Menu
 > 作品
 > カ行
 > 海炭市叙景
 > トントさんのレビュー
海炭市叙景 のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 海炭市叙景
製作国
上映時間152分
劇場公開日 2010-12-18
ジャンルドラマ,小説の映画化
レビュー情報
《ネタバレ》 我々は、この話に救いはないだろうという事はもう分かってる。地方の衰退というのは、自分も身近に感じるし、新聞などを見ても分かる。なのに、不安を観客に押し付けるような内容にはなってなく、最後まで見せる。150分も長く感じられなかった。熊切監督は、地味ながらも確実に作品を残してきてる。力を感じさせる監督である。まるでドキュメンタリーのような暗い映像の中で、物語冒頭の谷村美月のまっすぐな目にひきつけられ、その孤独な生涯をタイトルを見せる前に教えてしまい、それでも最後まで我々を画面にひきとめたもの、それは彼女の目線同様、監督の誠実な映画創りだったように思う。
トントさん [DVD(邦画)] 8点(2013-05-22 23:58:23)
その他情報
作品のレビュー数 13件
作品の平均点 5.15点
作品の点数分布
017.69%
100.00%
217.69%
3215.38%
417.69%
5215.38%
617.69%
717.69%
8430.77%
900.00%
1000.00%
作品の標準偏差 2.54
このレビューの偏差値 54.42
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
海炭市叙景のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS