フィクサー(2007)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > フィクサー(2007)
 > (レビュー・クチコミ)

フィクサー(2007)

[フィクサー]
Michael Clayton
2007年【米】 上映時間:120分
平均点:6.25 / 10(Review 61人) (点数分布表示)
公開開始日(2008-04-12)
ドラマサスペンス犯罪ものミステリー
新規登録(2008-01-09)【マーク・ハント】さん
タイトル情報更新(2017-07-02)【TOSHI】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・ギルロイ
キャストジョージ・クルーニー(男優)マイケル・クレイトン
トム・ウィルキンソン(男優)アーサー・イーデンス
ティルダ・スウィントン(女優)カレン・クラウダー
シドニー・ポラック(男優)マーティ・バック
マイケル・オキーフ(男優)バリー・グリッソム
デニス・オヘア(男優)ミスター・グリーア
ケン・ハワード〔男優・1944年生〕(男優)ドン・ジェフリーズ
デヴィッド・ザヤス(男優)刑事 ダルベルト
フランク・ウッド(男優)マイケルの元妻のパートナー ジェラルド
ジュリー・ホワイト(女優)ミセス・グリーア
オースティン・ウィリアムズ(男優)ヘンリー・クレイトン
ダグラス・マクグラス(男優)ジェフ・ギャフニー
トーマス・マッカーシーウォルター(電話の声)
小山力也マイケル・クレイトン(日本語吹き替え版)
菅生隆之アーサー・イーデンス(日本語吹き替え版)
日野由利加カレン・クラウダー(日本語吹き替え版)
塚田正昭マーティ・バック(日本語吹き替え版)
魚建バリー・グリッソム(日本語吹き替え版)
小林由美子ヘンリー・クレイトン(日本語吹き替え版)
檀臣幸ミスター・ヴェルヌ(日本語吹き替え版)
伊井篤史(日本語吹き替え版)
脚本トニー・ギルロイ
音楽ジェームズ・ニュートン・ハワード
編曲ブラッド・デクター
撮影ロバート・エルスウィット
製作シドニー・ポラック
ジェニファー・フォックス
ケリー・オレント
製作総指揮スティーヴン・ソダーバーグ
ジョージ・クルーニー
アンソニー・ミンゲラ
ジェームズ・A・ホルト
配給ムービーアイ・エンタテインメント
特撮ランドール・バルスマイヤー(視覚効果スーパーバイザー)
美術ケヴィン・トンプソン[美術](プロダクション・デザイン)
ジョージ・デ・ティッタ・Jr(セット装飾)
編集ジョン・ギルロイ
その他ブレイク・ニーリー(指揮)
あらすじ
巨大法律事務所の腕利き弁護士マイケルは、今は第一線を外され「掃除屋(フィクサー)」という事務所の裏の仕事を任されていた。そんなある日、私生活での失敗もあり追い詰められていた彼に対して、ある大企業に対しての集団訴訟を担当していた同僚弁護士アーサーが、精神を病み奇行に及んでしまったという事態の後始末をしろとの命令が下される。アーサーの行為の背景にある真実を知った彼は…。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
61.なんの予備知識もなく機内上映で鑑賞。とにかく先の読めない映画で、そこを面白いと思えるかどうかで評価が割れそう。私は楽しめましたけど。ティルダ・スウィントンのオスカーは納得。余計な演技をしなかったクルーニーも偉い。映画の肝ですね。ところで「鑑賞環境」の選択肢に、機内上映がないのはなぜかしら。
Gioachinoさん [DVD(吹替)] 7点(2018-01-08 22:30:05)
60.《ネタバレ》 2016.02/21 鑑賞。プロローグが本編と全く関係ないように感じるが主人公の仕事への向かい方、性格等の描き方であれば粋がり過ぎ。一番理解できないのがドライブ途中の朝空けの平原の中で馬に魅せられ車から降り、一命が助かるシーンも必然性を全く感じないしただの偶然では面白くない。理解不足か? 《 ↓での説明には気付かずだった。最近は年齢の所為にしてますが洋画は一度の鑑賞では理解出来ず見落としも多く情けないです。でも映画の評価は直感的で良いと思うので・・。》
でも好きな上司のために自ら殺人に関与し犠牲になっていく女性を描くのは珍しい気がした。やはりアカデミー助演賞受賞は納得。
ご自由さんさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2016-02-22 18:31:48)
59.《ネタバレ》 黒幕というより揉消し屋のお話で、緊張感は最後まで切れない。揉消し屋であるはずの主人公が交通事故揉消し依頼の顧客に投げやりな態度で接する。車を止めて丘の上の馬を見にいったら絶妙なタイミングで車が爆発し命は助かる。「何じゃこれ?」の冒頭だったが、4日前に遡って見せられて主人公の態度にも納得。馬の絡みも主人公の息子が殺された同僚弁護士に進めた本の挿絵が伏線になっていて、よく練られた脚本に納得。大企業の法務部本部長という地位にプレッシャーを感じて功を成すために必死な女が、失敗を恐れるあまり殺人依頼までしてしまう。その怖くて痛い女を演じた女優さんのオスカーにも納得。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2015-12-13 01:15:41)
58.《ネタバレ》 ほかの方々が書いているように、ストーリーがよくわかりません。吹き替えで見たからわからなかったのかもと書いた人がいますが、私は字幕で見てもよくわかりませんでした。
ジョージ・クルーニーが全体的にテンションが低く(感情の起伏がなく)、困っているのか焦っているのか恐いのか喜んでいるのか悲しんでいるかが全然わからず、見ているほうとして、どう受け止めていいかとまどいます。ジョージ・クルーニーの演技力のせいではなく、映画全体が同じような感じ。おそらくそういう演出なのでしょう。だからラストの場面を見ても「してやったり」という感じがせず、もやもやしたまま終わります。なんか見たのが時間の無駄だったなと感じました。
チョコレクターさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2015-12-11 14:02:11)
57.《ネタバレ》 重厚だが、急転直下の結末にやや戸惑う。「フィクサー」(もみ消し屋)は原題ではないことが重要であって、原題は主人公の固有名(フルネーム)だ。つまりアイデンティティは、フィクサーという濁った、底なしに相対的な役柄にではなく、あくまで主人公自身にあり、「ピュアで絶対的な」ものによる、逆転の結末というわけ。
ひと3さん [DVD(字幕)] 7点(2014-11-03 17:02:34)
56.それなりに緊張感が持続していて、それなりに楽しめました。しかし、他の方も指摘しているとおり、草原の馬のシーンがどうしても解せない。なぜ草原に向かったのか(けっこう焦って運転していたような)、なぜ途中で停めたのか(そこが目的地だったのか)、馬に何の意味があるのか(シカやイノシシではダメなのか)、なぜ都合よく爆発したのか(偶然?)等々、疑問だけが残ります。しかも終盤で同じシーンが繰り返されるにもかかわらず、疑問には何一つ答えてくれません。だから逆転劇が繰り広げられても、カタルシスはなし。モヤモヤ感だけが残ります。日本映画によくあるように「詳しくは原作を読め」ってことですかね。
眉山さん [インターネット(字幕)] 5点(2013-12-10 02:21:57)
55.《ネタバレ》 単純なお話のはずなのになかなか頭に入ってこない。吹き替えで観たからなのか、字幕で観た方が理解しやすかったのかもしれない。結局フィクサーらしい仕事を見ることはなかったですね。
いっちぃさん [地上波(吹替)] 6点(2013-11-16 13:24:02)
54.《ネタバレ》 地味で先が読めるベタなシーン(最後、女性をゆすってハめる)も少々あるが、映像の演出で素晴らしい映画。特に暗殺者のスタイリッシュな動き、時間軸をずらすのも一回と敢えて外すのがいい。馬のシーンは何かのめんどいメタファーなんだろが、それも気にならないほどハマりました。
カップリさん [DVD(字幕)] 8点(2013-08-13 18:09:09)
53. こちらの理解力が足りないのか、内容が難しいのか、ストーリーが頭に入ってこない作品でした。
海牛大夫さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-28 21:43:38)
52.《ネタバレ》 アメリカ大企業の暗部をテーマにした社会派サスペンス。無論、派手なアクションとかもなく淡々とストーリーは進んでいくのだけど、それでも練られた脚本のおかげで最後まで飽きさせずに観ることが出来た。そして、最後、家族の幸せをとるか、それとも正義をとるか、主人公は重たい選択を迫られる。そして、恐らく、極限まで思い悩んだだろうジョージ・クルーニー扮する主人公が、それでも自分の下した結論にむしろ満足気な晴々とした表情を見せるラストはとても感動的だった。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 7点(2013-04-24 19:01:54)
51.どういう話なのかよく分からなくなりました。
Kさん [DVD(吹替)] 4点(2012-07-16 11:23:59)
50.最初っから最後までそこそこ集中して観れる力の入った映画
 
おもしろい
 
しかーし あまりに訴訟大国的な映画でなんとも黒い
 
ラストもなんか 黒い
 
賞をいっぱい取ってるのもなんか 黒い
 
ホントに黒い人たちはもっと黒くて あんなトンマな悪役ではないんだろな 
あーーーーーーこわっ おーーーーーーーーこわっ
おでんの卵さん [DVD(字幕)] 8点(2011-06-26 10:57:15)
49.《ネタバレ》 プレッシャーに負けておかしくなっちゃうトム・ウィルキンソンを観てると、『ネットワーク』のジョン・フィンチを思い出してしまいました。主役三人ともレベルの高い演技なので安心して観れましたし、あまり奇をてらっていない脚本も良かった。ティルダ・スウィントンも単純な悪女としてではなく、上昇志向に負けて自分でも信じられない様な悪事に走る弱い人間として描かれているところがポイントであろう。ただ、この手の企業悪を暴く題材は、そろそろ食傷気味であることも確かです。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-02-23 22:01:44)
48.《ネタバレ》 良い映画でした。吹き替えと字幕と繰り返し観たのですが、なかなか練られていますよね。見事だと思います。最後のマイケルの逆襲もかっこ良すぎですよね、そのシーンだけでも巻き戻して観てしまったくらいです。家ではそうゆう観方ができるのがいいですね。
sava1100さん [DVD(吹替)] 6点(2011-01-29 17:46:21)
47.《ネタバレ》 ○1度見ただけではすべて理解しかねる。また見てみたい。○ジョージ・クルーニーがかっこよすぎる。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-23 09:54:30)
46.悪くは無いんだが、とことん地味。そんな印象。
のははすひさん [DVD(吹替)] 5点(2010-09-25 01:01:34)
45.結末ではクルーニーができすぎ。
HRM36さん [DVD(字幕)] 7点(2010-07-08 08:45:47)
44.ちょっと内容のわかりずらい映画です。主人公がやばい仕事をしている、というのはわかりましたが。ジョージ・クルーニーは相変わらず格好良いです。
lalalaさん [DVD(字幕)] 6点(2009-12-25 16:23:36)
43.《ネタバレ》 冒頭の数十分は何が起きているのかよく分からず、分からないままに明るくなりつつある夜明けの空をバックに美しい馬が登場し男前の主人公が車から降りて馬に近づくと車が爆発という実に謎めいたシーンが映し出され、ここで唐突に過去シーンへと変わる。この冒頭シーンが再登場するのは映画が終わりに近づこうとしている頃であって、結果から言っちゃうとここから主人公はようやく戦うことを決心するというか、せざるを得なくなるわけで、かと言ってここから映画が始まるわけではもちろんなく、この後あっという間に終わってしまうわけである。要するに映画の大半で主人公はどっちつかずの曖昧な立場にいる。曖昧な立場でいる様々な理由がこの映画のほとんどを飾る。金とモラル、組織の中の一人であることと一人の人間であること、そして父親であることの間で揺れる主人公。たしかにそれらの葛藤はじゅうぶんにドラマとなる。だけど退屈なのだ。冒頭の爆発シーンのせいでいらぬ期待を抱いてしまっているせいだ。あれが無ければこの主人公の決断にいたる過程を楽しめたのではないだろうか。殺し屋登場の乾いた恐怖感はもっと増していただろうし、何よりも謎を共有する主人公にもっと共感できたであろう。脚本家ギルロイ、脚本に溺れる。そんな感想を持った。ティルダ・スウィントンが光っていた。
R&Aさん [映画館(字幕)] 6点(2009-11-09 17:08:16)
42.《ネタバレ》 人物の相関図がほんとややこしくて、2度見てどういうドラマかやっと分かった。 だけど、アーサーの長々としたセリフが、かなりすごい。たくみに、狂人のたわごとに見せかけていながら、実は、恐ろしい事実をちゃんとしゃべっているという、このセリフマジック!「天才と狂人は紙一重」という真実を利用して仕掛けた伏線だったとは。一度全ての事情を完全に掴んでしまってから、つまり、アーサーは、「躁うつ病だった」という先入観を完全否定してから、改めて再度視聴すると、アーサーの全セリフが、面白いほどすらすらと解読できてしまう。この感覚は、急に暗号が解けて文章が解読できるというか、全く聞き取れなかった英語が、突然日本語になって耳の中に飛び込んでくるというか・・・・・・。と同時に、急にマイケルにイライラしてくる。「何て鈍いフィクサーだ、必死でアーサーが説明しているのに」と。(でも、最初は私も確かにマイケルと同じ立場だった) 一度先入観が解けてしまうと、二度とアーサーの支離滅裂ぶりを味わえない。一言一句、まともに聞こえてしまう。では、なぜ一度目の視聴のときに、彼の演技が本物の躁うつ病に見えたかというと、「彼はふだんから薬を処方されていた」という設定があったから。マイケルはしつこいほど、「薬を飲め」「薬を飲むのをやめるときは」と強調する。これは脚本家の巧みなテクだと思う。2度目の視聴ではっきり分かる。アーサーが自分で壁に書いていたように、彼は精神など病んでいない、と。それにしてもトム・ウィルキンソン、台本を見て卒倒しなかったろうか、そう状態でしゃべるセリフだから、饒舌になるのも無理ないけど、古畑任三郎どころじゃない早口で、何ページ分もの量を一気にしゃべる、あれは撮影も、声優さんも大変だったんじゃないかと。クルーニーの相槌のタイミングがちょっとでもずれてNGが出たとしたら、そのときのトムの落ち込みようが目に見える(笑)。また、この作品は二度失笑するシーンがあった。1つ目は、アーサーが「フル・モンティ」のジェラルドよろしくいきなり服を脱ぎ出したとき。2つめは、「オーシャンズ11」の時限爆弾のドジを彷彿させる殺し屋たちのミスで、クルーニー自身が命拾いをしたこと。(オーシャンズではクルーニーがドジったのだった)「フィクサー」はコメディではない、と言い聞かせながらも、つい笑ってしまった。
tonyさん [DVD(字幕)] 10点(2009-09-28 23:59:32)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 61人
平均点数 6.25点
000.00%
100.00%
211.64%
300.00%
469.84%
51422.95%
61422.95%
71321.31%
8813.11%
946.56%
1011.64%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.80点 Review5人
2 ストーリー評価 6.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 7.33点 Review3人
4 音楽評価 5.33点 Review3人
5 感泣評価 3.50点 Review2人
chart

【アカデミー賞 情報】

2007年 80回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ジョージ・クルーニー候補(ノミネート) 
助演男優賞トム・ウィルキンソン候補(ノミネート) 
助演女優賞ティルダ・スウィントン受賞 
監督賞トニー・ギルロイ候補(ノミネート) 
脚本賞トニー・ギルロイ候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジェームズ・ニュートン・ハワード候補(ノミネート) 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2007年 65回
作品賞(ドラマ部門) 候補(ノミネート) 
主演男優賞(ドラマ部門)ジョージ・クルーニー候補(ノミネート) 
助演女優賞ティルダ・スウィントン候補(ノミネート) 
助演男優賞トム・ウィルキンソン候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS