バニラ・スカイのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ハ行
 > バニラ・スカイ
 > (レビュー・クチコミ)

バニラ・スカイ

[バニラスカイ]
VANILLA SKY
2001年【米】 上映時間:137分
平均点:5.43 / 10(Review 333人) (点数分布表示)
公開開始日(2001-12-22)
ドラマサスペンスラブストーリーリメイク
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2012-10-21)【ESPERANZA】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督キャメロン・クロウ
助監督バディ・ジョー・フッカー(第二班監督〔ノンクレジット〕)
演出バディ・ジョー・フッカー(スタント・コーディネーター)
キャストトム・クルーズ(男優)デヴィッド・エイムス
ペネロペ・クルス(女優)ソフィア・セラーノ
カート・ラッセル(男優)精神科医カーチス・マッケイブ
キャメロン・ディアス(女優)ジュリー・ジアーニ
ジェイソン・リー〔男優・1970年生〕(男優)ブライアン・シェルビィ
W・アール・ブラウン(男優)バーマン
アリシア・ウィット(女優)リビー
ノア・テイラー(男優)エドモンド
ティルダ・スウィントン(女優)レベッカ
ティモシー・スポール(男優)トーマス・ティップ
ステイシー・シェア(女優)レイナ
アーマンド・シュルツ(男優)
ジョニー・ガレッキ(男優)ピーター
鈴置洋孝デヴィッド・エイムス(日本語吹き替え版)
渡辺美佐〔声優〕ジュリー・ジアーニ(日本語吹き替え版)
堀勝之祐カーチス・マッケイブ(日本語吹き替え版)
森田順平ブライアン(日本語吹き替え版)
チョーティップ(日本語吹き替え版)
稲葉実ホスト(日本語吹き替え版)
田原アルノポメランツ(日本語吹き替え版)
片岡富枝ベアトリス(日本語吹き替え版)
後藤哲夫ピーター(日本語吹き替え版)
辻親八バーテンダー(日本語吹き替え版)
古田信幸アーロン(日本語吹き替え版)
小形満レイモンド(日本語吹き替え版)
小林さやか〔声優・1970年生〕ソフィア(日本語吹き替え版)
原作アレハンドロ・アメナーバル(原案)
脚本キャメロン・クロウ
作詞ボノ"Wild Honey"
ポール・マッカートニー"Vanilla Sky"
作曲ポール・マッカートニー"Vanilla Sky"
主題歌ポール・マッカートニー"Vanilla Sky"
挿入曲レディオヘッド"Everything In It's Right Place"
キャメロン・ディアス"I Fall Apart"
R.E.M"All The Right Friends"
ボブ・ディラン"Fourth Time Around"
ピーター・ガブリエル"Solsbury Hill"
トッド・ラングレン"Can We Still Be Friends"(友達でいさせて)
撮影ジョン・トール
製作トム・クルーズ
ポーラ・ワグナー
マイケル・ドーヴェン(製作補)
キャメロン・クロウ
パラマウント・ピクチャーズ
配給UIP
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
ロバート・カーツマン
グレゴリー・ニコテロ
ハワード・バーガー
特撮デジタル・ドメイン社(視覚効果)
美術キャサリン・ハードウィック(プロダクション・デザイン)
衣装ベッツィ・ヘイマン
編集ジョー・ハットシング
マーク・リヴォルシー
録音ポール・マッシー[録音]
字幕翻訳戸田奈津子
あらすじ
父の出版社を相続して、マンハッタンの豪邸に住み、フェラーリーを乗り回すリッチマンのデビッドは、金と容姿に恵まれて我が世の春を謳歌していた。モデルのジュリーとの仲も良好だが、どこか物足りなさを感じる日々。そんなある日、デビッドのバースデーパーティーに親友の小説家・ブライアンが図書館で出会った女性、ソフィアを連れてきた。ソフィアに心を奪われるデビッドにジュリーは嫉妬する。そこからデイビットの完璧な生活の歯車がこじれ、現実と妄想・夢の世界がごちゃまぜになってしまう。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
333.《ネタバレ》 オリジナルを観て本作を観ました。
そして二度目。
この映画自体はプロットは単純でもストーリーと演出がうまくカバーしてよく出来てると思う。
映画の構造をご丁寧に登場人物が説明してくれるのは苦笑いだけども。
あそこがターニングポイントねと感心するが、やられた感はあまりない。
所詮夢オチなんで。
あと残念なところはトム・クルーズの特殊メイクもオリジナルに比べて中途半端。
これは本来の雰囲気を損ねてると思う。
たんたかたんさん [インターネット(字幕)] 6点(2017-06-21 20:47:23)
332.《ネタバレ》 以外に点数低いなぁ。
私は十分楽しめました。
音楽がいいですね。
キャメロン・クロウの趣味でしょう。ビリーワイルダーのオードリーも含めて。
ポール・マッカートニーの主題歌も気に入りました。
スピルバーグ監督が主人公の誕生パーティーでカメオ出演していますね。
「誕生日おめでとう。デイヴィッド」って。
本作を見たあと、オリジナルの「オープン・ユア・アイズ」を見て、もう一回本作を見たけど、どっちも面白かったです。
個人的な話ですが、私は中年で自分の人生をほとんど楽しんではいません。
この映画を見て、今ここに見える全てが夢で、高層ビルから飛び降りれば、全てがやり直せる……。
そんなことが現実にあったら、飛び降り自殺も悪くないな、なんて変なこと考えてしまいました。
クロエさん [CS・衛星(吹替)] 8点(2016-07-01 22:12:35)
331.《ネタバレ》 アクション映画だと思って視聴。まいったな、トランスムービーかい!でも登場人物にみんな力があって、サスペンス要素にいったときにはなんでもありだなと全く予測できず。そこそこ楽しんだ。

しかーし、この多岐に広がってしまった作品を収束させるのはお前かーい。それが一番予想外だったぞよ。あー。エレベーター登りすぎるのも怖くてよかったぞよ。
JFさん [DVD(吹替)] 6点(2014-10-04 18:45:40)
330.《ネタバレ》 いや、人に説明もできないつまらなさ…。ごめんなさい。
夢オチがだめってわけではないんですが、夢オチだって面白けりゃいいんですよ。でもこの映画は夢オチってのがさらに中身のなさに追い打ちをかけてくれてる…。
ぺーこさん [映画館(字幕)] 1点(2014-04-29 21:31:20)
329.運よくオリジナル→バニラ・スカイの順に見ることができましたので正しい順に評価です。オリジナルはオリジナルであるという点でリスペクトに値しますが、バニラ・スカイは圧倒的な資金力と大物の手によってハリウッド大作に生まれ変わっています。双方ともヒロインにベネロペを使っている点が素晴らしいです。そもそも彼女ありきでリメイクしたと噂でしたし、まあ確かに彼女しかいないと思える可愛さです。キャメロン・ディアスと並んでもぜんぜん引けを取りませんものね。

本作は変な脚色がないおかげでリメイクとして成功していると思います。オリジナルではチープに感じたシーンや唐突に感じたシーンが、本作ではスムーズに繋がるよう丁寧に作られています。ラスト付近では寂しさや悲しさも伝わる素晴らしい仕上がりになっていて、後味も全く悪くないものです。(ただ、あくまで主人公は自分勝手ではあるが・・)

この映画が深いのは、人間の本質を鋭く突いている点です。生と死を判りやすい形で映像化していますし、自分の全てだったものを失った時の人間の精神を深く追求しています。まあ、オリジナルの脚本が素晴らしいということでしょうが、リメイク版の本作のほうがインナーSFの古典的な映画として非常に完成度の高い仕上がりになっているといえます。人には全くお勧めしませんが、個人的には大好きな作品、いや名作というべき映画だと思っています!(日本語版ブルーレイ化を切望!!)
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 9点(2014-04-11 18:39:21)
328.ヨーロッパ映画のハリウッド・リメイク。オリジナルを見ているかどうかで評価が変わる典型的な作品だと思います。(ちなみにオリジナル未見です)

トム・クルーズとキャメロン・ディアスという、いかにもハリウッドらしいキャスト。(僕はこの2人好きですよ。「ナイト&デイ」なんかも好きです)恐らくはオリジナルとは全く違う雰囲気の挿入曲や、作品のワンシーンをボブ・ディランのレコードのジャケットに重なり合わせるあたりはキャメロン・クロウ監督らしい個性が感じられ、ストーリーは同じでも作品の空気感はかなり違うと思います。

ぺネロぺはオリジナルとリメイクで同じ役を演じているとのことですが、ぺネロぺの魅力は出まくりで本作の彼女は本当に可愛い!これに関しては、オリジナルを見たトムが(製作にも名を連ねています)この役を演じるぺネロぺと共演したくてたまらなくなったのでしょうか・・・?

ストーリー的には冒頭もその後の流れも、評価を落とすことが多いオチを確実に予感させます。個人的にはこのオチ自体は別に構わないし終盤の展開は結構手が込んでいたと思いますが、そこに行きつくまでが非常に長く感じられました。
とらやさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-07-12 22:39:37)
327.《ネタバレ》  元ネタの『オープン・ユア・アイズ』は未見。その上で……。
 この映画は、“夢オチ”ってヤツが許せるかどうかで大きく評価が変わるんじゃないかな。どれだけSFネタに振ろうが、潜在意識がどうのと理屈を捏ねようが「結局は夢オチじゃん!」ってことには変わらないから。
 途中を、サスペンス色濃くして調子に乗って謎をバラ撒いていくと、夢オチと分かった時点でガックリ率は相当高くなってしまう。一方、夢オチが許せるなら、どうせ夢なら何でもアリなのだから、途中をどれだけ引っ掻き回して楽しませてくれるか、ということがポイントになる。
 で、この作品は、ちょっと中途半端かな。実は冷凍睡眠中の夢でした、というオチを知らなくても、どうせ幻覚なんだろうなみたいな、つまり現実と妄想の間を彷徨ってるんだろうと思わせる時点で、オチの面白さは半減してしまう。謎を掛けるなら、もっと現実感を持った謎にしないと、最後のどんでん返しにはならないよね。
TERRAさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-05-03 01:08:54)
326.ゴチャゴチャしてて、最後まとめてくれると思ったら…。
なこちんさん [映画館(字幕)] 3点(2013-02-17 03:51:30)
325.《ネタバレ》 初っ端から主人公の"夢"または"空想”を予感させる雰囲気丸出し。
ソフィアから急にジュリーに入れ替わった段階でそれが顕著に。
「えっ!夢だったの?」と驚く作品ではなく、どこからが夢なのか予想する作品だと思いました。
途中まで多少頭が疲れる流れでしたが、最後の種明かしは至ってシンプル大雑把。
一応、高所恐怖症や冷凍保存など伏線は回収しているものの、さほど人間ドラマはないので、どこか薄っぺらく感じるストーリーでした。
何と言っても、主人公に感情移入できないことにつきます。
自由気ままなプレーボーイが現実世界に戻るだけ・・・医療技術で顔は元通りにできるらしいというオマケ付。
そこに何らかの人間的成長をしたという描写は見受けられません。
最後のシーンにしても中途半端で消化不良。
何やら色々な解釈ができる終わり方・・・というよくあるパターンを使ったようですが、手抜きにしか思えませんでした。
生き返るのが150年後である以上、そもそも描写の選択肢などないはず。
最後のシーンはしっかり作れと言いたいが、おそらく陳腐になるので中途半端に流したのでは?・・・ちょっと意地悪にとらえすぎでしょうか(^^;。
牛若丸さん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-16 09:12:04)
324.《ネタバレ》 傑作「オープン・ユア・アイズ」の非情に残念なリメイク作品。どうして作風のまったく違うキャメロン・クロウ監督が、このダークでどこまでもミステリアスな映画をリメイクするに至ったのか、はなはだ疑問。特に、監督が自分の味を出そうとして完全に失敗している。こちらのほうがメジャーな作品だけに、この映画を観るならまず「オープン・ユア・アイズ」を先に観たほうが良いと、声を大にして言いたい。
かたゆきさん [DVD(字幕)] 4点(2012-06-14 17:12:15)
323.《ネタバレ》 見応えはあるのですが、スッキリしない作品でした。現実パートと夢パートがあって、さらに夢パートでカート・ラッセルが演じるカウンセラーとのシーンが全編に分散してインサートされるものだから、たね明かしをされても混乱が収まらない。それを「結局は夢オチかよ」と貶すつもりは無くて、サスペンスとしては悪くないんです。最後まで、どうなるんだろうと云う興味で観られるから。ペネロペが可愛く、キャメロンがそれに増して怖い。この2大女優が良い仕事をしています。ただ、親から受け継いだ資産と容姿で不自由なく暮らす嫌味な奴として登場した主人公が、無理心中に巻き込まれた後も成長しないんですね。外面では苦悩しているようでしたが、キャメロンに対する贖罪意識が無かったために、罪悪感が肥大してコールド・スリープが悪夢化した訳ですから。4回もやらずに、3回で止めておけば夢の幸せが続いたのでしょう。だから、高層ビルからのダイブは前進ではなく、選択肢の無い自業自得です。この主人公に共感する部分の無いことが、アンバランスな鑑賞感を残します。現実へ戻る決断に、もう少し意義を持たせてくれたら評価が上がったような気がします。
アンドレ・タカシさん [DVD(字幕)] 5点(2012-05-05 01:19:30)
322.《ネタバレ》 やーん 夢オチかい。夢オチ嫌いなんだよなー。ペネロペとキャメロンがくるくる入れ替わる辺りがちょこっとサスペンス風味、でも全体的にあんま面白くない。ペネロペがコケティッシュな魅力全開。可愛いのはペネロペだけど、役者としておお、と思う仕事をしたのはキャメロン・ディアスの方。女の執念の怖さ、哀しさがよく出てた。怖い怖い。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2012-04-08 01:04:05)
321.《ネタバレ》 ○オリジナル未見。○かなりペネロペ・クルスの魅力に助けられている部分が大きいと感じる。設定・メッセージ性はそこまで新鮮味なく。○キャメロン・クロウらしく手堅くまとめられている印象。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 5点(2012-01-07 22:41:39)
320.最初に見たのは、オリジナル「オープン・ユア・アイズ」より前、そのときは斬新に感じたしおもしろかった。その後、オリジナルを何度か見て、改めて「バニラ・スカイ」を見るとまた想いが変わってくる。
この両者の違いは、オリジナルとリメイクの違いだが、私には欧州風と米国風の違いのようにも思える。謎がより科学的でSF風に、幻想的なものがより現実的世俗的に表されているように見える。そしてどちらが優れているかではなく、どちらが好みかの問題だろう。私の場合はどちらかというと「オープン・ユア・アイズ」かな。
この映画の方は、ハリウッドリメイク版らしく、米国のなじみのある顔がたくさん登場するのも強みだし、ポール・マッカートニーらの音楽もいかにも米国的、いやキャメロン・クロウだ的かもしれないが・・・。
ペネロペはこの映画でも美しさは健在、トム・クルーズならずとも参ってしまう。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 5点(2011-06-19 08:44:16)
319.分かりづらい感情移入できないオチがつまらないという感じでした。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-05-21 00:14:55)
318.東京を去る直前に、憧れの先輩と観にいった映画。久しぶりにDVDで観ました。
オープニングからレディオヘッド、R.E.M.と贅沢な音楽の使い方と、最後の最後に
ヴァニラスカイって、すげーなと思ってサントラを買ったのも思い出しました。
あれから10年、自分ひとりでは絶対に観に行かないタイプの映画だけど、
めぐり合いというのはあるなと思います。悪くはない映画、2回目の観賞にも
十分耐えられました。
Skycrawlerさん [DVD(字幕)] 7点(2011-02-12 12:26:15)
317.《ネタバレ》 オープンユアアイズは未見。鑑賞中は頭がこんがらがりながらも、画面に引き付けられ見入った。ラストは色々な解釈が出来そうで、映画を観終わった後も余韻が残る。良いようにも悪いようにも取れると思うが、個人的にはラストは、目を覚ましたのは現実の世界で、良き人生を歩めたと思いたい。
はりねずみさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-26 00:08:07)
316.本作のオープニングは、トム・クルーズがレディオヘッドの「エブリシング・イン・イッツ・ライトプレイス」をバックに、アパートで目覚めるところから始まります。打ち込み音が多くひんやりとした肌触りの『キッドA』というアルバムのオープニング曲で、このアルバムと同じく、一体何が始まるのか音の先に広がる風景を想像して非常にワクワクします。が、ケミカルブラザーズ、シガーロス、ジェフ・バックリィなど、途切れることなく聴こえてくる音楽すべて、映像とその場面に全くマッチせず、かえって違和感を掻き立てられます。映画は全編、トム・クルーズの観ている夢でした、というオチを知ってみるとこの非現実感と不気味さも納得できました。『トータル・リコール』と『インセプション』と『エターナル・サンシャイン』に『ハイフィディリティ』を振りかけたような映画で、キャメロン・クロウの作品らしく、深刻になりすぎない明るさがあり、エンターテイメントとしてよくできた作品だと思います。ヒロインのペネロペが、可憐でありながら芯の強い女性を見事に演じています。彼女の演技の幅の広さには毎回脱帽させられます。
さめがいさん [DVD(字幕)] 6点(2010-12-05 22:29:24)
315.《ネタバレ》 サスペンスのつもりで見てたのが悪いのかも知れないが
色々なことが起こって結局は頭の中での出来事でした、では納得いくわけがない。
小難しいだけで面白くない。がんばって観て損した。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2010-07-05 15:59:16)
314.《ネタバレ》 これは二回見た。そして二回目のほうが面白かった。トムは潜在意識の影響で夢の中でさえ苦しむ事になる。とはいえ幸せな時間もあった。真実が分かっているからこそ、二回目の鑑賞ではその時間を噛み締めるように見た。切なさ増幅、感情移入度が高まったと言える。
リーム555さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2010-06-08 20:46:50)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1234567891011121314151617
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 333人
平均点数 5.43点
030.90%
1133.90%
2154.50%
33610.81%
44613.81%
55315.92%
65917.72%
74714.11%
83610.81%
9123.60%
10133.90%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.20点 Review10人
2 ストーリー評価 5.47点 Review17人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review16人
4 音楽評価 6.53点 Review15人
5 感泣評価 3.33点 Review12人
chart

【アカデミー賞 情報】

2001年 74回
オリジナル主題歌ポール・マッカートニー候補(ノミネート)"Vanilla Sky"

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS