ラヴレースのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラヴレース
 > (レビュー・クチコミ)

ラヴレース

[ラヴレース]
LOVELACE
2013年【米】 上映時間:93分
平均点:5.20 / 10(Review 5人) (点数分布表示)
公開開始日(2014-03-01)
ドラマ伝記もの
新規登録(2014-04-16)【ESPERANZA】さん
タイトル情報更新(2016-11-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ロブ・エプスタイン
ジェフリー・フリードマン(監督)
キャストアマンダ・セイフライド(女優)リンダ・ラヴレース
ピーター・サースガード(男優)チャック・トレイナー
シャロン・ストーン(女優)ドロシー・ボアマン
ジェームズ・フランコ(男優)ヒュー・ヘフナー
ボビー・カナヴェイル(男優)ブッチ・ペライーノ
クリス・ノース(男優)アンソニー・ロマーノ
ハンク・アザリア(男優)ジェラルド・ダミアーノ
アダム・ブロディ(男優)ハリー・リームス
ロバート・パトリック(男優)ジョン・ボアマン
デビ・メイザー(女優)ドリー
クロエ・セヴィニー(女優)レベッカ
ジュノー・テンプル(女優)パッツィ
小島幸子リンダ・ラヴレース(日本語吹き替え版)
加瀬康之チャック・トレイナー(日本語吹き替え版)
配給日活
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
5.《ネタバレ》 1970年代に一世を風靡した伝説のポルノ映画『ディープ・スロート』。成人向けでありながら全米で大ヒットしたこの作品で主演を務めたのは、ほぼ素人同然の女の子、リンダ・ラヴレースだった。本作は、僅か7日間の撮影で一躍セックス革命のシンボルとなった彼女の半生を実話を基にして描いたもの。確かに興味深い題材ではあるし、伝説のポルノ女優を演じたアマンダ・セイフライトの身体を張った演技も大変良かったとは思うのですが、いかんせん基礎的な演出力が全然足りていない作品でしたね、これ。もう素人レベルと言っても過言ではありません。ドラマの最大の焦点となる、リンダがいかにして『ディープ・スロート』への出演を決意したのかや撮影現場がどのようなものであったか、またほぼヒモ状態だった夫との破綻した結婚生活などと言った重要な部分がことごとく的を外しちゃってます。「そこ、もっと突っ込んで描くとこでしょー!」って何回思ったことか。そして、本作の最大の失敗は、リンダの両親が娘がポルノスターとなったことを知るシーンがほとんどなかったこと。厳格なカトリックである母親がその事実をどのように受け止め、そしてその後いかにして娘と向き合うことになったのかという最も大切な部分がかなりあっさりと流されちゃってます。映画として、これではテーマに対する踏み込みが甘いと言わざるを得ません。また、時間軸の扱いもまるでなっちゃいない。全体を通して、今がいつの時代のエピソードなのかかなり分かりづらい。正直、お金を取って観客に観てもらうレベルに全然達していません。大胆なヌードを披露したアマンダ・セイフライトがかなり魅力的だっただけに、なんとも残念な作品でありました。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2020-03-18 23:41:14)★《更新》★
4.アマンダ主演でこのタイトル。軽いラブコメを思わせるタイトルですが、重い作品です。
波乱の人生を送った伝説のポルノ女優、リンダ・ラヴレースを演じたアマンダの姿を見ているのがストーリーが進むにつれて次第に辛くなってくる。
見る者にそう思わせるアマンダの熱演は素晴らしかったし、夫チャックを演じたピーター・サースガードもよかったと思います。
爽やかな青春ものやロマンスが似合う清純派のイメージがあったのですが、早いものでアマンダは今年で30歳になるんですね。
本作は彼女の大きなチャレンジだったのだと思いますが、本作に彼女が合っていたのかどうか。
これから演じる役の幅をどんどん広げていってくれると思いますが、
出来ればもう少し、これまでのイメージの彼女を見ていたいなと思ったりもします。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2015-09-30 20:33:39)
3.《ネタバレ》 WOWOWで録画、HDの再生で見たんだが、最後は不覚にもちょっと涙が出た。
何よりも、親の干渉からの逃避、男との邂逅、ノリで映画に出る。
それからX年後、また それからX年後。その描き方が面白かったが、
現実がどんどん迫って来て、ある意味恐ろしい。
しかし、両親との心のつながりやそこまでの葛藤をしっかり描いていましたね。
きちんとした伝記映画になってました。というよりは主役の女性がしっかりとした演技でしたよ。
彼女はこれからも色々出てきそうですね。

ちなみに本作のオリジナル「ディープ・スロート」ですが改めてNETで観賞。当時も(ていうか本物はずいぶん後で)今も、お笑いポルノであることは間違いなし。全ての人には勧めないが見たらおもろいよ。

70年当時の雰囲気が出ていて非常におもしろいし、原作を知ってなくても楽しめるいい映画でした。
亜輪蔵さん [CS・衛星(字幕)] 6点(2015-05-29 15:48:43)
2.《ネタバレ》 ラヴレース。
ラヴコメかと思っていました。ところが違う。コメディ要素は一個もなしのシリアス路線。でも勘違いしてしまっても仕方がありませんよね 原題・邦題共にこのような甘ったるくも軽っぽいタイトルじゃ。いっそ一番よいのは〝リンダ・ラヴレース〟とか〝リンダ・ボアマン〟とか ポルノ名のフルネーム、もしくは実名で自叙伝っぽさをアピールしたタイトルにされたほうが作品自体の品格も上がり、尚且つ、うちら鑑賞者にとっても親切なタイトル付けになっていたんじゃないのかなと思います。
その後、御本人のリンダさんにとっては新しい家族あっての54歳での交通事故死とは悲しい結末となってしまいましたね 残念ですね 不謹慎ながら、事故死するんであれば あの元暴力夫のほうであってほしかったかなとか思ってしまいます。
3737さん [DVD(字幕)] 5点(2014-09-27 21:39:10)
1.ポルノ映画史上最大の興行収入をあげた「ディープスロート」それまで秘密めいて作られたポルノ映画が堂々と一般映画館で上映されたわけだから、大騒動になったわけである。こちら日本でも上映されたが、もちろんカットとぼかしの嵐、結局たいした映画でもなかった。そのディープスロート撮影に関しての裏話、主演リンダ・ラヴレースの物語である。興味のある人にはおもしろかろうが、そうでない人にはさっぱりかも。ただしラヴレースを演じた主演のアマンダ・セイフライドの体当たり演技は特筆に値するだろう。
ESPERANZAさん [映画館(字幕)] 6点(2014-04-19 06:35:58)(良:1票)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 5人
平均点数 5.20点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
4120.00%
5240.00%
6240.00%
700.00%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS