Menu
 >
 >
 > 蛇にピアス

蛇にピアス

2008年【日】 上映時間:123分
平均点: / 10(Review 34人) (点数分布表示)
ドラマラブストーリー青春ものロマンス小説の映画化エロティック
[ヘビニピアス]
新規登録(2008-09-11)【ボビー】さん
タイトル情報更新(2013-09-06)【イニシャルK】さん
公開開始日(2008-09-20
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督蜷川幸雄
キャスト吉高由里子(女優)ルイ
高良健吾(男優)アマ
ARATA(男優)シバ
あびる優(女優)
ソニン(女優)
市川亀治郎(二代目)(男優)刑事(特別出演)
小栗旬(男優)暴力団員(特別出演)
唐沢寿明(男優)警察官(特別出演)
藤原竜也(男優)暴力団員(特別出演)
井手らっきょ(男優)(特別出演)
脚本蜷川幸雄
音楽茂野雅道
主題歌Chara『きえる』
撮影藤石修
製作長谷川安弘
ギャガ・コミュニケーションズ(「蛇にピアス」フィルムパートナーズ)
集英社(「蛇にピアス」フィルムパートナーズ)
日活(「蛇にピアス」フィルムパートナーズ)
配給ギャガ・コミュニケーションズ
美術稲垣尚夫
編集川島章正
録音柴崎憲治(音響効果)
北田雅也(音響効果)
照明渡辺三雄
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ

14.全く共感できるところがない。何というのか、DQNのDQNによるDQNのための映画(or小説)としか思えない。
吉高由里子の演技も体当たりと言えば聞こえはよいが、過激な演出に体当たりで演技するしか表現方法がないのかと思うぐらいダイコンぷりっを発揮している。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2009-09-16 18:53:58)(良:1票)
13.いやあシバさんカッコ良過ぎっすよ。まるで白ヘビみたいっすよね。オ オレ シバさんとだったら・・・  いえ何でもないっす。
デヘデヘさん [DVD(邦画)] 5点(2009-06-30 08:00:55)(笑:1票)
12.《ネタバレ》  数年前に原作読んだときはそれほど面白くなかったけど、公開時の評判のよさにつられて鑑賞。
 冒頭、主役のルイとアマのダイコン演技に、かなりコケた。そんなダイコン役者でもセックスと喧嘩だけはリアルに出来るから不思議である。
 それに映画でセックスすると決まって「体当たり演技」とか言われるけど、それならAV女優は毎回「体当たり演技」だろうってツッコミ入れたくなる。
 演技が下手でもセリフとテンポのよさに前半は惹きつけられたが、アマがいなくなった途端、ルイが哲学者みたいな理屈をペラペラ喋り出し、ラスト30分はもうグダグダ……。
 鏡の前で舌ベロに糸入れたところでエンディングロールのほうがスッキリしただろうに……。
 蜷川監督の映画、結構好きなんだけど、本作は私の嫌いな「演劇カラー」が露呈してしまったのが残念。
 それと友情出演はいい加減やめてほしい。映画の価値が下がる!
クロエさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-15 12:46:37)(良:1票)
11.《ネタバレ》 いまいち共感する所が無かったが吉高由里子の体当たりに+1
osamuraiさん [DVD(邦画)] 5点(2009-04-04 01:11:48)
10.《ネタバレ》 蜷川幸雄による落ち着いた雰囲気・出演者の3人については言うこと無し。主役も川村ひかる似の美人で、惜しげもなくヌード・ピアスに挑戦しており好感が持てる。大物役者のチョイ役も初めて「此れなら有り」と思った。問題はストーリー、正直よく此れで賞を獲れたなと。ヤクザが出てきて結局”人の生死”によってでしか感情の起伏などが展開されないのである。あのな!ピアスや刺青を入れると即闇世界と繋がるのかよ。普通の生活を描く方が難しいし、その方がピアス=痛みという題材が生きるだろうに。主役の性格もあり得ないな、先を読まないで行動する奴を見るとイライラする。最後も、サディストと拷問を単に一緒にしている。
まさサイトーさん [DVD(邦画)] 5点(2009-03-05 00:32:05)
9.内容をよく知らずに家族で見始めたら大変なことになっただろうなと思いつつ、1人で見るのも結構きつかったです。
痛々しい描写は直視できずに目を背けてしまいました。
吉高由里子のおっぱいは凝視しましたが・・・まあ、話としてはそんなに面白いものじゃありませんでした。
当初は共感には程遠い感じでしたが、見ているうちに少し共感のような感情が湧いてきました。
誰に共感したかは内緒の方向でお願いします。
ラストはこれで終わり?って感じの拍子抜けでしたけど、ちゃんとしたストーリーがあったわけじゃないですし、こんなもんでしょうかね。
もとやさん [DVD(邦画)] 5点(2009-03-02 14:50:50)
8.《ネタバレ》 私の知り合いにもいるんですよねぇ~。ウルトラサディスト、入れ墨好き、殺人願望なんかがある人が。いや殺人願望って言ってもね、別に殺しがしたいとかそういうことじゃなくて、女の子が苦しむ姿に興奮するっていうそういうことですけどね。まぁ、私にはそういうのは全くないんですけど、でもこの作品はそういう系統の人たちの世界をもの凄くリアルに描いてるなぁと感心致しました。ルイ、アマ、シバの3人が素晴らしいまでにハマり役。吉高由里子もほんとに舌にピアスするのが素晴らしい。これをやらずにごまかしちゃったらこの作品に説得力は生まれない。ヌードだって本物だしね。勿論、一般の人から見たらね、なんでそんなに向こう見ずなの、なんでそんな人と付き合うの、なんでそんなことしちゃうのって思う事はあるかもしれないけどね、私にはそういう不合理さがむしろリアルで共感持てましたね。見た目はアレですけど、彼らはとても純粋で、一途で、自分に正直ですよ。だけどそういう人は現実社会でははみ出し者になっちゃうから、結果として無駄に苦しむはめになるんです。ただ、「どちらが鮮やかに殺してくれるだろう」はさすがに行き過ぎやけどね、、、。20歳の金原さんが書いた小説を、72歳の蜷川さんが見事に映像化した渾身の一作です。
あろえりーなさん [DVD(邦画)] 8点(2009-01-31 00:18:41)
7.《ネタバレ》 吉高は本当に舌に穴を開けたらしいのだ。これはどうもひっかかる。耳たぶとかではなく、舌である。仕事とはいえ結構覚悟がいるだろう。なのに吉高、たったこんだけの映画のために舌に穴を開けてしまっている。やり過ぎとかいうのではなく、なんかなんか違う感じがする。確かに主人公ルイを演じる上で、裸になったり生本番を映すのは必要だ。それは女優の仕事だろう。だが、演じる役が舌にピアスを開けるからといって、演じる俳優まで舌にピアスを開けるべきだろうか。これも俳優の仕事なのか。他の方法はなかったのか。ヌード撮影や丸刈りなどはまだ取り返しがつく。舌穴は取り返しがつくのか?吉高は一生舌に穴を開けてこれから生きていくことになる。他の映画やテレビの仕事をしても、おばあちゃんになっても、舌に穴があいたまま。「舌の穴やイレズミはフィクションです。」とか「舌の穴は治療により治癒します。治療費は蜷川が負担します。」とラストで但し書きが付けば安心するんだが。
ルイの思考の構造が気になり、原作の小説を買って読んだ。原作には事細かにルイの心境が活字で説明されていて、それぞれのルイの気持ちを理解出来た。理解はできたが納得できない。どうもルイを好きになれない。いろいろ精神的に脆いのはよくわかるし、そういう人がいるんだろうなとも思うが、なんだろうな、真面目に働いたり、勉強したり、映画観たり、マトモな男と付き合って早寝早起きしてみたり、それくらいのことをしてみたらいかがだルイさん。そんなこと誰も教えてくれなかったか?かわいそうに。お気の毒様です。
no_the_warさん [映画館(邦画)] 7点(2008-12-31 03:27:55)(良:2票)
6.テーマには正直共感しづらかったけど、役者の独特の雰囲気を持つ演技に引き込まれました。ARATAさんはすごいですね。シバさんを観ているだけでも飽きない。
8bitさん [映画館(邦画)] 6点(2008-12-01 21:03:55)
5.脇役の方が豪華なので、ビックリ。こんな端役で、よく出てくれたなーと感心した。だけどこの映画は、主役陣(ルイ、アマ、シバ)のはまり具合が半端なく、完全に支配していたね。
Yoshiさん [映画館(邦画)] 5点(2008-11-29 10:54:00)
4.《ネタバレ》 この手の終わり方でCHARAの歌声ってとても合いますね。エンディングに関してはとてもよかったです。あと小栗旬と藤原竜也かっこ悪
アスモデウスさん [映画館(邦画)] 6点(2008-11-25 22:21:37)
3.《ネタバレ》 わたしは、三ヶ月くらい前、この原作を読んで、結構、いや凄く、怒ってました。「ええ~?!なんでこれが芥川賞なん???」全然良さがわからなかった。薄い、なんの手応えもない、この作品には重要な痛みも、わたしには伝わってこなかった。「もっと汚れてる、痛くて繊細な小説ってあるやん?村上龍とかさあ」云々。それが。極めて原作に忠実なこの映画を観終わって最後CHARAの歌声を聴きつつ涙を流すことになろうとは、全く想像も出来なかった。こんなに、小説を映画化するということの意味が、わかったことはかつてない。血肉を与えられた物語は、とても豊かにこの世界で生きて呼吸をしていて、あんなに理解できなかった、出会ってすぐに暮らし始めたということも、アマが死んでシバと暮らし始めたことも、なんなく受け入れていた。それは、「一人一人にもの凄く魅力があったから」という、とてもシンプルな、まっとうな、理由からだった。あの3人は、どんなことをしても魂が汚れないということがありえるのだ、ということを教えてくれる。今、再び原作を読んで、同じようにその魅力を読みとれるかどうか、わからない。でもこの解釈はもの凄く正しいのだ、と今やわたしは確信していて、こんな映画を創ってくれた蜷川監督のことを、失礼ながら「なんちゅう凄いおっさんや?!」と思わずにはいられない。なんだか思いがけず、こういう映画に出逢ったことが、とても、とても今、嬉しい。夜明け前から巨大な「蛇」のような電車が休み無くうねり続けるこの異常な都会の日常を、今より少し愛せるような気がしたのです。本当に。
airさん [映画館(邦画)] 9点(2008-10-25 01:28:58)(良:1票)
2.邦画には珍しく原作に忠実に描かれていました。キャスティングもほぼ自分のイメージ通りでした。良かったですよ。やっぱ原作モノには変な脚色は不要ですね。でもMではないアタシにとってはピアスや刺青のシーンはちと萎えるものがありました(汗)
イサオマンさん [映画館(邦画)] 7点(2008-10-03 21:25:54)
1.《ネタバレ》 この映画、非常にマーケティングターゲットが狭いと思う。ルイ、アマ、シバという特異な存在、そしてこの世代の流行や文化(ピアスやタトゥー然り)について知識、あるいは似たような経験、人生を歩んできたなら少なくとも共感できるはず。自分はというとアマのような無軌道ぶり、目立ちたがりでもあり、自己主張の一環でもあるファッションにどことなく共感してしまうのは、若い時分そうだった節もあるからですね。そういう意味で、リアルな群像劇をとらえた70過ぎの蜷川監督、さすがです。キャスティングも素晴らしかった。特に、主演の古高さんは園子温監督の作品で初めて知り、その時は割りと当人世代の等身大を演じた感がありましたが、今回の役どころは凄いなぁと感心。当時から注目していた女優さんで今後の活躍が益々楽しみになりました。相手役の高良健吾も体全体を使って自己表現している感じですが、この人も今後注目です。けっこう痛々しいシーンも多々ありますが、2時間があっという間に感じ、エンディングテーマのチャラの歌も心に響きました。
シネマブルクさん [映画館(邦画)] 8点(2008-09-21 20:58:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 34人
平均点数 5.29点
000.00%
100.00%
200.00%
3617.65%
438.82%
51338.24%
6411.76%
7411.76%
838.82%
912.94%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 2.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review2人
5 感泣評価 3.00点 Review2人

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS