●無理な約束はするもんじゃない、●嫌いな相手にもひどい仕打ちをするもんじゃない、●いつ誰が聞いているかわからないので軽口はつつしめ、●結婚相手は慎重に選べ、等のご教訓映画のように見えました。
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-11-30 14:40:21)
18.アルパチーノの演技が良い。
あしたかこさん [DVD(字幕)] 6点(2006-10-28 04:34:58)
17.詩的で大げさで時代がかったセリフがいい感じ(字幕を追うのに苦労しましたが)。アル・パチーノ主演でなければけっして観なかったと思いますが、やっぱりアル・パチーノで正解でした。これを観た人の多くがそうだと思いますが、私もシャイロックに同情し、肩入れし、ラストで1人佇む姿に涙しました。万人を敵に回してなお憎悪をむき出しにする闘争心。老いてなお圧倒的な存在感。その姿は美しすぎます。負けて絵になる男が憎い。
眉山さん [DVD(字幕)] 7点(2006-10-28 01:08:53)(良:1票)
16.《ネタバレ》 映画を観終えるまでにもう「何この映画」と筋をわかっていて観てるのに、

ばからしいと怒っていた私ですが・・

この映画は観方を変えないとだめかもしれない。

余韻の残るラストでは観客に問いかけているのだから・・

常識とは何ですか?

あなたはどこの国のいつの時代の人なのですか?

考えてみよう・・

よーく考えればこの映画はかなりツボをついている。

原作が作られた時代やシェイクスピアが反ユダヤだということを。

その目で観ればシャイロックは悪であり、

日本で言えばまあ悪代官を水戸黄門や一休さんが懲らしめた。

そういう風刺のコメデイなのだ。

原作をわかってはいるのに・・

何で友達にツバを吐くの?

何でお金を貸すのに利子をつけるの当たり前でしょ?

とかとか・・時代錯誤な観客(爆)

ユダヤ人が差別され金貸し業しかさせてもらえなかったから、

今の金融業があるというのは皮肉じゃないですか(苦笑)




今の時代ならどう取ればいいのか?

それこそ、

そのころはキリスト教徒はこうでしたと風刺しており、

笑えないコメデイになってしまう。

それは原作そのままのセリフが今の時代にミスマッチしているから。

「キリスト教に改宗しろ」このセリフを聞いたとき怖くなった。

そしてミスマッチは実はマッチしているから怖いのだと思った。

世界がローマだけではなくなった今、

かなり笑えないと思うんですが・・

ある意味意義のある作品なのです。



アルメイダさん [DVD(字幕)] 5点(2006-09-21 06:51:16)
15.初めて、こんな点数つけてしまった。。けれど、この映画、とゆうかストーリー、ちょっと認められへんなぁ。映画見て、おもしろくなかった、とか、それはないわ~、とか色々否定的な感想もったコトはあるけど、ここまで、怒りにも近い感情を抱いたことはあらへん。改宗って。。この点はここまで肩をもたせたアルさんの演技力に。。
小星さん [DVD(字幕)] 2点(2006-08-12 05:14:01)
14.《ネタバレ》 確かに芸術的にはすばらしいと思います。アル・パチーノの最後の姿なんか中世の絵画みたい。だけど、私にはなんか合わないみたい。原作を知ってから見た方がいいんだろうか?原作漠然としか知らないし、その時代には仕方ないとは思うんだけど、普通に歩いている人に唾をかけるってのが、もう生理的にダメ。大体、人から金借りて利息とるのが悪だなんて・・・。『友達から利息を取らない』ったって友達は唾とか吐き掛けないと思うんですが・・・。
さらさん [DVD(字幕)] 4点(2006-07-31 14:59:26)
13.本当のシャイロックっていうのは残忍でどーしよーもない人間だったんだけど、時代がそれを変化させて残忍でも哀れさや優しさを含んだシャイロックを作った。1900年初頭にフランク・ベンソンが舞台で演じたシャイロックがいい例か。戦争前なのでユダヤを色濃く表現してますが、戦争後、ユダヤを表現するとどうだろか。演技力より新たなシャイロックを作った脚本家を褒めたいな。
M・R・サイケデリコンさん [DVD(字幕)] 7点(2006-07-11 10:01:09)
12.《ネタバレ》 話の展開、内容はとてもおもしろかった。しかしアルパチーノがあまりにも可哀想でした。
ホットチョコレートさん [DVD(字幕)] 6点(2006-06-04 19:44:45)
11.この映画を「シェイクスピアの戯曲」と関連づけないで観ればとてもいい映画です。原作は喜劇でこの映画は悲劇になってますよね。なので、喜劇として観るとあてはずれ。今、ヴェニスの商人を映画化しようとすればこういう形でしかできないのでしょうね。それでも、映画としては大変良いできですし、台詞も設定も原作とほとんど変わらないのに、配役・演技や音楽・光などの効果で喜劇の戯曲も悲劇に変わってしまうんですね。映画というのはほんとうに奥が深いなあと、原作が有名なだけに感じてしまう作品でした。
ひよりんさん [DVD(字幕)] 8点(2006-05-07 17:33:14)(良:1票)
10.《ネタバレ》 う~ん…、まあマジメに映像にしたらこうなっちゃうかなあ、という作品でした。個人的な見解ですが、シィクスピアの作品ってのは、その甘ったる過ぎる言葉回しに酔わされながらみるもんで、今作ではそれが控えめ過ぎたと思います。内容だけとってみればおとぎ話以下ですし、こういう理不尽な人種差別について理性的な対応が求められるようになった現代では「シャイロック可哀想!」な作品なら誰でも撮れるでしょう。それを如何に全体のバランスを保ちながら喜劇として描くのかと期待を持って観にいったんですが正直安易な方向に逃げちゃったね、という感じでした。
bizenさん [映画館(字幕)] 4点(2006-05-05 00:08:24)
9.《ネタバレ》 アル・パチーノとジェレミー・アイアンズの演技が素晴らしく、裁判のシーンが見所だった。ただそれ以外はシーンも登場人物も平凡。求婚のシーンなどもたいして面白くなく、長く続くので飽きてしまった。女優たちの印象も薄い。
シャイロックに同情しながら見ていたので後味はとても悪かった。最後の指輪が云々のシーンなど、どうでもよいのでイライラしながら見ていた。原作もこんなにイライラする話なのか?そのうち読んでみようと思う。
トマトマートさん [映画館(字幕)] 6点(2006-04-06 00:26:29)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 28人
平均点数 6.04点
000.00%
100.00%
213.57%
300.00%
4310.71%
5414.29%
61035.71%
7517.86%
8517.86%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 7.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 6.50点 Review2人
4 音楽評価 7.00点 Review2人
5 感泣評価 Review0人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS