ラスト・オブ・モヒカンのシネマレビュー、評価、クチコミ、感想です。

Menu
 > 作品
 > ラ行
 > ラスト・オブ・モヒカン
 > (レビュー・クチコミ)

ラスト・オブ・モヒカン

[ラストオブモヒカン]
The Last of the Mohicans
1992年【米】 上映時間:112分
平均点:7.08 / 10(Review 101人) (点数分布表示)
公開開始日(1993-03-13)
アクションドラマ戦争もの歴史ものリメイクロマンス小説の映画化
新規登録(不明)【シネマレビュー管理人】さん
タイトル情報更新(2013-06-24)【S&S】さん
Amazonにて検索Googleにて検索Yahooにて検索
Twitterにて検索
ブログに映画情報を貼り付け
監督マイケル・マン
ミッキー・ギルバート(第二班監督)
ガスマノ・セサレッティ(第2班監督)
助監督マイケル・ワックスマン
演出ミッキー・ギルバート(スタント・コーディネーター)
キャストダニエル・デイ=ルイス(男優)ホークアイ
マデリーン・ストー(女優)コーラ
ラッセル・ミーンズ(男優)モヒカン族の酋長 チンガチェック
ジョディ・メイ(女優)アリス
ウェス・ステューディ(男優)マグア
パトリス・シェロー(男優)モントカーム
ピート・ポスルスウェイト(男優)ビームス
テリー・キニー(男優)ジョン・キャメロン
コルム・ミーニイ(男優)アンブローズ
ディラン・ベイカー(男優)
ジャレッド・ハリス(男優)
原康義ホークアイ(日本語吹き替え版【ビデオ】)
戸田恵子コーラ(日本語吹き替え版【ビデオ】)
大塚周夫モヒカン族の酋長 チンガチェック(日本語吹き替え版【ビデオ】)
江原正士ヘイワード少佐(日本語吹き替え版【ビデオ】)
麦人マグア(日本語吹き替え版【ビデオ】)
青野武マンロー大佐(日本語吹き替え版【ビデオ】)
宮本充ホークアイ(日本語吹き替え版【テレビ】)
日高のり子コーラ(日本語吹き替え版【テレビ】)
脚本マイケル・マン
クリストファー・クロウ
音楽トレヴァー・ジョーンズ
ランディ・エデルマン
作曲ダニエル・ラノワ(補足音楽の作曲)
編曲ブラッド・デクター
撮影ダンテ・スピノッティ
製作マイケル・マン
ハント・ロウリー
ネッド・ダウド(製作監修)
製作総指揮ジェームズ・G・ロビンソン
配給東宝東和
特殊メイクヴィンセント・J・ガスティーニ
美術ウルフ・クローガー(プロダクション・デザイン)
編集ドヴ・ホウニグ
アーサー・シュミット
録音サイモン・ケイ
ダグ・ヘンフィル
ロン・ベンダー
ポール・マッシー[録音]
グレッグ・オーロフ
ワイリー・ステイトマン
字幕翻訳戸田奈津子
その他ネッド・ダウド(ユニット・プロダクション・マネージャー)
あらすじ
新大陸。白人の子ホークアイはモヒカン族に拾われ、狩猟を営む先住民として生きていた。射撃の腕は百発百中、どんな獲物も逃さない彼だったが、この地を巡る英仏の戦争には興味がない。しかし英国将校の娘、コーラとアリスを助けた時に運命は変わった。彼女たちを砦まで送り届けたホークアイたちは、既に英軍に荷担せざるを得なくなっていたのだ。先住民たちの想いを尻目に、戦闘の準備は着々と進んでいた…火縄銃と斧を手にした先住民たちが、森を、山を、激しく駆け抜けるアメリカ建国前史。
ネタバレは禁止していませんので
未見の方は注意願います!
(ネタバレを非表示にする)

【クチコミ・感想】

別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
>> お気に入りレビュワーのみ表示
>> 全レビュー表示

>> 改行なし表示
※ 「改行」や「ネタバレ」のデフォルト表示のカスタマイズは「カスタマイズ画面」でどうぞ
101.高評を聞き 鑑賞..最初のヒロインが襲われるシーンからの展開で、つかみはOK! これは期待できる! と思ったのに..後半、B級映画クラスのストーリー展開に..凡作..残念...
コナンが一番さん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2019-02-24 12:30:04)★《更新》★
100.20年ほど前に鑑賞、でもいまだに戦慄が走るほどよく覚えています。ここから映画が好きになったのかな、と思うことも。ショッキングなシーンもあるので、もう一度平静に見られるのは、いつかな。。。
HRM36さん [映画館(字幕)] 10点(2016-06-23 14:57:43)
99.なんか途中まで退屈やった~~。
ケンジさん [ブルーレイ(字幕)] 5点(2013-08-17 18:37:43)
98.《ネタバレ》 勧められて視聴。
オススメされたほど、面白いと思わなかった。
こちらのレヴューにあるように、
主人公とヒロインが、何故あんなに惹かれあったのか?、等、説明不足。
なんとなく5点が妥当かな。
kontikiさん [DVD(字幕)] 5点(2013-07-06 18:38:40)
97.《ネタバレ》 終盤の理不尽な展開は、無理に観客の怒りを駆り立てるあざとさに満ちていて品がない。当時の欧米帝国主義も現代の中国の領土紛争も全て根っこは同じ。そういう諸行無常を描いたエンディングならば納得もできるが、ヒーローとヒロインの恋愛物語で終わるのはなんだかなあと思ってしまう。それにしてもダニエル・デイ・ルイスが若い。このままイケメン俳優の道を突き進んでいれば今のキャリアとは違ったことになっていたかもしれませんね。
kaaazさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2013-06-14 22:57:49)
96.《ネタバレ》 ラストの展開には、壮大な音楽とともに自然と熱くなった。特にお父さん。ただ、説明不足で設定を理解するのに時間が・・・ よく分かんないまま、恋人を守るために戦っていた感がある。もう1回観たいと思う作品です。あの音楽、しばらく頭に残るな。
ラグさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-12-05 00:11:24)
95.《ネタバレ》 何かこれ、あまりにも主人公に都合良く話が進んでないか?そもそもホークアイとコーラが恋に落ちる過程がすっぽりと抜け落ちているため、命懸けで彼女を守ろうとする意味がよく分からない。また、脱走幇助の罪で絞首刑を言い渡されながら、英国軍が降伏したためにあっさり釈放。敵の部族に捕まって彼女が火炙りにされそうになると、恋敵の将校が身代わりになって死んでくれる。むしろウンカス(変な名前)とアリスの恋の顛末の方が感動的。たった一人で敵陣に乗り込み、討ち果てるウンカス。そして敵の手に落ちるくらいならと、自ら死を選ぶアリス。う~ん、泣ける!!また、戦闘シーンはマイケル・マン監督らしくリアルに徹しているのだが、『ブレイブハート』や『グラディエーター』に比べたら随分地味~な印象。モヒカン族の親父が最後メチャクチャ強くて驚いた(笑)
フライボーイさん [ブルーレイ(字幕)] 6点(2012-11-09 20:53:39)
94.男臭い野郎が惚れた女の為にかなぐり捨てる系、大好きです。
movie海馬さん [映画館(字幕)] 9点(2012-05-14 21:26:43)(良:1票)
93.《ネタバレ》 ○贔屓のマイケル・マン監督だが、いまいちだったかな。○どうも言葉足らずというか、シーンで見せる魅力はある程度あるのだが、話が飛び飛びなんだな。対立構造にしても、恋愛要素にしても。○ヒロインのマデリーン・ストーだが、当時30代半ば。艶美な魅力が溢れ出ている。決して多作ではなかったため、当時の魅力をもっと感じたかったとつくづく感じる。
TOSHIさん [DVD(字幕)] 4点(2012-05-07 00:04:12)
92.《ネタバレ》 昔の映画なら善悪をキッパリ割り切れたんだろうけど、そこらへんいろいろ気配りしなきゃいけない時代になって、さらに自然保護のメッセージも入れなきゃならないとか、キッパリ出来ない。演出もあんましうまくない。一行がヒューロン族の攻撃を受けるあたり、まず変な鉄砲玉野郎が二人ほど飛び出してきて、それからヒューロン側から奇声を上げていく連中を描く。これはやっぱし主人公の側にカメラを向けっぱなしにしといて、最初はなにかの聞き違いかと思っていた声が次第に左右で高まっていって大音響となり、そしてワラワラと湧いてくる、ってのがいいんじゃないか。ま、こういうストーリーの基本形を確認できる楽しみはあった。波乱の運命に巻き込まれる姉妹、副次的なカップルが悲劇を担当する、とか。まだ西部劇以前の「東部劇」の時代。ロングの場でところどころ美しいカットがあった。英仏両軍が降伏の交渉を始めようと向かい合ってるシーンとか。
なんのかんのさん [映画館(字幕)] 6点(2011-12-10 10:07:05)
91.《ネタバレ》 メルギブソンの「パトリオット」を思い出しました。戦争は敵味方関係なく、ホント色んな人の思考を狂わせますよね。主人公が終始クールでカッコよすぎ。冷静な判断、銃の腕、伊達に「ホークアイ」と呼ばれてないです。ずっと付いてきた将校さんも最後は愛する人のために根性をみせました。モヒカン親父は中盤まであまり目立っていなかったけど最後のシーンでは部族のボス?にマチェット?を振るい、凄まじい強さを魅せつけてくれました。気になったのはあの壮大な音楽が何回流れてるんだろう???
とむさん [DVD(字幕)] 7点(2011-10-20 00:34:51)
90.感情移入できず。なんでそうなったのか説明の描写が少なく理由が分からないため、話が唐突に進んでいくような印象を受ける。これは各シーンの雰囲気だけを楽しめということなのか?
もんでんどんさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-06-24 14:19:38)
89.対立している片方を悪く見せすぎて違和感があった。
さわきさん [CS・衛星(字幕)] 3点(2011-03-31 17:36:33)
88.ダニエル・デイ=ルイスは素晴らしくカッコイイです。惚れ直しました。・・・が、ナサニエルとコーラが恋に落ちる過程というか経緯がまったく理解できず、こりゃ鑑賞者にはツライ作品ですなぁ。ある人を守るのに命を張るって、ホレたハレた程度の恋ではできないでしょうが。でも、ナサニエルとコーラの間にあるのがそれほど深い愛であると伝わって来ないんだもんね。うーん、ラブストーリーなんだからもう少し丁寧に愛が育まれる過程を描いて欲しかった。それに、敵役の原住民がいかにもな風体で、方やナサニエル達は服着てる。これってちょっとどーよ? と思ってしまう。入植者に踏みにじられて行く原住民の誇りと尊厳みたいなものは分かるけれども、そこにある悲哀はあんまり伝わって来なかったような。まあ、そこにフォーカスしてないんだろうと思って見てたけど、ラストシーンは思いっきりフォーカスしてたもんなぁ。それにしても、人類の歴史ってのは、殺し合いの歴史なんだなと、改めて感じたのでした。黒鉄ヒロシがTVで日本は欧米やその他の外国に比べ、革命(日本じゃ明治維新のことだそうだ)における殺し合いをしたその人の数が圧倒的に少ないから、これは誇っていいことだと、まるでその歴史の現場を見て来たかのように得々と語っていたけれども、事実そうなのかも知らんけれども、そーゆー問題か? ウン千人しか殺してない日本人は、ウン十万人殺した欧米人より野蛮じゃないのか? この映画に描かれている殺し合いは野蛮極まりないけれども、明治維新を描いたドラマや映画だって相当エグい殺し合いやってますゼ。集団殺し合いに犠牲者数をモノサシに野蛮度で優劣つけるなんてものすごいナンセンスだと思う。、、、と、また余談になってしまいました。映画としては、そういうわけで本作は、あらゆる意味で中途半端に感じました、ハイ。
すねこすりさん [CS・衛星(字幕)] 6点(2011-01-04 23:09:06)
87.もうひとつだった
ホットチョコレートさん [地上波(字幕)] 4点(2010-12-06 19:51:35)
86.自分の理解力が足りなかったのか、はたまたそりが合わなかっただけのか、最初から最後までのめり込むことができませんでした。背景がわかりづらいけど戦場のシーンはお金をかけているなぁと感じたぐらいで、終始期待はずれでした。ちゃんと吹き替え版で観たのになぁ。。。
mhiroさん [ビデオ(吹替)] 3点(2009-05-28 22:08:47)
85.《ネタバレ》 タイトルを聞いただけで号泣してしまいそうになる。誰がどうとか、何がこうとか熱く語りたいけど、、、まだ温めておきたい作品。
成田とうこさん [ビデオ(字幕)] 9点(2008-04-06 13:55:35)
84.《ネタバレ》 走り方一つだけを見ても真剣に役作りを行ったことが分かるダニエル・デイ=ルイス先生のおかげで最後まで面白く見ることはできる。しかし、2人が恋に落ちる過程が不明(バックグラウンドがまるで違うのだから、もっと強烈な何かが必要なはず)、状況が変わりすぎで話のポイントがぶれすぎ(捕らえられて絞首刑目前という重大な危機の持っていき方が、あんな中途半端でいいの?)、マグアの過去が口でしか説明されていない(彼の英軍への敵愾心は、話の基盤をなす重要なファクターであるはず)など、作品としての詰めの甘さが目立ちまくっている。もっと壮大に発展できた内容だと思うのに、妙にこぢんまりとまとまってしまいました。
Oliasさん [DVD(字幕)] 6点(2007-11-11 00:53:09)
83.《ネタバレ》 お気に入りの映画の一つです。また最近になり観直しましたので、改めての感想です。
ヒロイン・コーラ役のマデリーン・ストーンの気品ある端正な美貌は、何回観ても惚れ惚れします。幼馴染のヘイワード少佐とのお茶の場面もヨーロッパ・テイストの美しいものでした。ヘイワード少佐が着任するために通った道も、まるで絵のような(映画だから当たり前ですか?)美しさでした。▼殺伐として、かつ切ない本映画の中で唯一「ほっ」とする主人公達3人が友人の丸太小屋で夕食をごちそうになる場面で、結婚を薦められ「男の子を生め!」といわれ、ひざの上に抱いた男の子をさして、「こんな強い男の子では、こちらがまいってしまう」という台詞はお気に入りの一つです。▼インディアンのマグアに最初に襲われる場面では、英軍が一斉射撃をするのが分かっているので、その一斉射撃を樹の影でかわした後に攻撃するといった細かい戦法まで示し、さらに本当に頭皮を剥ぎ取る場面、大きなトマフォークを投げる場面、マスケット銃をピストルみたいな使い方まで出てきたのには、さすがマイケル・マン監督!と思いました。▼歴史に残るウィリアム・ヘンリー砦の戦いでの砲撃戦は、「良くこんな場面が撮れたものだ」とビックリしました。臼砲が出てきていたのには、思わず「二百三高地」を思い出しました。▼嫉妬に狂い、ホーク・アイを反逆者に祭り挙げたヘイワード少佐が最後にコーラの身代わりになり火あぶりにされる場面では、最後に英軍男児らしい潔さをみせて、なかなかやるもんだと感嘆しました。▼全編を通じて、バックに流れていた音楽は、時に勇ましく、時に切なく、映画の情感を非常に盛り上げていました。▼この映画の根底には、滅び行く種族の悲しみが溢れていたのは勿論ですが、大恋愛映画でもあり、かつ人間として生きて行く困難さ(?あまり良い言葉が思いつきません)も流れていたような気がしました。
亜酒藍さん [DVD(字幕)] 10点(2007-10-14 11:16:18)(良:1票)
82.愛した女を命がけで守る男の格好良さ。この映画でのダニエル・デイ=ルイスは本当にほれぼれするくらい格好イイと思います。それに、マデリーン・ストーは守るべき価値のある女を、うっとりするほどの色気で演じています。彼女独特の瞳の力強さが、とても良く活かされていると思いました。当時のキャスティングとしては、何でこんな組み合わせになったのか不思議でしたが、出来上がってみたら本当にピッタリとはまってしまいました。
shoukanさん [映画館(字幕)] 9点(2007-09-01 23:31:43)
別のページへ
【新規登録順】 / 【変更順】 / 【投票順
123456
マーク説明
★《新規》★:2日以内に新規投稿
《新規》:7日以内に新規投稿
★《更新》★:2日以内に更新
《更新》:7日以内に更新

【点数情報】

Review人数 101人
平均点数 7.08点
000.00%
100.00%
221.98%
387.92%
465.94%
565.94%
62120.79%
71211.88%
8109.90%
91716.83%
101918.81%

【その他点数情報】

No名前平均Review数
1 邦題マッチング評価 4.00点 Review2人
2 ストーリー評価 6.00点 Review5人
3 鑑賞後の後味 6.40点 Review5人
4 音楽評価 6.50点 Review4人
5 感泣評価 4.66点 Review3人
chart

【アカデミー賞 情報】

1992年 65回
音響賞サイモン・ケイ受賞 
音響賞ダグ・ヘンフィル受賞 

■ ヘルプ
© 1997 JTNEWS