Menu
 > 作品
 > ヒ行
 > 響 HIBIKI
 > まつもとしんやさんのレビュー
響 HIBIKI のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 響 HIBIKI
製作国
劇場公開日 2018-09-14
ジャンルドラマ,青春もの,アイドルもの,漫画の映画化
レビュー情報
欅坂46の楽曲を聴いている者として、「平手友梨奈である」という基礎点5点からスタートして充分満足。ただそれ以上でもそれ以下でもなし、申し訳ないけれどもそんなところ。原作未読だけになんともいえないが、きっといろいろなところが略されてしまっていての話の急展開は、鮎喰響の何万分の一規模でも同分野の仕事をしていると「いくらなんでも……」との思いがどうしても先に立つ。うなずける言葉も多い(特にラス前の山本春平=小栗旬とのやりとりは秀逸)だけにそこが残念でした。
名優たちが平手の周りを支える中でもアヤカ・ウィルソンと野間口徹に心の1点を、響がパイプ椅子を折りたたむシーンにも同じく心の1点を、それぞれ差し上げます。
まつもとしんやさん [映画館(邦画)] 5点(2018-09-17 11:18:06)
その他情報
作品のレビュー数 5件
作品の平均点 5.40点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
3120.00%
4120.00%
5120.00%
600.00%
7120.00%
8120.00%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 1.85
このレビューの偏差値 48.84
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
響 HIBIKIのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS