光の旅人 K-PAXのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 光の旅人 K-PAX
 > (レビュー・クチコミ)

光の旅人 K-PAX

[ヒカリノコイビトケーパックス]
K-PAX
2001年【米・独】 上映時間:121分
平均点:6.59 / 10(Review 85人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-04-13)
ドラマファンタジーミステリー小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2017-04-29)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督イアン・ソフトリー
助監督ピーター・コーン(第1助監督)
演出ジョーイ・ボックス(スタント・コーディネーター)
キャストケヴィン・スペイシー(男優)プロート
ジェフ・ブリッジス(男優)マーク・パウエル
メアリー・マコーマック(女優)レイチェル・パウエル
アルフレ・ウッダード(女優)クラウディア・ヴィラー
デヴィッド・パトリック・ケリー(男優)ハウィー
ピーター・ゲレッティ(男優)サル
コンチャータ・フェレル(女優)ベティ・マクアリスター
ヴィンセント・ラレスカ(男優)ナヴァロ
ピーター・マローニー(男優)ダンカン・フリン
ブライアン・ホウ(男優)
石塚運昇プロート(日本語吹き替え版)
佐々木勝彦マーク・パウエル(日本語吹き替え版)
相沢恵子レイチェル・パウエル(日本語吹き替え版)
唐沢潤クラウディア・ヴィラー(日本語吹き替え版)
佐々木梅治ハウィー(日本語吹き替え版)
脚本チャールズ・リーヴィット
音楽エド・シェアマー
編曲ブラッド・デクター
ロバート・エルハイ
主題歌エルトン・ジョン"Rocketman"
シェリル・クロウ"Safe and Sound"
撮影ジョン・マシソン
製作ローレンス・ゴードン
ロバート・F・コールズベリー
ロイド・レヴィン
マイケル・レヴィ(共同製作)
配給日本ヘラルド
美術ジョン・ビアード[美術](プロダクション・デザイン)
シェリル・カラシック(セット装飾)
スティラット・アン・ラーラーブ(美術監督:NY)
編集クレイグ・マッケイ
字幕翻訳戸田奈津子
その他ロバート・F・コールズベリー(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
ニューヨークセントラルステーションに一人の男プロートが現れる。警察に連行された彼は、宇宙人をかたる精神異常者として扱われ精神病院送りになる。そこでカウンセリングを担当したパウエル医師は、不思議な現象を体験し、彼が単なる異常者なのか、それとも宇宙人なのか疑心暗鬼になるのだ。そして病院内では、プロートの影響で患者たちが快復していくのだった。彼はホントに宇宙人なのか? 真の人間性や社会のあり方に一石を投じる作品である。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
85.好奇心が刺激されたけどなんとも尻切れトンボ
マンデーサイレンスさん [DVD(字幕)] 5点(2016-04-10 16:34:07)
84.《ネタバレ》  ケヴィン・スペイシーも良かったのですが、ジェフ・ブリッジスがかなり良いですね。
 今作の主役はどちらかと言えばジェフ・ブリッジス。
 さて、今作のように、結末・真相に白黒はっきりつけないタイプは、相変わらず自分とは相性が悪いようです。
 とは言え、まだ学会で発表されていない、それどころか解明もされていない謎まで解き明かしちゃっているわけですから、これはもう『プロート=K-PAX星人』と認めざるをえません。
 また、『紫外線が見える』『犬の言葉がわかる』というのもK-PAX星人であるという有力な証拠でしょう。
 ですので本作で彼が何者なのかをはっきりさせなくても、彼をK-PAX星人として見ることはできます。
 問題はそれを周囲が完全に認めないまま、催眠療法という曖昧で安易な方法を用いて真相に迫る展開がどうにも好きになれません。そして映画も、この辺りから急にダラダラしたものになるんですよね。
 それに、患者たちが何故それほどK-PAXに行きたがるのか、その説明も不十分で説得力に欠けます。
 更に言うなら、みんな精神病に収容されるほど精神に異常をきたしているようには見えません。
 この作品自体が、音楽と雰囲気で何となく良い映画っぽくごまかしている印象があります。
 それでも中盤までの、特に天文学者たちとのエピソードまでの流れるようなストーリー展開は素晴らしいの一言。
 これは二つとない傑作の予感を感じたものですが、それ以降ラストまではひたすら失速。
 惜しいです。
たきたてさん [DVD(字幕)] 6点(2015-12-31 02:45:16)(良:2票)
83.《ネタバレ》 スタートから後半までのSF調のミステリアスでサスペンスフルな展開には引き込まれましたが、宇宙人なのか精神異常者なのかどちらとでも取れるようなラストにはちょっとがっかりです。原作未読で作者の思いは分かりませんが、人生の生き方を考えるドラマであればちょっとこの展開は回りくどいように思います。引き寄せられた心の後始末をつけてほしかっただけですが。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-09-18 20:20:47)(良:2票)
82.《ネタバレ》 ケビンスペイシー主演なのにこのB級臭さは凄いですね。途中で若干間延びしますが、哲学的な雰囲気の映画なので仕方が無いのかもしれません。最初のほう、光の速度で旅して行って帰ってくるという小芝居はあまりに適当過ぎて笑えました。
間延びした後、青い鳥の件と合わせて故郷へ帰ると言い始めてから俄然面白くなります。ラストへ向けての緊迫感は素晴らしかったです。「僕の言うことを何でも聞くか?では君は残れ」というシーンは素晴らしかった。オチも納得でしたし個人的には高評価をつけたい映画です。彼はきっと宇宙人です。
アラジン2014さん [DVD(字幕)] 7点(2014-09-04 16:51:29)
81.タイトルからはB級感ありありの映画だが、思ったよりも面白かった。
特撮系ではなくリアル系。場合によってはSFとも言い難い。

宇宙人か、患者か、どちらにもとれそうな、いやどちらかと言えば本当にK-PAX星人かも、と思えてくる映画。
ただし、所々に出てくる文明批判的なものはちょっと微妙かも。
simpleさん [地上波(字幕)] 7点(2013-12-29 23:44:59)
80.なかなかミステリアスな雰囲気で引き込まれる。プロートによって患者たちが回復している様子がもう少しわかりやすかったら、あれだけの騒ぎになる感じもより納得できたかな。
nojiさん [地上波(字幕)] 6点(2013-12-15 18:59:09)
79.《ネタバレ》 ○いかにもケヴィン・スペイシーが好みそうな役。まるで彼のためにあるような主人公や設定。○面白かったが、もう少し面白くなりそうだなと感じたり、オチが今一つだったりの印象。彼の演技を存分に楽しめる作品。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 6点(2013-01-06 21:38:21)
78.《ネタバレ》 ケヴィン・スペイシーの演技良かったですね。プロートはK-PAX星人だと思っていましたが、ラストのオチで拍子抜けしちゃいました。本当に旅立ってれば良かったかなぁ~って思います。
エムシューさん [DVD(字幕)] 6点(2008-01-23 15:50:09)
77.《ネタバレ》 プロートは知的でいつも穏やか。怒ったり、悲しんだり、妬んだりしません。こうありたいと思う人間の姿です。彼によって周りの人たちは癒されていく。患者の多くは快方に向かいました。主治医も息子と向き合う勇気をもらえた。頑なな心をほぐすことが出来たのは、違う価値観に出会えたからだと感じました。信念を持つことは大事。でも凝り固まると息がつまってしまう。自分とは違う価値観、感性の人と触れ合うことで、自分の中に余白を作ることができる。大切なことだと思います。プロートは妻子を失った男が産んだもう一人の人格か、はたまた光に乗ってきたK-PAX人か。その結論は明確にされません。つまりどちらでも構わないということ。プルートによって救われた人がいる。その事に意味があるのだと思いました。彼が主治医に残した最後の言葉は、自分自身(元の人格)に対しても向けられていたと思います。今は廃人同様でも、希望の火は消えていません。(以下余談)自分なりの解釈。“紫外線が見える”“星の軌道を知っていた”この2点は宇宙人説の強力な拠所。またタイミングよく監視カメラにノイズが入ったことも見逃せない。プロートが宇宙人でないのなら、特異能力の持ち主でなければ辻褄が合いません。ウルトラシリーズ直撃世代としては、やはり宇宙人説を支持したいです。
目隠シストさん [DVD(字幕)] 8点(2007-12-23 18:08:04)(良:2票)
76.短編としてまとめられていればそれなりに評価も出来そうだけど、漠然としたものに終始するのでは・・・。
カラバ侯爵さん [DVD(吹替)] 2点(2007-11-18 10:18:01)
75.其れらしく、うまいけど・・・
ジダンさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2007-10-26 21:22:15)
74.《ネタバレ》 こういう話大好きなんですよ・・・自分をK-PAXからの訪問者だと主張する主人公。あり得ない話であり精神病患者の妄想にしか思えないのだけど、常人とは思われない博学さと人を惹きつける魅力に溢れる彼を周囲の人々はいつしか信じたい気分に襲われてゆく・・・この手の話にはミステリーというよりももっと哲学的な「認識とは何ぞや」という疑問を感じてしまうのですよね。ひょっとしたら私たちが認識している世界しっかりと出来上がったものなんじゃなくて、もっと流動的でずっとフレキシブルなんじゃないかな、と。もっと突っ込んで言うなら知覚する精神があってこそこの世界は成立するのであり、この世界が成り立っているのだとしたら、貧しい屠殺業者の空への夢がひとつの天体とそこにすむ人々や文明を作り上げてしまうのもアリなのか・・・?なんてそんなことを考えました。もちろん「分かりにくい」とか「説得力に欠ける」とか「投げっぱなしの終わり方だ」という意見ももっともなのですが、私としてはこうした「世界の神秘」と「魂の浮遊感」を感じさせてくれるこの映画に出会えたことを本当にうれしく感じます。
ぞふぃさん [映画館(字幕)] 10点(2007-09-26 17:16:59)(良:1票)
73.《ネタバレ》 原作を読みたくなった。本編を見る限りプロートは宇宙人なのか、精神異常者なのか、二重人格者の片割れなのかは分からないまま。対して原作はどんなアプローチを見せているのか。でもプロートが何者だろうと関係なく、宇宙の広さを考えたら身近な悩みなんてちっぽけで、今の自分の世界を見ろ!という言葉が心に残る。SF的にはK-PAX星人はいるけど、ヒューマンドラマ的にはそんなの関係ねーというメッセージ深いドラマである。ケビンスペイシーは素晴らしい。宇宙人にも精神分裂の人にも見える。妖精とか地球外分子にすら見える。
ちゃかさん [CS・衛星(字幕)] 8点(2007-08-15 22:20:41)
72.《ネタバレ》 不思議な映画ですが、引き込まれました。ケヴィンの演技には脱帽です。ただポーターのシーンで彼の顔を隠してくれていれば後半もっとこちらとしてはミステリアスだったと思った。
pokobunさん [DVD(吹替)] 7点(2007-05-06 23:25:15)
71.ケヴィン・スペイシーの演技に尽きます。なんかよく分からない主人公の精神状態だったんですが、ポーカーフェイスな所が精神病院患者っぽくてよかったです。K-PAXははたして存在するのかしないのか、ベスは行ったのか消えたのか、大いに議論になるネタ(?)な映画でした。ラストらへんのジェフ・ダニエルズが階段を必死に駆け下りて病室に行くときの顔が「隣人は静かに笑う」のラストの顔とほとんど同じだったことが印象に残った、。関係ないか(笑)
M・R・サイケデリコンさん [地上波(吹替)] 5点(2007-03-23 13:49:18)
70.《ネタバレ》 タイトルから勝手に大風呂敷系拡散SFを想像していたので、意外に上質の緊迫感ある心理サスペンスだったのにびっくり。結論をどれとも出さずに、いろいろな解釈を残しているラストが、清冽な余韻を残している。ただし、ケビン・スペイシーの神憑り的演技に対して、ジェフ・ブリッジズの「受け」の演技が弱いのがちょっと残念。
Oliasさん [DVD(字幕)] 7点(2007-01-04 15:22:21)
69.難しかった。さらに眠くなる。
ベルガーさん [DVD(字幕)] 5点(2006-05-10 15:15:08)
68.《ネタバレ》 完全なハッピーエンドでないのがよかった。
たろささん [CS・衛星(字幕)] 7点(2006-03-29 16:35:16)
67.今知ったけど「バック・ビート」もこの監督なのね。アレと比べると映画監督として成長したことはうかがえる。でもねぇ、この雰囲気は合わなかったです。SFファンタジーなのはわかるけど、娯楽性はなくどこか哲学的。問題提起しているものはな~んとなく分かるような気もするけど、それが鮮明にはっきりとつかめないとでもいいましょうか、難解でした。
envyさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2006-03-02 21:09:13)
66.ラストは見る人それぞれの解釈でいいんじゃないっすか~途中悲しいエピソードもあったけどまったり見れる映画でした。
レッドホークさん [DVD(字幕)] 6点(2006-03-02 03:16:55)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 85人
平均点数 6.59点
000.00%
100.00%
211.18%
322.35%
433.53%
5910.59%
62934.12%
71922.35%
81416.47%
944.71%
1044.71%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.33点 Review3人
2 ストーリー評価 6.75点 Review4人
3 鑑賞後の後味 8.00点 Review4人
4 音楽評価 6.25点 Review4人
5 感泣評価 7.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS