Menu
 > 作品
 > タ行
 > 007/ドクター・ノオ
 > S&Sさんのレビュー
007/ドクター・ノオ のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 007/ドクター・ノオ
製作国
上映時間105分
劇場公開日 1963-06-08
ジャンルアクション,サスペンス,シリーズもの,小説の映画化,スパイもの
レビュー情報
《ネタバレ》 ジェームズ・ボンド、記念すべき初登場作。余談ですけど自分が子供のころにはたしか“ゼロ・ゼロ・セヴン”だったはずですけど、いつごろから“ダブル・オー・セヴン”に変わったんですかね? 前半はけっこうサスペンスを意識した撮り方をしてたんだな、と今の眼で観ても感じます。当然ですがシリーズ中盤以降のなんでもありのボンドではなく、マネーペニー女史といちゃついたりところどころでブラックな皮肉を吐くところなどジェームズ・ボンドのキャラを確立させる布石を打つだけで終わったという感じも否めません。それでも部屋に入るときの用心振りなどエージェントとして当然身に付けているはずの描写はきっちり押さえているところは好感が持てます。 やはりこの映画が趣をガラリと変えるのは、ドクター・ノオの島で例のドラゴンが登場してからでしょうね。ドクター・ノオというキャラはシリーズ中でも屈指の不気味クンだと自分は感じるんですけど、スペクター加入してまで彼が何をしたかったのかがいまいち不明なんですよ。秘密基地の中にわざわざメイドまで用意してボンドたちを迎えたり、独房に閉じ込めたボンドには通気口を破られていとも簡単に逃げられたリ、なんかわきが甘いんです。最近のアクション映画のラスボスの最期と較べると、信じられないぐらいあっさり退治されちゃうのは逆に新鮮に感じるぐらいです。この映画の後半パートに関しては、尺が30分ぐらい足りなかったのかな。
S&Sさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2017-06-26 23:42:24)
その他情報
作品のレビュー数 73件
作品の平均点 6.08点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
200.00%
322.74%
4810.96%
51317.81%
62534.25%
71419.18%
879.59%
934.11%
1011.37%
作品の標準偏差 1.42
このレビューの偏差値 49.59
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
007/ドクター・ノオのレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS