ユリゴコロのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ユ行
 > ユリゴコロ
 > (レビュー・クチコミ)

ユリゴコロ

[ユリゴコロ]
2017年【日】 上映時間:128分
平均点:5.33 / 10(Review 9人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-09-23)
ドラマサスペンスミステリー小説の映画化
新規登録(2017-09-17)【ヴレア】さん
タイトル情報更新(2021-10-04)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督熊澤尚人
キャスト吉高由里子(女優)美紗子
松坂桃李(男優)亮介
松山ケンイチ(男優)洋介
佐津川愛美(女優)みつ子
清野菜名(女優)千絵
木村多江(女優)細谷
原作沼田まほかる「ユリゴコロ」(双葉社刊)
脚本熊澤尚人
音楽安川午朗
津島玄一(音楽プロデューサー)
製作木下直哉
日活(「ユリゴコロ」製作委員会/製作幹事)
東映(「ユリゴコロ」製作委員会)
ポニーキャニオン(「ユリゴコロ」製作委員会)
双葉社(「ユリゴコロ」製作委員会)
木下グループ(「ユリゴコロ」製作委員会)
イオンエンターテイメント(「ユリゴコロ」製作委員会)
企画日活
配給東映
日活
衣装宮本まさ江
編集熊澤尚人
録音柴崎憲治(音響効果)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
9.《ネタバレ》 自分の出自を知るってそこまでショックを受けてしまうものなのかな。動揺のしかたが少し極端かなと感じた。さすがに親が人殺しだったわけではないですが、いやたぶんね笑、でも成人してそこそこ歳食っていれば清濁合わせ飲むではないがそんなにみんな清廉潔白なわけ無いってうまく処理できそうなもんですが。
自分なら出自なんかより、自分やその周りの人の「今」のほうがよほど大事です。自分が生まれる前の親の過去なんて知ったところで別にそこまで考えない。過去の親の犯罪のせいで付き合ってる女性と別れることになってしまったとかならまだ理解できる。しかしそんなことも起こらず、五体満足ですくすく成長し、自分の店が持てるまでになれたならそれで充分では。殺人鬼の血をひいていたから車の運転が乱暴とでも言いたげな描写も少し引いた。それこそ安直だわ。

「ユリゴコロ」=「揺り心」ってことなのかな。なぜあんな精神科のようなところに行かなければいけなかったのかは定かではありませんが、あのくらいの子があまり喋らないとかまあ普通にあるんではないだろうか。穴に色々生き物を入れてしまうような行動も、描き方が暗すぎて不気味な気がするだけで、普通では。昆虫の標本とか、蟻の巣にイタズラする子どもに似たような演出付ければそれなりに不気味になるでしょう。それよりもそのあと人を殺してしまったことで彼女の運命はもう方向づけられてしまった。そう感じました。

設定では木村多江さんは主役の松坂桃李さんの「親くらい歳が離れてる」と自分で言ってましたが、どう見てもそこまで歳が離れてるようには見えない。なんだったら婚約者の千絵さんと同世代でも通じるくらい。母親役にはちょっと若すぎて違和感でした。

はじめは「ユリゴコロ」を持たなかった美紗子も、洋介と出会って徐々に良い意味でのユリゴコロを持てるようになっていったことが見ていてわかりました。人を好きになって、その人からも愛され必要とされて、人は変わるんだなと思いました。愛する人や子どもの大切さを確認できた映画でした。
TANTOさん [インターネット(邦画)] 7点(2021-06-28 21:16:39)
8.《ネタバレ》 ところどころ強引な部分はあるが、よく出来た話ではある。
殺人鬼として生まれたしまった主人公も可哀想でもある。
一部の過激な描写は不快感が残った。
にじばぶさん [インターネット(邦画)] 6点(2021-06-01 02:55:35)
7.《ネタバレ》 サイコパスの物語かと思って観ていれば、途中から純愛の物語に。原作も知らない人間からすれば軸がぶれており、何を描きたいのか。何を伝えたいのかが分からなかった。そういう意味で言うと、終始一貫して暗い雰囲気で退屈な物語である。あらゆる場面でのご都合主義に偶然の再会にも少し興醒めする。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2019-08-27 10:21:42)
6.邦画サスペンスにしては珍しく終盤グタグタになりません。終わりが良いと映画全体が良く見えるのでお得です。ただ残念ながら中盤(リストカットのあたりとか)がグダグダです。
紫電さん [DVD(邦画)] 8点(2019-08-16 14:52:02)
5.《ネタバレ》 いくらなんでも殺しすぎ。
佐津川ちゃんとのリスカセッションは怖すぎ。
と、まー『すぎたるは及ばざるが如し』のはずなんだけど、意外と良かった。
松山ケンイチさんで持ち直したといいますか、よし、最後までコイツらに付き合ってやろうじゃねーかと思えました。

映画のセオリー、『子供を殺したらアカン』ってのを思い知りました
ろにまささん [CS・衛星(邦画)] 7点(2018-10-22 23:25:38)
4.《ネタバレ》 原作は未読、DVDパッケージの写真と吉高由里子に惹かれて鑑賞しました。

なかなかよくできた作品だと思いましたが、原作を読んでいる方は点が辛くなるようです。ずいぶん登場人物や謎をカットしてして、ミステリー要素が減ってしまったそうですし。
けれど、この映画の主役は吉高演ずる美沙子であり、松坂桃李演ずる亮介ではないことから、映画の主題がミステリーではなく一人の殺人者である女性の半生を描くことなのがわかります。なので原作とは全くの別モノ、として観た方が作品を楽しめるし、味わえると思います。

しかし、前半は確かにつらかった。
サイコパス美沙子がユリゴコロを求めて幼少期からずっと殺人を繰り返すさまを描くのですが、なんとゆーかグロいし画面はやたら暗いし淡々としていて、このテンポで最後まで観るのはキツイと、途中で休憩を入れたりしました。

また、松坂演ずる亮介に魅力がないんだ…。
婚約者が行方不明になったっつーのにたいして探しに行かず、他人まかせ。警察にも行かず探偵も雇わず、じゃー何しているかとゆうと、実家に謎のノートを読みにせっせと通うという…。何やっとんじゃ、オマエ(呆)。

後半は松山ケンイチ演ずる洋介が登場して、一気に画面に花が咲く感じ。いや違うか…。なんというか魅力的なキャラクターが登場した!という感じで、ストーリーは淡々としつつも濃度を増して、どんどん目が離せない感じになっていく。

役者の力ってすごい。
松山ケンイチは別にイケメンではないが、すごく魅力のある俳優さんだ。彼は常に作中人物になりきり、その人物がもつ独特の雰囲気まで演じ切ってちゃんと画面から放出してくれる。
妖艶さと清純さをあわせもち人を惹きつける演技をする吉高由里子といい、この二人のキャスティングのおかげで、この映画のクオリティが上がっているのは間違いない。

対して、松坂桃李はイケメンの部類に入るんだろうけど、いつも合格最低点スレスレの演技しかできない。
絶望して叫べと言われれば叫ぶ演技をするし、沈痛な表情をしろと言われればできる。殺気立って睨みつけろと言われたら、ちゃーんと白目がちに目をむいて睨みつけるんだけどねぇ。
でも「そういう演技」は出来ても、その人物になりきることはできない。だからどんな役をやってもみんな同じに見える。亮介と藤吉(byわろてんか)の違いがどこにあるのか、さっぱりわからん。

なので私にとって一番のクライマックスは、亮介と美沙子の再会ではなく、美沙子と洋介の別離のシーンだった。
この二人の素晴らしい演技に圧倒され、涙なくしては観られなかった…。

一番の難は、亮介の婚約者の千絵と美沙子が「偶然」仕事仲間で、「偶然」都心のホテルでばったり会った、という部分。
あまりにもご都合主義な設定で、ちょっと待てー!と、涙も乾いてしまいましたよ。
そこは子どもである亮介が心配で、正体を隠したまま側にいて彼の成長を見守っていた、という設定にしなければおかしいでしょ。原作もそうだったらしいのに、なぜわざわざ不自然な設定に変えたのか。
その部分をミステリーとして描くつもりがなかったからなんでしょうけど…。
もしや「殺人者の愛と生を描く」というテーマをゆるぎなくしたかったため、あえてそのミステリー部分を排除したのかも?ですね。

そう、この作品はミステリーでもサスペンスでもなく、殺人鬼である女性の人生と愛を描いた作品なのです。
これからご覧になる方は、ぜひ原作と切り離して観てください。
心を持てない殺人者だった彼女が、ユリゴコロを求めて罪を犯しさまよい、やがて愛情を手に入れ心を持つ人になり、そしてすべてを失くしても、かつて手にした愛をずっと慈しんでいる姿になんとも言えず胸を打たれると思います。
りりらっちさん [DVD(邦画)] 6点(2018-07-14 01:26:50)
3.《ネタバレ》 映像には映像の良さがあり、映像ならではの見せ方がある。小説、活字には活字の良さがあり、活字ならではの読ませ方がある。この作品を観て、そのことを強く思い知りました。私は原作を既に読んでおり、その凄さに圧倒されました。そこには活字でしか表現できないものがあり、もしこれを忠実に映像化するとなると、相当苦労するだろうな~、と思ってました。でこの映画、案の定、映像化困難な箇所はご都合的なモノにすり替えられ、全くもって本来の凄さや感動が伝わってこなかった。もし万が一にもこの映画を観て、いまいちと感じ、偶然にもこの投稿を読んだ人がいたなら断言しよう!原作は数百倍オモシロイ!と。好みはあるかもしれませんが、百聞は一見に如かず、とりあえず読んでみて欲しい。

美紗子は心の拠り所として他人の死を求めていただけで、殺しのプロフェッショナルでもなんでもない。ゆえに腕っ節の立つヤクザを4人もまとめて殺すなんて芸当は考えられない。殺害現場を見る限り、飛び道具、もしくは誘惑しての青酸カリ、などではなく、明らかに刺殺に見えたから尚の事ありえない。それからミステリーものに於いて、別人に整形、は御法度です。はい。

ボロクソ言いましたが、少年が鉄板の下敷きになるとこまでは、カメラアングルや照明、編集など、ぞっくとする良い雰囲気出てました。
Dream kerokeroさん [DVD(邦画)] 4点(2018-04-29 15:22:54)
2.《ネタバレ》 (注:当方、原作を先に読んでいる為にここまでの低評価になっております)

果たして原作を読んだ人でこの映画を絶賛している人は居るのだろうか?という位ストーリーの改悪が酷い。原作で1番面白い要素であるミステリー部分をスッパリ取っ払うという暴挙!原作で主人公が日記を読み進める為の重要な動機が映画ではただの興味本位になっている…。
思えば、吉高由里子が主演にクレジットされている時点で気が付くべきだった。彼女の出演シーンを増やす為にシナリオを変えてしまったんだろう。原作に忠実にするなら、この映画の主演は松坂桃李でなくてはならない。
それから、ネタバレになるけどどうしてもこれだけは言いたい。

↓以下ネタバレ注意

"ユリゴコロ"でヤクザ複数人は殺せないだろう。このシーンの荒唐無稽さには呆れた。どうやって殺したかの描写もないから余計腹立つ!
ヴレアさん [映画館(邦画)] 1点(2017-09-28 12:59:44)
1.《ネタバレ》 ナイフや包丁が肉を割く擦過音、階段を転げ落ちる打突音など、殺人シーンのインパクトを高める音響に力が入っている。
雨降りの中、ヒロインに差し込む白光や、佐津川を赤い影で縁取る照明など、異質な光の扱いや
ワンポイントの赤の用い方も作品に独特のルックを与えている。

ロッジの上階や物影からなど、何者かの窃視を仄めかすようなアングルのショットも幾度か挟まれ不安感を醸し出す。
それらは結果的には実際の窃視者のものと必ずしも整合しないのだが、その歪な構図は後半への伏線のみならず、
作品にホラーテイストの加味ともなっている。

辻褄合わせの脚本化は結構苦労したのだろうけれど、松坂桃李が自発的にヒロイン探しに動かず、
木村多江にほぼ丸投げしているかのような脚色は物語としては大きな違和感だ。
そこを上手く誤魔化すなんらかの工夫が欲しかったところ。
『俺は殺人鬼の息子なのか!』などという説明絶叫も、
「震える手でノートを掴む主人公」とでも書かれているだろう紋切り型のシナリオをそのまま絵解きする演技指導も
ちょっといただけない。

鏡割りのシーンやラストの病室の白カーテンのシーンなど、難しいワンショット風の撮影で頑張っているが、
夫婦の再会の図まで見せる必要性があったか疑問だ。

総じて、小手先のテクニックはあってもハートに欠けるという印象だ。
ユーカラさん [映画館(邦画)] 4点(2017-09-24 20:11:49)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 9人
平均点数 5.33点
000.00%
1111.11%
200.00%
300.00%
4222.22%
5111.11%
6222.22%
7222.22%
8111.11%
900.00%
1000.00%

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS