g@me.(2003)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ケ行
 > g@me.(2003)
 > (レビュー・クチコミ)

g@me.(2003)

[ゲーム]
2003年【日】 上映時間:112分
平均点:6.41 / 10(Review 83人) (点数分布表示)
公開開始日(2003-11-08)
サスペンスミステリーロマンス小説の映画化
新規登録(2003-11-13)【ドルフィン】さん
タイトル情報更新(2019-02-21)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督井坂聡
キャスト藤木直人(男優)佐久間俊介
仲間由紀恵(女優)葛城樹里
石橋凌(男優)葛城勝俊
IZAM(男優)安藤純平
宇崎竜童(男優)小塚滋
椎名桔平(男優)椎名刑事
大倉孝二(男優)湯口
桜井裕美(女優)葛城樹理
大塚良重(女優)葛城瞳
ガッツ石松(男優)年配の刑事
眞野裕子(女優)ルミ
小日向文世(男優)制服警官
生瀬勝久(男優)宣伝部長
並樹史朗(男優)田所
虻川美穂子(女優)テレビ局タレント
東野圭吾(男優)テレビ局ゲスト
原作東野圭吾「ゲームの名は誘拐」(光文社刊)
脚本尾崎将也
音楽志田博英(選曲)
主題歌ZEEBRA「It's all a game」
撮影佐々木原保志
製作亀山千広
島谷能成
遠谷信幸
武政克彦
東宝
電通
ポニーキャニオン
フジテレビ
市川南〔製作〕(製作委員会)
配給東宝
美術金田克美
赤松陽構造(タイトル)
尾関龍生(装飾)
編集阿部亙英
照明渡邊孝一
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
83.IZAMの怪演と石橋凌でもっているような映画、あとはきれい目の大根に顔を書いて人形劇をやらせているようと思ったとか思わなかったとか。展開や場面の切り替わりが全くスムーズではなく、コマーシャルを切ったドラマ放送のよう。
HRM36さん [CS・衛星(邦画)] 3点(2019-10-06 09:22:10)
82.《ネタバレ》  読めそうでよめない展開が何気に面白い。
 こちらの予想を絶妙な匙加減で裏切ってきます。
 例えば、『この娘は実は葛城樹里ではないな。』っていうのは何となく読めても、それ以外の事はよくわからないわけです。
 単純そうな謎かけで、いつの間にかいろいろと真相を考えてしまうのは、楽しいものです。
 登場人物が意外と少なくて、ごちゃごちゃしていないのも好印象です。
 『仕掛けに対してオチが弱い。』
 『仲間由紀恵が大根。』
 『真相解明のシーンが説明不足でカタルシスに欠ける。』
 『恋愛シーンがうざくて、興醒めする。』
 などなど、個人的な見解も含め、残念なポイントがいくつかあります。
 映画としての完成度はそんなに高くないのかもしれませんね。
 そういった点を含めても、やはり中盤以降は面白かったので、鑑賞後の満足度は高いです。
たきたてさん [DVD(邦画)] 7点(2017-02-06 02:10:48)(良:1票)
81.《ネタバレ》 誘拐してお金を手にするまでが約半分。半分でもうほとんど終わってるやんって思ったのですが、そこからの急展開。見事に製作側とのゲームに負けた感がありましたが、そこがこの作品のピークであり、その後の展開も惰性で最後までそこ以上に盛り上がる場面もなかったかと思います。仲間由紀恵さんがストレートヘアじゃなく、美人過ぎます。
いっちぃさん [CS・衛星(邦画)] 5点(2017-01-09 14:19:16)
80.前半は退屈・・・。一昔前に見たような何とも言えない演出にくだらなさを感じていると
急展開。これは面白くなるのではないか。そう期待したのですが期待を上回る事は無かったです。
2003年に見ていたら少しは評価も変わったでしょうか。
デミトリさん [DVD(邦画)] 4点(2016-11-27 23:52:30)(良:1票)
79.《ネタバレ》 ストーリー自体は面白かったけど、納得できない部分もあった。
無関係とまでは言わないけど、IZAMの処遇は気の毒。
ラストシーンの笑顔も意味不明。
もうちょっと悲しんでもいいと思うんだが、そんなに軽い気持ちだったんだろうか。
あと、当時としては違和感無かったのかも知れないけど、自宅から脅迫メール送っちゃうのは驚いた。
遠隔操作で発信元を偽装するなんてことを最初に思い付いた人は天才かも知れない。
もとやさん [DVD(邦画)] 6点(2016-01-28 20:13:52)
78.《ネタバレ》 ニュースで樹理の写真が出た瞬間の驚き、その後の真実・・・という展開は面白かったのですが、これは原作がよくできていたからだと思われ、映画そのものの出来や作り手のセンス・力量はかなり低いように感じました。主人公2人の恋愛の絡ませ方も、民放の「トレンディードラマ」のようなお粗末ぶり。東野圭吾、素晴らしい作品が多いのに、ドラマ・映画になるとロクな作品がなく、とても残念です。
ramoさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2014-04-13 18:08:10)
77.《ネタバレ》 音楽と演出のセンスが悪過ぎる。ゲームという言葉の使い方も不自然でダサイ。メイン二人の欧米人のような振る舞いも違和感でしかない。終盤の急展開だけがこの映画の見所。でもそれは原作のものであり、映画ならではの部分は全て標準以下の出来だと思う。それでもそこそこの平均点であるということは"意外な展開"というものを好む人が多いということでしょうか。
エウロパさん [DVD(邦画)] 3点(2013-08-25 23:31:01)
76.《ネタバレ》 とにかくドンデン返しの連続。
最後まで飽きさせないとも言えるし、やりすぎとも言える。
でも、ここまでひっくり返しまくれば、結局は元に戻る。
つまり、二人は離れ離れになる。
その締め方が巧い。
にじばぶさん [CS・衛星(邦画)] 7点(2011-08-14 02:35:56)
75. よく話なんだと思いますが、ストーリーを作った人がこんな展開にしちゃったけど、すごいでしょ、というなんか鼻につくところがあります。ほどほどにしとけば楽しめるはずなのですが。
海牛大夫さん [CS・衛星(邦画)] 5点(2011-06-29 21:34:11)
74.《ネタバレ》 原作未読。佐久間は金に困っている訳じゃないし、深い恨みがある訳でもない。まさにゲーム感覚で始められた誘拐だった。一応は練られた計画で、成功したかに見えたが、その後、ニュースで明らかになった真実には少々ゾッとした。ゲームに自信があった佐久間がまんまと踊らされていたという結果は映画の冒頭で既に明らかになっている事だが、そこから始まる反撃もなかなか小粋で原作の力を感じることが出来る。美男美女同士なだけに、どっちが先に相手を好きになるんだ?っていうところもそれなりに楽しい。最後の最後が気に入らないが、これはしょうがないのかな…。そういえば、椎名桔平はよく出演してくれたもんだと思う。ガッツさんはともかくね。
リーム555さん [CS・衛星(邦画)] 6点(2011-06-18 13:00:16)(良:1票)
73.東野圭吾の作品が映画化され始めたころの作品。

原作を読んで、映画にも興味を持ち見に行ったが、やはり原作との変更点が気になった。

映画は映画で、キャストも豪華でよいとは思うのだが・・・

Sugarbetterさん [映画館(邦画)] 6点(2011-01-21 21:03:58)
72.《ネタバレ》 ストーリー的には楽しめた。が・・・この内容だと邦画ということで何か観ていて、こっ恥ずかしい感じが終始漂う・・・洋画だったら、またはフジTVがバックに付かないでもっとマイナーな邦画だったら+1点だったかも。
よりさん [DVD(邦画)] 6点(2010-05-15 23:30:47)
71.《ネタバレ》 原作未読。よくよく考えればおかしなところも出てきそうだが、良質なサスペンスに仕上がっている。裏があるのは誰でも分かることだが、先が読みにくく、基本的には飽きずに楽しめた。
ストーリーの面白さだけではなくて、ほとんど“男の妄想”のような甘さのあるロマンティシズムで満たされているのも好意的に感じられた。
『女には騙されても、女を騙すことはできない』『愛を利用されることはあっても、愛を利用することはできない』というようなこともよく出来ている。
男性が観れば、少々共感できるところもある作品に仕上がっているのではないか。お互いの気持ちが通じ合っても、最後にウマくいかないところも悪くはない落としどころだ。
難点をいえば、「誘拐に対する決意」「二人の恋愛関係の発展」の描写が甘いようなところか。
「誘拐に対する決意」に関しては、プロジェクトリーダーから外されたからというような気がしたが、誘拐の決意の前に副社長と直接的なやり取りがあってもよかったと思う。意味は完全に理解できなかったが、「仮面のやり取り」を誘拐の決意の前に持ってくると、多少は「ゲームをプレイしたくなる動機」のようなものが強化できるような気がする。ビジネスというゲームにおいては負けたかもしれないが、何らかの方法で副社長を負かしたいという想いをもうちょっと感じさせて欲しいところ。
「二人の恋愛関係の発展」に関しては、崖のようなところで佐久間の家庭状況を聞いて、なんとなく父親に似ている、自分にも似ていると感じたから、動いたように感じられる。多少の理由が付加されているものの、唐突という印象も否めない。
原作はよく分からないが、“モロ”というよりも発展するのかしないのか“微妙”な感じで進めてもよかったかもしれない。“モロ”にラブシーンなどを描くと「一緒に逃げない?」「シドニー行きの切符を用意した」といった本音とも嘘とも分からないセリフも深みが増さないところがある。これらのセリフの受け止め方も、ある意味で男と女のGAMEに発展させるためには“微妙”な演出が求められるところだ。
女の嘘が分からない男、男の本音に気付かない女といったようなところまで描いてもよかったかもしれない。男を信じられずに、シドニー行きが自分をハメるようなフェイクだと思ったものの、実は本当だったというオチにすると、ラストの別れにも納得できるのではないか。
六本木ソルジャーさん [DVD(邦画)] 7点(2009-10-19 21:15:41)
70.《ネタバレ》 サスペンスとしてはかなり面白い。途中まで完全に騙されてだれてたので、中盤以降の展開がすごく面白かった。
ただ、恋愛ものとしては???
あの二人がそんな熱烈な恋愛関係に陥るのがどうも、説得力不足で違和感を感じた。
平成22年9月13日追記
2度の鑑賞には堪えられない映画でしたね。すべてわかった上でじっくり見ると粗が多くて。
それと以前「文学作品において最も早く古びるのは、書かれた当時の最新の風俗の描写である」といような表現を読んだことがありますが、映画にも充分当てはまりますね。
フリーメールで脅迫すれば足がつかないとかW
佐久間が最初自信満々でプレゼンする内容にしても、最新のアミューズメントがジェットコースターや観覧車や工場直送のビールとか、もうその時点で腰が砕けました。
あの当時でもどうでしょ。そりゃ別にやり手じゃなくても却下するってwwwww
rhforeverさん [CS・衛星(邦画)] 6点(2009-08-12 12:39:49)
69.《ネタバレ》 最後の連続どんでん返しは素直に楽しめました。
ぱんこさん [DVD(邦画)] 7点(2009-01-04 17:17:40)
68.《ネタバレ》 代理店のクリエイティブ担当で高級外車に乗ってあんな家に住んでることがすでにウソくさいテレビドラマって感じで、頑張るほどに軽くなって行く。テレビ局がかんでる映画に多い現象。どんでん返しもやりすぎると追従できない。ひとつひっくり返って、その整合性を考えているうちに、またひっくり返る。頭が悪いのか付いていけない。考えるなってことなのか…。
アンドレ・タカシさん [CS・衛星(邦画)] 4点(2008-12-01 01:42:16)
67.二転三転する内容だが最初の一転目がピークであとは坂を転げ落ちる感じ。藤木直人の演技のためか緊張感もなくやや退屈。
茶畑さん [DVD(邦画)] 5点(2008-11-16 21:34:19)
66.《ネタバレ》 仲間さんがきれいでした。後半のどんでん返しは、だいたい想像はついたけど、それでも楽しめました。最後の最後が甘ったるすぎるのがちょっと…。
コウモリさん [DVD(邦画)] 7点(2008-08-18 23:36:17)
65.《ネタバレ》 ある程度のテンポがあって、そこまでダレることなく観られたが、伏線がほとんどないのと、藤木直人がびっくりするぐらい演技ベタなのが痛い。恋のゲームをオチにするのは別に良いのだが、佐久間と千春の心理描写がないため、かなり強引な展開。まあ全体的にドラマはないのだがね。共感できるドラマ作りと、伏線を効果的に張れば多少は面白い作品になったと思う。
TOSHIさん [DVD(邦画)] 2点(2008-06-28 09:10:54)
64.話の内容は良かったようなんだけれども、どうにも面白くない。何が悪いのかよくわからにけど、音楽、キャスティング、カメラワークそれぞれが微妙に安っぽくてテレビの2時間ドラマ並になってしまったみたい。
紫電さん [DVD(邦画)] 5点(2008-04-18 22:44:10)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
12345
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 83人
平均点数 6.41点
000.00%
100.00%
222.41%
333.61%
456.02%
589.64%
61922.89%
72530.12%
81922.89%
922.41%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.88点 Review9人
2 ストーリー評価 6.81点 Review11人
3 鑑賞後の後味 7.00点 Review9人
4 音楽評価 4.77点 Review9人
5 感泣評価 5.50点 Review6人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS