Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/ユア・アイズ・オンリー
 > アンドレ・タカシさんのレビュー
007/ユア・アイズ・オンリー のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 007/ユア・アイズ・オンリー
製作国米,英
上映時間128分
劇場公開日 1981-07-11
ジャンルアクション,サスペンス,アドベンチャー,シリーズもの,犯罪もの,小説の映画化,スパイもの
レビュー情報
《ネタバレ》 「ムーンレイカー」の馬鹿らしさを反省したのか、とても真っ当なスパイものでした。妻の墓参りで始めたのは反省の証だろう。冒頭の車椅子はブロフェルド? つまり「ダイヤモンドは永遠に」のラストを、怪我を負いながらも生き延びたってことか。さて今作。行く先々で協力者と接触し、情報を集め、目的に近づく地道な諜報活動。ベッドシーンも情報収集の為と解釈できる。スケーターの女の子をたしなめる言動は過去のボンドに無かった良識。アクションも特撮などは使わず、ロケで撮影できる範囲に限って行われている。特に一連のウインタースポーツアクションには生身の人がやれることの限界を見極めるような探求心が感じられ、CGに慣れた目を刮目させてくれる。スタントマンに拍手。水中を引きずられたボンドが怪我をして血を流すことも新鮮。ラストの敵アジトの襲撃も、酷似した状況で「女王陛下の007」ではヘリで強襲していたが、こちらは地味にロック・クライミングで死角から近づこうとする。デタント(緊張緩和)って死語がオチになっているのもこのシリーズにしては渋い。そうそう、ボンドガールもお色気優先ではなく知的美人でした。いや、彼女は美しいです。そんなこんなで大手術を施した作品だったけど、面白いかというと微妙。この姿勢は買うが、役者の演技と演出のタッチが軽めで変わり映えしない為に、重厚なスパイものには成り得ない。007映画として物足りない感想が多いのは、そんな理由だろう。ダニエル・クレイグ版を観た後だから思うことだけど、これ程に方向性を変えるのであれば、ボンド役も一緒に変えるべきだったってことかな。でも、私は好きですよ。
アンドレ・タカシさん [映画館(字幕)] 6点(2010-05-02 06:32:23)
その他情報
作品のレビュー数 58件
作品の平均点 6.19点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
211.72%
300.00%
423.45%
51932.76%
61424.14%
71118.97%
8712.07%
935.17%
1011.72%
作品の標準偏差 1.46
このレビューの偏差値 49.11
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
007/ユア・アイズ・オンリーのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS