Menu
 >
 >
 > ニューヨーク 最後の日々

ニューヨーク 最後の日々

PEOPLE I KNOW
2002年【米】 上映時間:100分
平均点: / 10(Review 13人) (点数分布表示)
ドラマサスペンスラブストーリー
[ニューヨークサイゴノヒビ]
新規登録(2003-12-03)【brass ring】さん
タイトル情報更新(2012-11-17)【ESPERANZA】さん
レビュー最終更新日(


Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索

Twitterにて検索

ブログに映画情報を貼り付け
監督ダン・アルグラント
キャストアル・パチーノ(男優)イーライ・ウーマン
キム・ベイシンガー(女優)ビクトリア・グレイ
ライアン・オニール(男優)ケアリー・ローナー
ティア・レオーニ(女優)ジリー・ホッパー
リチャード・シフ(男優)エリオット・シャランスキー
ビル・ナン(男優)ライル・ブラント牧師
ロバート・クライン(男優)サンディ・ネイピア
マーク・ウェバー〔男優〕(男優)ロス
ベン・シェンクマン〔男優〕ラジオのアナウンサー
山路和弘イーライ・ウーマン(日本語吹替)
山像かおりビクトリア・グレイ(日本語吹替)
田中正彦ケアリー・ローナー(日本語吹替)
林真里花ジリー・ホッパー(日本語吹替)
石塚運昇エリオット・シャランスキー(日本語吹替)
編曲テレンス・ブランチャード(ノンクレジット)
撮影ピーター・デミング
製作テレンス・ブランチャード
レスリー・アーダング
マイケル・ノジック[製作]
製作総指揮ロバート・レッドフォード
配給アートポート
特殊メイクジョン・キャグリオーネ・Jr
衣装デヴィッド・C・ロビンソン[衣装]
字幕翻訳太田直子
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)



【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
13.ある種、業界ネタっぽい馴染みのない世界のオハナシ。この、「こういう職業あんねんで知ってたか」的な業界ネタと、「娯楽作ちゃいまっせ地味でっせ」的なシブい作風と、「地味な作品だろうと何だろうと大いに演技しまくってやるぜ」的なアル・パチーノ、という、ややチグハグな三すくみの構造に、ちょっとついていけませんでした、はい。豪華な出演者が、ちょっと重しになっちゃてますかね。ある初老のパブリシストの、最後の仕事。この大仕事だけは成功させたい、という思いを抱きつつ、彼はその最後の仕事に臨むが、周囲の状況は次第に彼を追いつめていく。というより、彼を追いつめるのはむしろ、彼自身の思いであり、彼が背負ってきたパブリシストとしての過去のキャリアそのもの。過去の成功というものは、未来の安泰と引き換えに得たものに過ぎないのか? と言う訳で、特殊な職業を描きつつも一般的な人生の不安に踏み込んだ作品、でもそれにしてはキャスティングが特殊過ぎませんかねえ。
鱗歌さん [DVD(字幕)] 6点(2011-01-12 23:55:39)
12.アルパチーノの老け具合がかっこいい。役作りもあるかもしれないけど。彼は働きすぎて疲れきった役が似合いますね。ハリウッドとか芸能界の裏社会ってこんな感じなんだろうなぁ、と見てて悲しくなりました。DVD特典映像のインタビュー受けてる普段のアルパチーノがかっこよかったです。
あしたかこさん [DVD(字幕)] 6点(2006-08-08 04:56:17)
11.暗い…苦しい…どうにも救いがありません。なんかちょっと違った感じの映画を想像してました。脚本自体は悪くないと思います。
金子淳さん 5点(2005-01-19 14:56:15)
10.後味が悪かったです。パチーノは孤独な男を演じるのが上手い。彼の演技に引き込まれました。
ギニューさん 6点(2004-09-13 20:39:12)
9.《ネタバレ》 きょうかさんに同感。パブリシスト?という職業を知りました。この仕事とNYという街がアルパチさまの神経をボロボロにしたのですね(哀)。厨房で大男たちに囲まれてるシーンがなぜか好きです。ヤクに浸かる女優役の女優さんはモルダー夫人ですって(DVDインタビューではいい人そうだったわ)。私はライアン・オニールの口元に今更ながら失望してました、あぁ緩い。しかし、、何といっても!桃子さんのおっしゃるとおり、おすすめはキムが出る2シーン!・・涙が出るほどホッとします。多くの女優さんは40歳代後半に説得力がぐんと増して素晴らしいと常々思っております。61歳と48歳のツーショットだけでもレンタル代(100円やったけど)の元が取れました。でもくたびれた~。
かーすけさん 5点(2004-08-16 23:10:12)
8.甘くも辛くもなく、ただ苦かった。アル・パチーノのお疲れモードが尋常ではない。役作りなのか、それとも本当に疲れていたのか。観てるほうまで疲れてしまいました。まったく派手さのない映画だけど、たまにはこういうのもいいかな。
眉山さん 6点(2004-06-27 15:43:22)
7.仕事・趣味・家族(もしくは友人)の三つが程よいバランスを保つのが大事だなあと感じさせられる。体も心もズタズタ・ボロボロでありながら、彼女に「私はタフだ」と強がる姿は男らしいが痛々しい。イーライにとって仕事は苦行でしかないようだが、良い仕事をするにはもっと楽しんで仕事を受けて立たなければ。途中からラストは予感でき、その通りだった。このような役もこなすパチーノは流石の一言。
JAPANESE. 551さん 7点(2004-06-01 16:05:04)
6.《ネタバレ》 ほんとは5点にしたいんですが、アル・パチーノがうまいので6点にしときます。観終わってグッタリ疲れてしまいました。アル・パチーノの精神的・身体的疲れがこちらにも乗り移ってきたみたいで・・・。そういう意味でうまいなぁと改めて思わされました。物語としては、テレビ女優がホテルの部屋で殺されたのを目撃してしまうところからおもしろくなるかと思ったら、なんだかずっと平行線できてしまった感じ。中途半端さに少し欲求不満です。最後もあの終わり方は嫌だなぁ。疲れた上に救いがなくて悲しくなってしまいます。
きょうかさん 6点(2004-05-15 20:47:57)
5.いつもはお色気ムンムンか場末の娼婦、強いお母さん…のキム・ベイシンガーだけど、今作では少ない出番ながら、天使のような安らぎを与えてくれます。いい女優だなー、とつくづく思ってしまった。しかしながら…こんな背中の小さい普通のオヤジなパチーノは見たくなかったよ…。(巧いってことだろーけど)それだけで悲しくなってしまった。
桃子さん 5点(2004-03-09 17:55:39)
4.暗いぜ。リストラされた後なんかに見ると自殺しちゃうも。私もストレスが溜まると
消化器系にクるタイプなので、「血尿が出る~」などと苦しむ主人公に
感情移入しまくりである。程度差はあれ、現代社会に生きてると彼のような
苦しみは誰しも感じるだろう。ドライな人間関係、磨り減る神経、健康不良に、
仕事への不満。夢は持ち続けるが、決して叶うことがない。大切なモノは目の前にあるのに
(キム・ベイシンガー演じる彼女のコトだ)、自分には決して手に入らない、手に入れてはいけないと知っている...。
この映画は、そんな現代人たちの苦しみを、集めて圧縮してからまき散らしているかのようだ。
でも、私は思う。愚痴だけなら誰だって吐ける。私たちが見たいのは、その苦しみから
きっと脱却できるという希望の光で照らされたラストなのだ。
あまでうすさん 7点(2004-02-13 10:44:52)
3.テンポが速すぎて最初観た時はよくわからなかったけど、再見して納得しました。内容は7点なんだけど、頑張ったイーライと頑張るパチーノにそれぞれ+1点。
やっぱトラボルタでしょうさん 9点(2004-01-09 00:17:35)
2.《ネタバレ》 キャストにつられて期待したのですが、イマイチでした。展開に辻褄が合わないところがあるし、きっとアル・パチーノは殺されちゃうんだろうなあ~というのが途中で分かってしまい、しかもその死に方と最後のカメラワークが「え~!?」という感じ。「カリートの道」のほうが全然よかったなあ。
あおみじゅんさん 5点(2003-12-31 22:17:14)
1.あまりサスペンスというドキドキ感がなく、人間模様を描いた、ある種のヒューマンドラマのような作品。組織(?)とは何の絡みもなくストーリーが進展するため、サスペンス特有のドキドキ感が無い。
北狐さん 5点(2003-12-28 21:25:01)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
1
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 13人
平均点数 6.00点
000.00%
100.00%
200.00%
300.00%
400.00%
5538.46%
6538.46%
7215.38%
800.00%
917.69%
1000.00%

■ ヘルプ
旧デザインCopyright(C) 1997-2017 JTNEWS