じゃりン子チエのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > シ行
 > じゃりン子チエ
 > (レビュー・クチコミ)

じゃりン子チエ

[ジャリンコチエ]
1981年【日】 上映時間:110分
平均点:7.79 / 10(Review 39人) (点数分布表示)
ドラマコメディアニメ動物もの漫画の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-06-24)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督高畑勲
中山千夏竹本チエ
西川のりお竹本テツ
上方よしお丸山ミツル
横山やすしアントニオ/アントニオJr.
西川きよし小鉄
島田紳助マサル
松本竜介タカシ
京唄子おバア
鳳啓助おジイ
ぼんちおさむカルメラ兄
三林京子竹本ヨシ江
桂三枝花井渉
笑福亭仁鶴【三代目】花井拳骨
芦屋雁之助社長
岸野一彦
今西正男
緒方賢一
増岡弘
山本圭子
太田淑子マサルの母
永井一郎署長
高坂真琴ペコちゃん
原作はるき悦巳「じゃりン子チエ」(連載 weekly漫画アクション (単行本)双葉社刊)
脚本高畑勲
城山昇
音楽星勝
鈴木清司(選曲)
作詞阿久悠「じゃりン子チエ」
編曲星勝「じゃりン子チエ」/「春の予感」
主題歌グッチ裕三ビジーフォー「じゃりン子チエ」/「春の予感」
モト冬樹ビジーフォー「じゃりン子チエ」/「春の予感」
ウガンダ・トラビジーフォー「じゃりン子チエ」/「春の予感」
製作多賀英典
トムス・エンタテインメント(東京ムービー新社)
制作テレコム・アニメーションフィルム(制作協力)
配給東宝
作画大塚康生(作画監督)
小田部羊一(作画監督)
田中敦子〔作画〕(原画)
奥山玲子(原画)
美術山本二三
編集鶴渕允寿
録音東北新社
加藤敏
その他IMAGICA(現像)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
39.《ネタバレ》 うーん。30数年前に「じゃりン子チエ」をコミックで読んだときには、確かにコメディとして読んでました。しかし、今この作を見ると、もしかするとこんな事が、いまでも大阪のあの辺りでテツとチエを模したような営みがあるのではないかと思い、何か素直に楽しめなかったですよ。つまり、切実に、家庭環境に難がある女の子の話としてしか見れないほどのテツの救いようのなさなのです。車寅次郎が持ってる愛嬌がテツにはないんだ。なんか、真面目ですみません。
なたねさん [DVD(邦画)] 3点(2018-07-24 22:29:04)
38.《ネタバレ》 先に述べておく。極・私的高畑勲監督の劇場映画最高傑作は「火垂るの墓」でもなく「平成狸合戦ぽんぽこ」でもなく、(「パンダコパンダ」には傾きそうになるが)この作品である。...思い起こせば映画好きの友達と激論を交わした。友曰く、漫画+TVアニメと雰囲気が違う/ヒラメちゃんが出てこない/いきなり「ゴジラの息子」映像の挿入はそぐわない/吉本芸能の大御所を使った声優陣がうっとおしいなど。...いやいやその観点が可笑しいのだ、わからずやめ。この劇場版での高畑監督の意図は「(原作とは異なる)1960年代後半の大阪を舞台としたじゃりン子チエ」物語・ファンタジーの創出であり、はるき悦巳原作の完璧な再現であったTV版とは違うのだよ。吉本芸人に求められてるのは関西社会の雰囲気であり演技ではない。そしてチエちゃん一家の生きる活力=明るさにフォーカスをおいた原作よりも、人生の浮沈盛衰=現実感ある市井の生活に視点をおけば悲哀感が出てくるのは当然。そこがいいんじゃないか。(家族旅行が原作では金閣寺→遊園地に変更されたのも印象的。映画表現においては「遊園地=不安の隠喩(メタファー)」でもある) こんな議論も最後は「世界名作劇場の高畑作品最高」→「『ハイジ』は別格として『母をたずねて~』と『アン』、どっちが好きか」になってゆくのでした...。高畑監督ご冥福をお祈りします、そして有難うございました。
Nbu2さん [ビデオ(邦画)] 8点(2018-04-06 10:31:13)(良:3票)
37.凄く面白いが、キャスティングが玉石混交なのが少し残念です。
レッドデヴィルさん [DVD(字幕なし「原語」)] 5点(2017-02-18 01:09:55)
36.《ネタバレ》 直ぐに切れる。怒ってばかりで、娘には呼び捨てで呼ばれるし、ろくに仕事もせず、博打きりしてるどうしようもない駄目な大人の代表の様なテツだけどそんなテツが大好きです。自分に正直に生きているし、思い切り駄目な男のアホ全開な所も全て愛しく思えてしまう。娘のチエが内緒で母親に会っていると知ってからの父親としての刹那さ、チエの事が好きで好きで堪らない態度、三人で仲良く遊園地に遊びに行く事となり、その遊んでる時のテツの嬉しそうな顔といい、この作品は人間の喜怒哀楽をとても解りやすく描いている所が大好きです。出てくる人物も個性的な人間きりで楽しめる。自分の大好きな猫が他の猫に金玉を1つ取られ、泣くお好み焼きの親父も大好きです。アントニオの息子の仕返しに手を出さずに耐えた小鉄のかっこ良さは人間並のかっこ良さである。猫だろうが人間と同じで義理と人情を大切にする描かれ方もこの映画の良いところです。大好きな男はつらいよの寅さんを思わせる四ッ谷赤坂麹町、チャラチャラ流れるお茶の水のシーンまで出てくるし、とにかくこの映画大好きです。
青観さん [DVD(邦画)] 9点(2017-01-24 21:05:18)
35.《ネタバレ》 いや~~~久々観たわ~。原作も読んだしテレビ版も観てて内容は知ってるのに面白いな~~。声優さんたちも今じゃありえない豪華さとコテコテさや(笑)。イヤ~面白かったですハイ
Kanameさん [DVD(邦画)] 8点(2016-11-22 05:33:40)
34.見事なマンガを、見事にアニメーション化。何度見ても最高です。笑えます、感動します。
とにかくキャラクターが活き活きしている点、アニメに限定せずともこれを超えるものはなかなかないんじゃないですかね。キャラの設定が秀逸なら、細かい動き、表情や仕草の描き方も見事。複数のキャラクターのセリフと表情の変化が同時並行的に描かれるうまさ、いや、単にうまいんじゃなくって、そこにひとヒネリもふたヒネリも加えてきて、絶妙の可笑しさを醸し出します。
声優陣は映画版とテレビ版で一部(いや大半か)違っていて、芸人さんが大量動員されてます。テレビ版の方がしっくりくる半面、この映画版での芸人さんの起用の仕方が、すべて「なるほど」と思わせる配役で、これもちょっとした楽しさ。いやホント、このメンツでそのまんま舞台化できたんじゃないかと思わせるくらい。
『ゴジラの息子』が実写のまま挿入されるシーンなど、テレビ版との違いは声優以外にもありますが、背景画も映画版の方が凝っているようですね。チエちゃんのホルモン屋に、バクチ屋時代の「お好み焼き屋のオッチャン」が子分を連れてやってくる直前の場面で、テツの噂話をする客の一言にチエちゃんがズッコケると、そこで映し出されるカウンター下の背景画、テレビ版では特にこれと言ったものは描かれていなかったように思うのですが、映画版では遠近感をもった深みのある背景になっていて、こういう部分にもしっかり手をかけているんだな、と。
母と会う場面、天王寺の風景は今では変わった部分もありますが、やはりこれはまぎれもなく天王寺公園。
もう一度言いますが、最高です。
鱗歌さん [CS・衛星(邦画)] 10点(2016-10-28 15:20:37)(良:1票)
33.原作とテレビ版を楽しんだ。この映画版はテレビ放送で観た。
どれも面白いが映画版は声優に違和感がある。チエとテツはテレビ版と同じで最高だけど。
この映画版(1981年4月公開)があるから、テレビ版(1981年10月から)がある。

大塚氏の著作を五冊読んだ。会って話したこともある(名刺もらった)。
テレコムの原画マンを確認する私にとって、この映画は「良いもの」。
この感覚は私のような、アニメ技術が好きな者にしか分らないだろう。

ところで私はビールが好きでワインは飲まない。千円と十万円のワインの違いが全く分らないだろう。
だからワインの悪口は言わないというか、言えないし、言いたくない。

アメリカのテレビには『ザ・シンプソンズ』があるが、日本のテレビには『じゃりン子チエ』がある。
焼肉の掟さん [地上波(邦画)] 8点(2016-02-25 11:09:55)(良:2票)
32.また観たくなるんだろうなあ。何とも言えない味わいのあるアニメ。
大人でも子供でも楽しめるいい作品。
MARTEL1906さん [DVD(邦画)] 9点(2015-09-26 12:22:21)
31.このアニメが面白いのは原作の手柄であってアニメ化の手柄ではない。アニメ作画技術は一般的なTVアニメの域を出ない(まあ、この作品に高度な技術はいらないかも)し、ストーリは原作にかなり忠実。しいてアニメ化の手柄を上げるのなら声優の妙ですかね、チエ役の中山千夏はハマリ役と感じました。ということで5点(原作漫画には10点あげます)。
la_spagnaさん [DVD(邦画)] 5点(2014-03-24 00:52:58)
30.《ネタバレ》 高畑監督の人間への目線の暖かさが感じられる作品だと思います。

主人公であるチエちゃんの、大人びたところと子供らしいところの混在した人物造形はもとより、あのテツでさえ、作中では何とも人間味に溢れる愛すべきろくでなしといった趣です。そして作品は、そんな型破りなテツの生き方をも、「こいつはそういう人間なんだ」といった風に、大らかに受け入れているかのようです。

恐らくテツは、何かにつけて人並み以上に「過剰」なのでしょう。だから堅気の生活は、彼には余りにも窮屈過ぎるのです。バクチやケンカへののめり込み方も過剰なら、一人娘であるチエへの溺愛振りもまた過剰です。

自分の考え方でしかチエを愛せないテツにとって、「ワイはこんなにチエのことを愛してるのになぜチエは怒っているのか」と、チエが考えていることをしばしば理解できません。そしてそんな不器用なテツの愛情を知ってか知らずか、チエちゃんは時に腹も立てつつ、「しゃあないな、ウチがおらんとテツはどないもならんねん」といった趣で受け入れているのです。

そんな愛すべき人々とは別に、過剰なテツの生き方のその破天荒さや、エネルギッシュな大阪の下町の人々(それとたくましいネコたち)の様子を見ていると、そういう荒々しさを痛快な思いで眺めつつ、それに対してどこか憧れの気持ちを持ってしまいます。

一応関西育ちではあり、TV版の再放送もしょっちゅうされていたので、子供の頃は好んで良く見ていたものの、劇場版についてはラストの小鉄とジュニアの対決が子供心に痛々しく感じられたという印象も手伝って今まで特に見返す事もなかったのですが、こうして見てみると本当に良い作品だと思います。
Kリップ・ディ・フィックさん [ブルーレイ(邦画)] 9点(2013-10-18 23:41:03)(良:1票)
29.つい幼き日の郷愁に誘われて観賞。劇場版という事でテレビ版の総集編なのかと思ってたら、こちらの公開の方が先みたいなのでプロトタイプ的な作品なのね。ガキの頃は何の気なしに再放送を観てたもんだが、今見返してみるとまず関西弁のクオリティの高さに驚かされる。声優のほとんどがネイティブ上方芸人なので当然っちゃ当然なのだが、いちいち気の利いたガラの悪い台詞回しにはニヤニヤさせられっぱなしだった。チエの飲酒やヤクザの描写(や猫のキ○タマ)など今なら問題視されそうなシーンも結構多いが、破天荒さと哀愁とが入り混じったこの空気感はなかなか今のアニメには出せない“匂い”があると思う。どんな環境であっても子は育つし、人々(や猫)はしたたかに生きていく。巷で言われているほど人間は弱くないという事を気付かせてくれる良いアニメだなぁと改めて思った。監督は高畑勲氏。どうしても「ジブリの二番手」という印象が拭えない人だが新作も公開される事だし、パヤオ亡きジブリの暗黒面を担う存在としてぜひ再びの暗躍を望みたい所だ。あと、本作では流れないがテレビ版のオープニングテーマ『バケツのおひさんつかまえた』は後世に残すべき名曲だと思う。
オルタナ野郎さん [CS・衛星(邦画)] 7点(2013-10-16 17:05:38)
28.《ネタバレ》 なぜか涙がこみあげる。今、こんな地域が日本にあるでしょうか?
トントさん [DVD(邦画)] 7点(2013-10-06 01:59:10)
27.《ネタバレ》 TVアニメ版の大ファンだが声が違っていたり、ヒラメがいなかったり驚く箇所が多かった。TV版にある延々と続く日常感が無いのは特徴的で小鉄やお好み焼き屋のオヤジのエピソードは印象に残る。チエの切ない行動も目を引きグっとはくるが作品としては小さくまとまってる印象。それでいいとも思うが。
reitengoさん [DVD(邦画)] 7点(2013-08-02 13:20:54)
26.《ネタバレ》 ガンダム全盛の小学生の頃は全く見向きもせず、30年以上を経て初めて拝見。
演出も作画も、恐ろしいほど優れたテクニックで良い意味で全く子供向けではない。
例えば猫の動きの表現にも、ごまかしがなく、本当に当時のアニメーターのレベルの高さを感じます。
高畑勲監督の特徴だと思うのですが、ストーリー上はもっとテンポがあった方が見やすいと思えるものを、微妙に「間」を入れることで、人間の営みを一歩引いた感じで考えさせてくれます。
例えばテツの行動は、まともな演出ならギャグそのものですが、何を考えどんな人生を生きてきたんだろうかとふと考えさせられます。
この作品が海外で評価が高いのも納得します。人物に感情移入しすぎて日本人ならわかると省略する部分を丁寧に描いているから、海外の人にも理解しやすいのだと思います。
こんなレベルの高い作品でも、ペコちゃんやゴジラが堂々と出てくるのは、おおらかな時代だったと思います。
こういう遊び、今の時代では見られません。
これを今まで見ていなかった自分も恥ずかしいですが、全く今の時代でも古さを感じないので、老若男女見てほしい作品です。
特に遊園地のシーンは素晴らしい情感で、名シーンだと思います。
遊具のひとつひとつを詳細に研究しているのが想像できて、この監督のこだわりの凄まじさを感じます。
これだけの労力を費やしているからこそ、古さを感じないのでしょう。
ようやく見られるであろう次回作が楽しみです。
どっぐすさん [DVD(邦画)] 9点(2013-06-06 01:52:12)(良:1票)
25.《ネタバレ》 これはほんと大好きなアニメ映画。
登場人物の掛け合いがうまい実写映画は数多くあるけど、アニメってこれくらいしか思いつかない。この作品に貫かれてるのはものすごく上質な人間賛歌やと勝手に思っている。
現実に考えるとテツなんてほんとくだらない、どうしようもない親父だ。
でもこの映画を見ていると彼の失敗や横暴、歪んだ愛情がなんだか愛おしく感じてしまう。
小鉄とアントニオjrの対決は蛇足なんじゃないかと小さいころは思ってたけど「人間と一緒にいると苦労するよ」のセリフが今では物凄くわかるし心揺さぶられる。
あの時のチエ、テツ、百合根、Jr、小鉄の三者三様の表情がまたいい。
そこから「春の予感」までの流れが素晴らしすぎる。
あと遊園地のシーンは反則。あのシーンは行きから帰りまで完璧。
10点つけたいけどヒラメちゃんに1点あげるつもりで-1。
たしかにヒラメちゃん出したら2時間にはおさまらんよなぁ。
CBパークビューさん [DVD(邦画)] 9点(2011-02-11 00:55:57)(良:1票)
24.《ネタバレ》 大阪の下町の雰囲気がとても良い人情劇。
確かにクライマックスが猫決闘話ってのはどうかと思うが。
2時間に詰め込まれるのは勿体無いくらい愛嬌のあるキャラクター、エピソード達なのでテレビアニメ版か原作にも手をだそうかなぁ。
すべからさん [DVD(邦画)] 7点(2010-10-05 11:15:02)
23.テツ = 亀田兄弟のオヤジ
くまさんさん [インターネット(字幕)] 9点(2010-09-29 16:21:00)
22.《ネタバレ》 とにかくキャラクターが魅力的。
それに声優がキャラクターにあっていると思います。棒読みですが西川のりお
はこの人しかテツはありえないと思うほどのはまり役。
チエの中山千夏もイメージに合っています。
会話も明るいし、基本的にいい人ばかりでほのぼのとしており、
家族仲もよくていいお話です。井上靖の小説のような空気です。
原作のエピソードをつなげていった本作ですが、
キャラクターを広げる方向に進みすぎて最終的に自滅した感はあります。
途中に他のエピソードを入れてお母さんが帰ってくるところで
終わらせるともっとよくなったような気がしてなりません。
猫の喧嘩で終わらせて中途半端にしてしまったところがマイナスです。
飴おじさんさん [地上波(邦画)] 7点(2008-01-04 21:27:59)(良:1票)
21.《ネタバレ》 単純にチエがなんとも可愛い。
チエの自分を二の次にしてまでも自分の愛する人には幸せであって欲しいし、仲良くあって欲しいと願い、行動する様は誰しもが子どもの頃に経験しているであろうことで、なんともセンチメンタルになりますね。
父親のせいで人一倍気を遣わなければならなかったチエの献身が両親の意識に変化を齎せることが出来て一安心(どうにもテツにはピンときてなかったみたいだけど)。
でも、中心にいるチエにドラマがないのは残念(「ユンカース・カム・ヒア」って傑作アニメ映画はそこら辺の不満をカバーしているので興味ある方はご覧あれ)。

因に最後のアントニオJr.のエピソードはどう考えてもいらないでしょ。
カラバ侯爵さん [地上波(邦画)] 6点(2008-01-03 10:40:07)
20.昔、日曜の夕方によくやってたなぁ。やっぱり哀の表現と、おっさんの涙と鼻水がたっぷり入ったお好み焼きが最高。
モチキチさん [DVD(字幕)] 8点(2005-05-30 05:51:57)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 39人
平均点数 7.79点
000.00%
100.00%
200.00%
312.56%
425.13%
537.69%
625.13%
7512.82%
81025.64%
9923.08%
10717.95%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 10.00点 Review1人
2 ストーリー評価 8.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review1人
4 音楽評価 8.00点 Review1人
5 感泣評価 7.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS