ウルフのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ウ行
 > ウルフ
 > (レビュー・クチコミ)

ウルフ

[ウルフ]
Wolf
1994年【米】 上映時間:125分
平均点:5.33 / 10(Review 48人) (点数分布表示)
ドラマホラーサスペンスロマンス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2016-11-19)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイク・ニコルズ
助監督フィリップ・C・ファイファー(第二班監督)
マイケル・ヘイリー
演出M・ジェームズ・アーネット(スタント・コーディネーター)
キャストジャック・ニコルソン(男優)ウィル・ランダル
ミシェル・ファイファー(女優)ローラ・アルデン
ジェームズ・スペイダー(男優)スチュアート・スウィントン
ケイト・ネリガン(女優)シャーロット・ランダル
リチャード・ジェンキンス〔男優・1947年生〕(男優)ブリッジャー
クリストファー・プラマー(男優)レイモンド・アルデン
アイリーン・アトキンス(女優)メアリー
デヴィッド・ハイド・ピアース(男優)ロイ
オム・プリ(男優)
ロン・リフキン(男優)医師
ピーター・ゲレッティ(男優)ジョージ
アリソン・ジャネイ(女優)パーティ客
デヴィッド・シュワイマー(男優)警官
ブライアン・マーキンソン(男優)
エレイン・メイオペーレーター(ノンクレジット)
小林修ウィル・ランダル(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
島本須美ローラ・アルデン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
金尾哲夫スチュアート・スウィントン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
福田信昭ブリッジャー(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
中村正[声優]レイモンド・アルデン(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
宮本充ロイ(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)/スチュアート・スウィントン(〃【テレビ朝日】)
小島敏彦医師(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
千葉耕市(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
秋元羊介(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
翠準子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
沢海陽子(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
小形満(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
大川透(日本語吹き替え版【VHS/DVD】)
石田太郎ウィル・ランダル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
勝生真沙子ローラ・アルデン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
弥永和子シャーロット・ランダル(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
池田勝ブリッジャー(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
納谷悟朗レイモンド・アルデン(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田原アルノロイ(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
伊藤和晃(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
田村錦人(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
磯辺万沙子(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中田和宏(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
檀臣幸(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
中博史(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
松本大(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
坪井智浩(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
津村まこと(日本語吹き替え版【テレビ朝日】)
脚本ウェズリー・ストリック
ジム・ハリソン
音楽エンニオ・モリコーネ
編曲エンニオ・モリコーネ
撮影ジュゼッペ・ロトゥンノ
デヴィッド・ノリス〔撮影〕(カメラ・オペレーター)
製作ダグラス・ウィック
ジム・ハリソン(製作補)
コロムビア・ピクチャーズ
製作総指揮ニール・A・マクリス
ロバート・グリーンハット
配給コロンビア・トライスター・ピクチャーズ
特殊メイクリック・ベイカー[メイク]
特撮ILM/Industrial Light & Magic(視覚効果)
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス(視覚効果)
エリック・ブレヴィグ(視覚効果スーパーバイザー)
トム・ウッドラフ・Jr(アニマトロニクス・エフェクト・クリエーター)
美術ボー・ウェルチ(プロダクション・デザイン)
衣装アン・ロス〔衣装〕
編集サム・オースティーン
録音リチャード・P・シリンシオーネ
字幕翻訳戸田奈津子
その他ニール・A・マクリス(ユニット・プロダクション・マネージャー)
エンニオ・モリコーネ(指揮)
あらすじ
大手出版社の編集局長ウィル(ジャック・ニコルソン)は、帰宅途中に狼に噛まれて以来、五感が鋭くなり、謎の活力に満たされるようになる。部下のスチュアート(ジェームズ・スペイダー)に妻を寝取られ、役職まで奪われるが、挽回して左遷の危機も脱した。社長令嬢のローラ(ミシェル・ファイファー)と恋に落ちるウィル。しかし彼はどんどん狼に近づいていく・・・。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
48.《ネタバレ》 中学高校時代に夢中になったジャック・ニコルソン(本作57歳)とここ3ヶ月注目しているクリストファー・プラマー(同65歳)が同じ画面に映っている。嗚呼、夢みたい。
オトコマエにクラクラっとなったのはプラマー。
語り口や表情から発せられる色気に今でもウットリさせられたのはニコルソン。
先祖は狼なのかと思わされる獣人模様(遠吠えはやりすぎだけど)はプラマーには逆立ちしても出来ない。
役者が一枚上手のニコルソンを再認識させられました。
妻を寝取られ、役職を追い落とされたウィルが狼の活力を得て奪い返す。
挙句の果てに狼男同士の殺し合いとなる。(ここまで出来るのはニコルソンをおいて他に無し)
その猛々しさは、スーツを着てネクタイ締めているヒトも「ダーウィンが来た」の弱肉強食世界同様に戦わなきゃならんのを示しているように感じました。
ヒトは優しくなければ生きていく資格がないというのは青臭い台詞なのだろうか。
満月を見上げて考えてみようか。
JAPANESE. 551さん [インターネット(字幕)] 8点(2017-08-23 13:31:39)
47.《ネタバレ》 ジャック・ニコルソンが狼男。似合いそうと思って観たが、う~ん地味。最後は狼男らしくなるけど、それ以外だとピョンピョコと飛ぶだけ。
たろささん [地上波(字幕)] 3点(2017-02-10 21:58:53)
46.狼男の強さが伝わらない。優れた嗅覚と聴力は描かれてたけど。これ、ホラーじゃなくてもいいんじゃないかな。
真尋さん [DVD(吹替)] 4点(2015-05-16 02:24:01)
45.《ネタバレ》 話自体はどうってことないけど、怪優ニコルソンの狼男が似合うこと。
敵役のジェームズ・スペイダーも憎々しくていい。
影で主人公の職と夫人を奪っておきながら、心にもない綺麗ごとや嘘を平気で口にできるとんでもないヤツ。
それがきっちりしっぺ返しを食らうのは溜飲が下がる。
美女と野獣の組み合わせ的なラブストーリーにもなってはいるが、ミシェル・ファイファーが『恋のゆくえ』の頃と比べると数年で美貌も衰えたような。
飛鳥さん [地上波(吹替)] 5点(2015-03-09 01:34:28)
44.《ネタバレ》 まぁ、ある意味展開が「読める」ものではあるけども、そこはジャック・ニコルソン。さすがというかやはりというか、こういう役をやらせたら右にでるものはいませんな。普段の低ーいテンションwからの夜のテンションの高まり感は彼しか出せないとホント思います。最後はどうなるかと思いきや狼男対決でしたね~、でも個人的には決着方法がちと不満。狼らしく(?)戦って決着したほうが、らしかったような?。ジャック・ニコルソンならではな狼男でゴザイマシタ
Kanameさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2013-06-13 10:59:41)
43.主人公の人物描写をじっくり描いた前半部は、なかなかよかったのだが、
ヒロインが絡んできてからの後半は、シナリオの粗が目立つように。狼男と化した主人公の
悲哀を描きたかったのか、それともヒロインとの悲しいロマンスを描きたかったのか、
どうにも中途半端。変身シーンは、取り立てて普通。ラストもこれでいいのかな?
MAHITOさん [ビデオ(字幕)] 4点(2012-07-20 05:43:52)
42.《ネタバレ》 スクリーンに登場する怪人たちの中で、ドラキュラ・フランケンシュタインの怪物、の大物ぶりに比べ、狼男はやや弱い。アピールポイントが「満月になると顔に毛が生えます、遠吠えもします」と内向きである。「おまえはけっきょく何をやりたいんだ」と詰め寄りたくなる(日本の昔話で、桃太郎・一寸法師に比べ影の薄い金太郎と同位置にあるようだ。桃太郎らは業績がはっきりしているが、金太郎は子どものときに熊と相撲をとったこと以外はボンヤリしていて、どこか狼男と似ている)。で、この映画。そのぼんやりものの狼男に一本背骨を入れた。狼男とは「中年が若返る」なのだ。疲れが消え、気分爽快、生き生きとなるのである。人間関係の中で疲弊していた中年に、野生の血が紛れ込むのである。匂いに敏感になり、遠くの会話が聞こえるようになる、とリフレッシュとしての狼男化が面白い。あちらキリスト教圏の話は、つまるところ悪玉と善玉の展開になっちゃうところが物足りないけど、何か新しい視点・解釈を導入しようとする姿勢は偉いと思う。主役の二人は『バットマン』シリーズ1作目と2作目の仇役、ジョーカーとキャットウーマンで好演したもの同士、ラストは美女と野獣でもある。J・ニコルソンってこういう役になると本当に楽しそうにやってる。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2010-08-22 09:53:21)
41.雰囲気は良かったです。なかなかいいですよ。
たかちゃんさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2009-06-13 22:23:13)
40.《ネタバレ》 スペイダー目当てで観ました。もっと彼の狼男のシーンを入れてほしかったなあ。ニコルソンよかずっと色っぽいし。しかしスペイダーは顔は天使だけど、性格はずるくて小心でねずみ男って役がほんとにうまい。っていうか、地なのか?最後ローラも狼女になってウィルと結ばれるみたいなハッピーエンドになってるけど、それはないだろう、ここは「シザーハンズ」的に終わるべきなのがお約束だと思います。それに博士のことですが、噛んであげるくらい何でもないんだから噛んであげたらいいのにと思いました。
はちかつぎひめさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2009-05-29 08:35:32)
39.畑“ムツゴロウ”正憲VSジャック“ウルフ”ニコルソン この対戦を是非見てみたい。
オニール大佐さん [地上波(吹替)] 5点(2009-05-04 21:57:27)
38.噛まれなくてもジャック・ニコルソンは狼男のような風貌だねぇ。噛まれた後もそんなに変わらないじゃないかっ!
りりあさん [地上波(吹替)] 4点(2008-02-09 00:26:43)
37.《ネタバレ》 ちょっと古く、良い時代を感じさせるサスペンスホラー。
地味ではあるが落ち着いた良質サスペンスな雰囲気が深まる秋の鑑賞にぴったりの作品だ。
コッポラ監督が映画界にひっそりと巻き起こしたゴシックリバイバルに便乗する形で作られた映画の一つかもしれない。
狼男という古典的ホラーな題材が、マンハッタンの摩天楼を舞台にして描かれる。
昔から人々に恐れられてきた狼の持つ幻想性がしっかりと描かれている。
舞台となる出版社の吹き抜けの雰囲気が良い。
夕陽に包まれる泉を前にして座る恋人のシーンのどことなくメランコリックな美しさは心に残る。
動物霊の博士の家のオカルト映画な雰囲気など、
(子どものころから何度か見てると)そういった細々とした場面場面が心に沁みついてしまってる。
自分にとってはちょっと愛着のある映画だ。

パーティーで発作を起こした中年よりちょい上の男(ニコルソン演)を介抱し、やがて彼を愛する美女。
美熟女とまではいかないが、婚期をちょい逃したであろう年齢の美女は、
誰もが美しいと思う彼女の外面とは逆に誰にも理解されない面があった。そこが何か彼女はセクシーだ。
しかし彼女にそんな趣味があったなんて・・・ちょっと引いてしまう。

仕事上での「やられたらやり返す、倍返しだ!」といったような、いい気味のするシーンなどもあったりで楽しかった。

男の戦いや略奪が描かれるがそれは一元的ではなく、仕事から女まで多岐にわたるところが本能的でいい。
全体的に地味ではあるが漆黒な闇の描かれ方は上品でいて幻想的、オーソドックスでも賢く丁寧に作られてるのかなと思う。

ロマンス映画らしく見当外れな外野をよそに永遠の愛と哀しみに暮れるヒロイン。
魔女のように妖艶な印象を帯びる彼女の心の中には漆黒の森が生い茂り狼が駆けていた。
怪奇幻想にどっぷりと浸れる名場面。

この地味といわれる作品を絶賛する人は少ないだろうが、自分は幻想映画の良作だと感じる。
ゴシックヘッドさん [DVD(吹替)] 7点(2007-12-04 02:34:37)
36.《ネタバレ》 一途な愛・・を演出したかったのか、どうにも中途半端だ。
情熱とか愛を狼ネタと絡めるのはいいけど、一つのお話として昇華されてない。
妻を殺したのは狼に変貌した自分?ラストにサスペンスを持ってこられても困る。
それもスペイダーが真犯人、ラストの狼男同士の戦いはなんとかならなかったのか。
狼に変身しても、素のニコルソンと変わらないギラギラした雰囲気だけが取り得。
間延びした感が強く、結末は少し変えてもよかったのでは?と思う。
HIGEニズムさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2007-03-22 09:18:30)
35.さすがジャックニコルソンだぁと思わされます。シャイニングのイメージが強い彼だけど、57歳になっても彼の演技にはキレがありますねぇw。みなさまもいっているとおりニコルソンの顔はもともとコワーイんでゾアントロピー起こしてもあんまし遜色がない^^;怖さはないけど熱演に十分及第点ですwラストのシーンはちと蛇足だったかも^^;
ぐっきいさん [地上波(吹替)] 6点(2005-11-27 15:49:30)
34.観終わった直後、野生化する直前などによくかかる無機質な音楽がやたら耳に残った。夜に遠吠えするニコルソンが、不覚にもギャグやってんのかと思ってしまった。話は退屈ではないんだけど、何かが足りない気がします・・・。
ライヒマンさん 5点(2005-02-26 23:37:52)
33.今となってはたいした映画ではないけど、最期まで寝ないでみることはできました。
レンジさん 4点(2005-02-04 18:04:15)
32.ジャック・ニコルソンの狼ぶりはセクシーで良かった。でもラストはもう少しひねってほしかったかも。
civiさん 5点(2005-02-01 15:33:28)
31.残念ながら、ジャック・ニコルソンに主人公ウィルを当てたのは失敗でしょう。ウィルははっきりした自分の意見を持ち、人気作家たちからも強く信頼されています。こういう人物が(いくら老いたりとはいえ)、左遷と浮気くらいの危機を、自力で克服できないとは信じられません。「ジャック・ニコルソンの狼男!」このキャッチを結実させるならば、「冴えない中年が狼の力を得る」という物語ではいけません。ニコルソンは冴えない中年には見えないため、わざわざ狼の「助力」が必要とは思えないからです。全体の出来は悪くないだけにこれは残念でした。90年代初頭はゴシック・ホラーに光が当たっていたので、おそらく監督も派手さを抑えたのでしょう。手堅くまとまった物語。メイキャップも血も控えめ。怖くない。対象年齢は高め。大人の恋。バランスはいいと思います。ただ左遷を防ぐだけっていうのが、ちょっとせこすぎるような・・・。
円盤人さん 6点(2004-09-05 00:32:09)
30.この映画を最初に見たのは7~8年前だったと思う。べつにナンという事も無い映画。まさに5点。可も無く不可も無く…。先日ビデオで見直すと、やっぱりナンという事も無い映画だった。ジャック・ニコルソンが狼男になったって、いまさら驚かん。だって、狼に噛まれる前からそんな顔してるじゃん。あ、これはお話には関係無いか。実際の所、あの映画の話よりもあの後、後日談の方が気になるわな。ニコルソンは、森に逃げた後どうやって生きていったんだろう? あんな生き物めっちゃくちゃ目立つと思うんだが…。
TERRAさん 5点(2004-03-14 03:11:30)
29.ジャック・ニコルソンの野性的な目つきがよかった。最後のミシェル・ファイファーの眼が恐かったなぁ。
ギニューさん 6点(2004-02-11 18:50:36)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 48人
平均点数 5.33点
000.00%
112.08%
200.00%
324.17%
4918.75%
51429.17%
61429.17%
7612.50%
812.08%
912.08%
1000.00%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 6.00点 Review1人
2 ストーリー評価 4.00点 Review1人
3 鑑賞後の後味 5.00点 Review1人
4 音楽評価 Review0人
5 感泣評価 Review0人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS