マジェスティック(2001)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > マ行
 > マジェスティック(2001)
 > (レビュー・クチコミ)

マジェスティック(2001)

[マジェスティック]
The Majestic
2001年【米・豪】 上映時間:153分
平均点:6.78 / 10(Review 224人) (点数分布表示)
公開開始日(2002-06-22)
ドラマロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2018-04-06)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督フランク・ダラボン
助監督K・C・コーウェル第1助監督
キャストジム・キャリー(男優)ピーター・アップルトン/ルーク
マーティン・ランドー(男優)ハリー・トリンブル
ジェフリー・デマン(男優)アーニー・コール
ハル・ホルブルック(男優)ドイル議員
ローリー・ホールデン(女優)アデル・スタントン
ボブ・バラバン(男優)エルビン・クライド院内顧問
ブレント・ブリスコー(男優)セシル・コールマン保安官
ロン・リフキン(男優)ケビン・バナマン
デヴィッド・オグデン・スタイアーズ(男優)スタントン医師
ジェームズ・ホイットモア(男優)スタン・ケラー
キャサリン・デント(女優)メイベル
アマンダ・デトマー(女優)サンドラ・シンクレア
アレン・ガーフィールド(男優)レオ・クーベルスキー
ダニエル・フォン・バーゲン(男優)連邦捜査官
ショーン・ドイル(男優)連邦捜査官
ブルース・キャンベル(男優)探検家 ローランド
クリフ・カーティス(男優)皇太子ハリド
チェルシー・ロス(男優)アヴェリー・ワイアット
ゲイリー・マーシャル映画会社の重役
アール・ボーエンニュースのアナウンサー
ポール・マザースキー映画会社の重役
シドニー・ポラック映画会社の重役
ロブ・ライナー映画会社の重役
マット・デイモンルーク・トリンブル
森田順平ピーター・アップルトン/ルーク(日本語吹き替え版)
納谷悟朗ハリー・トリンブル(日本語吹き替え版)
大木民夫スタン・ケラー(日本語吹き替え版)
込山順子アデル・スタントン(日本語吹き替え版)
佐々木敏アーニー・コール(日本語吹き替え版)
後藤哲夫セシル・コールマン保安官(日本語吹き替え版)
小関一(日本語吹き替え版)
廣田行生エルビン・クライド院内顧問(日本語吹き替え版)
出演リング・ラードナー・Jr(アーカイブ映像/ノンクレジット)
脚本マイケル・スローン(脚本・1946年生)
音楽マーク・アイシャム
作詞コール・ポーター挿入歌"Begin the Beguine"
作曲ハロルド・アーレン挿入歌"Over the Rainbow"
コール・ポーター挿入歌"Begin the Beguine"
バーナード・ハーマン挿入曲"Klaatu"他
エーリヒ・ヴォルフガング・コルンゴルト挿入曲"Sand Pirates of the Sahara"
挿入曲ナット・キング・コール"I Remember You"他
撮影デヴィッド・タッターサル
製作フランク・ダラボン
マイケル・スローン(脚本・1946年生)
配給ワーナー・ブラザース
特撮ILM/Industrial Light & Magic
美術グレゴリー・メルトン(プロダクションデザイン)
字幕翻訳石田泰子
あらすじ
脚本家のピーター(ジム・キャリー)は、共産主義者の疑いをかけられ職を失い、失意の中、事故で記憶を失って、見知らぬ町へ。そこはローソンという田舎町。そこで、彼は、第二次大戦で行方不明になったルークと間違えられてしまう。自らも記憶がなく、ルークとして、彼の父親と映画館「マジェスティック」の再建に取り組むのだが。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
224.映画好きとしては(物語とは関係ないかもしれませんが)映画っていいなぁって思う映画でした。
珈琲時間さん [インターネット(字幕)] 7点(2017-12-31 10:56:05)
223.《ネタバレ》 16年ぶりに二度目の鑑賞。フランク・ダラボン繋がりでウォーキングデッドの女優さん出てたんですね。雰囲気がよく優しい気持ちになれる映画で映画館復興から懐中時計をプレゼントする場面が素敵です。ルークの父親の死に際の「いい奴は 勝たなきゃ駄目だ」というセリフがなんとなく心に響きました。赤狩りという現実にあった難しい問題を題材としているので仕方ないですがやや聴聞会の演説の結末がスッキリしたものではなくややもやっとしました。最初の映画の会議の場面で犬の話と子供はいらないという話をしてましたが、主人公が浜辺で犬に起こされるのと街で子供が出てこないのとリンクしているようですがこれは何か意味があるのかな?街は夢ではなく現実のようですけど
映画大好きっ子さん [CS・衛星(吹替)] 8点(2017-06-02 23:27:37)
222.クライマックスのボルテージがそれほど高いわけではありませんが、映画としてしっかりと纏まっていたという印象です。吹き替えの影響もあると思いますが、ジムキャリーは良かったと思います。
一番根底には、「表現や言論、信仰の自由」があるのだと思いますが、題材となっていた「資本主義を脅かす共産主義」という発想が蔓延っていた時代から見たら、今アメリカの大統領選で格差是正を唱えて番狂わせを起こしつつある候補はどう見えるのでしょうか。格差拡大に拍車をかけてきた資本主義のつけが色々な形で表に出てきて、世界中の人々がそれに気づき始めている、という流れの一端が、こういう所に現れてきているように思えます。個人的にはこの流れは応援したいし、問題を抱えつつもアメリカは進歩しようとしている印象を受けます。翻って、今の日本の政権はなんか怪しい感じ。なんか中国共産党のような雰囲気が出始めている。そのうちこんな話もできなくなるのではと心配になります。日本人も目を覚ます時が来ているのではないでしょうか。
マー君さん [DVD(吹替)] 7点(2016-02-11 12:02:48)(良:1票)
221.映画の雰囲気がとても良い。
そして、委員会での主張も素晴らしい。感動できる作品だが、途中がごく普通の流れになっていることだけが惜しい。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2015-03-20 22:51:35)
220.《ネタバレ》 いろいろと拍子抜け。
ファンタジー的なタネ明かしがあるのかと思えば、単なる人違い。
都合のいい設定に、都合のいい展開で、メッセージも陳腐。
ハリウッド映画の長所ではなく欠点のほうが目につく作品。
飛鳥さん [DVD(吹替)] 3点(2015-03-16 21:14:03)
219.『ショーシャンクの空に』と『グリーンマイル』が良かった分、凄い肩すかしを喰らってしまった。ダラボン初のオリジナル脚本がイマイチなのか、キャプラ的な人間賛歌が現代では時代遅れだったのか、自分が赤狩りの背景をよく勉強していなかったのか分からないけど、ただただ冗長で捻りもない映画で終わってしまった印象。ジム・キャリーがミスキャストであることも大きいかもしれません。映画館とDVDで見たのに記憶があまりありませぬ。
Cinecdockeさん [映画館(字幕)] 4点(2014-12-20 22:42:35)
218.うーん。なんとも微妙な映画。
miumichimiaさん [DVD(字幕)] 4点(2014-09-25 00:03:01)
217.《ネタバレ》 まあ、それほどの感動はないな。要は記憶をなくして誰かに間違われ、また記憶が戻ってその間違われた男に恥じないようにしたってことだよね。しかしよくあの雨の中あんな橋から車で川に落ちて助かったもんだ。ま、映画だからね(苦笑)
イサオマンさん [地上波(吹替)] 5点(2014-01-02 23:18:12)
216.もしかするともしかしたら自分は最高にすてきな映画に出会ってしまったのかもしれないと思ってしまった分、後半の作りの荒っぽさにはちょっとがっかり。
また取り巻きのお年寄りの役者さんがどなたもよい味をだしています。とてもべたな展開ですが、人にも勧めやすい無難な作品かもしれません。
なさんなさん [DVD(字幕)] 5点(2012-12-12 20:13:52)
215.フランク・ダラボンらしく夢と希望に満ちたこの映画は、途中までは丁寧に描かれ「ショーシャンクの空を」をもしかして越えるのではと思うほどの感動作だった。ところがどうも詰めが甘い。合衆国憲法に背いてまでも行った「赤狩り」という米国の汚点が最後はどうもうやむやになっているように思う。そしてジム・キャリーも健闘はしているものの、最後はただの人になってしまったみたいで・・・。やはり他の配役が良かったのかも。
ESPERANZAさん [DVD(字幕)] 7点(2012-10-05 06:27:41)
214.《ネタバレ》 ○なんかダラボンらしいな、いかにも映画だなって感じはするがどこか軽い。○展開もべたもべた。長い割にという印象。ジム・キャリーは悪くないが、及第点という感じ。適役はほかにいたはず。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2012-08-22 23:14:26)
213.ジム・キャリーの真面目な演技が見れるヒューマンドラマ。
導入部のやや奇抜な設定やジムのキャスティングとは対照的に、
50年代の田舎町を舞台にしたほんわか感動作ということで、全体のバランスはいい。
ストーリー自体にヒネリはないし、ラストもやっぱりという感じだけど、安心して鑑賞できる。
ほっくりとしたい人にはお薦めの作品。
MAHITOさん [DVD(字幕)] 6点(2012-02-28 07:33:49)
212.《ネタバレ》 良い出来だった。心温まる良い映画。実はアデルが法廷で助けてくれるという伏線かなと変な読みしちゃった。ルークが還ってきたと勘違いされた時の、映画館の人、町の人たちの眼差しが暖かくて良かった。公聴会の時は、もっと感動的に話し振る流れもできたろうけど、社会的に落としたね。列車で戻ってきた時の町中の人の光景に涙。全体的に抑えた演出だったと思うけど、それも良し。ジムキャリーの華が一層引き立った。みんな町に希望が欲しかったんだろうなあ。アデルも。お父さんは気付いていたのかなあ。
タッチッチさん [DVD(字幕)] 8点(2011-05-18 20:16:06)
211.ああ、いい映画を観た。
TAKIさん [DVD(字幕)] 10点(2010-11-10 23:44:44)
210.ローソンか…。静かでいい街だ。まさしく まちのホットステーションだな!!
くまさんさん [インターネット(字幕)] 10点(2010-08-22 01:21:18)
209.《ネタバレ》 最初は、別の次元にタイムトラベルしたのかなとか、デカいスケールで想像していましたが、、、とてもベタな展開でした。でも、鑑賞後に思うのは、かえってベタで良かったな~ってことです。ピーターがローソンの町へ再訪した時に、町の人達があんなにも歓迎してくれている結末の方が、SFチックな展開よりも数倍素敵です。
VNTSさん [DVD(字幕)] 7点(2010-03-10 00:31:23)
208.《ネタバレ》 これを観るずいぶん前にデニーロ主演の「真実の瞬間」を観て、赤狩りの酷さを知りました。多分、その映画のおかげもあって、この作品はとても感動できました。ジム・キャリーが墓地で抵抗しきれない現実を訴えるシーンがとても好きです。ずらりと並ぶ墓を見て「こんなふうになるんだ」と言い放つシーンがあるからリアリティーが与えられたと思うし、その人たちが死と引き換えに護ったものの尊さに焦点が当たるクライマックスが光ります。「造反」という言葉のトリックを使って思想信条を束縛した日本のむちゃくちゃ政治の時期にこの映画を見て、ちょっと嬉しくなったのを思い出します。
だみおさん [DVD(吹替)] 8点(2009-08-08 01:58:59)
207.最後の演説は良かったが、そもそもどういう展開なのかが解かり辛くて。。
山椒の実さん [地上波(吹替)] 5点(2009-04-08 00:19:44)
206.鑑賞後感のいい映画です。都合良くストーリーが展開しすぎですが後半は結構ジーンときますので、まあいいかという感じです。
じょーーさん [DVD(字幕)] 8点(2009-01-28 10:40:20)
205.《ネタバレ》 最後で演説しちゃうところがアメリカ映画のだめなところですね。政治を絡める必要はないのでは…?違う方向性のラストにしてほしかったです。
色鉛筆さん [DVD(字幕)] 4点(2008-11-27 07:26:28)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456789101112
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 224人
平均点数 6.78点
000.00%
100.00%
220.89%
362.68%
4188.04%
52410.71%
63816.96%
74821.43%
85725.45%
92511.16%
1062.68%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.57点 Review7人
2 ストーリー評価 7.72点 Review11人
3 鑑賞後の後味 8.75点 Review12人
4 音楽評価 7.22点 Review9人
5 感泣評価 7.75点 Review8人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS