Menu
 >
 >
 > 私は貝になりたい(2008)

私は貝になりたい(2008)

2008年【日】 上映時間:139分
平均点: / 10(Review 29人) (点数分布表示)
ドラマ法廷もの戦争ものリメイクTVの映画化
[ワタシハカイニナリタイ]
新規登録(2008-06-16)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2017-12-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-11-22
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督福澤克雄
尾上克郎(特撮監督)
キャスト中居正広(男優)清水豊松(理髪店の主人)
仲間由紀恵(女優)清水房江(豊松の妻)
柴本幸(女優)敏子(房江の妹)
西村雅彦(男優)根本(薬屋・町内会長)
平田満(男優)三宅(郵便局長)
マギー(1972年生まれ)(男優)酒井正吉(豊松の友人)
武田鉄矢(男優)武内(町役場職員)
伊武雅刀(男優)尾上中佐(大隊長)
名高達男(男優)足立少尉(小隊長)
武野功雄(男優)木村軍曹
六平直政(男優)立石上等兵
荒川良々(男優)滝田二等兵
織本順吉(男優)松田老人
金田明夫(男優)刑事
浅野和之(男優)通訳
梶原善(男優)折田俊夫
片岡愛之助(六代目)(男優)日高大尉
中島ひろ子(女優)折田の妻
泉ピン子(女優)折田の母
笑福亭鶴瓶(男優)西沢卓次(死刑囚)
草彅剛(男優)大西三郎(死刑囚)
上川隆也(男優)小宮(教誨師)
石坂浩二(男優)矢野中将(中部軍司令官)
森田順平(男優)米軍通訳
原作加藤哲太郎(遺書・原作・題名)「狂える戦犯死刑囚」
脚本橋本忍
音楽久石譲
編曲小林武史「花の匂い」
Mr.Children「花の匂い」
主題歌Mr.Children「花の匂い」
製作東宝(「私は貝になりたい」製作委員会)
朝日新聞社(「私は貝になりたい」製作委員会)
TBS(「私は貝になりたい」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「私は貝になりたい」製作委員会)
毎日放送(「私は貝になりたい」製作委員会)
ジェイ・ドリーム(「私は貝になりたい」製作委員会)
プロデューサー濱名一哉(エグゼクティブ・プロデューサー)
配給東宝
美術清水剛
三池敏夫
衣装黒澤和子(衣装デザイナー)
編集阿部亙英
録音武進
照明木村太朗
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
29.《ネタバレ》 私は貝になりたい、こんな言葉を発する人間はどんな心境なんだろう。だりーなー、猫になりてーなーってな感じでは絶対ないと思うけど。例えば、僕は昔、死ぬのがものすごく怖かった。死後の世界などないし、生まれ変わることなどなくて、人間は死んだら、そのままいなくなるだけ。じゃー、今ある、この自分の意識はどーなっちゃうの?無になるって、意識が完全に消滅するって、考えれば考えるほど怖い。今ある、ちょっとした幸せとか思い出とか全部が消えて、完全に一人ぼっちの孤独で、消えていく。そんなことを突き詰めて考えていくと、いっそ、こんなことなら、生まれてこなきゃ良かった。そしたら最初から存在しないし、死に恐怖を感じることもないってゆう思考が、一瞬、頭をよぎったりした。貝になりたいって、それにちょっと近いのかなー。そんな気分で映画鑑賞。さて、この映画、映画の題材に対して、配役がちょっとポップ過ぎるとゆう評価をよく聞くけど、僕は逆にこの配役で良かったと思っている。なぜなら、それによって、映画の絶望感が少し中和されているから。この映画のストーリーだけを追うと、かなりきつい。主役は希望⇒絶望の繰り返しだ。やっと幸せになれそうと思ったら赤紙、で、戦争で生きて帰ってこれて、これでよーやく幸せになれそうと思ったら逮捕、で、なんとか死刑だけは免れたと思った矢先に死刑宣告、で、減刑だ、やったーって思って移動したら、24時間後に死刑。これは普通の絶望より数段レベルの高い絶望だ。それは例えて言うなら、彼女が最初からいないのと、彼女が出来てから、その彼女がいなくなるくらいの差がある。ちょっと違うか。こんな絶望的なお話、過酷すぎる感じでやられたら、僕的には精神衛生上とても良くない。もう観てられない。でも、中居くんや仲間由紀恵がやることで、演技がんばってるなーとか、きれいだなーとかってゆう余計なノイズが逆に救いになる。例えば、初めて死刑宣告された時、もう酷すぎて、きついんだけど、その部屋に草薙くんがいることで、そのスマップ力に、ちょっとだけ心強い気分になれる。ただ、それを凌駕するほど、クライマックスの中居くんの表現は凄かった。絶望のはてに狂気が宿る感じがこっちに伝わってきた。それによって、貝になりたいってゆう強烈な世界否定、自己否定の感情がちょっとだけ理解できた気がした。助かったーって思ってからの、死刑発動。この怖さ、この絶望感、狂気的な感じ。それが中居くんのあの目、あの動き、あのしゃべり方のなかに垣間見れて、鑑賞後、トラウマ的に引きずってしまった。きっと、こーゆう人がこんな境遇になったら、貝になりたいってゆうかもって、ちょっと想像できてしまった。そして、その手紙を後々、豊松の家族が知ることになることを想像すると、欝だ。果てしなく欝。そんな映画でした。
なにわ君さん [DVD(邦画)] 10点(2016-11-17 12:38:47)
28.《ネタバレ》 豊松には同情してしまいます。
何故ならそう描かれているからです。
子供の頃から貧乏で、足に障害を持ちグズだと言われ、身籠の妻と駆け落ちしてやっと小さな店を出したら軍に招集され、帰ってきたら刑務所に入れられ、二人目の娘には金網越しにしか会えず、SMAPなのに歌が下手で、最後には死刑になってしまいます。
製作者はそんな豊松への慈悲を感じて欲しかったかといえば、そうではない様な気がします。
大北山での出来事は背景や感情も含めるとかなり複雑です。
当時の日本はジュネーブ条約の捕虜に関する条項には批准していないので、矢野中将の「適切な処置を行え」という命令からしてあやふやですから、豊松までの間に入った士官達の命令責任も問えなくなりますし、「上官の命令は陛下の命令」としているならば、天皇陛下まで責任が及ぶことになってしまいます。
豊松の行動も「上官の命令は絶対」と言っているので銃剣が右腕をかすめたのは結果であって、受動的にせよ殺意はあった事になります。(それとは関係なく捕虜が死ぬ事も複雑にしています)
この様に戦時中の陸軍の軍規に沿った出来事を戦後の戦争裁判(これ自体の賛否は省略します)で裁く事には無理が生じますが、それによって齎される軍国主義との決別と民主主義の到来を望んでいたのは、豊松の様な貧しい庶民であった筈です。
しかし、民主主義の基本的人権と法の下の平等を享受するには個人の行動に対する責任という代償が必要になります。
作中ではほぼ冤罪とも取れる罪に死刑という極端な表現をしていますが、製作者は、軍隊というヒエラルキーの中でさえ「責任」を有耶無耶にした日本人に戦勝国による戦争裁判で一様のけじめは着けられた様に見えるが、自らが総括もしないで今日に至っている私達に、出生や環境、個人の能力に関係なく与えられる人権や平等に対する個人の行動の責任の重さを理解しているのか、と問いている様に思えました。
人が社会の中で牛や馬ではなく人として生きるには人権が必要です。
人権を含む民主主義を主張する事は、個人としての行動の責任が伴います。
しかし、責任を負わずに生きる方法は有ります。
社会システムの外で生きるという事です。
深い海の底で誰にも干渉されず誰も干渉せずに、貝のように生きるということです。
しってるねこのちさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-04-25 18:07:32)(良:1票)
27.《ネタバレ》 導入部は想像していたよりは良かったのですが、中盤までがあまりにもとんとん拍子に進んでしまい、しかも裁判のシーン以降は、今度はやたらテンポが悪くて緩すぎる。署名集めの下りなんて、仲間由紀恵の登場時間を稼ぐ以外に何の意味があったんでしょうか。そして、やはりそうなってしまいましたか、美術やメイクの安っぽいピカピカ・ツルツル具合が、作品の崩壊に輪をかけています。
Oliasさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2014-04-25 02:02:42)
26.なんか役者達が皆小奇麗だし、演技も軽いので、テーマの重たさがあまり伝わってこない。逆にCG技術が良くも悪くも目立つ。21世紀に戦争をテーマにした作品を製作する難しさを感じた。
東京50km圏道路地図さん [DVD(邦画)] 4点(2014-02-04 12:47:51)
25.戦争の異常さを戦後から描き、よく伝わりました。
nojiさん [地上波(邦画)] 6点(2013-06-24 23:54:42)
24.シナリオに関しては問題なく、オリジナル同様、重厚な内容の作品には仕上がっている。
中居君はがんばっているなという印象は受けたものの、バラエティ-番組の司会のイメージが強くて、かなり鑑賞の邪魔になった。
音楽自体はとてもいいんだけど、全般的にとにかく大きくてうるさい。物語に集中できず、イラッとするときが。
オリジナルと見比べてみるのも面白いかも。
MAHITOさん [地上波(邦画)] 4点(2012-12-07 04:08:22)
23.《ネタバレ》 なかなか見所がありました。戦争はたくさんの人々にたくさんの影響を与えたことを改めて思い知らされました。やはり二度と繰り返してはならないのです。近頃の日本の外交政策を見ていると不安になってしまいます。
いっちぃさん [地上波(邦画)] 7点(2012-09-15 14:18:54)
22.切実さが伝わってきて、なかなか良かったと思います。
もんでんどんさん [地上波(邦画)] 6点(2012-09-03 14:23:29)
21.《ネタバレ》 そもそも所さんのバージョンのものを観たことがあったので、ストーリーそのものは知っていました。
その所さんバージョンと比べると大体、同じような感じだった気がします・・。20年近く前のものなんで曖昧かもしれませんが・・・。
演技面では、やはり所さん、田中美佐子バージョンの方が個人的には好きです。
中居くんは、これまでの映画、ドラマの中ではマシな部類でしたが、やはり表情作りすぎる癖があるので正直どの役を演じていてもいつもやりすぎにみえてしまう。
仲間由紀恵にいたっては、キャリアを重ねれば重ねるほど下手になっていってないか?と思います。要するに二人とも「演じてます!!」ってオーラを出し過ぎで醒めてしまう。
嘆願書集めるのに土佐に住んでる人が何故雪山を・・?等々、演出もやりすぎだと思います。
バニーボーイさん [地上波(邦画)] 5点(2012-08-18 23:25:33)
20.多くの方がおっしゃられる様に監督の力量が足りなかった様に感じました。中居さんの演技もアノ『模倣犯』のイメージが強く(笑)、始めは怪訝に拝見し始めましたが、なかなか良かったですよ。最近のドラマでも素晴らしい演技をされていました。ハンサムな役より癖のある役の方がお上手な様です。映画としては俳優陣も映画全体の雰囲気も小綺麗にされ過ぎていて、この時代の絶望感が感じられなかった。それはやはり監督さんや演出の方の責任かと。ストーリー自体は有名なお話なので、理解しながら観ましたが、戦争の愚かさ物悲しさが有りますよね。
movie海馬さん [地上波(邦画)] 6点(2012-08-15 21:41:52)
19.《ネタバレ》 公開時にはSMAPの起用が批判の対象とされましたが、中居君の演技はかなり良かったと思います。絶望のあまりもぬけの殻になった草彅君の演技も良く、両者ともこの企画に必要な力量は十分に発揮しています。問題なのは監督の演出が平凡だったことで、いくつもの場面で日本映画の悪いクセがドバっと出てしまっています。記号のようなオーバーアクト、「ここで感動してください」と言わんばかりに高鳴る押し付けがましい音楽、外国人俳優の安っぽい演技、監督の力量次第でどうにでもなった部分に多くのほころびが見られます。あと最悪だったのがエンドロールに流れるミスチルによるテーマ曲で、絶望のあまり愛する妻子を思うことすら面倒になってしまったという豊松のモノローグの後に「会いたい、伝えたい」という内容の歌を流すだなんて、一体どんなセンスしてるんだと唖然となりました。お話は良い、役者も良いんですから、監督ももうちょっと頑張りましょうよ。
ザ・チャンバラさん [DVD(邦画)] 4点(2011-05-09 22:30:32)
18.《ネタバレ》 中居の出演は個人的に悪くはないと思う。実際、過去の作品もフランキー堺、所ジョージと喜劇の世界の人間を配しているし、普段のイメージがあるからこそ、ラストの悲しさが際立つんだと思う(多くの反感を食らったのは、宣伝の仕方が悪いからでは?)。まあ確かに歌うシーンはちょっと失笑ではあったが……。たが演出や脚本に関しては特に不満はない。草彅が処刑されるシーンは背中に哀愁を漂わせていて良かったし、石坂浩二が米兵に向けて演説するシーンは深い感銘を受けさせてもらった。ラストに階段を上がるところを始めとして、心にズーンと重い石を落とされた気分になった。細かい点に違和感があるのは否めないが、戦争を真正面から描いた良作だとは思う。
ドラりんさん [DVD(邦画)] 7点(2009-09-22 00:46:38)
17.《ネタバレ》 しっかりと良心的に作られていて、出演者たちに別に浮ついたところもない。これにそうとう低い評価を与えるのは、観る前からなにか別のものを求めていたのじゃないか、としか思えない。戦中も戦後も、理不尽さに翻弄される一介の庶民。調べてみると、話の結末は脚本家の創作で、実際に処刑された二等兵はいなかった、というのが唯一の救い。焼け跡の都市のCGが巧みでした。
goroさん [DVD(邦画)] 8点(2009-09-19 04:05:44)
16.《ネタバレ》  観賞後に、このサイトの評価が低いのを知って意外に思いました。
 よかったんじゃないですか? 邦画で2時間を超えるのに、これほどアッと言う間に終わったのも久しぶりです。
 スマップの出演している映画を批判するレビューをよく見かけますが、彼らは、それなりに場数をこなしているせいか、私的に今回の中井君は、とても感情移入できました。
 でも、草なぎ君と共演させるのはNGだと思います。普段バラエティーやってるのに、ここで絡ませちゃ駄目でしょう?
 急に現実に戻されてしまいました。
 「この二人、きっと撮影の合間は、笑いながら豪華な弁当とか食ってるんだろうな」なんて思ってしまいました。一人は酒飲んで公園で全裸になっちゃってるし…。こんな心境になってしまったのは私だけでしょうか?
 ところで、私が子供の頃、懐かしの映像番組とか言って、オリジナルのラストシーンだけ観たことがあるんです。主人公は最後に例のセリフを言いながら階段を上がっていくところでエンドマークなのですが、そのシーンが、あまりにも衝撃的で今でも忘れることができません。あれはテレビドラマだったと思いますが、観れるチャンスはないものかと、今でもオリジナルを探し続けています。
クロエさん [DVD(邦画)] 8点(2009-09-03 09:04:00)(笑:1票)
15.ここでは点数が低いけどとてもよかった。
特に気になる点もなかった。

丁寧にきちんと作られた映画だと思う。

Yuさん [DVD(邦画)] 8点(2009-07-27 00:25:12)
14.所さん主演の貝になりたいを観て、衝撃を受けた者です。だから今回は先をわかった上で観たので、衝撃は受けませんでしたが、それでもじーんときてしまいました。この作品は3度目のリメイクだそうですが、何度リメイクされようとも、この作品に関しては全然ありだと感じました。シェイクスピアの作品が、現在でも演者を変えて何度も上演される様に、この作品も何度もリメイクされて然るべき作品だと思います。今回の作品は、ちょっとオーバーかなと感じる所もありましたけど、及第点です。それだけあの貝になりたいというフレーズは誰の反論も許さないメッセージを持っています。
Yoshiさん [DVD(邦画)] 6点(2009-07-07 23:26:11)
13.《ネタバレ》 ふむ。感想としては、戦争というのは「勝てば官軍」だなという他ない。体重を減らして演技に挑んだ中居くんはそれなのにがんばってたとは思うが、結局なぜ彼の死刑は免除にならなかったのか、ああいう風に再度死刑を言い渡されたのか、そのへんの説明がなかったように思う。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 6点(2009-06-15 18:54:31)
12.う~ん..話題作だけに、残念..この監督、演出がところどころ変です..特に大事なシーンでの役者の演技(リアクション)が変、良いところと悪いところがはっきりしている..もっと上手い監督ならごろごろ居るだろうに..力不足です..しっかりお金かけて創ってるのに、もったいない...私的には、李相日監督あたりか、超シリアスバージョンで、周防正行監督あたりに撮ってほしかった...
コナンが一番さん [DVD(邦画)] 5点(2009-06-05 12:53:32)(良:1票)
11.史学専攻だったので「世紀の遺書」も「壁厚き部屋」も、もちろん「巣鴨プリズン13号鉄扉」も読んでいます。原作とも言われる加藤氏の本も読みました(ちなみに加藤氏は処刑されていません)。フランキー堺さんのTV版・映画版も所ジョージさんのTVドラマも見ました。この映画は良くできていると思います。
プリズンの中の様子・建物の配置、木曜日に響くお経と聖書・・引かれていく時の号の様子・賛美歌の響き・・考証も素晴らしいです。現存する資料をよく勉強されていて、驚きました。あらゆる意味で戦犯の方がたを描いた映画の中では傑作と思います。中居さん、素晴らしかった。タレント・コメディアンの方を代々、豊松役で配役している「貝」ですが、作品で描かれているとおり、ほとんどのBC級戦犯の方は、職業軍人ではなく「徴兵された・一市民」であり、身近な方ばかりなのです。豊松の配役に関しては、この路線を守っていただき、個人的には感謝しています。フランキーさん・所さん版に家族の歴史を加えた点も素晴らしかった。 【クロエさんへ】フランキー堺さん版の「貝になりたい」はツタヤでレンタルされています。この映画の公開にあわせてリリースされたようです。また横浜市の「映像ライブラリー」ではフランキー版、フランキーさんが戦犯家族を訪ねて話を聞くドキュメンタリー版、所ジョージさん版などが無料で視聴できます。
グレースさん [DVD(邦画)] 10点(2009-06-03 01:21:00)
10.《ネタバレ》 ビッグネームな俳優をチョイ役でちょろちょろ出して、主演がタレントじゃあどうしようもないですね。ダイエットして頑張った努力は認めますが演技力が無さすぎ。でも不覚にも最後は泣けてしまいました。あの終わり方はないっすよねぇ。
ゆみっきぃ♪さん [DVD(邦画)] 6点(2009-03-22 01:14:30)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 29人
平均点数 5.90点
000.00%
100.00%
213.45%
326.90%
4310.34%
5517.24%
6931.03%
7413.79%
8310.34%
900.00%
1026.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 9.50点 Review2人
2 ストーリー評価 8.00点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.00点 Review3人
4 音楽評価 4.33点 Review3人
5 感泣評価 8.33点 Review3人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS