ルパン三世 THE FIRSTのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ル行
 > ルパン三世 THE FIRST
 > (レビュー・クチコミ)

ルパン三世 THE FIRST

[ルパンサンセイザファースト]
2019年【日】 上映時間:93分
平均点:6.43 / 10(Review 14人) (点数分布表示)
公開開始日(2019-12-06)
公開終了日(2020-06-03)
アクションコメディアドベンチャーシリーズもの犯罪ものTVの映画化漫画の映画化CGアニメ
新規登録(2019-09-24)【イニシャルK】さん
タイトル情報更新(2020-11-30)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督山崎貴
栗田貫一ルパン三世
小林清志次元大介
浪川大輔石川五ェ門
沢城みゆき峰不二子
山寺宏一銭形警部
広瀬すずレティシア
吉田鋼太郎ランベール
藤原竜也ゲラルト
伊藤和晃ブレッソン
原作モンキー・パンチ
脚本山崎貴
音楽大野雄二
作曲大野雄二「GIFT」/「THEME FROM LUPIN III 2019」
編曲大野雄二「GIFT」/「THEME FROM LUPIN III 2019」
製作市川南〔製作〕
島村達雄
トムス・エンタテインメント(製作幹事/2019映画「ルパン三世」製作委員会)
日本テレビ(製作幹事/2019映画「ルパン三世」製作委員会)
東宝(2019映画「ルパン三世」製作委員会)
読売テレビ(2019映画「ルパン三世」製作委員会)
白組(2019映画「ルパン三世」製作委員会)
プロデューサー阿部秀司〔製作〕(エグゼクティブプロデューサー)
制作トムス・エンタテインメント
配給東宝
その他モンキー・パンチ(献辞)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
14.《ネタバレ》 予想していたよりも良い出来で、とくに前半は楽しめた。アニメよりリアルになったことで、アクションシーンの迫力が増したせいかもしれない。全体的にはさすがにうまくまとめてきたなという感じ、6点に近い7点献上。
ただ後半の謎解きはかの有名なインディージョーンズのパクリというのがバレバレだし、どうあってもルパンが成功するシナリオが見え透いているので、失速の印象。あと広瀬すずを主人公の声優に起用してしまったのは一番の問題点で、最後まで違和感があった。
mhiroさん [地上波(邦画)] 7点(2021-01-29 20:50:01)
13.《ネタバレ》 まったく期待してなかったけれど、意外に楽しめました。CGアニメもさほどの違和感はなく、スペクタクルの迫力も堪能できました。「考古学」を題材にした物語もわたしの好みに近いし、ルパンとヒロインの「疑似親子的」な関係も温かみがあってよかったです。
キャラクターデザインは、わたしの理想とは違ってましたが、それはまあ本作に限ったことではありません。ほんとはモンキーパンチの原作のようなアダルトでスタイリッシュな画風が好きだし(宮崎駿の可愛すぎるルパンは嫌い)、できれば次元と五右衛門も、ルパンの後方支援をするだけの金魚の糞じゃなく、互いに反目しあうような緊張関係にあってほしいのですけど、それをアニメで実現してくれたのは、いまのところ小池健だけです。
とはいっても、原作のような虚無的な物語が好きというわけでもなく、アニメ版にありがちなSFっぽい話が好きなわけでもない。そんなワガママな「理想のルパン像」を満たしてくれる作品に出会うのは難しいですね。
まいかさん [地上波(邦画)] 7点(2020-11-30 12:19:36)
12.《ネタバレ》 …今回もイマイチでした。こちらの平均点が高めなので、今度こそはと期待したのですが…。
自分にとって面白いルパンは緑ジャケの第一期&カリオストロ、その次に赤ジャケの第二期です。それ以外のルパンはどれも楽しめないのです。一つ一つツッコミを入れてったらキリがないので出来ませんが、それら「駄目なルパン」と第一期の違いは何だろうと考えました。
もちろん第一期とカリ城には、かの天才・宮崎駿氏が関わっています。でもそれだけではないのです。宮さんが関わり出したのは第一期7話目からですが、自分は大隅正秋氏が手掛けた開始当初のハードボイルドなルパンも本当に好きなんです。むしろあの頃が一番と言っていいくらいです。
なぜなのか必死に考えました。これが正解かは分かりませんが、これかなというのが。それは「間の取り方」です。
緑ジャケのルパンは結構繊細なのです。失敗して凹んだりします。うるせーちきしょーとヤケになったり。あっさり人を、特に女を信じます。そしてあっさり裏切られます。そして時たまとても寂しそうな顔をします。そのまましばらく静止します。そこに山下毅雄のバラード曲。哀愁があるのです。
常にポジティブで元気でコミカルで、超人的な身体能力と天才的な頭脳を駆使し数々のピンチを切り抜けるのがルパンですが、同時に初期のルパンは拗ねたり感傷に耽ったりしていたのです。超人にも苦悩がある事を垣間見せてくれていました。
以降のルパンは考えてみるとこの「間」がありません。終始ドタバタしっぱなしで哀愁が感じられない。ルパンの苦悩が描かれず、超人そのものです。我々凡人は、超人には感情移入出来ないのです。ヒットメーカーCLAMPさんも万能キャラは作ってはいけないというポリシーを持っておられます。
もちろんそれ以外にも足りないものは幾多あります。今回の「THE FIRST」も、残念ながらキャラの魅力が足りません。今回のメインゲストである少女・レティシアをお嫁さんにしたいと思った人はどれくらいおられるでしょう。敵であるランベールやゲラルトの真似をしてみたいと思う人は。斬鉄剣が訳の分からない使われ方をしておたおたする五ェ門をカッコいいと思った人は。不二子みたいになりたいと憧れる女の子は…銭形のとっつぁんが味方になってくれた!いい味出してる!とっつぁんなくしてこの映画は有り得ない!と思った人は…。
ストーリーに関しても特筆すべき所はありません。むしろツッコミ所の方が多い。とっとと殺せばいいのにいつまでも銃爪を引かない大ボスのゲラルトさん、なんか知らんけど錯乱しっぱなしで落ち着けと言いたくなる安っぽい博士・ランベールさん、ラストの別れにしてもなんでレティシアはルパンになびいてついて来ようとしたのでしょう。ちょっと強引じゃありません?あなたの夢は考古学の道に進む事なのでしょう??クラリスのオマージュなんでしょうけど、クラリスは大半の視聴者がお嫁さんにしたいと思う程魅力的に描く事に成功したヒロインであり、そんな子が(我々が感情移入する側のキャラである)ルパンについて来ようとしたら、そら男のロマンってもんでしょう。やったぜです。ガッツポーズです。もう脳内でクラリスと世界を飛び回りいちゃついてベッドインしてと一瞬妄想してしまうのが普通の感覚です。さらにそんなお嫁さん候補の行く末を案じ必死に我慢して身を引くルパンがまた粋であり哀愁なのです。ルパンには哀愁が似合うのです。よくよく考えればそれが正しい選択であり、妄想に浸る我々も目を覚まします。ルパンは正しい。そんなルパンが魅力的であり、感情移入出来るのです。残念ながらレティシアは、そんなロマンを感じさせるキャラクターに育てる事に成功していない気がします。
長文失礼致しました。今回は真ん中の5点です。見ててもう本当に何も無くて、このままだとかなり低い点数つけちゃいそうだったのですが…ランベールがレティシアの身代わりになった所。策略的な関係ではあったが長く共に暮らした家族への人情が垣間見えて嬉しかったのと…ルパンのお爺ちゃんの帽子のとこですね。祖父がこう切り抜けたのだろうと発想し、突破し、祖父の帽子を被り。お馴染みの曲のサビの部分にピッタリ合わせた演出は圧巻でした。痺れました。音楽ってすごく大事だと思います。上記2点のプラスが退屈さと物足りなさによるマイナスを押し上げて5点です。
にしきのさん [地上波(邦画)] 5点(2020-11-28 03:43:57)(良:2票)
11.《ネタバレ》 ありがとう!山崎監督!
我々の世代は本当に欲していた、面白いルパンの新作を!
そして待ちに待ったソレが来た!

オープニングで涙が出た。
我々は本当にこのシリーズを愛してる。
最後まで期待を裏切らぬルパン映画だった。

明らかに本作はインディジョーンズシリーズへの宣戦布告。
最後の聖戦を思わせるブレッソンノート。
スピルバーグを思わせる養父の教授。

アルキメデスから急上昇の山崎監督。
オリンピックのプレイベントも楽しみです♪
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2020-11-21 23:14:53)
10.全編フルCGではあるけど「ルパン3世」らしい映画でした。
90分でさくっと見る分にはちょうど良い娯楽作品。
愛野弾丸さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2020-10-29 07:24:25)
9.お馴染みの「ルパン三世」だが、初のCGアニメ化、その名も「THE FIRST」。こんな感じになるんだ~と新鮮でワクワク感も大きかった。また、銭形は昭和一桁生まれだし、ヒトラーが生き延びているかもしれない…くらいの時代にあえて設定しているのもセンスがいい。ルパン一味が活躍する舞台としてはこれくらいの時代がよく似合っている。脚本的には特段こだわりもないだろうけど、ランベールの心の揺れはもう少し丁寧にやってほしかったかな。はっきり言ってしまえば、よく分からなかった…。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2020-10-07 23:04:24)
8.リップシンクの問題は日本はアフレコ文化なので仕方ないかも。
欧米の様に声を先にやるのはコストがかかるのかしら、やっぱり。

丸々ルパン世代ですが、劇場で今作の予告編を見た時はなんだか落胆してしまい
作品は全て観ているけれど、今作はやめておこうと思ってしまいました。
イメージというか、、、まぁ私は古いタイプなので変化が怖いのかな。

でもたまたまWOWOW放送時にチャンネルが合ってしまい鑑賞。
感想は、やっぱり想像を越えませんでした。
全体に漂う違和感。それは私の固い頭のせいなのかも、ですが。
movie海馬さん [CS・衛星(邦画)] 4点(2020-10-04 15:59:54)
7.《ネタバレ》 ついにルパンもフルCG化ですね〜。
いやクオリティはすごく高かったので安心致しました。
日本でもこれだけレベルの高いCGアニメーションが作れるようになったのだなと、その進化を目の当たりにしました。
違和感みたいなものもほとんど無かったですが、強いて言えば声優さんが口を合わせるに当たり自由度は少ないのだろうなとは思いました。
ストーリーは可もなく不可もなく無難。
あろえりーなさん [ブルーレイ(邦画)] 6点(2020-07-14 16:28:05)
6.《ネタバレ》 とうとうルパン三世が3DCGになった。まあ時流だからしょうがないけど。

 見ていて思ったのは、インディ・ジョーンズを思い出すなあということ。インディの世界の超常現象は(おそらく)神の御業的な扱いだったはず。それが最後の「クリスタルスカル」のときに異星人の超テクノロジーを出してしまってすっかりシラケてしまったのを思い出したのだ。今作も同様に、明かされた古代文明の技術が異常な超テクノロジーなので、萎えるのだ。許容できるのはマモーの話くらいまでだ。こんなにすごいテクノロジーなら、自分を破壊する司令に安全装置くらいあるだろと思ってしまった。

 そういう超テクノロジーではなく、例えばファーストシリーズでの実写ではありえない「現金輸送車を絵で騙す」というのや、カリ城の崖を登るフィアットなんかもギリでそうだった「アニメーションならではの面白さ」を期待してしまう。、同じ超テクノロジーが出てきても魔毛狂介の時のように「自分らの」やり方で対処するような。見事さを見たかった。

 ルパンが作られてから毎回言ってる気がするが、今回もまた「ルパンが来ちゃったから、ゴチャゴチャするから帰る」とフジコに言わせたり、ルパンを空中で泳がせたり、銭形に休戦を申し込んだり、最後に警察一行がヒロインに敬礼したり、いいかげんにしろと思う。多くの人はオマージュとか言うんだろうけど、私には呪縛にとらわれているとしか思えない。若い女の子を救う話もそうだ。もうカリオストロの呪いからは脱却するときだ。

 ところでCGでのキャラクタたちの顔については、概ね高感度良しだ。だいたい私はシリーズ2以降の「セクシーで色っぽい峰不二子」ってのが、気に入っていない。私の不二子像はファーストの時の6・70年代の行動的な可愛いお姉さんなので、その人が大人になった感じを期待してしまうのだ。今作の不二子はギリギリそういったニュアンスが出ていたと思う。また、特に良かったのが次元大介の無精髭周り。顔を出すのは一向にかまわない。五エ門だけはもうちょっと日本的な顔立ちが良かったけど。

 色々不満点はあるが、総合的には安っぽいスペシャルや安直な劇場版よりはCGのリアルに助けられた感じで高得点。
Tolbieさん [DVD(邦画)] 6点(2020-06-06 21:21:29)(良:1票)
5.《ネタバレ》 観るまでは作品の出来に半信半疑だったのですが、快作でした。3Dの重厚な質感の中でキャラが動き回るのは思った以上の感動。とくにアクションの切れの良さはフルアニメならではと思えます。ルパン一家の造形も良く、中でも次元大介は気に入りました。最近ナチスやヒトラーのドキュメンタリーを見たせいで、たとえアニメであってもヒトラーを動かすとヤバいですね。若い娘とルパンの冒険という話は、手あかのついた定番すぎる気がしましたが、声をあてた広瀬すずの声質と演技(動画も含めて)で魅力的になったと思います。お正月に観る映画にふさわしい作品でした。
みみさん [映画館(邦画)] 7点(2020-01-04 09:25:28)(良:1票)
4.ルパン世代としては、ルパンが3Dで鑑賞できただけで、満足です。
ビアンキさん [映画館(邦画)] 8点(2019-12-21 09:25:04)
3.《ネタバレ》 話の内容的には、メインである「なんとかダイアリーの謎」の真相にせよ終盤のナチ絡みにせよ、はっきり言ってどうでもいいレベルの取って付けで、かつ全体的に少し盛り上がりに欠ける上に特に終盤はテンポも悪く、シナリオ面はハッキリ言って相当に不出来であると感じている。ただ、ルパン三世に限らずキャラもののアクション系ってどれも毎回こんなもんじゃねーかとも思うので、キャラ映画としての出来が良ければ別段気にはならないと言っても過言ではないとも思う。

じゃあそっち方面の出来はどーなのかというと、ルパンチームの見せ場のボリュームが全体的にやや不足しているような気もするが、ルパン自体の出来(CGとか声の演技とか)は鉄板だし、次元と五ェ門はなんかかなりシブくて格好良いし(特に次元)、これも全体としてまずまずと言ってよいレベルではあると思う。個人的に少しだけ残念なのは不二子で、改めて聴くとやっぱり声に色気が絶妙に足りないと感じる(オッパイ大きくすれば良いってもんじゃない)。CGの質で言えば、これもアクションは十分に迫力ある出来だが、キャラの演技(表情・全体の動き・リップシンク等)のシーンは少しだけ世界最高水準には劣るかもといった印象(個人的には十分違和感無く観れるレベルだと思うが)。ルパンが大好きだとゆーなら、劇場で観てもよいかなとは思う。
Yuki2Invyさん [映画館(邦画)] 5点(2019-12-08 18:10:30)
2.ルパン三世自体そんなに観たことない私でも楽しめた。
なんと言ってもストーリーが分かりやすい。
(その分ご都合主義満載なのは気になった)
あと、テンポが良くアクションも満載で飽きさせない。
何よりルパンを始め登場人物達が皆活き活きしてる。
これだけでもうかなり満足度は高い。
CGのレベルもかなり高く感じたので、これは世界にも通用しそう。
ドラゴンクエストもこれくらい本気で取り組んで欲しかったなぁ。
ヴレアさん [映画館(邦画)] 7点(2019-12-08 15:02:29)
1.《ネタバレ》 単発機を俊敏に追い回すことができる巨大飛行機とか、そこら辺に人力でしがみついたり、あるいはヘリコプターが操縦で振り切れる「ブラックホール」とか、まず設定がかなり適当。
 ストーリーも、幾人かの登場人物に関して謎めいた表現をするが、それがちっとも謎になってないところとか、秘宝にたどりつく3つの罠のすごく安易な解決(っていうか、いくらルパンでも光より早く動いたらまずいと思うw)とか、まああまりいい出来ではない。

ところが自分にとっては……  レティシアが口を開いた瞬間、「まるっきりすずそのままじゃん!」
というわけで、大変魅力的な楽しめる映画になりましたw
もう、途中からアニメの少女が広瀬すずに見えたぐらいでw。

自分のようななんらかの思い入れがあれば、お勧めできますが、そうでなければ地上波を待った方が
rhforeverさん [映画館(邦画)] 7点(2019-12-07 18:14:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 14人
平均点数 6.43点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
417.14%
5214.29%
6321.43%
7642.86%
8214.29%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 Review0人
2 ストーリー評価 3.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 Review0人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS