俺の空だぜ!若大将のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > オ行
 > 俺の空だぜ!若大将
 > (レビュー・クチコミ)

俺の空だぜ!若大将

[オレノソラダゼワカダイショウ]
Get Your Sky! Young Guy
1970年【日】 上映時間:87分
平均点:4.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(1970-08-14)
ドラマコメディシリーズもの青春ものアイドルもの
新規登録(2010-06-01)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2015-02-01)【アングロファイル】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督小谷承靖
キャスト加山雄三(男優)田沼雄一
酒井和歌子(女優)塚本節子
田中邦衛(男優)石山新次郎
江原達怡(男優)江口敏
中真千子(女優)江口照子
有島一郎(男優)田沼久太郎
飯田蝶子(女優)田沼りき
大矢茂(男優)太田茂夫
左卜全(男優)老人
藤木悠(男優)立花
ひし美ゆり子(女優)秘書
久慈あさみ(女優)太田春江
上田吉二郎(男優)大林
伴淳三郎(男優)常吉
脚本田波靖男
音楽広瀬健次郎
作詞岩谷時子「美しいヴィーナス」/「人知れず」/「君かもしれない僕かもしれない」
作曲弾厚作「美しいヴィーナス」/「人知れず」/「君かもしれない僕かもしれない」
編曲森岡賢一郎「美しいヴィーナス」/「人知れず」/「君かもしれない僕かもしれない」
主題歌加山雄三「美しいヴィーナス」/「人知れず」/「君かもしれない僕かもしれない」
挿入曲大矢茂「Whatevere the Cause」
撮影逢沢譲
製作藤本真澄
安武龍
配給東宝
美術薩谷和夫
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.相変わらずの漠然としたストーリー。若大将も若くなくなってきて、オッサン臭漂うオッサンのための映画の色が濃くなった。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-02-18 14:03:06)
3.《ネタバレ》 今回は、若大将が青大将の部下という設定。マンション建築の土地買収でモーレツ社員の若大将が奮闘するのですが、ここでの伴淳三郎とのやりとりは面白い。しかし登場するのは前半だけで、マンションの件もまったく出てこなくなるといういいかげんぶり。後半はもっぱら若大将と節子をめぐる恋の騒動で、これには社長令嬢の英子(応蘭芳)や、大学の後輩・太田たちがからんできます。6人で(?)デートを楽しむ場面は音楽もあって楽しめました。ただ、その後はややドタバタした展開で、話の進み方が強引にも思えました。
このシリーズ、前作から製作が東京映画で東宝は配給のみに。また、大矢茂を2代目若大将にしようと画策しているようで、前作はそれほどでもなかったのですが、今回は準主役格で出番も多いです。それに合わせて節子さんの妹・敏子(松村幸子)もサブヒロイン的に登場し、画面的には華やかでした。ただし前半と後半で話の方向が違ってきているので、全体的には散漫という印象です。小谷監督の演出は、なかなかがんばっていたのではないでしょうか。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2015-01-31 16:16:02)
2.《ネタバレ》 今回は若大将の上司が青大将という設定が面白いのだが、脚本自体はかなり適当に作られている印象であまり面白くない。銭湯の立ち退き交渉を描いた前半は若大将が青大将と衝突し会社を辞職したことで有耶無耶なまま終わってしまったような印象だし、そうするなら今回の節子は銭湯の店員という設定でないほうがいいだろう。そんな前半は若大将と伴淳演じる銭湯のおやじとのやりとりが面白く、伴淳の喜劇俳優としてのうまさも出ているが、この前半だけで退場してしまったのは惜しい。シリーズも既に末期となり、次回が一応シリーズとしての最終回ということだが、加山雄三がシリーズを降りた後も主人公を変えてシリーズを続けようとしたのか大矢茂演じる太田茂夫が登場するが、なんだか地味な感じがする。レギュラーである祖母役の飯田蝶子は映画ではこれが遺作みたいだけどまだ元気そうだ。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2012-02-23 17:04:36)
1.《ネタバレ》 シリーズも終盤に差しかかっているのだけど、これは随分と散漫なストーリーだった。主人公はデベロッパーの地上げ担当。実家近くの風呂屋の立ち退き交渉を始めるが、上司の青大将(田中邦衛)と喧嘩して会社を辞めて途中で頓挫。でも、風呂屋で働いていた酒井和歌子とは付き合いが続くあたりが釈然としない。親父が先物取引で他人に負わせた借金に責任を感じて、好きでもない富豪の娘から申し込まれた結婚話で真剣に悩んだりする。大学生をやっていた頃は、あり得ないくらいに「悩まない人」だったのにね。大人になったとも言えるが、世間の垢から自由ではいられない立場はこのキャラクターらしくない。「ウルトラセブン」でアンヌ隊員役だった菱見ゆり子が青大将の秘書で出演しているが、色気を強調したゲテモノ扱いだったのがとても残念。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 2点(2011-06-08 21:31:54)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 4.25点
000.00%
100.00%
2125.00%
300.00%
4125.00%
5125.00%
6125.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS