ハード・ウェイ(1991)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > ハード・ウェイ(1991)
 > (レビュー・クチコミ)

ハード・ウェイ(1991)

[ハードウェイ]
The Hard Way
1991年【米】 上映時間:111分
平均点:6.69 / 10(Review 36人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-04-27)
アクションサスペンスコメディ刑事もの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2019-02-17)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ジョン・バダム
助監督ロブ・コーエン(第二班監督)
演出コンラッド・E・パルミサーノ(スタント・コーディネーター)
キャストマイケル・J・フォックス(男優)ニック・ラング
ジェームズ・ウッズ(男優)ジョン・モス
スティーヴン・ラング(男優)パーティ・クラッシャー
アナベラ・シオラ(女優)スーザン
ペニー・マーシャル(女優)アンジー
LL・クール・J(男優)ビリー刑事
クリスティーナ・リッチ(女優)ボニー
キャシー・ナジミー(女優)ラングの彼女
デルロイ・リンドー(男優)ブリックス署長
モス・デフ(男優)
ビル・コッブス(男優)だらしない男性
ルイス・ガスマン(男優)ベニー刑事
山寺宏一ニック・ラング(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
樋浦勉ジョン・モス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内海賢二パーティ・クラッシャー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
土井美加スーザン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
藤波京子アンジー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
こおろぎさとみボニー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大塚芳忠ビリー刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
辻親八ベニー刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中庸助ブリックス署長(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮川一朗太ニック・ラング(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大塚明夫ジョン・モス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
佐々木優子スーザン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
斎藤志郎ベニー刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
中田和宏ビリー刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
田中敦子〔声優〕(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大山高男(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宮本充ニック・ラング(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
野沢那智ジョン・モス(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
小川真司〔声優・男優〕パーティ・クラッシャー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
日野由利加スーザン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
石塚運昇ビリー刑事(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坂口芳貞ブリックス署長(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
原作レム・ドブス(原案)
脚本レム・ドブス
ダニエル・パイン
音楽アーサー・B・ルビンスタイン
挿入曲LL・クール・J"Mama Said Knock You Out"
撮影ドナルド・マカルパイン
ロバート・プライムス
ロン・フォーチュナト(第二班撮影監督)
ロイ・H・ワグナー(第二班追加撮影)
製作ロブ・コーエン
ウィリアム・サックハイム
ユニバーサル・ピクチャーズ
D・J・カルーソー(製作補)
配給UIP
美術フィリップ・ハリソン(プロダクション・デザイン)
衣装メアリー・E・ヴォクト
編集フランク・モリス〔編集〕
字幕翻訳戸田奈津子
スタントダニー・アイエロ三世
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
36.これ、大好きなのよね~。めちゃオモロイ。
要するに、「『タクシードライバー』の主演をやるからと言って、わざわざ本当にタクシー運転手になってみる必要があるのか」、という映画なんですけどね、デ・ニーロさん。
刑事、犯人、俳優、三者三様にデタラメなのが本作の楽しさ。まず冒頭のアクションで、ジェームズ・ウッズ演じる刑事の破天荒ぶりが示され、ヘンタイ犯罪者との戦いが繰り広げられることになる・・・はずが、「役作り」と称してここにド迷惑な俳優が絡んできて、ただでもややこしい事態をさらにかき回す。破天荒刑事が、この3人の中じゃ、まだしもナンボかマトモな方。
で、この噛み合わない3人が、妙な形で噛み合ってこの刑事アクション映画を盛り上げる。劇中で何度か出てくる「タバコ」が、クライマックスの重要な舞台(!)と化す。
いつもいつも、我々を楽しませてくれたジョン・バダム。最近はご無沙汰ですが、テレビの世界に帰っちゃったんですかね。帰ってきて欲しいなあ。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 9点(2019-02-18 21:20:39)★《新規》★
35.《ネタバレ》 自身のパロディ化という感じでしょうかね。
シュワちゃんもラストアクションヒーローなんて映画をやってましたが、
マイケル・J・フォックスもこういう作品をやっていたとは。
BTFが終わってまもない、本当にアイドルらしいキラキラさがあって、
とても懐かしさを覚えました。ジェームズ・ウッズも意外と良かった。
終盤のシーンは日本企業の広告がたくさんだったなぁ。
あろえりーなさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2019-01-15 20:02:36)
34.せっかくの面白そうな設定なんですけど、ジョン・バダムにこういうもろコメディの作品というのはやはり無理がありましたね。刑事のふりをした俳優と本物刑事のタッグなんかだったら、そのギャップとかそれぞれの特技の相乗とかでいくらでも笑いはとれそうなんですけど、バダム先生はすぐに真面目なアクション方面に走ってしまうので、素材が生かされないのです。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2018-12-31 02:32:14)
33.ジョン・バダムの刑事ものサスペンスコメディ、「張り込み」からの期待値が高かったのですが、共感度と笑いのツボのズレがちょっと・・・
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-12-28 21:19:17)
32.オープニングのクレジットでクリスティーナ・リッチの名を発見し、登場を楽しみに待っていたのですが、まさか子役とは…。たしかに約30年も前の作品だから仕方ないが、私の下心は急速に萎みました。マイケル・Jは相変わらずの巻き込まれ型キャラで、良かれ悪しかれ安心して見ていられます。ジェームズ・ウッズがこんなコメディもやるというのが、ちょっと驚き。
眉山さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2018-12-23 01:02:34)
31.面白いが普通の出来。こういう映画はハマるとハマるが、ちょっと感覚がズレるとなかなか入れない。
観た時の環境に左右される、逆に言えば気持ちを揺さぶる程ではない。
simpleさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2018-12-12 19:57:37)
30.ベタベタ過ぎるけど面白い! この頃のマイケル・J・フォックスはいい作品が多いわ。
ガブ:ポッシブルさん [ビデオ(吹替)] 8点(2017-11-06 17:14:31)
29.オーストラリアに行ったとき、ホテルのテレビで初めて観ました。英語は苦手だから、よくわからなかったけど、知ってる役者二人が主役なので、楽しみましたね。もう、25年も前の話です。●ちなみにテレビ(字幕)を選んでいますが、実際はテレビ(原語)です。テレビ(原語)が無くて選べないもので。
焼肉の掟さん [地上波(字幕)] 7点(2015-12-18 04:29:19)
28.まさにコメディ。特に深く考えることなく鑑賞できました。幼いクリスティーナ・リッチが出てきたときには驚きました(笑)
MINI1000さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2009-11-04 19:38:29)
27.あり得ない展開ですが、コメディーとして見れば面白いです。
白い男さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2009-08-19 11:10:52)
26.いいかも
上上下下左右左右BAさん [地上波(吹替)] 7点(2009-03-20 18:31:14)
25.シナリオに繋がりがあって面白かったです。楽しめます。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 7点(2007-12-29 22:54:14)
24.《ネタバレ》 終盤のプロットがどうにもピンと来ない(一芝居打って邪魔者・ニックを追い払うが、戻ってきて・・・までは優秀なのですが)。
スーザンとのエピソードもなーんとなくで解決してるし・・・。
かなり勿体ない作品だと思う。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 6点(2007-08-29 02:14:54)
23.《ネタバレ》 マイケル演じる、ニックのキャラが実にいい!コメディーの中にアクションもありと、本当に見る者を夢中にさせてくれました。最初の方で、お付き(?)の女性に、「スピルバーグにお子さんが生まれました」と言われた後に、「あいつ、授賞式で僕の名前を言ってくれなかった-」とニックが言ったシーンが、何故か何とも言えず可笑しくて、思わず吹き出してしまいました。
まるこさん [ビデオ(字幕)] 8点(2006-05-28 21:16:44)
22.そこそこ楽しめた。テレビでやったらたぶんもう一度観ると思う。
のりぱぱさん [地上波(吹替)] 5点(2006-05-01 23:42:52)
21.確かに思ったより楽しめます。上映時はかなり不発だったようですが。マイケルのハリウッドスターぶりは、当時のマイケル自身の人気とかぶって、どこかアイロニーを感じます。マイケルはよくこの映画に出たなあ。
如月CUBEさん [DVD(吹替)] 5点(2006-03-13 17:56:22)
20.これ、意外と楽しい作品なんですよ~。やっぱジョン・バダムはうまいですね。

もちろんマイケル・J・フォックスあってこそですが。
やぶさん 7点(2005-01-05 21:31:59)
19.いまふと思った。この作品は、「マイケルのスケジュールが空くまでクランクインしなかった」というエピソードのあるほど、マイケル・J・フォックスのキャラに依存したマイケル映画。もしかして監督のバダムや相棒の (詳細はブログにて)
エスねこさん [ビデオ(吹替)] 4点(2004-08-16 10:06:13)(良:1票)
18.「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の時ほどハジけてはいませんが、マイケル・J・フォックスがいい演技をしています。それ以外は取り立てて観るところは無いのですが、つまらないというほどではありません。
金子淳さん 5点(2004-07-26 15:06:44)
17.普通に楽しいと思った。
ゲソさん 7点(2004-06-10 02:08:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 36人
平均点数 6.69点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
438.33%
5411.11%
6925.00%
71130.56%
8513.89%
925.56%
1025.56%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review1人
2 ストーリー評価 6.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review2人
4 音楽評価 4.00点 Review2人
5 感泣評価 2.00点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS