ふたり(1991)のシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > フ行
 > ふたり(1991)
 > (レビュー・クチコミ)

ふたり(1991)

[フタリ]
Chizuko's Younger Sister
(Us Two (Hong Kong: English title))
1991年【日】 上映時間:150分
平均点:6.87 / 10(Review 47人) (点数分布表示)
公開開始日(1991-05-11)
ドラマファンタジー青春もの小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2020-10-01)【イニシャルK】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督大林宣彦
助監督隅田靖(監督助手)
キャスト石田ひかり(女優)北尾実加
中嶋朋子(女優)北尾千津子
富司純子(女優)北尾治子
岸部一徳(男優)北尾雄一
米澤史織(女優)北尾実加(少女時代)
尾美としのり(男優)神永哲也
島崎和歌子(女優)中西敬子
柴山智加(女優)長谷部真子
竹中直人(男優)医師
中江有里(女優)前野万里子
頭師佳孝(男優)白いスーツの男
奈美悦子(女優)担任の先生
ベンガル(男優)真子の父
入江若葉(女優)真子の母
林泰文(男優)坊さん
奥村公延(男優)古文の先生
大前均(男優)ダンプの運転手
吉行和子(女優)万里子の母
藤田弓子(女優)婦人
増田恵子(女優)内田祐子
隅田靖(男優)板さん
薩谷和夫(男優)おじいちゃん
原作赤川次郎「ふたり」
脚本桂千穂
音楽久石譲
作詞大林宣彦「草の想い」
作曲久石譲「草の想い」
主題歌大林宣彦大林宣彦&FRIENDS「草の想い」
久石譲大林宣彦&FRIENDS「草の想い」
挿入曲石田ひかり「草の想い」
中嶋朋子「草の想い」
島崎和歌子「草の想い」
撮影長野重一
池内義浩(撮影助手)
製作大林恭子
NHKエンタープライズ
プロデューサー大林恭子
制作大林千茱萸(制作デスク)
配給松竹
美術薩谷和夫
編集大林宣彦
録音東京テレビセンター(光学録音)
林昌平(音響デザイン)
照明石田健司(照明助手)
その他IMAGICA(現像所)
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
47.《ネタバレ》 この大林作品は、初々しい女性を描く一方、死の世界も描いている。いつからだろうか、大林監督に死の匂いがついてまわったのは・・。自分の鑑賞歴の中では「異人たちとの夏」頃からか・・。ジブリでおなじみの久石譲さんの心地よい音楽の中に身を浸していると、ジブリにはない死の世界が垣間見られるので、観てる方はドキッとして、とまどってしまう。しかし大林さんの映像は、死者の世界によく合ってますね。冒頭の第九の演奏シーンの映像は、この映画のモチーフにピッタシあってて、今思うと、統一された世界なんだなぁと大林さんに感服します。
トントさん [ビデオ(邦画)] 7点(2016-12-11 20:22:00)
46.《ネタバレ》 オバケをスンナリ受け入れて、日常の中に組み込んじゃっている何気ない会話のトーンがいい。比較される高い基準であった姉だけど、見守ってくれると心強い。差を見るより加算していこうという人生の見方。「あたしは終わったことばっかりだけど、あんたは始まることばっかり」。家族が一人一人減っていって、最後は一人で斜面を上がっていくの。でもそれが正しいことだと納得させられる。よく雨が降るんだけど、幽霊の舞台装置じゃなく、かえって慈雨と言うか成長を促す恵みの雨なんだ。あとは赤のイメージか。赤い花、赤い糸。ストーリーの構えがハッキリしすぎちゃって道筋がわかってるぶん、ちょっとダラダラした印象があるんだけど、徐々に姉の影が薄れていくそのダウンビートに身をゆだねるのが観客の義務か。タイガースとピンクレディと緋牡丹お竜との長回し。
なんのかんのさん [映画館(邦画)] 7点(2013-08-08 09:02:38)
45.《ネタバレ》 石田ひかりは嫌いじゃないけど、本作のボソボソとしたしゃべり方はとても不自然で鼻につく。
大林監督の演出だろうが、この監督の演出は自分のツボからはよく外れるので相性が悪いのだろう。
事故で亡くなった優等生の姉が、幽霊となってドジな妹を見守り励ます。
ストーリーはベタで少女マンガ的、乙女チックなテイストで観ていてちょっと恥ずかしくなるところも。
夫婦と夫の愛人の話し合いは静かだけど緊張感のある修羅場だった。
娘にとって母が愛人に頭を下げるさまを目の当たりにするのはたまらないだろうし、父への怒りは当然だろう。
2時間半の映画だけどやっぱり長く感じるので、もう少しコンパクトにできたはず。
今や脚本家に転身した中江有里やバラエティに活躍の場を移した島崎和歌子の若き日の演技はお宝もの。
飛鳥さん [ビデオ(邦画)] 4点(2013-07-19 23:41:52)
44.《ネタバレ》 石田ひかり第一回主演作品、らしい。
石田ひかりは最近ほとんど見かけなくなったが、これは嬉しいことだ。
なぜなら、石田ひかりに女優としても女性としても全く魅力を感じないからだ。

若い頃の本作の石田ひかりはどうだろうか?
やはり魅力を感じない。
それどころかウザイ。

本作に関して、全体的にキャスティングが好みに合わない。
大林宣彦監督と、とことん生理的に合わないようだ。
エンドロールでテーマソングを歌ってる男は、まさか大林宣彦監督じゃないよねぇ?!
だとしたら、最高にウザイ。

ウザイ事てんこ盛りの作品。
にじばぶさん [ビデオ(邦画)] 1点(2013-07-12 09:27:20)
43.表現方法としての「映画」という手法の素晴らしさを、しみじみと味わえました。
素晴らしかったです。今さら、の感想で恐縮ですが。
こねさん [DVD(邦画)] 9点(2012-05-29 22:19:35)
42.新尾道三部作の一作目。尾道の風景は相変わらず美しく、
主人公が成長していく過程を描いているという点では、旧三作とほぼ同じ。
いかにも大林節が炸裂といったところだが、この作品は今一つの印象しか受けなかった。
旧三作では必ず物語の核となる設定が用意され、それらが主人公の成長とともに、
オチにも繋がっていたのだが、本作では核となる設定は後半から物の見事に失速。
オチの役目も果たしていない。この作品のヒロインが成長する最大のきっかけとなったシーンは、
まったく関係のないエピソードで、そのおどろおどろしさには不快な気持になったよ。
前半の雰囲気と、劇中とエンディングに流れる音楽は良かったけどね。
MAHITOさん [ビデオ(邦画)] 4点(2011-08-03 09:16:43)
41. 「雰囲気名画」と呼びたい。ストーリーの弱点、不適切な特撮等、細かい批判を始めたらきりがない。しかし、本当に姉妹のように見える主役二人の雰囲気、尾道の風景(セットかも知れないけど、美加がくぐる電信柱の横が好き)、主題歌、そしてなんとも余韻を残すラスト、本当に自分にとって心地のよい映画。
 主役の二人、さほどまで注意した時期もないけれどこの映画では本当に可愛かった。
特に、中島さん、一番の絶頂では?
rhforeverさん [レーザーディスク(邦画)] 8点(2010-08-14 09:59:01)
40.《ネタバレ》 結局、誰も幸せになれない。 誰も救われない。 でも、何故か優しい気持ちにさせてくれる。 辛いとき、悲しいとき、この映画を観ると立ち直れる。 なんて厳しくも優しい映画なんだろう。 この作品に出会えて本当に良かった。
KAZYさん [DVD(邦画)] 10点(2009-02-15 01:43:46)
39.いつまでも心に残り続ける個人的な名作。
全体を覆う雰囲気と日本の風景、制服、黒く長い髪、鏡、姉妹、
それらキーワードがこの映画の素敵過ぎる雰囲気を出している。
切なくて痛くてどうしようもなくなる。
05さん [DVD(字幕)] 10点(2007-03-18 01:07:55)(良:1票)
38.元気ですか──!?プロレスで言う所の「8・8藤波vs猪木フルタイム」ん~なんだろう?見終わってから、心に残り引きずり続けた最長記録保持映画なんだよな~?なんでだろ?その答えを探しに行きましたよ~現地「尾道」へ!行ったら行ったで?さらに余計に心に深く芯まで到達してしまった…邦画で一番大好きな映画です!少女をキレイに描き過ぎているのも分かってる!さむいシーンも度々あるのも分かってる!批判を言い出したらキリがないのも分かってる!だけど…無条件に映画の中に入り込み、自らまんまと騙されたい気分ってあるやん?この映画にある情景がどれも愛おしくてたまらない!誰がなんて言おうと!10点満点!テーマ曲「草の想い」も10点満点!男ならこの気持ち分かるよね?ね?
アン㌧㌧さん [ビデオ(邦画)] 10点(2007-01-23 05:23:54)
37.《ネタバレ》 大好きな映画です。この作品はきっと、兄弟姉妹の有無、長女か次女かで感じ方も変わってくると思います。石田ひかりのけだるい雰囲気がこの映画のカラーを作っていますね。エンディングのおじさま二人のハーモニーもいい感じで涙を誘います。公開時に観て、エンディングでついにこらえきれず涙でグシャグシャになった記憶があります。公開時には、やっぱり実加や千津子、真子中心に観ていましたが、十数年たってDVDで再度観て、また涙なのは同じ。でも、十数年の年月を経て、私も大人になり社会人になっていろんな経験をして、岸部一徳、富司純子、増田恵子の大人の皆様方の関係にも興味津々。富司のおかあさんてすごいなあ。あんなに優しくしかもバシッと増田恵子を追っ払っちゃった。映画は変わらないけれども、鑑賞者の方が年を経ると感じ方も変わるみたいですね。舞台が尾道のせいか、今観てもちっとも古さを感じない映画です。蛇足ですが、一度でいいからああいうスタジアムみたいなところで、飲み物を持ってぶらぶら歩きながら第9を聴いてみたです。
ひよりんさん [DVD(邦画)] 9点(2006-05-12 21:27:52)(良:1票)
36.石田ひかりの眠そうな話し方はわざとなの?!わざとじゃないの?!
parabenさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-08-28 11:27:00)
35.「 ヒロインの スローテンポに ぶちきれた 何が言いたい? さっさと喋れ! 」 詠み人 素来夢無人・朝
スライムナイトのアーサーさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2005-08-05 06:46:02)
34.《ネタバレ》 えっ?何だかえらい点数低くないですか?私はこの映画、かなり好きです。私の住んでる所では僅か二週間ぐらいしか公開しなかったけど映画館で三回見てるぐらい大好きです。大林宣彦監督の新尾道三部作の最初の作品ですけど、後の「あした」も良いけど、この映画の方が私は好きです。「私の中では「さびしんぼう」と同じぐらい大好きです。この映画もいかにも大林宣彦監督らしい演出、温かい眼で見守るそんな内容の良い作品だと思います。雨のシーン、石田ひかり演じる妹と中島朋子演じる姉の美しい姉妹の絆と愛に心打たれます。交通事故によって死んでしまう姉が亡くなる寸前に妹に言った台詞、ふたりの別れのシーン、最初の別れと本当の意味での最後の別れのシーン、鏡に消えて行く姉のシーン、泣けて仕方がないです。そして、私もこの映画の中で使われている「草の想い」という曲大好きです。確かこの映画最初に映画館で観たその日にCD買った記憶があります。中島朋子と大林宣彦監督の2人が歌ってる「草の想い」大好きです。
青観さん [映画館(邦画)] 10点(2005-06-09 22:38:36)(良:2票)
33.これ、奥菜恵主演でドラマ化されましたよねー。好きだったなーこの映画。小学生の時何度も見たわ。
あしたかこさん 7点(2004-11-07 10:01:52)
32.尾道を旅行するきっかけとなった作品です。
映画の世界と現実の世界がそれとなく重なったような感じがして自分にとっては思い入れのある作品です。しかしながら、内容は別として、この映画にこの時間が必要かと感じます。魅力的ではありますが、全般的にスッキリさせるために削り落とす部分があってもいいように思いますが。どうしても中だるみする部分があって時計に目が行ってしまいます。
トラッキーさん 5点(2004-10-03 16:43:05)
31.余韻が残る感じはいいですね。風景も綺麗だなと思いました。雨降らせすぎ。
太郎さん 7点(2004-09-16 10:23:15)
30.《ネタバレ》 最初に戸惑ったのは、石田ひかりの喋り方。今どきこんな喋り方をする女の子はいない。とっくに淘汰されてしまっている。本人が素で演じているのなら、とんでもない素質を持っている人だと思った。それでも、見ているうちにそれも慣れ、大林ワールドにずるずると引き釣り込まれてしまった。ただでさえ死が絡む重いテーマで、なおかつ家庭崩壊ややっかみ等、みていてつらいことが多すぎるが、それを姉と共に乗り越えていくところが好き。とりわけ舞台裏での会話。「ここからは世界のあらゆるものが見えるわ」。こういう台詞があるから、大林作品は捨てがたい魅力がある。マラソンのシーン等合成シーンはいただけないが。
mhiroさん [映画館(字幕)] 7点(2004-09-06 09:47:15)
29.今見るとちょっとチープな演出とかありますが、脚本がしっかりしてるせいか楽しく見れた。ベタだけどいい映画だと思います。石田ひかりが島崎和歌子が若い!
ふくちゃんさん 6点(2004-08-29 05:19:36)
28.石田ひかりの喋り方が変。後半は慣れたのか普通に話してるのかさほど気にならなくなるけど、かわいいというよりムカつく。全篇にわたる「草の想い」連発はちょっと卑怯。流石にきゅーっとくる。ストーリーはファンタジーなのになんか実に重い。あまり好きではない。救いは富司純子の色っぽさぐらい。
バカ王子さん 6点(2004-06-26 02:02:56)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 47人
平均点数 6.87点
000.00%
112.13%
200.00%
324.26%
436.38%
5510.64%
6919.15%
7919.15%
8714.89%
948.51%
10714.89%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 8.00点 Review3人
2 ストーリー評価 6.87点 Review8人
3 鑑賞後の後味 7.80点 Review10人
4 音楽評価 9.22点 Review9人
5 感泣評価 7.00点 Review9人
chart

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS