フォー・ルームスのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。 > english page

Menu
 > 映画作品情報
 > 映画作品情報 フ行
 > フォー・ルームスの口コミ・評価
 > (レビュー・クチコミ)

フォー・ルームス

[フォールームス]
FOUR ROOMS
1995年上映時間:99分
平均点:6.16 / 10(Review 106人) (点数分布表示)
コメディオムニバス
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2021-09-22)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督アリソン・アンダース(第1話『ROOM 321 お客様は魔女』)
アレクサンダー・ロックウェル(第2話『ROOM 404 間違えられた男』)
ロバート・ロドリゲス(第3話『ROOM 309 かわいい無法者』)
クエンティン・タランティーノ(第4話『ペントハウス ハリウッドから来た男』)
助監督ダグラス・アーニオコスキー(第1話&第3話)
キャストティム・ロス(男優)テッド
バレリア・ゴリノ(女優)アシーナ
マドンナ(女優)エルスペス
リリ・テイラー(女優)レイヴン
アイオン・スカイ(女優)イヴァ
サミ・デイヴィス(女優)ジゼベル
アリシア・ウィット(女優)キヴァ
ジェニファー・ビールス(女優)アンジェラ
アントニオ・バンデラス(男優)
タムリン・トミタ(女優)
サルマ・ハエック(女優)TVで踊っているダンサー
クエンティン・タランティーノ(男優)チェスター・ラッシュ
マリサ・トメイ(女優)マーガレット
ブルース・ウィリス(男優)レオ
ローレンス・ベンダー(男優)長髪ヤッピー
キャシー・グリフィン(女優)ベティ
三石琴乃イヴァ(日本語吹き替え版)
久川綾ジゼベル(日本語吹き替え版)
富沢美智恵アシーナ(日本語吹き替え版)
篠原恵美レイヴン(日本語吹き替え版)
深見梨加エルスペス(日本語吹き替え版)
野沢那智シグフリード(日本語吹き替え版)
榊原良子アンジェラ(日本語吹き替え版)
大塚明夫男(日本語吹き替え版)
佐々木優子妻(日本語吹き替え版)
坂本千夏サラ(日本語吹き替え版)
野沢雅子ファンチョ(日本語吹き替え版)
広川太一郎チェスター・ラッシュ(日本語吹き替え版)
羽佐間道夫ノーマン(日本語吹き替え版)
樋浦勉レオ(日本語吹き替え版)
脚本ロバート・ロドリゲス(第3話)
アリソン・アンダース(第1話)
アレクサンダー・ロックウェル(第2話)
クエンティン・タランティーノ(第4話)
撮影ギレルモ・ナヴァロ(第3話)
ロドリゴ・ガルシア〔監督〕(第1話)
アンジェイ・セクラ(第4話)
製作ローレンス・ベンダー
製作総指揮クエンティン・タランティーノ
アレクサンダー・ロックウェル
配給松竹富士
特殊メイクK.N.B. EFX Group Inc.
美術ウェイン・フィッツジェラルド(タイトル・デザイン[ノンクレジット])
編集ロバート・ロドリゲス(第3話)
サリー・メンケ(第4話)
字幕翻訳戸田奈津子
スタントケイン・ホッダー
その他ゾーイ・カサヴェテス(スペシャル・サンクス)
あらすじ
今日は大晦日。 ベルボーイのテッドは一人で宿泊客の相手をしなければいけなくなっていた。 自分を魔女だと名乗る女がいるは、 奥さんの浮気相手と間違われるは、怖い男(アントニオ・バンデラス)に帰ってくるまで子供の面倒を任せられるは、 ハリウッドスターの相手をしなければいけないはと 最悪の一日が待っているとも知らずに・・・・・・
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
106.10代か20代の頃に見ていたら面白いかもしれないが、私は今40代。
テイストの問題かな。
第3話の子守の話は面白かった。
クロエさん [CS・衛星(字幕)] 4点(2020-05-21 11:55:26)
105.《ネタバレ》 とあるホテルの4つのエピソードを描いたオムニバス作品。
「奥様は魔女」
6人の魔女が集まって儀式を行うが精液が足らずにルームサービスから搾取する。
感想:見どころが分からない。
「間違えられた男」
妻の不倫相手と間違えられたルームサービスが拘束され尋問を受ける。
感想:シチュエーションとしては面白いが何もなく終わる。
「かわいい無法者」
客から姉弟の子守を命じられるルームサービスだが
とんでもなく生意気な子供たちであった。
感想:ムカつく子供とクズいルームサービスにイライラする。
オチは良い。
「ハリウッドから来た男」
辞職を決めるルームサービスだが最後にハリウッドスターの接客を命じられ嫌々引き受ける。
そこで半ば強引に危険な賭け事に巻き込まれる。
感想:タランティーノ出そうと思ったらやっぱり出た。
出てるだけで面白いから不思議だ。
他の三作品の中で唯一楽しめた話。
Dry-manさん [DVD(字幕)] 3点(2018-05-05 16:04:45)
104.タランティーノ的ダラダラ感がそのエッセンスだけでも味わえるだけで、十分楽しめる。ただ、ティム・ロスのベルボーイの設定を少し変えるだけで、もっと面白くはなったと思う。ああいうクネクネアクションは、ずっとやり続けるんじゃなくて、ここぞというところだけでやるからこそ意味があるんだよ。
Oliasさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2014-03-23 02:40:51)
103.《ネタバレ》 終始つまらなかった。見どころは、最初の話のおっぱいと、最後にスパッとやって終わったところぐらいかな(笑)。豪華俳優も出ているのに、もったいな出来だった。
スワローマンさん [CS・衛星(字幕)] 2点(2014-02-28 23:33:10)
102.どの話もそれほど面白くは無い。一話めが最低につまらない。ティム・ロスの浮いてる演技がこれまた鼻につく。やりすぎ、作りすぎ。ぬう、と立ってるだけでなんとなくやばい雰囲気のバンデラスのみ良かった。
tottokoさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2013-04-26 00:08:17)
101.面白かったのは三話目だけかな。三話目だけなら人にオススメできる。
おれおれ41さん [DVD(字幕)] 5点(2013-01-27 22:56:06)
100.《ネタバレ》 オムニバス好きのわたくしですが、これはつまらない一本でしたね。まず狂言まわし役のティム・ロスの過剰な演技が生理的に合わないんですから、どうしようもない。“タランティーノと仲間たち”といってもその後も活躍しているのはロドリゲスだけで、第一話と第二話の微妙さを見ればそれも納得です。 まああえて言えばロドリゲスの第三話がなんでも大げさに撮っちゃう彼らしさが良くて、後の『スパイ・キッズ』に繋がるところがあります。 と、貶しながらも実はこの映画では第一話が好きで、なぜかと言うとあの魔女たちのオッパイ見せながらやってくれる脱力系の踊りが、『死霊の盆踊り』みたいで自分にはストライクなんです(笑)。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 5点(2012-08-25 22:50:53)
99.頭をカラッポにして楽しめる映画でした。
Kさん [DVD(吹替)] 7点(2012-06-01 21:31:20)
98.タランティーノの声がけで集まった当時の若手監督たちによるオムニバスコメディ。案内役のベルボーイがどのお話にも登場すること以上にジェニファー・ビールスが2話と4話に登場するなどの工夫で1本の長編映画としても楽しめるようになっている。

■「ルーム321:お客様は魔女」女性監督らしい下ネタ満載なのはいいが、個性豊かな魔女軍団の見せ場なしなのがもったいない。盛り上がらずにオチもなし。ただ下ネタがあるだけ。撮影はロドリゴ・ガルシア。
■「ルーム404:間違えられた男」目の前に椅子に縛り付けられている美女がいる。そこから始まるのがまずいい。ずっと縛られた状態で話が進むのだがホテルの部屋という限定された空間でのお話にとってもこれ以上ないシチュエーションといえる。けっこう楽しめた。監督は当時のジェニファー・ビールスの旦那。
■「ルーム309:かわいい無法者」ロドリゲスだ(笑)。ホテルの一室の子守でここまでハチャメチャなものを作っちゃうなんて、さすがだ。子供たちの大活躍はロドリゲスの初期短編『BEDHEAD』を彷彿。全てが過剰なロドリゲス。短編だから、コメディだから、その過剰が活きてくる。
■「ペントハウス:ハリウッドから来た男」「とり」としては物足りないが「しめ」としてはまずまずか。もうオチにつきる。というかオチのためにダラダラと無駄話が続くお話。タランティーノらしいといえばらしいのかもしれないけど、作品のほとんどが無駄話と説明というのはちとキツイぞ。

◆<総評>こういうカタチのオムニバスは監督それぞれの個性を楽しめるからけっこう好き。それぞれをホテルの一室での話にした構成もいいと思う。低予算も足かせになりにくいし。その中でその設定を活かしきったのが2話と3話。全4篇で右往左往するベルボーイのお話を4話できっちりと閉めているのもうまい。
R&Aさん [DVD(字幕)] 6点(2011-05-27 15:55:32)
97.《ネタバレ》 ティム・ロスを初めて観て好きになった映画です。タランティーノの話が一番好きですが、他の話も大概面白いです。合わないヒトには全く合わないでしょうが、合うヒトには合うのでは。シャンパンが凄ぇ美味そうに見えるんです。
キノコ頭さん [地上波(字幕)] 7点(2011-04-16 13:59:41)
96.多数の出演陣の中では、やはりマドンナがインパクト大。
アントニオ・バンデラスも怖すぎる男が見事にはまっていた。

和田誠監督の『怖がる人々』を想起させる作品だった。
タランティーノの手腕がそれほど発揮されてはおらず、凡作のオムニバス映画という印象。
にじばぶさん [ビデオ(字幕)] 5点(2011-03-20 19:55:42)
95.《ネタバレ》 この笑いのセンスは合わない。
3話で唯一、子供のむちゃくちゃさ具合にほんの少しだけクスリと。
虎王さん [DVD(字幕)] 4点(2010-09-13 00:20:33)
94.つまんなくはないけどふつうかな~コメディで短編だと高得点なんてつけらんないよね。毒にも薬にもならない映画。
HAMEOさん [ビデオ(字幕)] 4点(2010-02-02 18:40:28)
93.《ネタバレ》 うーーーーん…なんかよくわかんないなぁ…この独特のノリが合う人はいいんだろうけど、ちょっと面白くないなぁ…強いていうならば3作目はまだいけるかなぁ的感想でアリマスデス
Kanameさん [ビデオ(字幕)] 3点(2010-01-06 14:36:51)
92.1話、2話はちょっと馬鹿馬鹿しい下らなさに少しクスッときます・・・がオチもなく何となく消化不良なまま終わってしまうんです。これじゃあ到底満足することなどはできません。そんな事を思いながら始まるのが第3話、これがなかなかテンポよく進みキレイにオチもつき素直に笑えるわりと正統派なコメディでした。これでグイッと引き込まれる。これを観てつまらないと思った人も3話だけは多少なりとも素直に笑えたと思います。んで最後の4話が始まるのですがこれがいつも通りのタランティーノ映画なんですよね、ウダウダと本筋に関係ない話をしたりやっと本筋に入っても長い長い。面白いけどコメディじゃあなくないか・・・?なんて思ってたらあのオチ。おい、さっきまでの長ったらしい説明は何だったんだw人を選びますね。っていうかタランティーのは何を撮らせても人を選ぶモノを作りますね。  程よいコメディ映画を観させて頂きました。オムニバス形式ではありますが1つの作品としてよく完成された映画だと思います。ティム・ロスも見事でした。
ケ66軍曹さん [DVD(字幕)] 9点(2009-04-23 05:40:58)
91.《ネタバレ》 ラストは、あっさりイキましたね。。
Junkerさん [DVD(字幕)] 4点(2009-02-19 00:08:36)
90.《ネタバレ》 2年くらい前に見たのですが、制作年がこんな古いとは!驚き。どうもこの手の作品はバランスの良さを気にする私には頂けない。どの話もどうなんだろ?イマイチ感が消せないが、めっちゃ悪いわけでも嫌いなわけでもないし。6点よりの5点。
成田とうこさん [DVD(字幕)] 5点(2008-07-05 19:55:25)
89.《ネタバレ》 絶対無いだろうけど、もしあったら面白そうな(現実離れしすぎていない)シチュエーションがいい。主人公の性格も実にいい加減で笑いを誘います。毒気は強く、かなりお下品ですが、個人的には嫌いじゃない。オッパイが見られればOKの1話目と、オチが全ての4話目は別にしても、『間違えられた男』と『かわいい無法者』は膨らませても面白そうだなと思いました。なお、4話が微妙に繋がっていても、物語として大胆に絡んでこないのはもったいない。単発での満足感は、たかが知れています。散発のジャブよりもコンビネーションブローの方が遥かに効きます。
目隠シストさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2007-07-06 18:33:10)
88.3話目のかわいい無法者が一番よかった。タムリン・トミタもベスト・キッド2以来、久しぶりに観れてよかった。全体的にティム・ロスの演技が大袈裟に感じる。でもコメディだから、あんなものなのかな?
doctor Tさん [DVD(字幕)] 6点(2006-12-23 15:57:57)
87.《ネタバレ》 いまさらだけど観ました。最初の魔女の話はオチがあるのかないのかよくわからないなあ。次の浮気男の話はまあまあまとまっているけどやはり小粒。3番目のロバート・ロドリゲスはこのころから、子ども使うの好きだったのね、ってな発見。でも、子どもに芝居つけるのちょっとへたじゃない?それとも、もともとこの気持ち悪さを出したかったのか。タランティーノの話はハリウッドに対する皮肉だね。後半展開の切れがよく、実に笑える作りになっていて、タランティーノってコメディうまいんだなあと関心。この路線のほうがあってるんじゃないのと思わせられた。しかし全体的には、ひとつの場所を舞台にした分、監督たちの力の差がはっきりしすぎてまとまりがないと感じてしまった。
如月CUBEさん [ビデオ(字幕)] 4点(2006-10-05 01:01:44)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 106人
平均点数 6.16点
000.00%
132.83%
221.89%
354.72%
4109.43%
51312.26%
62422.64%
72321.70%
81716.04%
954.72%
1043.77%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 7.50点 Review2人
2 ストーリー評価 3.40点 Review5人
3 鑑賞後の後味 4.80点 Review5人
4 音楽評価 6.75点 Review4人
5 感泣評価 1.00点 Review2人
chart

【ゴールデンラズベリー賞 情報】

1995年 16回
最低助演女優賞マドンナ受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS