ニュージーランドの若大将のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ニ行
 > ニュージーランドの若大将
 > (レビュー・クチコミ)

ニュージーランドの若大将

[ニュージーランドノワカダイショウ]
1969年【日】 上映時間:86分
平均点:5.25 / 10(Review 4人) (点数分布表示)
公開開始日(1969-07-12)
ドラマコメディシリーズもの青春ものアイドルもの
新規登録(2010-06-03)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2018-10-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督福田純
助監督大森健次郎
橋本幸治
キャスト加山雄三(男優)田沼雄一
酒井和歌子(女優)森川節子
田中邦衛(男優)石山新次郎
江原達怡(男優)江口敏
中真千子(女優)江口照子
有島一郎(男優)田沼久太郎
飯田蝶子(女優)田沼りき
岡田可愛(女優)大島昌子
中山麻里(女優)朝吹マリ
藤岡琢也(男優)藤原課長
佐野周二(男優)牛丸
小鹿番(男優)小山(クレジット「小鹿敦」)
うつみ宮土理(女優)三橋冴子(クレジット「うつみみどり」)
西條康彦(男優)八郎
岡部正(男優)横井
なべおさみ(男優)平山
小林夕岐子(女優)スチュワーデス
当銀長太郎(男優)公園の若い男(クレジットのみ)
小川安三(男優)公園の警官(クレジットのみ)
岡豊(男優)高橋
脚本田波靖男
音楽広瀬健次郎
作詞岩谷時子「ニュージーランドの若大将」/「大空の彼方」/「氷河の上を」
弾厚作「SOMEDAY SOMETIME」
作曲弾厚作「ニュージーランドの若大将」/「大空の彼方」/「SOMEDAY SOMETIME」/「氷河の上を」
編曲森岡賢一郎「ニュージーランドの若大将」/「大空の彼方」/「SOMEDAY SOMETIME」
主題歌加山雄三「ニュージーランドの若大将」
挿入曲加山雄三「大空の彼方」/「SOMEDAY SOMETIME」/「氷河の上を」
撮影関口芳則(撮影助手)
製作藤本真澄
配給東宝
美術育野重一
編集岩下広一
録音田中信行〔録音〕
下永尚(整音)
照明佐藤幸次郎
その他東京現像所(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
4.「とりあえずいつものメンバーで、ニュージーランドを絡めた話にしました」ってノリだけの映画。中身はほとんど何も無い。まあ気楽に見られるのでそれはそれでいいけど。この時代の流行を知るという意味では、見る価値があった。
もんでんどんさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2015-01-22 14:04:49)
3.《ネタバレ》 これもなかなか面白かった。設定は前作を受け継いでいるのに、話は微妙につながっていないというのは、最初の「大学」と「銀座」の関係に似ています。そこまで意識したのかどうかはわかりませんが。
今回もとにかく、有島一郎の久太郎が面白い。特にマトンの肉を「うまくない、口に合わない」とか言いつつ独占して食べまくるところは、爆笑もの。今回はうつみみどりに振られるのですが、やはり若大将に慰められて飲みに行くシーンも、いい味を出しています。田能久では江口夫妻はさすがに落ち着きましたが、江口が若大将と共にオーストラリアに行って、節子さんや青大将とのからみもあるなど、出番がさらに増えて嬉しいかぎり。酒井和歌子はちょっと大人っぽくなって、けっこう焼きもち焼きに。このあたりは大学生時代に戻ったようです。
風俗面では「モーレツ」が流行語になっていて、デートにいくのはゴーゴー喫茶、女性にはミニスカートが流行というのが見て取れます(節子さんもけっこう短い)。そういえば、「モーレツ」はテレビのコマーシャルから生まれたわけですが、それが映画でも使われているというあたりにも、時代の流れを感じさせます。ただしテレビ自体は、ほとんど画面に現れないのですが。
不満点は、青大将の扱いが悪いこと。節子さんにしつこく迫ってうっとうしいし、女の子のお尻を触るなどエロおやじ化しています。また、自動車メーカーが協賛しているためか国産車に乗っているのですが、青大将といえば学生時代には決まって外車に乗っていましたから、違和感があります。それと、オハラ氏のエピソードが、消化不良でした。
これ以外は、かなり楽しめる作になっていました。スポーツの要素がなくなりましたが、それが幸いしたのか恋愛・会社・田能久がバランスよく配分されています。
アングロファイルさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2015-01-17 20:47:20)
2.《ネタバレ》 若大将が社会人となって2作目。本作は前作「フレッシュマン若大将」と同じ自動車会社が舞台で直接の続編のようになっているが、若大将と節子(酒井和歌子)の関係はいつものようにリセットされているので少し不思議な感じ。社会人という設定となった若大将はスポーツをやらなくなり、シリーズの見どころの一つがなくなったことでなんだか地味な印象だが、その代わり社会人となった若大将はすっかり学生気分が抜けており、劇中節子から評されているように仕事熱心なモーレツサラリーマンという感じに描かれてはいるがポジティブなキャラクターは変わらないのが嬉しい。前作に続いて久太郎(有島一郎)が若い女に惚れるエピソードがあるが、今回はうつみ宮土理。この頃ちょうど「ロンパールーム」のお姉さん役を卒業後、本格的に芸能活動を始めた頃だろうか。(古い話だな。)前作同様若い女に夢中の久太郎がかわいらしい。前作で夫婦となった江口と照子(中真千子)が相変わらずアツアツなのがわざとらしく感じる部分もあるが、微笑ましくもある。
イニシャルKさん [DVD(邦画)] 5点(2012-02-07 17:57:40)
1.《ネタバレ》 ちょっと趣きが変わりました。主人公は前作からサラリーマンを始めまていますが、本作では学生気分が抜けた大人の感じです。何かをテーマにストーリーが展開するようなことはありません。これまでも無かったようなものだけど、社会人になってから競技としてのスポーツをやらなくなり、場当たり的なエピソードを連ねている印象が強まりました。どこへ行っても女性に人気の主人公、主人公の周囲の女性に片っ端から恋慕する青大将(田中邦衛)、ヒロイン(酒井和歌子)との三角関係、いきなり歌い出す主人公、云々。それらが単発で次から次へ。何度も見たシチュエーションです。でも、予定調和の至福とでも言うのか、終始ニヤニヤしている自分がちょっと不思議でした。親父役の有島一郎が前作に引き続き若い女の子(うつみ宮土理)に惚れて、再婚に反対する婆さんや妹夫婦を主人公が説得するシーンがあります。親父の恋心に対して、息子というより同性として応援の態度を取る姿勢に、すでに学生ではない主人公を感じました。結局は失恋する親父ですが、彼を慰めるため酒に誘うシーンなんてベタだけど心地良かった。酒井和歌子はショートカットがとても良く似合う。ニコール・キッドマン風のツンとしたところがヨロシイです。さらに、岡田可愛と中山麻里! 直接顔を会わせるシーンは無かったけど「サインはV」でライバルだった二人です。色々と見どころありました。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-03-01 21:41:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 4人
平均点数 5.25点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4125.00%
5250.00%
600.00%
7125.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS