Menu
 > 作品
 > イ行
 > 犬神家の一族(1976)
 > 風小僧さんのレビュー
犬神家の一族(1976) のクチコミ・感想
作品情報
タイトル名 犬神家の一族(1976)
製作国
上映時間146分
ジャンルサスペンス,シリーズもの,犯罪もの,ミステリー,小説の映画化
レビュー情報
 戦争が影を落とす中、因習にとらわれた村社会を舞台に複雑な血縁関係をめぐる愛憎劇が繰り広げられる。血の呪いと言おうか、おどろおどろしい事件の数々が、犬神佐兵衛の映像を巧みに挿入することで衝撃を増幅させる。 
 湖から突き出た2本の足は視覚に訴える力が強く、ヴィジュアル面での貢献度は大きい。メディアミックスの成功と相まって、この映画を象徴する名場面となった。哀愁を帯びた音楽も秀逸。
 金田一耕助のキャラクターにあまり魅力を感じないが、物語のおぞましさを中和する役回りとしては妥当だ。多彩な登場人物を手堅く捌いており、ほのかな旅情を感じさせるラストもなかなか良い。
風小僧さん [映画館(邦画)] 6点(2019-03-03 14:20:50)
その他情報
作品のレビュー数 182件
作品の平均点 7.53点
作品の点数分布
000.00%
100.00%
221.10%
310.55%
410.55%
5116.04%
62513.74%
74524.73%
85228.57%
92614.29%
101910.44%
作品の標準偏差 1.52
このレビューの偏差値 43.35
※この作品のどの当たりの点数に位置するかを表した値
犬神家の一族(1976)のレビュー一覧を見る


© 1997 JTNEWS