エネミー・オブ・アメリカのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > エ行
 > エネミー・オブ・アメリカ
 > (レビュー・クチコミ)

エネミー・オブ・アメリカ

[エネミーオブアメリカ]
Enemy of the State
1998年【米】 上映時間:132分
平均点:6.57 / 10(Review 195人) (点数分布表示)
公開開始日(1999-04-17)
アクションドラマサスペンススパイもの
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2014-09-07)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督トニー・スコット
キャストウィル・スミス(男優)ロバート・クレイトン・ディーン
ジーン・ハックマン(男優)エドワード・"ブリル"・ライル
ジョン・ヴォイト(男優)トーマス・ブライアン・レイノルズ
リサ・ボネット(女優)レイチェル・バンクス
レジーナ・キング(女優)カーラ・ディーン
バリー・ペッパー(男優)デイビッド・プラット刑事
ガブリエル・バーン(男優)フェイク・ブリル
イアン・ハート(男優)ジョン・ビンガム
ジェイソン・リー〔男優・1970年生〕(男優)ダニエル・レオン・ザビッツ
スコット・カーン(男優)ジョーンズ
スチュアート・ウィルソン[男優・1946年生](男優)サム・アルバート議員
ジェイク・ビューシイ(男優)クラグ
ジェイミー・ケネディ(男優)ジェイミー・ウィリアムズ
ジャック・ブラック(男優)フィードラー
ローレン・ディーン(男優)ローレン・ヒックス
グラント・ヘスロヴ(男優)レニー・ブルーム
ジェームズ・レグロス(男優)ジェリー・ミラー
グレッグ・コリンズ(男優)FBI専門家
セス・グリーン(男優)セルビー(ノンクレジット)
フィリップ・ベイカー・ホール(男優)マーク・シルバーバーグ判事(ノンクレジット)
ジェイソン・ロバーズ(男優)フィリップ・ハマースリー議員(ノンクレジット)
トム・サイズモア(男優)ボス・ポーリー・ピンテロ(ノンクレジット)
古澤徹ロバート・クレイトン・ディーン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
勝部演之エドワード・"ブリル"・ライル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小林修トーマス・ブライアン・レイノルズ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
松本保典デイビッド・プラット刑事(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
内田直哉ローレン・ヒックス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
坂本千夏レイチェル・バンクス(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
乃村健次クラグ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
沢木郁也フェイク・ブリル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
山野井仁ダニエル・レオン・ザビッツ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
塩屋浩三フィードラー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
渡部猛フィリップ・ハマースリー議員(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
平田広明ロバート・クレイトン・ディーン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石田太郎エドワード・"ブリル"・ライル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀勝之祐トーマス・ブライアン・レイノルズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤原啓治デイビッド・プラット刑事(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
朴璐美カーラ・ディーン(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
小山力也ローレン・ヒックス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
石塚理恵レイチェル・バンクス(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
宝亀克寿フェイク・ブリル(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
楠見尚己フィードラー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
牛山茂ダニエル・レオン・ザビッツ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
大木民夫フィリップ・ハマースリー議員(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
立木文彦ボス・ポーリー・ピンテロ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
藤本譲ウー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
堀越真己ウー夫人(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
糸博ラリー・キング(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
咲野俊介ジョーンズ(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
桐本琢也セルビー(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
細谷佳正(日本語吹き替え版【フジテレビ】)
脚本デヴィッド・マルコーニ
音楽ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
トレヴァー・ラビン
編曲ブルース・ファウラー〔編曲〕
撮影ダニエル・ミンデル〔撮影〕
製作ジェリー・ブラッカイマー
タッチストーン・ピクチャーズ
製作総指揮チャド・オマン
アンドリュー・Z・デイヴィス
ジェームズ・W・スコッチドポール
配給ブエナビスタ
美術ジェームズ・J・ムラカミ
衣装マルレーネ・スチュワート
編集クリス・レベンゾン
字幕翻訳戸田奈津子
スタントケイン・ホッダー
J・アーミン・ガルザ二世(カメラ・カー〔ノンクレジット〕)
ジョニー・マーティン
パット・ロマノ
ジャック・カーペンター(ノンクレジット)
その他エリック・マクレオド(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
政府要人暗殺の証拠を握ってしまった弁護士ディーン。彼は命を狙われ逃亡するが、暗殺に関与した政府機関は最新鋭の防衛システムで彼を追う。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
195.サスペンスものとしては、まぁおもしろい。
あまり捻ってない分、話はストレートで面白い。
悪くいえばベタだが、娯楽映画としてはアリかと。
最後のスッキリ感は好き。

心を打つような感動作ではないあたり、点数控え目。
愛野弾丸さん [CS・衛星(吹替)] 7点(2020-04-12 12:41:12)
194.《ネタバレ》 トニー・スコット監督らしい硬派だけどテンポよくみれる政治テロもの。
飽きずに最後まで観れるけど、最後の決着の付き方は少し呆気ない。
ジーン・ハックマンとの行動時間も短かったので相棒ものとしての面白さも中途半端だ。

話はそれるが「ブレイキング・バッド」のスカイラーが出演してたのは驚いた。
Nigさん [DVD(字幕)] 6点(2018-08-29 22:59:42)
193.《ネタバレ》 わかりやすく派手にドンパチやり合っているけれど、国家機関のNSAが法案を通すために反対派を暗殺したり、邪魔者の抹殺を敵対国への特殊工作規模でこれほど大掛かりにやるのかという、かなり無理を感じさせるストーリー。
役者は適役で、陰謀に巻き込まれた弁護士にウィル・スミス、堂の入った悪人のジョン・ヴォイドに対し、主人公と組むジーン・ハックマンも負けず劣らぬクセ者ぶり。
飛鳥さん [CS・衛星(吹替)] 4点(2018-08-24 19:45:49)
192.《ネタバレ》 ウィルスミス主演映画の中で面白さは際立っている。
通信の保安とプライバシー法という堅そうな始まりからは予想できなかったスピード感と緊張感。
殺人現場を撮ってしまったテープの争奪戦が始まる。
ラストの落ちはけっこう好きです。
トニースコットの映像美。これもなかなかの見所。
mighty guardさん [CS・衛星(字幕)] 7点(2018-06-30 14:38:19)
191.二度目か三度目の観賞。当時観た時は凄いな〜、と思った。そして今見てもなかなか凄い。
話の展開もスピーディーでいい。こういった分野で象徴的な作品だと思う。
simpleさん [地上波(吹替)] 7点(2018-05-12 11:45:21)
190.《ネタバレ》 監視国家怖いよね、ということがメインテーマのサスペンス映画。元NSAの人間1人であそこまでできるのか、とか、組織のトップでもない者があんなにも大掛かりに主人公を抹殺しようとできるのか、とか色々引っかかるところもありましたが、まあまあ面白かったです。
まいったさん [DVD(字幕)] 5点(2016-10-10 00:21:52)
189.《ネタバレ》  『1つの殺人の証拠隠滅のために、大量に人員を投与したり新たな犯罪を犯したりしては意味がないじゃないか』という指摘はこういった作品にはありがちで、それを言い出すときりがないからあえてつっこみません。
 スパイもので、登場人物も多そうで、ついていけるか不安でした。ですが蓋を開けてみると、メインはひたすら鬼ごっこ。めちゃめちゃわかりやすいストーリー展開で大変良かったです。
 しかもこんなに手に汗握る鬼ごっこはなかなかありません。
 否定的な意見も多いオチも、個人的には大満足。懸念材料をまとめて一網打尽にするラストは最高のカタルシスを得られます。
 それにラスト直前のレイノルズとピンテーロの噛み合わないやり取りも面白い。
 ラストのラストで、『監視社会は必要だが、監視する人間を監視する人間も必要だ』というコメントがテレビで流れ、それに対して妻のカーラが一言。『じゃあその人は誰が監視するの?』。核心をつきつつも、ユーモアを感じさせて良いですね。
 緊張感のあるサスペンスに時折はさまれるユーモアのセンスが光る作品。
 大変クオリティの高いエンターテイメントです。
 ハイテクを駆使するシーンは映像面でも見ごたえ抜群。衛星が動くシーンは格好良くて好きです。
 超ハイテク技術を駆使して、やっていることはグーグルアース。このギャップがたまらないです。
たきたてさん [ブルーレイ(字幕)] 8点(2015-11-09 12:35:35)
188.《ネタバレ》 テンポ良く緊張感を保ちつつ最後まで楽しく鑑賞。冒頭のマフィアを最後に再登場させて話をうまくまとめるあたり、うまいなあと。なんといってもジーン・ハックマンが盗聴やってるところは「カンバセーション…盗聴」のファンとしてはニヤニヤしてしまう。
すらりんさん [地上波(字幕)] 7点(2014-11-22 13:00:41)
187.2度目の鑑賞ですが緊張感は最初と殆ど変わりませんでした。15年以上も前に作られた作品ですが、プライバシーと安全保障のバランスは今でも難しい問題ですね。トニー・スコットにはもう少し映画を作ってもらいたかったです。
ProPaceさん [CS・衛星(字幕)] 9点(2014-08-12 21:27:33)
186.《ネタバレ》 面白いけどいまひとつパンチ力に欠けるというか、時間の経過とともに内容を忘れてしまいそうな気もする。
でも、最後の苦し紛れの奇策は見事、噛み合ってるようで噛み合ってない悪人同士のやり取りに笑いましたw
勾玉さん [地上波(吹替)] 6点(2014-08-02 23:16:17)
185.久しぶりに観たらけっこう面白い。始めは真面目なウィル・スミスが、中盤からなぜかおちゃらけだしたのはご愛嬌ですかね。ラストの政治家とマフィアのコントも笑えました。
真尋さん [DVD(吹替)] 7点(2013-08-06 16:28:07)
184.思いのほか面白くて、集中して見れた。
黒ネコさん [地上波(吹替)] 7点(2013-06-15 19:07:34)
183.《ネタバレ》 エネミーオブアメリカ、直訳すると「アメリカの敵」、アメリカというか、一人の悪徳議員の敵って感じ。あの悪徳議員に、何故、あんな優秀なITスタッフや、若手政治家がついて来ているのか、説明がないのでなんとも。。あんなにスタッフ揃えているなら湖の畔じゃなくてもどこでも殺せただろうに、、。元カノやジーン・ハックマンの参入の仕方の不自然。
ウィルスミスの存在感だけで成り立っている映画。
たきおか4号さん [地上波(吹替)] 2点(2013-06-06 21:41:26)
182.このドラマの内容がだいたい本当だったら今の個人情報なんかどうなってるんだろう。おそろしい。
ホットチョコレートさん [地上波(吹替)] 7点(2013-05-17 23:06:19)
181.《ネタバレ》 久しぶりに観たG・ハックマン、すっかり老けてて眼鏡かけてて誰だか初めはわかんなかった。分かんなかったけど、なんか存在に華があるというか、オジサンなのにW・スミスを食ってるなあと思った。いやあジーン・ハックマンでしたか、そうでしたか。ハリウッドベテランのオーラって凄いなあ。もんのすごく頭の良いハイテク合戦だったのが、フィナーレが最新機器と無縁の差し向かい銃撃戦だったのには笑った。
tottokoさん [DVD(字幕)] 6点(2013-04-23 23:53:29)
180.《ネタバレ》 「ミッション・インポッシブル」のウィル・スミス版。狭まるデジタル完全包囲網の中で孤軍奮闘。ジーン・ハックマンの助力を得て決死の追跡戦を切り抜けていきます。最後は両者相討ちで悪者を一網打尽。
獅子-平常心さん [DVD(字幕)] 6点(2012-11-19 00:25:13)
179.2009.5 鑑賞。吹き替え版なのか感情移入できず、好きなトニー・スコット監督にもかかわらず評価出来ず。
ご自由さんさん [CS・衛星(吹替)] 5点(2012-03-16 11:41:18)
178.『デジャヴ(2006)』の先駆けのような作品で、「んなアホな」という設定(あと300年くらい科学技術が進めば・・・)なんですが、とりあえずこういうことが「できたとして」、好きに映像を作り込んでいこう、という趣向。コラージュ風の映像。そこにトニー・スコットらしいフェティッシュなこだわり(盗聴器が話題になれば盗聴器のアップの映像。キーボードが叩かれればキーボードのアップの映像。律義というか神経質というか)。「巻き込まれモノ」としては比較的単純な内容、ですが、ジーン・ハックマンを中盤から登場させ(しかも無駄にガブリエル・バーンも登場させ)、それなりに映画を盛り上げる工夫も(ジーン・ハックマンが妙にカッチョよいのです。ウィル・スミスとの組み合わせが、何となく『ターゲット』でのマット・ディロンとの組み合わせを思い起こさせたり。間違ってもロイ・シャイダーとかウィレム・デフォーとかとの組み合わせではナイ)。で、そうやって盛り上げておいた挙句、ラストはといいますと、自作のアノ作品からの引用、と言う以前に・・・これはもはやギャグですね、「お後がよろしいようで」としか言いようがありません。
鱗歌さん [CS・衛星(字幕)] 7点(2011-12-31 08:24:59)
177.いろいろと荒い部分はあるものの、全体を通して楽しめた。
ジーン・ハックマンとジョン・ヴォイト、この二人だけでも素晴らしいのに加えてトム・サイズモアがいい味を出していると思う。
ゆたろさん [DVD(吹替)] 8点(2011-07-03 05:41:00)
176.《ネタバレ》 シンプルかつ緊張感のあるトニー・スコットらしいアクション作品です。嫌疑を掛けられたウィル・スミスがジーン・ハックマンの助けを得て逃亡し無実を晴らす筋書きです。ウィル・スミスのとぼけた雰囲気が妙に本作と合っていました。緊張感を持続させる腕についてはさすがトニー・スコット、安心して鑑賞できます。しかし最後はいただけません。関係者全員集合・全員相撃ちという見せ場のはずが、銃撃の瞬間は手振れで映され誰が誰を撃ったのか不明。演出というより誤魔化しているように見えてしまい、こういうシーンはタランティーノの専売特許なのだなとしみじみしてしまいました。
さめがいさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-04-23 12:12:00)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345678910
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 195人
平均点数 6.57点
000.00%
110.51%
210.51%
342.05%
452.56%
52613.33%
64422.56%
77236.92%
83216.41%
973.59%
1031.54%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 5.50点 Review6人
2 ストーリー評価 6.14点 Review7人
3 鑑賞後の後味 5.11点 Review9人
4 音楽評価 4.00点 Review5人
5 感泣評価 1.50点 Review4人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS