ファントム・スレッドのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ファントム・スレッド
 > (レビュー・クチコミ)

ファントム・スレッド

[ファントムスレッド]
Phantom Thread
2017年【米】 上映時間:130分
平均点:6.88 / 10(Review 8人) (点数分布表示)
公開開始日(2017-05-26)
ドラマロマンス
新規登録(2018-02-18)【皐月Goro】さん
タイトル情報更新(2018-03-05)【皐月Goro】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督ポール・トーマス・アンダーソン
キャストダニエル・デイ=ルイス(男優)レイノルズ・ウッドコック
レスリー・マンヴィル(女優)シリル・ウッドコック
リチャード・グレアム(男優)
脚本ポール・トーマス・アンダーソン
音楽ジョニー・グリーンウッド
編集ディラン・ティチェナー
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
8.《ネタバレ》 映像、衣装、演技、演出のすべてが整っている。キノコで男を操る歪んだ愛はなかなかおもしろくはあるけれど、もう少し物語に捻りや意外性があっても、というところ。完成度の高い作品を送り出すPTAだが、「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のような、強引さをものともしない、圧倒的な力強さのある作品をまだまだ期待してしまう。
カワウソの聞耳さん [映画館(字幕)] 7点(2019-03-17 20:37:43)★《新規》★
7.《ネタバレ》 とても素晴らしいラブストーリー。
ファントムスレッド・・・幽霊の糸。

亡き母親に育まれた才能を開花させた職人肌の仕立て屋は、
新しい女性との出会いの中で、自分の中の何かが崩れ、何かが芽生える、そんな映画と僕は解釈しました。

女性は永遠の謎と言いますよね。
本当にそう。でも永遠の出会いなんですよね。
格調高いラブストーリーに仕上げたポールトーマスアンダーソンに乾杯です。
今までの彼の作品は、どれも重かったけど、それでも新しい映画を、新しい人間描写を、
と常に格闘しているこの映画作家に、本当に敬意を示したいです。
トントさん [DVD(字幕)] 9点(2019-03-02 15:47:21)
6.《ネタバレ》 一級の腕を誇る仕立て屋の初老の男性と、彼に見染められたモデルの女性との一見華やかだがやがて歪んでゆくある愛の形を描いた心理ドラマ。監督は現代ハリウッドで独自の位置を築き上げたポール・トーマス・アンダーソン、主演には今作が事実上の引退作となる名優ダニエル・デイ・ルイス。確かに、何処を切り取ってもまるで一級の絵画のように美しい映像と小鳥の囀りのような上品な音楽、そして名優たちが織りなす気品に満ちた演技とでもって非常に芸術性の高い世界観を構築している作品であることは僕も認めます。美しいだけでなく、そこに一片の毒を盛り込み、それがやがて二人の関係を歪なものに変えてゆくところなどいかにも耽美的でいい。ただ、さすがにストーリーに起伏がなさ過ぎます!最初はキレイでいいなあとこの美しい雰囲気を楽しんでいたのですが、途中からさすがに飽きちゃいました。映像や音楽は凄く良かったので、もうちょっと物語の見せ方を考えてほしかったですね。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 5点(2019-01-30 14:31:55)
5.《ネタバレ》 傑作。美術良し。演技良し。ヴィスコンティが、谷崎文学の映像化をしたような映画。ただ、変態度は低い。
にけさん [映画館(字幕)] 9点(2019-01-26 22:01:11)
4.《ネタバレ》 映像的には格調高く、実に見応えがありました。
ダニエル・デイ=ルイスは私は心の底からすごい俳優さんだなと思う人物の一人で、
やはり安定の演技を見せつけてくれましたが、アルマ役を演じたヴィッキー・クリープスに驚かされました。
彼を見つめるあの瞳が印象的で脳裏に焼き付いてます。
そして姉のシリル役を演じたレスリー・マンヴィルの冷たい目もまた同様に脳裏に焼き付きました。
この3人の素晴らしい演技でグイグイと引き込まれます。
ただ、この愛は私にはちょっと異形すぎてついていけず、、、(笑)。
なんちゅうこっちゃ、、、、と思わず呆れてしまいました。
いわゆる共依存関係となった二人ですが、そういえばキノコも植物と共存関係を形成して成長しますね。
何かしらメタファーのような意味合いがあるのかもしれませんね。
あろえりーなさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2018-12-24 22:21:41)
3.《ネタバレ》 めんどくさい男と怖い女の物語。にしても長いわ! この監督ならではのテイストではありました。画は綺麗。
kaaazさん [インターネット(字幕)] 5点(2018-12-14 23:36:39)
2.《ネタバレ》 冒頭10分でオートクチュールの仕立屋レイノルズと彼を取り巻く上流階級を隔たりなくスムーズに描く手際の良さに、ポール・トーマス・アンダーソンとダニエル・デイ=ルイスの徹底した芸術家肌を見る。埃一つ落ちていない、一つ一つが芸術品のような仕事場、面倒の無い規則的な習慣こそが彼の世界で彼の全て。ところがアルマという"未完成"な女性を気に入ったことから、静かな不協和音が生じる。自分にとって都合の良い、理想の"マネキン"として仕立てていくはずが、逆にアルマが彼をコントロールしようとする展開からホラー風になる辺りが新鮮。恋愛も結婚もお互いに妥協しながら維持していくものであり、レイノルズみたいな完璧主義者を陥落させるにはどうするかという一つの答えだろう。物事が進まないことを私のせいにするならば、逆に私なしでは生きられないようにしてあげるという、ヤンデレ的なSMプレイ。共依存にも思えなくないが、あえてハッピーエンドで終わらせる潔さを買う。一作一作完全燃焼で全力投球するダニエル・デイ=ルイスの引退作になるのかと思うと寂しい。
Cinecdockeさん [DVD(字幕)] 8点(2018-11-08 18:50:39)
1.《ネタバレ》 異形の愛を紡ぐラブロマンス。必殺・毒入りスープを召し上がれ。名優ダニエル・デイ・ルイスに引導を渡す。大好きな死に損ないのアナタ。こんなアタシ、ちょいと歪んでるっ。
獅子-平常心さん [映画館(字幕)] 6点(2018-06-02 00:51:17)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 8人
平均点数 6.88点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5225.00%
6225.00%
7112.50%
8112.50%
9225.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 6.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 6.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

【アカデミー賞 情報】

2017年 90回
作品賞 候補(ノミネート) 
主演男優賞ダニエル・デイ=ルイス候補(ノミネート) 
助演女優賞レスリー・マンヴィル候補(ノミネート) 
監督賞ポール・トーマス・アンダーソン候補(ノミネート) 
作曲賞(ドラマ)ジョニー・グリーンウッド候補(ノミネート) 
衣装デザイン賞 受賞 

【ゴールデングローブ賞 情報】

2017年 75回
主演男優賞(ドラマ部門)ダニエル・デイ=ルイス候補(ノミネート) 
作曲賞ジョニー・グリーンウッド候補(ノミネート) 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS