進撃の巨人 ATTACK ON TITANのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > 進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
 > (レビュー・クチコミ)

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

[シンゲキノキョジンアタックオンタイタン]
2015年【日】 上映時間:98分
平均点:4.23 / 10(Review 44人) (点数分布表示)
公開開始日(2015-08-01)
アクションSFアドベンチャーファンタジーシリーズものパニックもの特撮ものモンスター映画漫画の映画化
新規登録(2015-04-24)【DAIMETAL】さん
タイトル情報更新(2016-09-18)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督樋口真嗣
尾上克郎(特撮監督)
キャスト三浦春馬(男優)エレン
長谷川博己(男優)シキシマ
水原希子(女優)ミカサ
本郷奏多(男優)アルミン
三浦貴大(男優)ジャン
桜庭ななみ(女優)サシャ
渡部秀(男優)フクシ
水崎綾女(女優)ヒアナ
武田梨奈(女優)リル
石原さとみ(女優)ハンジ
ピエール瀧(男優)ソウダ
國村隼(男優)クバル
松尾諭(男優)サンナギ
清野菜名(女優)
仁科貴(男優)
諏訪太朗(男優)
原知佐子(女優)
高橋みなみ(女優)
神尾佑(男優)
原作諫山創「進撃の巨人」(講談社コミックス)
脚本渡辺雄介
町山智浩
音楽鷺巣詩郎
北原京子(音楽プロデューサー)
編曲SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」(トイズファクトリー)
主題歌SEKAI NO OWARI「ANTI-HERO」(トイズファクトリー)
製作市川南〔製作〕
東宝(「進撃の巨人」製作委員会)
講談社(「進撃の巨人」製作委員会)
電通(「進撃の巨人」製作委員会)
ホリプロ(「進撃の巨人」製作委員会)
博報堂DYメディアパートナーズ(「進撃の巨人」製作委員会)
朝日新聞社(「進撃の巨人」製作委員会)
プロデューサー山内章弘(エグゼクティブプロデューサー)
配給東宝
特撮大屋哲男(テクニカルプロデューサー)
美術清水剛
三池敏夫
西村喜廣(特殊造形プロデューサー)
竹谷隆之(キャラクターデザイン)
貞本義行(キャラクターデザイン)
衣装柘植伊佐夫(扮装総括)
録音柴崎憲治(音響効果)
照明杉本崇
あらすじ
100年以上前、突如現れた巨人たちに人類の大半が捕食され、文明は崩壊した。かろうじて生き延びた人々は巨大な壁を三重に築き、その中で暮らしていたが、ある日突如壁が壊され、巨人たちが攻め込んでくる。その混乱の中でエレン(三浦春馬)は幼馴染のミカサ(水原希子)とはぐれてしまう。2年後、調査兵団に志願したエレンら一行は農業地区を取り戻す為、夜間に車両部隊で廃墟と化した門前地区を移動するが、巨人たちの襲撃に遭う。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
44.下手に改編するくらいならオリジナルやればいいのにね。キャラはアホ揃い、CGもゴミで褒められない。石原さとみの演技が清涼剤だった。期待値を物凄く下げて鑑賞すべし。
真尋さん [DVD(邦画)] 3点(2017-08-27 19:25:08)
43.《ネタバレ》 やはり西洋風のキャラクターを日本人が演じるのは無理があるのではないでしょうか。ミカサの設定の改変も納得がいきません。エレンが巨人に変身してからの終盤はなかなか良かったですけどね。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2017-06-12 00:42:23)
42.《ネタバレ》 アニメの第1期を観て久々に骨太な作品だなぁという印象だったのですが、これまで漫画・アニメの実写化には酷い目に合わせれ続けてきたせいか、逆に「期待してはダメ!」補正が強く働いた状態で観ていたのかも知れません。そこまで悪い印象ではありませんでした。多数のキャラが登場する長い原作を90分ちょっとに収める際、人間ドラマパートがテキトーになってしまうのは、多分どうしょもないんじゃないでしょうか。
石原さとみの吹っ切れている感じは、私は良かったと思いました。ヒロインの魅力がちょっと足りないかな。。。でも後編も観ますよ。
マー君さん [DVD(邦画)] 6点(2017-04-02 11:59:21)
41.飛行機の中で視聴。
これはネタだよね?どうしてこの企画が通ったんだろう。。
雲の上からさん [DVD(邦画)] 3点(2016-12-12 00:36:45)
40.原作漫画はあまり好きではありません。設定は好みなのですが、絵が好きになれないのと細かい説明が多すぎて理解し切れないからです。でも、映画は単純で判りやすく結構面白かったです。原作よりかなり登場人物を削除していますが、それでもまだ多いかなと。もっとスッキリさせても良かったと思います。いずれにしても後編に期待したいと思います。
ぽじっこさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-07-30 17:59:16)
39.《ネタバレ》 何て事は無い、超人ハルクですな(笑)。
たくわんさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-07-19 23:33:45)
38.《ネタバレ》 原作もアニメも何度か挑戦してみたものの世間の評判に反して何が面白いのが全然わからず挫折。この映画も酷評を散々聞いていたので全く見るつもりはなかったのですが、PS4で出ているアクションゲームにドハマりしてしまいその流れでこの映画も鑑賞。正直、こんなに点数低いのが可哀想なぐらいしっかり作ってると思います。キャスティングや漫画が原作ということでキャラに違和感は感じまくりですが、その制約の中でも監督に関しては非常にうまく作ったと思います。CGも日本映画としては最高レベルで良く出来ていますし巨人はもっと人間が演じてる風なんだろうと思ってたのですが、人間っぽい形体はしてますが絶妙にこいつら人間じゃない感じがちゃんと出ていてホラー好きの自分としてはとてもワクワクさせられました。前半の巨人に街が襲われるシーンはやたらグロいですが非常に凝った作りで世界観にあった雰囲気も出せてて楽しめました。オリジナルキャラのシキシマがエレンを煽るだけ煽っておいて「まあ運もあるさ」ととぼけてあっさり見捨てるシーンがかなり好きですね。逆に石原さとみが悪いわけではなく非常にがんばってはいるのですが、雰囲気ぶち壊しだしそのキャラいらねーだろと一番思ってしまいました。脚本に関しては最初っから絵で楽しむ映画だと割り切って見たので全然気にならなかったです、
映画大好きっ子さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2016-07-19 22:27:39)
37.アニメ版とは比べまい、そう思いながら見ました。制作費はかかっていそうです。しかし、それにしてもひどい。逃げるべきところで逃げない。しゃべるなっていうのに大きな声を出すし、立体機動使わないし、登場人物がみんなめちゃくちゃ、ミカサよりほかの女の子の方がかわいいし、巨人は重量感ゼロだし、視覚的にもストーリー的にもひどすぎでしょ。
木村一号さん [CS・衛星(邦画)] 2点(2016-07-18 18:40:36)
36.アニメの不満点がそのまま引き継がれています。アニメがつまらなかった人はこれもつまらないでしょう。特撮はそこそこです。
Robbieさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-07-17 21:21:46)
35.《ネタバレ》 何も期待せず観たら意外と悪くなかった。ただストーリーはそこまで記憶に残らず最後の特撮シーンも微妙な感じだった。
ぷるとっぷさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2016-07-17 15:27:46)
34.《ネタバレ》 特異な設定だけを取り上げて映画にしたみたいです。でも、原作の面白さは巨人がヒトを食うだけじゃなくて、細かく作り込んだ訓練学校の同期生キャラの関係性や会話劇にもあると思っています。本作は後者を全く無視して作られています。なのでドラマが存在しない。原作を知る者にはどうしても辛い見え方になります。もっと悪いのは、原作設定を適当に残しながら、面白くないアレンジが為されてる部分。ミカサを巡る三角関係、いらんやろ。この作品にそんなものを持ち込むのは無粋な雑音です。リヴァイさんモドキを演じる長谷川博己のスカした人物像にもイライラしました。ミカサとリヴァイは主人公を凌駕する個性を持つキーパーソンなのに、それを改悪しています。あくまで原作を知る者の意見になりますけど、ストレスが溜まる作品でした。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 3点(2016-07-17 01:22:14)
33.CGやら特撮部分はよくできていると思うけど、脚本が悪い(原作を読んでいるので余計そう思ってしまうのだが)。
しかし、軍艦島でよく撮影できたな。
あきぴー@武蔵国さん [DVD(邦画)] 3点(2016-06-29 23:14:29)
32.抑揚がなく大仰な演技、違和感しかないセリフ回し。
石原さとみに代表されるアニメ的なセリフ、人物描写、テンションなどを実写に持ち込んでしまっているので、門外漢の自分には、ただただ薄ら寒く感じてしまう。人間が出てくる、ドラマ部分は酷い出来であったと思う。
BGMの使い方や度々差し込まれる、フラッシュバックもどれもくどい。
ただ、巨人それぞれにある個性の描き方、表情の不気味さ、人を食べる描写はすごく良かった。
ちゃじじさん [DVD(邦画)] 4点(2016-05-30 18:34:22)
31.《ネタバレ》 良い点
・巨人VS人、巨人VS巨人の描写は良かった。グロさも絶望感を醸し出して良い感じ。
・もっと浮いちゃってる感が出てるかと思ったが立体機動の映像はまあまあ迫力あり。

悪い点
・エレンが自己中過ぎる。自分の行動で巨人に襲われたにも関わらず
 仲間にスーパー膝蹴りをかます。
・ミカサのキャラが崩壊。尻軽女になっているし、原作のクール、無双感が出ていない。
 序盤でも赤ちゃん食われ、ミカサはちょい噛みでなぜ助かってる?
・シキシマもそんなに無双感が出ておらず、芝居がかり過ぎ。
・人間側が穴だらけ。なぜかほとんどの人がまともに立体機動を使えない。
 「巨人は音に敏感」をほぼ無視し、戦地の色んなところで人間がお盛んになっている。
 偵察もしていないのか、大きくノロい巨人共に不意打ちにあい過ぎ。
・ハンジのギャーギャーにイライラ。
・なぜか巨人一本背負い。アイツ最強じゃないかな。
・銃は巨人に効果はない→弓矢は効果あるの??
とむさん [DVD(邦画)] 3点(2016-05-26 01:12:51)
30.《ネタバレ》 原作(最新話も見ている)+アニメを全部見ているのに
「なんでそんな行動取ってんの」って何度も思ってしまう映画でした。

がっつりネタバレしますが、

・海の絵を見て「海あるで!」とマジで考えるアルミン。
・壁が壊されて直撃したら即死しそうな落石が落ちてきてるのに、とりあえず待機する主人公たち
・巨人がガンガンに入ってきてるけど、とりあえず待機する住人達
・壁や街を壊す巨人が来てるのに建物に立てこもる住人達
・さらに閂を外せば出れるのに、特になにもしない住人達
・訓練したと思えない兵士達。(訓練が足りてない設定ですが、それでも酷い)
・立体機動装置をほとんど使わない兵士達
・餓死がでるぐらい活動範囲が狭いのに、トラックや照明をガンガンに動かせる燃料を保持
・トラックや照明があるぐらい文明が進んでるけど、斧とか弓と剣で戦う兵士達
・声を出すなって言ってるのに、やたら騒がしい
・声を出すなって言ってるのに、いちゃつき出す兵士達
・赤ちゃんの声につられて単独行動ちゃう兵士
・うなじが弱点って教えられてるのにそこ以外を攻撃する兵士達
・「これがエレンだよ」と、ちぎれた腕をミカサに見せるサイコパスなアルミン

と、ぱっと浮かんだだけでもこんな感じに出てきました。

原作を変えるのは面白ければ良い派なのですが
この映画は悪い方向に向いちゃってますね。

「駆逐してやる」ってセリフがこの映画でも登場してますが

エレンの母が一話で食われた(力があれば助けられた)事が前提にあるので
巨人の駆逐しか考えてないので
「巨人を駆逐する」という行動原理は理解できるのですが、

この映画のエレンはそうでもない。ので、
「駆逐してやる」って言われても、「いやいやいや」。お前それほど思ってないだろ」ってなってしまう訳です。

登場人物だけでなく背景を含めた話の掘り下げがあまりなされていないので
軍の作戦も、思いつきだなぁって思いますし
兵長ぽいシキシマも小物感がやばいのです。

兵長やミカサが突出して強いのは
原作ではヒントがありますが、後編ではそこら辺の説明があるんですかねぇ
(前編をみる限り教えてもらったので強くなったみたいな印象が)

とはいえ、良いところもありました。

・超大型巨人の描写と巨人が人々を襲うシーン(実写になるとグロいだろうなぁって思ってましたし)
・アニメのハンジさんに一番近かった石原さとみ
・汚れようが可愛さが全然消えきれないハンジさん

あと、アニメ版の音楽を担当した澤野弘之は偉大だと思いました。
シネマレビュー管理人さん [DVD(邦画)] 4点(2016-05-11 11:53:53)
29.いやそんなに悪くないと思いますよ。7点くらいはつけていいんじゃあ…自分としては珍しく原作読破(16巻まで)アニメも制覇してからの鑑賞。あーずいぶん変えてるんだなあと。何?門前町って?京都かどっかの観光地?ここ装甲車あんの?なんか大砲だけは原作通り手動式の使ってたけど。やっぱり調査兵団は馬に乗って信号弾打たなきゃですわ。リヴァイが敷島パンの社長に変わるのはいいんだけど、ミカサのエレンに対する逆恨みはないわー。ミカサが食われそうになる寸前敷島パンがさっそうと助けにきて、それを見たミカサ、エレン、アルミンの3人が調査兵団に入隊するっていう流れにすればそんな軋轢もなかったのになーとも思う。石原さとみはよかったですよ、石原は。もうアニメのサンジそのまんま。「この人が原作のエルヴィン隊長だな!」と思ってた人があっという間に食われちゃった後は実質彼女が指揮官でしたね。
S.H.A.D.O.さん [ブルーレイ(邦画)] 7点(2016-04-23 09:24:08)
28.《ネタバレ》 どれだけ酷い出来かと思っていましたが、視覚的にはさほどガッカリ感はありませんでした。しかし、ミサイルやヘリや電気を使う道具が存在していたことを、人々が知っているという設定。原作ではおそらく遮断しているはずの情報を市民が知っている。ライトはあるし、移動は馬でなく自動車。科学が遮断されている中であの立体機動装置があるという原作設定が違和感を生み「もっと発達した首筋カットマシン作れるやろ」と感じてしまう。目の前で母を食われた設定は目の前でミカサを助けられなかった設定に変更。どうにもならない状況下だったのに、主人公を責めるような眼差しと態度のミカサには魅力なし。このストーリー運びでの「世界は残酷」も説得力無し。まるで「見ているだけで助けてくれなかった」とひねているような見え方しかしない。エレンが巨人化してミカサを襲うシーンは、このストーリーだと理由が分かりやすいが、原作やアニメでの「制御不能感」のスリルはゼロ。巨人化エレンは筋肉ではなくケロイドに見せたパフパフスーツを着ている感じで興醒め甚だしい。カッコ良くなくゾンビだ。奇行種はギャグになってしまうからか出てこない。巨人たちは最初から女もいる。ということは、この映画版では男性型ばかりの巨人の中に突如現れる女型の巨人のインパクトは予定されていないと思われる。仕方がないことではあるが、全員日本人なのも、古い西洋の街並みではなくなっているのも、正直残念。巨人初登場シーンも、その後の巨人と人間の追いかけっこも、人間側がボケーとつっ立ってたり、しゃがみ込んだままだったりで緊迫感ゼロ。ミサイルに描かれた海を見て「本当にあるんだ」はおかしすぎ。空想を描いたのではなく現実を描いたとは限らないのだから。ミサイルに立つエレンは「未来少年コナンか!」だし、ミカサをつかむ巨人エレンは「キングコングか!」という感じでした。とっても薄っぺらいドラマになってしまっていて残念でした。
だみおさん [DVD(邦画)] 3点(2016-04-16 03:51:43)
27.原作のファンではないのでこだわった先入観なく観れた。思ってた以上に特撮に関しては良く出来ていた。巨人と普通の人間との距離感やスケールの違いも、なかなか計算されてて臨場感があった。カット割りも、派手にカメラを動かすことなく、ワンカットワンカットをかなりの時間と手間をかけて繋いでいくことで、落ち着いた画角の中に疾走感ある画を表現することに成功している。これはハリウッド映画によく見られる手法で、監督がかなり勉強&チャレンジしてることが伺える。日本映画が不得意だったアクションシーンに一石投じてくれたことに感謝したい。ただ一つ難を言わせてもらえば、立体機動装置のワイヤー目線とか、その他動きの中のアップがもう少しあっても良かったかな。次は照明。光と影のコントラスが視覚的に絶望や恐怖を煽る役目を見事にはてしていた。ありがちな暗すぎて何をしているのか分からない状態になっていないのも評価したい。特撮や編集・照明などの技術的部分に6点献上です。脚本に関しては各キャラクターの設定がどうにも中途半端。特に主要キャラの3人はその背景がイマイチ伝わらないし、友情や愛情に共感しにくい。結果、ただ漠然と巨人と戦っていることを淡々と観ていることに。自分はもともと映像だけを目的に鑑賞したようなものなで、特に目くじら立てることもなかったです。でもまあ脚本が良いに越した事はないんですが。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 6点(2016-04-10 21:17:47)
26.《ネタバレ》 エヴェレスト級にそびえ立つツッコミ所を帳消しにした、石原さとみの存在感に驚愕を隠せない。
aksweetさん [DVD(邦画)] 5点(2016-03-05 02:00:42)
25.《ネタバレ》 この映画を見るために、DVDを全部みて、まんがを全部読んで、さあ映画館だあ。と思ったのですが、このサイトをみて、やめました。しかし、評判よりはまあまあでした。〈4点で高めです〉ただ、はまったのは石原さとみさんだけでした。こんなに失敗すると、原作通り作った方がよかったんではないかと思います。しかも、10作以上作るという暴挙にでるのです。または、この作品なら、成人映画にして、水原さんの濡れ場を作り、愛憎をキチンとえがいた方が良かったと思います。ただし、次も見ます。最後までみないとね。作った人の根性が少しでも感じたいからです。エンディングの曲も良かったです。ただ、エバンゲリオンのように、途中で流れた方が合うと思いました。また、壁を壊した巨人が出るときは、ゴジラのような音響が聞きたかったです。なんせ東宝なのだから。第2のゴジラになれずに残念です。まあ、ゴジラの時は原爆に対する怒りがきちんとありました。この作品にはなんの哲学も感じません。魚だって、大きな魚は小さな魚を食べるのです。人間だけが自然の摂理に逆らっているのです。地球の怒りがあれば良かったのにと思います。
matanさん [DVD(邦画)] 4点(2016-02-22 20:51:19)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 44人
平均点数 4.23点
012.27%
100.00%
236.82%
31125.00%
41125.00%
5920.45%
6511.36%
749.09%
800.00%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 3.50点 Review2人
2 ストーリー評価 2.50点 Review2人
3 鑑賞後の後味 3.00点 Review2人
4 音楽評価 3.33点 Review3人
5 感泣評価 1.50点 Review2人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS