スウィートホーム(1989)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ス行
 > スウィートホーム(1989)
 > (レビュー・クチコミ)

スウィートホーム(1989)

[スウィートホーム]
Sweet Home
1989年【日】 上映時間:101分
平均点:4.68 / 10(Review 37人) (点数分布表示)
公開開始日(1989-01-21)
ホラーオカルト映画
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-03-03)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督黒沢清
助監督当摩寿史(監督助手)
佐々木浩久(監督助手)
前田哲(監督助手)
キャスト宮本信子(女優)早川秋子
山城新伍(男優)星野和夫
黒田福美(女優)アスカ
古舘伊知郎(男優)田口亮
益岡徹(男優)若い上役
三谷昇(男優)中年の役人
伊丹十三(男優)山村健一
NOKKO(女優)星野エミ
脚本黒沢清
音楽立川直樹(音楽プロデューサー)
撮影前田米造
高瀬比呂志(撮影助手)
上野彰吾(撮影助手)
製作玉置泰
川崎隆(製作担当)
製作総指揮伊丹十三
企画ディレクターズ・カンパニー
配給東宝
特殊メイク辻一弘
特撮ディック・スミス(SFX総指揮)
江川悦子(SFXコーディネーター/SFX製作)
ピエール須田(SFX製作)
白組(スペシャルビジュアル)
山崎貴(スペシャルビジュアル)
美術中村州志
清水剛(美術助手)
編集鈴木晄
録音小野寺修
その他龍田哲児(特機助手)
IMAGICA(現像/協力)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
37.小学生の頃、斧のシーンでトラウマになったことは忘れない。
愛野弾丸さん [地上波(邦画)] 5点(2020-11-23 01:20:30)★《新規》★
36.《ネタバレ》 まごう事なき珍作です。この年代特有のチープさもさることながら、裏でゴタゴタがあった影響がそこかしこから伺うことが出来てしまいます。その浮いた感じがこの映画の痛々しさとして出てしまっています。中でも、文芸大作にでも出演しているかのような伊丹十三の大仰な演技。宮本信子の似合わないこと甚だしいふわふわのドレス姿。チープな作りとは裏腹な異様にミスマッチな部分は監督と、制作側のゴタゴタが端的に出ているのかなと。それが良い意味ではなく、珍奇な方に出てしまっているので見ていて痛々しい作品に感じてしまいました。
kirieさん [ビデオ(邦画)] 3点(2016-03-23 15:36:02)
35.《ネタバレ》 この映画を二文字で表すと、XX(チョメチョメ)・・・

正解は~“失笑”でしたぁ~。
ぐうたらパパさん [インターネット(字幕)] 3点(2013-12-03 17:41:58)
34.一応スプラッター・ホラー映画。特殊メイクを使用した映像が頻繁に出てくるが、
向こうのホラー映画のような、気味が悪いといった印象は受けないソフトな作り。
ストーリーも比較的あっさり目なので、まるでお化け屋敷に入って楽しんでいるような感覚かな。
キャスティングは今イチ、最後のお涙頂戴の変な演出で大減点。このセンスは勘弁してください。
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 2点(2011-07-31 08:30:35)
33.《ネタバレ》 これは時代とか関係なく駄作だよ。怖くないし感情移入できないから、全編ふーんって感じだった。
nojiさん [映画館(邦画)] 3点(2008-12-23 14:46:22)
32.『ポルターガイスト』が82年だから、これはやっぱりショボイです。でも体の切り口だとか溶け具合だとかのグロさは今流行りの血しぶきが大袈裟な低予算スプラッターと比べても引けをとらない大袈裟スプラッターぶりを見せてくれるうえに、湯気があがる肉塊のおどろおどろしさは他に類を見ないインパクトを持っている。当時は『タンポポ』『マルサの女』と立て続けにヒットを飛ばす伊丹十三がホラーを作ったみたいな宣伝だったと記憶してます。レベッカのNOKKOや古舘伊知郎といった異色のキャスティングもさすがは従来の邦画にはなかったエンターテインメントを作り出す伊丹十三だと感心したものでした。でもあらためて(それでも数年前ですが)観てみると、商品としての価値をあげる伊丹の演出と作品の中でのホラー演出とが妙にチグハグしている印象を残しているような気がします。風に揺れる影の演出はなるほど黒沢清だと思った。ラストのファンタジーな展開はかなり浮いている。そしてそこが一番ショボイ。怖いけどムリヤリな感動が邪魔をしている。
R&Aさん [ビデオ(邦画)] 4点(2008-10-21 14:16:31)
31.残念ながら、あまり面白いと思えませんでした・・・。
H.Sさん [ビデオ(字幕)] 4点(2005-12-24 01:51:15)
30.公開から16年も経つんですね。久しぶりにビデオで観賞しました。
今評価しても和製ホラーの代表作であり、見ごたえ十分のカルト作と言えます。製作に関わった辻村ジュサブローさんや宇野亜喜良さんの仕事、伊丹十三さんを含めた出演者の顔ぶれの楽しさに加え、初期黒沢清監督作品としての価値もあります。映画としては荒さが目立ちますが、「死霊のいえにえ」等のインディーズ・ムーヴィーに通じる味わいがあり、いまどきのホラーにはない味わいがたっぷりあります。当時の海外作品の影響を受けた特撮は古さを感じさせますが、趣味っぽく凝ったセットが怪奇的な雰囲気を見事に表現していて、今でも抵抗なく観られました。
ゲームもファミコンRPGの傑作でかなり楽しかった憶えがありますし、映画を観てゲームをすれば現在でも1989年「スウィートホーム」の追体験が可能です。お勧め!
昌兵衛さん [ビデオ(吹替)] 8点(2005-11-01 23:28:21)
29.《ネタバレ》 小さいころ、この映画の予告をテレビで見て怖くて眠れなくなった。それ以来、トラウマとなり寝る前に漫画を読まないと眠れない体質になってしまった。表紙が小さい子供には怖すぎる。でも実際見てみると大した怖さでない。むしろファミコン版の方が怖い。これがバイオ・ハザードの原形になったことはあまりにも有名。
湘爆特攻隊長さん [ビデオ(字幕)] 3点(2005-10-30 18:50:14)
28.《ネタバレ》 ゲーム原作の映画、かと思ったら逆だったんですね。Nokkoのロリロリボイスがちょっと気になりますが、時代を考えれば「可愛い女の子」の演技ってこういうものだったのかな。よく解らない所や突っ込みたい所も多いけど(「そこもう影じゃん!」とか)、ホラーとしては安心して観られる作品だと思います。しっかし、「安全圏に居たのに途中で助っ人に来る訳知り顔のおっさんキャラ」ってのは必ず餌食になる運命なんですね…(;´д`)
えむぁっ。さん [ビデオ(吹替)] 7点(2005-10-27 00:52:33)
27.《ネタバレ》 映画としてはとても単調な出来。
間宮邸にある壁画を調べに来た山城新吾P、宮本信子D、古舘伊知郎カメラマン他のテレビクルー。彼らは間宮邸に纏わる呪いに挑む事になる。当時にしては良く出来たVFXが唯一の見所か。ディック・スミスがアドバイザー参加しているだけあって、そこは素晴らしい。古舘伊知郎の胴体チョンパ、ドロドロ伊丹十三の出来は凄まじいので、そこだけでも見るべき。

カイル・枕クランさん [ビデオ(字幕)] 4点(2005-09-19 13:29:23)
26.そもそもスプラッタ系のホラーに難しい話を求めてはいけません(笑)。こういうどうでもいいような話でかまわないんです。この出来なら子供が見たら相当怖いんじゃないでしょうか。何より、上半身だけになっちゃったり、顔に斧が突き刺さったり、顔が溶けて骨になって崩れていったりと、グロシーンがどれも印象的。
あろえりーなさん 6点(2004-06-29 21:38:49)
25.この時代の日本のホラー映画では最高級ではないでしょうか。
もちろんCGの使い方は今と比べたら劣るけど、顔が溶ける部分とかは
ちゃんとお手製メイクでうまくグロに仕上げていますよね。
昔、テレビでこの映画の裏公開をやってて、ノッコちゃんが火に囲まれて焼けてしまうシーンの特撮にとても興味深々でした。実際には確かそっくりな人形を使ったんだったかな。家ネタのホラーは他にも色々出てますが、何億もかけたあの映画(笑 に比べると、低予算でもこっちの方が100倍おもしろいです。なんでもCGにすればいいってもんじゃないでしょう、ホー○ティング!笑  題名だけ聞くと、ほんわかした甘~い感じを想像してしまうのも返って恐怖を引き立たせますよね~ 



akoakoさん 8点(2004-06-19 15:45:08)
24.自分もたしか子供のときにみたけど、すごく怖かったのを覚えているよ。最近また見直したらちょっと怖いというよりは笑えたけど。古館やノッコがでてたんだ、みたいな新たな発見ができてちょい嬉しかったりした。点数は子供のときにみたのも考慮してつけました。
rainbowさん 7点(2004-06-09 16:35:19)
23.子供の時すごい怖くて、頭に斧(だったっけ?)ささったのが印象に残ってます。
ゲソさん 5点(2004-06-04 01:25:44)
22.チープチープチープウウウ!B級の匂いプンプン。しかし子供の頃に一度観て最近になってまた再び観たい気持ちが蘇りまして。とりあえず昔だったしって言葉で片付けられてしまうけど最近のCGやらなにやらよりはこの安っぽいが直接的に投げられた恐怖はとても新鮮だった・・様な気がする。
HIGEニズムさん 5点(2004-05-09 02:45:21)
21.評価低いんだなあ(^^;;私これ観たの小学生の時だったのだけれど、当時観た数々のホラーの中では、結構怖い方だったんだよね。スプラッタホラーや、ジェイソン、フレディ系に飽きが来ていたせいかもしれない。(飽きがくるほど観てたんかい)ちょっとセピア色ちっくな画像が好きだった様に思う。今観ると評価変わるのかもしれないけど・・。こう言う邦画ホラーってそんなに多くないから、一見の価値はあると思う。
深海さん 7点(2004-03-18 20:55:28)
20.原作の映画よりも、ゲーム化されたファミコンソフトの方が、評判が高いという、珍しい作品。でも、映画もSFXが痛々しい(特にラストの変なロボットみたいなやつ)のは否めないけど、頑張ってるな~って感じはするし、ストーリーもシンプルゆえに怖くて、良かったと思います。リメイク希望です。
IKEKOさん 4点(2004-03-16 22:51:10)
19.手腕のある日本人監督にこの作品をリメイクして欲しいと思う。和製ホラーは低予算の為かおどろおどろしい心理戦に持ち込むものばかりだけれど、こういうSFX(今ならCGかな)を駆使したホラーも観てみたい。この作品は残念ながらそこのところはしょぼいけれど、狙いは好きです。お化け屋敷も好き。ああ、私も行ってみたい、間宮邸…。
ひのとさん 5点(2004-01-10 17:42:09)
18.ホラーに点数をつけるのは非常に難しい。いつまでもトラウマになるくらい怖くて怖くて仕方なかったのでホラーとしての完成度は高いと思うが、でもちっとも「面白く」なく、二度と観たくないし、ホラーが好きなわけでもないので、☆3。怖すぎる。直接的に怖いです。
凛々さん 3点(2003-11-05 15:17:23)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 37人
平均点数 4.68点
012.70%
100.00%
238.11%
3821.62%
4410.81%
5924.32%
6410.81%
7616.22%
825.41%
900.00%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.66点 Review3人
2 ストーリー評価 3.33点 Review3人
3 鑑賞後の後味 4.50点 Review2人
4 音楽評価 6.00点 Review3人
5 感泣評価 2.00点 Review1人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS